韓国政府は仲裁委員会の設置を拒否できないと判明! その理由がヤバすぎた!

韓国ニュース

Sponsored Links

日本政府が仲裁委員会の設置を韓国に要求したことについて、拒否すれば日本の思惑通りになると朝鮮日報が警戒している。設置を拒否すれば国際司法裁判所への提訴も視野に入るし、何より百の報復措置を発動させる言い訳を自ら日本に与えかねないということだ。韓国を外交的に孤立させる日本の策略にはまらないためにも、G20を契機に仲裁委の構成にひとまず応じるべきだとする元外交官の声を伝えている。

(朝鮮日報日本語版) 強制徴用:仲裁委開催、拒否すれば日本の狙いにはまる恐れも
5/21(火) 9:11配信 朝鮮日報日本語版

来月末のG20控え水面下で両国懸案解決策模索へ

 日本政府は20日、韓国大法院(最高裁判所に相当)による徴用被害者賠償判決問題と関連した仲裁委員会の開催を韓国政府に要求した。日本が今年1月に要求した両国政府間による協議が全く行われていないため、「次のステップ」を要求したものだ。

 韓国外交部(省に相当)は「諸般の要素を考慮して慎重に検討していく予定だ」と言った。外交関係者らは、韓国政府が日本の要求を一蹴(いっしゅう)していないことに注目している様子だ。仲裁委を通じた解決は現実的には容易でないが、折衝の余地を残したものと受け止められている。

 1965年に締結された韓日請求権協定には、紛争解決手続きとして政府間協議に続き、仲裁委の開催が明記されている。仲裁委は韓日両国と第三国の3人の委員からなり、韓国政府がこれに応じない場合は開催されない。日本の今回の措置には、仲裁委の次の段階である国際司法裁判所(ICJ)に同事案を持ち込む意図も含まれていると見られている。

 日本の河野太郎外相は同日の参院決算委員会で、「残念だが、李洛淵(イ・ナギョン)首相から(韓国大法院の賠償判決に関して)『政府の対応には限界がある』という発言があった。(韓国側の)対応を心待ちにしたが、4カ月以上協議を受けてもらえない状況だったため、仲裁委開催要求を韓国に通告した」と述べた。この問題に関し、韓国政府の「傍観」に近い対応が続くと見て、次の手続きである仲裁委の開催により圧力を強めると言うことだ。李洛淵首相は15日のある討論会で、「司法手続きが進められているが、行政府が何かをするというのは三権分立の原則に合わない」と発言していた。

 日本外務省の秋葉剛男事務次官も同日午後、韓国の南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使を外務省に呼び出し、韓国が仲裁委開催に応じるよう要求した。この日は、南官杓大使が徳仁天皇に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の信任状を奉呈して活動を本格的に開始した日だ。外交消息筋は「日本は今後、『経済的報復措置』を稼動させる状況まで念頭に置き、名分を積み重ねていくための外交措置を一つずつ取っていくようだ」と語った。

 仲裁委が可動する可能性は楽観できない。国民大学の李元徳(イ・ウォンドク)教授は「仲裁委を構成すること自体が容易でなく、結果を両国の国民に納得させるのも難しい。(いっそ)ICJ共同提訴をした方が時間を数年稼げるし、両国政府が歴史問題に直接触れる負担も少なくなるかもしれない」と語った。申ガク秀・元駐日大使は「仲裁委を開くことになっても、その政治的負担に持ちこたえられる政府があるだろうか。韓国政府と両国の関連企業が参加する第三者基金を作るなど、韓国側の案を出す必要がある」と述べた。

 しかし、韓日両国で「戦後最悪」と言われる両国関係をこれ以上放置してはならないという共感が広がりつつあるのも事実だ。両国間の確執を「ほう助」していた米国が、最近になって本格的な「仲裁外交」に乗り出した状況もうかがえる。岩屋毅防衛相は18日、「米国と日本、韓国がタッグを組まなければ、国の安全を守ることができない」とした韓日軍事協力を元に戻す意向を明らかにしたのも、こうした流れと無関係ではないという見方だ。

 ある元外交官は「日本の要求を拒否すれば、韓国を外交的に孤立させようという日本の狙いにはまることになる。最善の策ではないが、来月末に大阪で行われる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を機に両国首脳外交を再開し、仲裁委の構成にひとまず応じるのが次善の策だ」と述べた。両国は22日と23日にフランス・パリで開催される経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会での外相会談開催を推進しているところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00080015-chosun-kr

韓国が断れば首脳会談は無理に

朝鮮日報さん、警戒してますね・・・。ムン大統領はもう沈黙を続けられません!

