韓国現代自動車のワゴン車、販売台数たったの6台!? どうして誰も買わない車を製造してるの?

韓国ニュース

韓国の現代自動車がi40という中型ワゴン車種を製造してるんですけど、4月の韓国内の販売台数がたったの6台だったそうです・・・。欧州の似たような車種は100台以上売れているとか。どうしてこうなってしまったんでしょうか?

売れなくても8年間生産中の現代「幽霊車」
5/13(月) 8:46配信 中央日報日本語版

 1カ月に10台も売れない韓国国産車がある。現代自動車の中型ワゴン「i40」だ。この車は先月、国内で計6台売れた。国内の自動車企業が先月国内で販売したすべての車種のうち販売台数が最も少ない。

 先月だけ売れなかったわけではない。今年のi40の販売台数は43台。月平均11台にすぎない。2017年(312台)と2018年(213台)も毎月20台ほどしか消費者の選択を受けられなかった。準大型セダン「グレンジャー」のような人気モデル(1万135台、4月)が1000台売れる間に「i40」は2台も売れないということだ。

 このようにi40の販売台数が振るわない理由について、現代車は「国内の消費者がワゴン型車種を好まないため」と分析する。ワゴンはセダンの車体にトランク空間まで屋根を延長して室内空間を拡大した車だ。車体が長くなり、車体と屋根を連結する柱(ピラー)がもう一つある(4つ)。基本車体がセダンであるため走行感覚はSUVより相対的に良く、大きなトランク空間を確保できるため、欧州では人気がある。

(中略)

 欧州で人気のワゴンも韓国では売れない。現代車のワゴン・ハッチバックなどiシリーズが欧州でよく売れているという点で現代車の主張は説得力がある。2007年に欧州で発売されて以来、今年3月末までに欧州32カ国でiシリーズは300万台ほど売れた。同じ期間、i40も16万9902台が売れた。

 このように韓国の消費者には人気がないが、現代車グループは8年間もi40の販売を続けている。昨年i40の新車(マイナーチェンジモデル)も出した。クロムで製作したグリルを適用するなどデザインを改善し、室内空間デザインも変えた。前方衝突補助装置・車道離脱防止補助など各種安全仕様も追加した。

(中略)

 商品性の問題という指摘もある。i40は不人気だが、輸入車の販売台数は相対的に多いからだ。実際、ボルボ自動車コリアが3月に韓国で発売したワゴン型車両V60クロスカントリーは先月126台売れた。同じ中型ワゴンであるうえ価格(5280-5890万ウォン)も2倍高い車が、20倍以上も多く売れたのだ。

 最近のSUV人気はi40にまた衝撃を与えた。消費者の立場で代案として選択できる中型SUVサンタフェ(6759台)、ソレント(4452台)が依然として人気という状況で、小型SUV(コナ、4730台)、大型SUV(パリセード、6583台)までが加勢し、i40の存在感はさらに薄れている。

 現代自動車側は「ワゴンなど多様な車種を紹介するのは国内消費者の選択権多様化にもプラスの影響を与える」とし「国内で販売が振るわないとしてもi40の生産を中止する計画はない」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000009-cnippou-kr

同じような輸入車は売れてる?

たったの6台?それで採算が取れるのか?

現代自動車の「i40」という中型ワゴンなんですけど、韓国では月に10台くらいしか売れてないそうです・・・。

まあ今はどこもかしこもSUVでワゴン車と聞くと古臭い感じはするがな。なぜ製造中止しないんだ?

ただ、ヨーロッパでは売れてるみたいです!ヨーロッパ市場では、2007年以来同じ車種が16万9902台売れてるそうです。

欧州市場で人気があると書いてあるね。ハッチバック?画像で見る限りセダンとSUVの中間みたいなイメージかな?

セダンタイプの後ろを長くしたタイプなので、多分トランクが分離してるんだと思います・・・。ボクにとっては、車内空間が狭くなるのでいまいちです。

なるほど。記事中にも大きなトランク空間を確保可能だと書いてあるね。なぜ欧州で人気なのかはともかく、韓国では売れてないと。

ただ、車種の問題じゃないとも言われてて・・・同じような車のボルボのV60クロスカントリーという車は、先月126台売れてるみたいです!

単純計算で21倍だなww やはりヒュンダイ特有の問題だったか。

韓国政府は共産主義ではなく社会主義に近い?

ネットユーザーは、6台でも売れただけすごいと言ってます!色んな意味ですごいっという雰囲気です。ムン大統領の2分間会談と比べてどっちがすごいのか、という意見も。ストライキばかりで高い給料をもらってる方が問題という声もありました!

