米中貿易戦争で韓国に大ダメージ! 「韓国の輸出を根元から破壊する地殻変動だ」 終わったな…

韓国ニュース

相変わらずトランプ追加関税の発動についてはっきりと書かない愛国日報だが、米中貿易戦争全体に関する危機感は持っているようだ。経済不振に苦しむ韓国にとっては直撃弾だと言い、韓国が中間材供給地になる輸出モデルの完全破壊だとも主張している。第4次産業革命でも取り残されるという危機感も唐突に表明しておりパニック状態なのがよく分かる。

【コラム】米中貿易戦争の危機で韓国が生き残るには
5/20(月) 13:59配信 中央日報日本語版

 米中貿易戦争が長期化する兆しが表れている。米中が妥協するという市場の期待は外れた。昨年3月にトランプ大統領が中国を狙った関税爆弾カードを取り出した時、市場は「トランプショー」と言っていた。それから1年余り過ぎた今、爆弾はさらに大きくなり、戦線は拡大した。貿易で始まった戦線は投資に広がり、人材交流、科学技術、軍事・安全保障にまで拡大している。

 貿易戦争がここまで来たのには中国の判断の誤りも関係している。中国は激しく攻めながら容易な妥協を望むトランプ大統領の後方にある米国の巨大な反中国情緒を読み取ることができなかった。中国との不公正貿易が米国を脅かしているという認識は、トランプ大統領だけの専有物でないことを中国は過小評価した。傾いた競技場、偏向的な審判、無用になった競技規則、これらすべてを一斉に変えようとする米国に対し「数字は交渉できるがシステムは妥協しない」という中国の態度は、交渉の達人を自負するトランプ大統領と米国を刺激した。

 今でなければ中国を手懐ける機会はないという米国の決起と、米国の要求を中国発展モデルに対する挑戦であり体制の脅威と見なす中国の激しい対立の中で妥協点を見つけるのは容易でない。米中間の劇的な合意があっても、それは「休戦」にすぎない。

 米中貿易戦争は米国と中国が競争しながら協力を模索した時代と決別し、対立と牽制の覇権競争時代に入った転換期的な事件だ。国際通貨基金(IMF)は米中貿易戦争を世界経済の正常運行を阻害する最大の暗礁と見ている。貿易戦争は経済大国の米国と中国の経済成長率を深刻に低め、その影響は世界貿易の委縮、投資減少、経済心理の委縮、経営リスクにつながる悪循環をもたらす恐れがあるからだ。数年前から経済不振に苦しむ韓国には直撃弾となる。

 中国を世界の工場、米国を世界の市場、韓国・日本・ドイツを中間財供給地とする3つの軸が緊密につながるグローバルバリューチェーンは崩れつつある。米中貿易戦争は韓国貿易の成功方程式の基盤を根本的に揺さぶっている。冬に入った韓国経済に燃料を入れて火をつけてきた韓国の輸出を根元から破壊する地殻変動だ。

 地殻変動は危機だが、危機は脅威と機会の2つの顔として近づく。中国を機会の地と考えてきた韓国企業にとって米中貿易戦争は、共産党が前進して民間分野は後退する中国経済体制の実体を呼び起こす契機になるなら、現在の苦痛は異なる未来を準備する苦い薬になるだろう。

 これ以上は世界経済秩序を支える負担を一人で抱え込まないという米国新孤立主義と、米国の経済利益と衝突すれば同盟も揺れるという米国一方主義の素顔が現れたが、経済と外交・安全保障を連結する国家戦略を立てることができなければ地殻変動の乱世を乗り越えるのは難しい。

 韓国は第3次産業革命時代の後発走者としてスタートし、先頭追撃戦で20世紀末に世界的なIT強国となったが、第4次産業革命時代を迎えてさまよっている。

 IT強国の高速道路には車が多くない。過剰な規制のためだ。運転手は高速道路を避けて国道を通り、新しい車を実験しようとする運転手は規制のない中国のIT高速道路に行く。第4次産業革命のトップ走者と思っていた韓国はまた追撃戦をしなければいけない状態だ。危機の中で機会をつかむにはビジョン、戦略、大胆さが求められる。韓国はこの3つを持っているのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000036-cnippou-kr

韓国に”直撃弾”が命中する理由

記事中の画像が、和やかそうに見えるんですけど・・・。

そうか?米ドルと人民元を丸めて銃口に見立ててる図だと思うが。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000036-cnippou-kr.view-000

これって銃口なんですね!それが分からなかったので、仲良く対談してるようにしか見えませんでした。

この記事で気になった点はそこだけか?