仲裁委員会の設置を韓国政府が拒否すれば、日本の思惑通りになるというのがこの記事の内容だ。次の段階である国際司法裁判所への提訴が視野に入ってくるし、何より百の報復措置を発動させるための名分を自ら日本に与えかねないとしている。

もし韓国政府が断ったら、日本政府は次の段階へ進めますよね?

俺がさっき言ったようにG20での首脳会談は絶望的になるだろう。安倍首相とすれ違っても目も合わせてくれないような事態になることは想像に難くない。韓国側に仲裁委設置に応じる意思があるのならば、タイミング的にも今月のOECD閣僚理事会での外相会談で表明しなければならない。

もしそこでも議論が平行線を辿ったら・・・?

首脳会談の開催は無理だね。残された1カ月という期間でできることは少ないはずだ。60日の猶予期間を設定したが事実上回答期限は今月中とみていいだろう。

韓国側の元外交官も、韓国を孤立させる日本の狙い通りになるって言ってます!このままだと、ホントにそうなりそうな気がします・・・。

当たり前の話だ。請求権協定に基づく協議に4カ月も応じなかった時点で国際法を守る意識が韓国にないのは丸分かりだ。すでに韓国孤立化の流れはできているので、ここでも対応せずにしらを切りとおすようなら覚悟しろという警告になる。

第三国の仲裁委員を選ぶことも困難

で、そのOECD閣僚理事会での会談についてだが。

韓日外相が23日会談へ 日本が仲裁委要請の強制徴用問題巡り協議か
5/21(火) 11:56配信 聯合ニュース

 【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が、フランス・パリで22~23日(現地時間)に開かれる経済協力開発機構(OECD)の閣僚理事会に合わせ、日本の河野太郎外相と会談する。

 韓国外交部は21日、康氏がOECD閣僚理事会に韓国政府の首席代表として出席すると発表した。

 韓日外相会談は23日に行われる見込みで、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題などが扱われるとみられている。日本外務省は20日、同問題を巡り第三国の委員を交えた仲裁委員会の開催を韓国政府に要請した。

 これに対し、外交部の当局者は「諸般の要素を勘案し、慎重に検討していく」との方針を示したが、実際に仲裁委が構成される可能性は極めて低いという見方が優勢だ。韓日請求権協定に基づき、仲裁の要請があれば韓日両国が1人ずつ委員を選任し、その後に双方の合意により第三国の委員1人を指名することになっているが、両国の立場が鋭く対立する中で第三国の仲裁委員を合意の上で選ぶのは非常に困難とみられるためだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000020-yonh-kr

無理そうですね・・・。

仲裁委員会の設置という文言のとおり、日韓の仲裁をしてくれる人物を日韓自身で選ばないといけないことになっているわけだ。このことが後々問題になるであろうことは請求権協定が結ばれた当初から懸念されていたかもしれないね。

韓国は、絶対に韓国に有利なことを言ってくれる人を選ぼうとしますよね・・・。

日本も同様だろう。というより韓国は明らかに間違ってることをしてるので、その間違った認識にOKを出してくれるような仲裁者を金で雇うような流れになると思う。日本政府としてはそういうふざけた真似は到底容認できないので、おそらく米国から仲裁者を選ぶような流れになるはずだ。

すると、韓国がそれは不公平だと言い始めますよね・・・。

ただでさえ国際法を守らないうえに、歴史と政治経済は別だと言い張ったり三権分立なので介入できないとか、国民感情に配慮すべきだとか意味の分からない言い訳を並べ立てる韓国だ。日本の言い分には容易に応じないだろう。よって日韓が合意の下で委員を選べる可能性は限りなく小さくなる。

日本政府としては、それでもいいんでしょうか?

俺はここまでの流れは全部想定内だと思ってるよ。要するに今の日本政府がやってるのは、話し合おうと最大限努力したけど韓国が応じませんでしたと言い訳をするための伏線にすぎないってこと。それは他でもない米国への言い訳だ。

アメリカは、日韓が関係を改善させるべきって言ってましたよね!日本政府は、それに応えようとしてるってことですか?

ハリス大使でさえそこは譲らなかった。だから日本としても最大限努力している姿勢を見せる必要がある。請求権協定に基づく協議、仲裁委員会の設置要請、そして国際司法裁判所への提訴という3段階の”関係改善手順”でだ。

その手順自体が、韓国にとって納得できないなら・・・。

もう話し合いの余地はないね。国際法に基づいて決められた請求権協定の枠組みを破ったのが韓国とみなされるだけの話だ。米国も国際法違反国家を擁護してまで関係改善しろとは言い出さないだろう。だったら請求権協定なんて破棄すればいいとは考えるかもしれないがね。

韓国は、請求権協定の破棄までは考えてないですよね?