すごい、すごいの連続だなww まあ皮肉る以外の選択肢がないよね。

あと、売れなくても計画的に生産するのはレッドチームの特徴だ、と言ってる人もいます。韓国はレッドチームなんですか?

東側諸国という意味だな。もっとも文在寅はパルゲンイとか演説で連呼してて共産圏に行く気は1ミリもないようだが。この点から考えても文在寅政権は共産主義というより社会主義に近い。

確かに、戦前のドイツってソ連と戦争してますよね・・・。その辺りの違いが、難しくてよく分かりません。

政治思想を左右で考えるとこういう細かな違いを理解できなくなるよね。左右分類でいくと文在寅政権は極右なんだが、結構な数の人達が極左だと勘違いしてると思う。

えっ?ムン大統領って右寄りなんですか?保守ってことですか?

保守革新とはまた少し話が違う。文在寅が韓国版ロベスピエールになるか、それとも韓国版の戦前ドイツになるかで左右が変わってくるというのが俺の認識だ。自由朝鮮があっさり逮捕されたので韓国版ナポレオンのシナリオが頓挫したと考えれば、やはり韓国は戦前のドイツを目指していく可能性が高まるというわけだ。

それで、潜水艦を建造してるんですね・・・。

“21ボート”と名付けるかもしれないね。

現代自動車の中国事業が不振になれば、しわ寄せは国内に?

全然車と関係ない話になっちゃったんですけど、どうしますか?

“レッドチーム”にも色々な意味が含まれるからな。例えば戦前のドイツも言いようによってはレッドチームだ。最後にこの記事を少し見てみよう。

韓経:「韓国の輸出製品の43%が中国の脅威受ける」
5/13(月) 10:02配信 中央日報日本語版

 海外市場で中国の直接的または部分的な脅威を受ける韓国の輸出品の割合が40%を上回るという分析が出てきた。

 12日に産業研究院が発表した「韓中輸出競合関係と競争力比較報告書」によると、世界市場で中国の直接的脅威を受ける韓国製品の割合は31.1%、部分的脅威を受ける韓国製品の割合は11.4%と集計された。中国の脅威を受ける品目が合わせて42.5%に達するという計算だ。研究院が国連の国際貿易統計である国連商品貿易統計データベース2017年資料を分析した結果だ。中国製品のシェアが拡大し韓国製品の立地が狭まれば直接的脅威、中国製のシェアが韓国製より早く増えれば部分的脅威と分類した。

 中国の直接的脅威が最も大きい品目は石油製品だった。全石油製品輸出市場の95.1%で韓国のシェアが中国に押された。次に直接的脅威が大きい品目はディスプレーの84.4%で、自動車が56.7%、繊維類が54.8%、機械類Ga40.1%などの順となった。

 中国との競争が激しくなった理由は、中国政府が輸出構造を技術集約型に積極的に転換しているためだ。ICT分野の競合が増えたのが代表的な例だ。中国は中型車と自動車部品部門でもシェアを着実に増やしてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000015-cnippou-kr

中国とほとんど産業が重なっているんですね!何となくそんな気がしました。

これなんだよ。中国がトランプ関税で追い詰められるので、やむなく韓国と競合している業種に集中的に攻勢をかけてシェアを奪い利益を確保するわけだ。一番割りを食うのは韓国企業なんだよ。

現代自動車も、中国の販売台数が落ちてますからね・・・。

月に6台しか売れない車を製造してる場合じゃないんだよ。まあスト続きで工場が遊んでるのかもしれないが、中国事業不振のしわ寄せは間違いなく国内工場に向かう。それによりこれまで安泰だったヒュンダイ労組にも青天の霹靂が訪れるかもしれないね。

リストラ、ですか?

政府支援が見込めない場合そうなるだろう。工場の閉鎖も検討するかもしれない。米中貿易戦争で世界中の通商が滅茶苦茶になると思うので、韓国内市場だけで食っていくにはあまりに規模を大きくしすぎているからな。

確かに・・・。大変なことになりそうです!

まあ日本には関係ないけどな。というより日本は韓国に構ってる余裕がない。トランプ関税でGDP上位国はすべて影響を受けることになると思うので、どれだけ影響を最小に抑えられるかに注力しないといけない。仮に他国を救済するとしても韓国のことはリストにも出てこないだろうが。

中国には丸かぶりの産業シェアを奪われ、日本には助けてもらえない韓国がどうなるかは想像つくよな。こういう時にどっちつかずの外交をしてきた国は最も割りを食うことになる。自業自得だし仕方ないがな。困るのは100%韓国の人達だけだ。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!