韓国マスコミがトランプ関税を他人事として報じる! 自国の通貨危機には一切目を向けず! 輸出依存度の高い韓国が真っ先に倒れる可能性も!

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース, 韓国ニュース

これには驚いたよ。まさかの韓国ハンギョレ新聞がトランプ関税を取り上げていたとはな。しかも韓国への言及は1ミリもなくだ。おかげで検索でも長いこと探せなかった。これまでの米中のやり取りを時系列でまとめており読みやすくはなっているが、結論部分に持ってきた記事もどこかピントがずれている印象だ。

トランプ、交渉初日に関税引き上げ…米中貿易交渉、重大なヤマ場
5/11(土) 12:55配信 ハンギョレ新聞

米、予定通り関税引き上げへ…中「対応措置は避けられない」 2000億ドル規模の中国産輸入品、関税10%から25%に 米国到着ではなく中国出発を基準…知能的プレー  中国商務部「非常に遺憾、対応措置を取る」  ワシントンの高官級貿易交渉、初日に成果なく終了 トランプ「関税は米国を豊かにする」終盤の心理戦

 米・中の高官級貿易交渉で、初日の会議がこれといった成果なく終わった直後、米国が予告どおり2000億ドル分の中国商品に対する関税を従来の10%から25%に引き上げた。中国がすぐに対応措置を予告した中で、10日(米国時間)の一日が貿易戦争が鎮静するか激化するかを決定する重大な分水嶺になる見通しだ。

 劉鶴副首相を団長とする中国代表団は9日午後、ワシントンでロバート・ライトハイザー通商代表部(USTR)代表およびスティーブン・ムニューシン財務長官などとの交渉に乗り出したが、可視的な突破口は開けなかった。この日の交渉は90分にもならなかった。

 米国政府は続いて、前日官報に予告した通り、「10日0時1分から米国に輸出される2000億ドル規模の中国産製品の関税が25%に引き上げられた」と発表した。対象は5700余りの品目で、ロイター通信は携帯電話、コンピューター、衣類、玩具などの消費財も含まれると伝えた。

 中国商務部はホームページに報道官名義の談話文を掲載し、「関税引き上げに深い遺憾を表明する」「やむを得ず必要な対応措置をとる」と、直ちに報復を公言した。いつ、どのような処置をとるかは明らかにしなかった。ウォールストリート・ジャーナルは「昨年、米国の10%関税賦課に対抗して、中国も農産物・機械・化学製品など600億ドル規模の米国商品に5~10%の関税を賦課した」とし、「関税を25%に引き上げることに対抗して、中国も同様の処置を取るだろう」と見通した。

 しかし、交渉が一日残っているうえ、米国が巧妙な関税の発効方式を選んだことで、終盤の妥結ないし衝突緩和の可能性は残った。米国は自国到着ではなく、中国出航時点を追加関税賦課基準にする異例の方式を選んだ。中国商品が船便で米国に到着するためには、通常4週間ほどかかるため、運送期間が「猶予期間」の役割をすると見られる。中国には一息つく猶予を与えながら、実際に被害が発生する前に譲歩せよという知能的な圧迫戦術と見ることができる。

 これに先立ち、劉副首相はワシントンに到着した直後、記者団に対し「圧迫が加重される状況でここに来たのは、中国の真正性を示すため」とし、「合理的で率直な意見交換を望んでいる。まだ希望はある」と述べた。ドナルド・トランプ米大統領も「習近平首席から素晴らしい手紙をもらった。直ちに習主席と通話することもできる」と述べた。

 しかし、トランプ大統領は二日目の交渉を控えた10日朝にも、関税戦争が起きれば米国は利益を得るだけだと言い、“優位”を誇示して心理戦を展開した。彼はツイッターに「残りの中国商品の3250億ドルに25%の関税を賦課する手続きが開始された」とし、追加の関税を警告した。続いて「関税は米国にはるかに多くの富をもたらす。そして(金を儲けるのに)はるかに簡単で早い」とし、「関税はわれわれをより強くする」と主張した。