コラム記事って、長過ぎて基本的に読む気になれないんです。

そこまで長くないだろww 普段は冗長な中央日報にしてはよく頑張った方だと思うぞ。要点は中盤にある。米中貿易戦争で韓国が直撃弾を受けるという点と、韓国の輸出モデルを根底から覆す地殻変動だという点をここでは強調したい。

直撃弾って、どういう意味なんですか?中央日報さんが頻繁に書いてるけど、あまり意味が分かってなくて・・・。

直接命中した弾、そのままの意味だよ。何が分からない?

韓国は、どこと戦争をしてるんですか?

なるほどwww 確かに“米中”貿易戦争なのに韓国が直撃弾を食らうのはおかしいわな。韓国はいつから米中貿易戦争の当事国になったんだという話になるね。そういう意味だろ?

そうです!中央日報さんは、いつも「巻き込まれる」とか「直撃弾」「被害者」という言葉を使うんですけど、韓国はいつの間にか米中貿易戦争に参戦してたんですか?

韓国はトランプの追加関税による直撃弾を食らう位置、つまり経済面では中国側に100%立っているという認識を暗に持っているということなんだろう。それで自然と“直撃弾”という表現が出てきてしまう。

横にいて見てるだけなら、「流れ弾」とかの方が正確ですよね?

その通りだな。仮に“巻き込まれる”“被害者”という言葉を使うなら、直撃弾ではなく“流れ弾”の方が正しい気がする。あるいは…

米国が中国と韓国をひとまとめにして攻撃している図

あるいは?

韓国が米中貿易戦争の主戦場になるという意味でなら、確かに韓国に直撃弾が飛んでくることになるね。

具体的には、どういう状況ですか?

米国が韓国に自動車関税を発動させる、中国が韓国からの輸入品をシャットアウトする、米国がイラン原油の禁輸を中国だけでなく韓国などにも義務付ける、というような状況かな。

韓国って、アメリカ側なのか中国側なのか分からない時がありますよね・・・。

要するに米国にとっては中国側の国と認識されるので中国と共にターゲットになり、中国にとっては米国側の国と認識されるので米国と共にターゲットになるというわけだ。現状では米国が中国と韓国をひとまとめにして攻撃してるシーンが多いけどね。

じゃあ、直撃弾を放ってる主体は、トランプ大統領なんですか?

愛国日報の認識ではそうだと思う。「韓国の輸出を根元から破壊する地殻変動」なる不穏当な表現もトランプが発生源という認識だろう。中国がトランプの出方に関する判断を誤ったとする記事の前半部分でそれが読み取れる。

中央日報さん、最後の方で急に第4次産業革命の話をしてるんですけど、全然関係ないような気がします・・・。

輸出中心の韓国経済が根底から覆されそうになってるので、それに代わる新たな産業を探さなければならないという推論が頭の中でなされ、韓国にはそれができてないという結論が頭の中で出てそこから書き出したような印象だね。要するに途中の推論がすっぽり文章から抜け落ちているので唐突な転調をしたような印象になってるわけだ。

どういうことですか?