請求権協定の破棄はすなわち日韓基本条約の破棄となるので、朝鮮半島唯一の合法的な政府を韓国だと定義づけた話までも消滅することになる。文在寅としてもそれは望まないが迂闊に相手するわけにもいかないので焦っているという構図じゃないかな。それも含めてすべて安倍首相の思惑通りだと思うよ。

韓国は逃げ道を失った状態

ネットユーザーは、「ひとまず」という表現を問題視してます!応じる気がないなら来てほしくないって。その一方で、ムン大統領は下手に出れば弾劾されるという意見もあります。仲裁委員会の設置と首脳会談の開催は別だ、と言ってる人もいました!

韓国のことだから、首脳会談さえやれば全部許されるとか思ってそうだよな。愛国日報辺りは特に。

それどころか、首脳会談をすればスワップしてもらえると思ってるのでは、という意見も。

無茶苦茶だなwww 大体韓国がいらないと断ったくせに再締結も何もないだろっていう。UAEと結べて誇らしいならそれで満足しておけばいい。

首脳会談をしたとして、何を話すんでしょうか?

そりゃまあ世間話だろ。後は握手写真の撮影。当然韓国が左で日本が右。文在寅のネクタイは青色で安倍首相は黄色か灰色。これができれば韓国メディアは日韓友好!日韓関係改善!とお祭り騒ぎになるだろう。

具体的に、何が改善するんですか?

日韓関係が改善したかのような雰囲気を出すのが目的だよ。それと同時に愛国日報が新大久保辺りを歩いてる日本人を何人か捕まえて、韓国は好きです!仲良くしたいです!というカンペの内容を読ませて取材料をいくらか渡して、さりげなく韓国グルメを宣伝するというような記事をアップすると思う。

設定が細か過ぎます(笑)

まあそういう努力はすべて徒労に終わるだろうがね。愛国日報の理想とは異なり首脳会談の開催は絶望的になるだろう。日韓外相会談が行なわれる23日に韓国が仲裁委員会設置に応じる可能性は限りなく低いからだ。

でも、応じなかったら日本が報復措置を発動しますよね・・・。

そういうこと。韓国はとうとう逃げ道を失ってしまったというのが今回の朝鮮日報の記事になるわけ。仲裁委員会の設置に応じれば第三国の仲裁委員を日本と合意の下で選ばなければならない。仲裁委員会の設置に応じなければ国際司法裁判所への提訴を含めた百の報復措置発動が待っているという具合だ。

資産売却命令がなくても、報復措置発動なんですか?

ウォン安がますます深刻になるだろうね。今日のKOSPIは朝一と正午に大きな介入が入ったようだが、売り手の外資はまたしても午後2時過ぎから一斉に投げ始めて山脈のようなチャートになってしまった。完全に韓国銀行砲のパターンを読まれてると言っていいだろう。

ホントに、逃げ場を与えただけのような状態ですね・・・。日本企業が、全力で逃げてるような気がします!

今はそういう見えない報復措置が発動されている段階と判断できるね。もしも資産売却命令が正式に下れば、麻生財務相の言うような送金停止ビザ絡みなどでの目に見える報復措置が発動となるはずだ。最終的な切り札となるフッ化水素禁輸のカードもちらつかせながらだ。愛国日報がパニックで記事を書きまくる流れになるだろう。そして日本にとって完全にどうでもいい国になるというわけだ。

そうですよね!日本はもう韓国との関係がなくなります!

韓国は日本の動きを見くびりすぎたようだな。今までのようになあなあでやり過ごせば嵐のように過ぎ去ってくれると思ったんだろうが、この賠償判決だけは日韓関係を根底から破壊するとんでもない代物だったということを早く理解すべきだったね。もはや手遅れだがな。

国際司法裁判所への提訴なら数年は時間稼ぎできる?そういう甘い考えをしてるから沈黙を押し通すとか訳の分からない戦略を取る羽目になったんだろ?文在寅は優秀な弁護士かのように装いながら名義貸しをやるような臆病な面を見せるし娘夫婦をタイに逃がしていることも分かっている。この難局を乗り切れるような肝っ玉の強さは持ち合わせていないと日本はとっくに把握してるんだよ。IMF危機でも唯一最後まで助けてくれた日本に愛国心を発揮した報いを受けることだな!

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!