 中国側も新華社通信などの官営メディアを通じて「交渉を望むなら交渉し、戦いを望むなら戦う」との立場を繰り返した。中央銀行である人民銀行は資料を発表し「米国の関税引き上げで中国の成長率は0.3%ほど下落するが、対外ショックに対する中国経済の対応力はより強くなるだろう」と主張した。

 ロイターは「相互に関税を引き上げた後、一定の譲歩案をめぐって交渉を続けることも、決裂を宣言して独自の道を進むこともありうる」とし、「中国が最後に再交渉を要求した内容を取り下げ、従来の交渉案に戻るなら、6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳が合意案に署名する可能性も依然として残っている」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00033438-hankyoreh-kr

自国と無関係かのように報道

ええっ?ハンギョレ新聞がいつ報道してたんですか?全然見つけられませんでした・・・。

11日の記事なのでまだ昨日だ。俺もさっき初めて見つけたが、なぜ探せなかったのかというと記事中に”韓国”の単語が1つも入っていなかったからだ。

ホントだ!韓国のかの字もありません!

つまりハンギョレはこの件を韓国と関連のあるものではなく、単なる米中の争いという海外の遠い国の出来事として扱ったことになるんだ。読者が確実に知りたがっているはずの韓国にどういう影響を与えるかを一切書かなかったことで、検索に引っ掛かりにくくしたとも言える。

実際には、韓国と関係ありますよね?

大ありだね。韓国のトップ輸出先は中国、トップ輸入元も中国だからだ。それに韓国は貿易依存度が高い。輸出がさらに落ちれば成長率は第2四半期もマイナスになる可能性さえある。

じゃあ、どうしてこんな記事を書いたんですか?

ハンギョレの特性を俺はよく理解していないが、書いたのは北京特派員というのが一層謎を深めている。なぜなら中国ではトランプ関税について情報統制しており見られなくなっているはずだからだ。

確かに!どうやってこの人は関税のことを知ったんでしょう?

まあ中国でも中国語圏内でなければ問題ないのかもしれないがな。裏を返せば、韓国内にいる記者は何らかの事情によりトランプ関税について書けなくなっているということでもある。

朝鮮日報はトランプ関税に1ミリたりとも触れず

ところでワトソン君、今日の朝鮮日報のコラムを全部見たか?

今日も顔写真が斜めだな~反省がないな~と思いました。あと、全体的につまらないコラムが多かったです・・・。

最初の一文いらないだろwww

多分、今は関税の話じゃないと面白く感じないせいだと思います!そのせいで、朝鮮日報さんもただ政府批判をしたいだけで、国を良くしようとは思ってないんだなとも思いました。

そうだな。愛国日報は社説の中でちらっと触れたからまだいい。韓国経済新聞は韓国語版で報道していたことは判明している。だが朝鮮日報はどうだ?1回たりとも関税について触れていないじゃないか。まるでその話題が丸ごと存在しないかのように振る舞ってるよね。

検索で、この記事が引っ掛かったんです!でも、書かれていたのは・・・。

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】大韓民国の歴史を台無しにしているのは誰か
5/12(日) 5:05配信 朝鮮日報日本語版

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の米国訪問の中継番組を重々しい気分で見守った。

(中略)

 国税庁や公正取引委員会、警察、検察、関税庁、労働部などの政府機関が、暇さえあればまるで狩りでも行うかのように企業を追い立て回すのは、やはり韓国だけだろう。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00080163-chosun-kr

“関税庁”だったと。

そこまで書いておいて、トランプ大統領の関税に触れないなんて、絶対におかしいです!

朝鮮日報は何らかの理由で独自にこの話題を規制してるのは明らかだ。俺が前から言ってるような、外的要因のせいで韓国の景気が悪化したとする文在寅の言い訳に使われたくないという以外にも別の理由がありそうな気配だ。

韓国にとって、致命傷となるからですか?