パニック状態ってことだよwww 頭の中であれこれ考えて、何を書くべきかが分からずに逡巡しまくってるんだろう。どうにもならない現状を変えようとしてもがいている状況だね。

この記事って、寄稿文なんですね!韓国の国際経済学会会長という人が書いてます。そういう人でも、パニック状態に陥ることがあるなんて・・・。

米中貿易戦争で韓国がどうなるかよりも、米中貿易戦争がここまで悪化したのは中国の誤りだとする段落を最初の方に持ってきたのにも意味があると思う。韓国経済が悪化していることを強調するなと愛国日報から要請されてるか、あるいは感情的に書きたくないと思ったかのいずれかだろう。

米中貿易戦争を契機に日本人の意識改革もすべき

ネットユーザーは、記事タイトルから絶対スワップを言い出すと思ってたので、意外だったと言ってます!全体的には興味ないような雰囲気で、ムン大統領に任せておけば大丈夫だと無責任な書き込みが多かったです・・・。

ようやく皮肉を皮肉だと認識できるようになったか。

だって、このコラム記事にはムン大統領のことは書かれてないのに、急にムン大統領の話を持ち出すなんて、どう考えても無責任です!

ああそういうことね。確かに文在寅の話をここでするのは無責任というか無関心に近い。韓国に1ミクロンも興味を持ってないことの表れでもあると思う。

あと、こういう時こそ日本政府は報復措置を発動させるべき!と主張する人も毎回のように見かけます。それってどうなんですか?

韓国が弱ってる時に報復措置をってこと?弱ってる時でなければ報復できないと韓国側に思われるのに抵抗がないならそうすればいい。

確かに・・・。それって、弱者の戦略ですよね?

孫子の兵法的な考え方だよね。つまり日本の方が韓国より弱いかのような印象を暗に持ってしまってるってことだ。仮にトランプが同じことをしたらどう思う?相手の弱みに付け込むようなやり方が間違ってるとは言わないが、それは大国のやり方ではないと誰もが思うよな。

トランプ大統領は、真正面から勝負を仕掛けてますよね・・・。中国が弱ってるのも、トランプ大統領の関税のおかげだと思います!

日本はフッ化水素禁輸というジョーカーを持ってるんだ。韓国が弱ってる時を狙わなくても、韓国を一撃でやっつけることができる国だ。余裕を持って事態に望んでほしいね。これが分かれば今すぐに報復措置が実施されずとも焦ることはない。俺が報復措置が遅い!として安倍首相を批判したことがあるか?

そういう話はしてないと思います。ボクは安倍首相の気持ちも、日本国民の気持ちも分かるので複雑なんですけど・・・。

俺は安倍首相に過剰な期待をしない。時期が遅れてもいいので、すべきことをしっかりとやってくれるかどうかを見ている。さっきの仲裁委員会の設置でもそうだけど、遅すぎるとか手ぬるいと批判をする前にまずは歓迎すべきだ。悪い点にばかり目を向けがちなのが日本人の悪い癖だが、そういう部分は徐々に改善していく必要があると思う。

改善、とは?

意識改革だよ。日本はもうかつての敗戦国のダメージを引きずった国ではないんだ。昭和の焼け野原から立ち直り経済大国になり、平成不況30年を経て令和時代になった。日本人はもっと自信を持つべきだ。昨日あった記事のようにサプライズ成長を喜ばず批判ばかりする姿勢はもう平成で終わりにしてほしい。

あの記事は、確かにボクも残念に感じました・・・。もっと結果を素直に喜んでもいいのにと思います。

一言でもいい。日本はもっと上を目指せる、超大国になれるという意識と自信を持つことが大切だ。それでこそ日本は米国との同盟関係を高みへと導くことができる。日本は米国の言いなりだ、隷属している…という主張が出てくるのはまだ敗戦国気分が抜け切ってない証拠だ。日本がそういう態度でいることは何より米国が望まないと思うよ。

いつになく厳しい論調ですけど・・・。どうやって終わりますか?

そうだな。たまにはこういう締め方もいいだろう。米中貿易戦争で日本にも大なり小なり影響が出るとは思う。だからこそこれを機会として日本人の意識改革を行なわなければならないと考えているわけだ。読者にも一度わが身を振り返りながら真剣に考えてもらいたいところだ。

日本の皆さん、韓国は史上最悪の失業者数だし成長率もOECD最下位です!自信を持ってください!

そこかよwww まあ韓国より上という意識を強く持つだけで敗戦国気分を脱却するきっかけにはなるだろう。未だに韓国に負けたー日本は終わりだーとか言ってる人が後を絶たない点を考えれば非常に大事だ。