だろうね。愛国日報は社説で書いてさらっと流すという愛国メソッドを持っていたので何とか乗り切れたが、朝鮮日報はそういう中途半端なやり方はできないので取り上げるとしたら全力投球になってしまう。すると何を書いても破滅的な結論にしかならないので、やむなくそのテーマ自体を無視することにしたと。

朝鮮日報さん、真面目ですからね・・・。ホントのことを書いたら、韓国ネットユーザーのコメントが大変なことになりそうです!

まあ現段階では憶測にとどめておくけど、朝鮮日報が今後もトランプ関税の影響を無視するようなら韓国はいよいよ深刻な状況に陥るね。正しいことを報道するメディアが何一つ存在しないということになるからな。日本で言えば産経新聞がいなくなったようなものだ。

想像を絶しますね・・・。メディアも、海外に逃げたりはしないんでしょうか?

さすがにそれはないんじゃない?その国のマスコミがどうなるかはベネズエラの事例を探ると何か傾向が見えてくるはずだ。

尋常ではない通貨危機が訪れる可能性も

ネットユーザーは、ムン大統領がG20でスワップを嘆願するのでは、と言ってます!リーマンショック並みの危機になると思うので、消費税増税も先送りか凍結しかないって。山場という表現は呑気すぎるのでは、という意見もありました。

ないないwww G20に来ても目も合わせずに退散することになるかもよ。それに韓国の中では表向き日本がスワップを嘆願したことになってるんだから。

そうだったんですか?

裏で韓国が土下座して、日本が頼み込んだことにして!お願いします!って言ってきたわけ。それで日本は甘い顔をしてやった。ところが韓国の中ではこの話が日本から土下座して頼み込んできたことになっている。だからもう日本は韓国を助けないと決めたわけ。

どうしてそんなことを・・・?

それが彼らの愛国心だからさ。国益よりも愛国心なんだよ韓国の人達は。それで今まで国が保たれてきたというのがおかしな話だった。

韓国にとどめが刺される瞬間が来た、と言ってる人もいます!

先週の韓国株の動きが明らかに挙動不審だったよな。日本や中国を超える下げ幅で3%も急落したり、2100ラインで不自然に防衛するかのような動きが出たり。韓国政府は今後の最悪シナリオを想定しつつ、どうやったら国民に隠し通せるかを画策している最中じゃないかと邪推する。

報道が少ないのは、ホントに不自然ですよね・・・。

俺は第一報の時点では様子見だろうと思っていた。ところが翌日も、また翌日もまるで報道される気配がないと知った時に尋常ではないと悟ったね。これはいよいよ本気で韓国通貨危機が来るかもしれない。行きつく先はベネズエラだ。

でも、通貨危機は韓国への唯一の救済策でもあると思います!

意地悪クラブを懲らしめるんだっけ?それで韓国は救われると思うか?

やってみないと分からないです・・・。でも、やるしかないと思います!

あたかもやらない選択肢があるかのような言い方だな。

通貨危機も、捉えようによってはチャンスなんです!韓国の皆さん、最後のチャンスに懸けてみましょう!

まあ日本には関係なかったね。というより日本は自国で手一杯になると思うので韓国に構ってる余裕が本気でなくなる。韓国から資金を引き揚げてでも本社を救済しようとするだろう。

韓国の皆さん、ピンチはチャンスです!韓国通貨危機は、通貨の復活なんです!韓国の庶民チームの力で、通貨を蘇生させましょう!

何を訳の分からないことを言ってるんだね君はwww そろそろ終わるからなwww

破壊と再生が、次の韓国のテーマです!韓国はキム委員長の下で千年王国になるんです!1000年後にまた会いましょう!さようなら!

また先に締められた。まあ韓国がどうなろうが日本にとっては関係のない話だし助けないしどうでもいいからな。日本は助けない!統一おめでとう!韓国さようなら!