韓国文在寅「今年の成長率は2.6%!」 野村「1.8%な」 ING「1.5%」 ムーディーズ「0.2%下方修正した」 どうすんのこれ…

韓国ニュース

Sponsored Links

世界中の金融機関が韓国の今年の成長率予測を相次ぎ下方修正しており中央日報がパニック状態となっている。文在寅の目標値である2.6%に達すると予測している機関はほぼ皆無で、多くが2%台前半だと予想。野村やINGのように1%台と厳しい数字を出したり、ムーディーズのように0.2%下方修正して2.1%とするケースなどが続いている。文在寅の発言とはあまりにも温度差があるようだ。

もはや「今年1.5%成長」展望まで…韓国成長率の下方修正ラッシュ
5/22(水) 17:55配信 中央日報日本語版

 OECDに続き、22日、KDIまで韓国の今年成長率展望値を2.6%から2.4%に引き下げ、韓国内外の主な経済展望機関の展望値がほとんど韓国政府の目標値(2.6~2.7%)を下回ることになった。最初から今年の韓国成長率展望値を1%台へと大幅に引き下げたところも少なくない。韓国政府が「下半期の経済政策方向」の発表で年間目標値を下方修正するかが注目される。

 国際金融センターの9つのIB展望値集計によると、韓国の今年経済成長率は平均2.3%にとどまるものと展望された。これはわずか1カ月で0.2%ポイントも落ちた数値だ。2020年成長率展望値は2.4%で、OECD展望よりも低かった。IB別では、野村が今年の韓国経済成長率を1.8%と見通して最も悲観的だった。バークレイズが2.2%、ゴールドマン・サックスが2.3%などだ。

 野村の野木森稔エコノミストは「韓国の1-3月期の国内総生産(GDP)が予期せず大幅に落ちた」として「設備投資が前四半期より10.8%減少したが、これは輸出不振が国内経済に否定的な影響を及ぼしかねないということを示唆している」と明らかにした。バークレイズは「政府の補正予算編成でも輸出・投資不振など下方リスクを完全に相殺し難い」と話した。

 公信力の高い機関と格付け会社・経済研究所もここ1~2カ月間韓国の成長率に対する基準を先を競って引き下げている。格付け会社であるスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は韓国の成長率展望値を2.5%から2.4%に引き下げ、ムーディーズは2.3%から2.1%に下方修正した。経済分析機関である英国のキャピタル・ エコノミクスは韓国が今年1.8%、来年は2.0%、2021年には2.5%成長するだろうとして昨年と同様に成績を3年以内に回復しにくいと予想した。

 INGグループはさらに悲観的だ。INGは「悪い状態がさらに悪くなった(From bad to worse)」という論評で既存2.3%から0.8%ポイントも低くなった1.5%を今年展望値に発表した。INGグループのロバート・カーネル首席エコノミストは「年間成長率2.5%を達成するためには今後四半期ごとに前四半期より1%以上成長を持続するべきだが、このようなことは起きないだろう」とし「第2四半期に経済成長がさらに鈍化し、その結果、技術的な景気低迷に陥る可能性がある」と警告した。韓国でもLG経済研究院(2.3%)など民間研究所はもちろん、韓国銀行(2.5%)・国会予算政策処(2.5%)などの視線が下に向いている。

 OECDが米国経済成長率展望値は3月(2.6%)より上向された2.8%、ユーロゾーンは1.0%から1.2%に上方修正するなど、主な機関が先進国の先行きを明るいと見込んでいる中で韓国だけが反対に向かう状況が演出されている。特に、最近、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と青瓦台(チョンワデ、大統領府)の「下半期には成長率2%台中後半に回復するだろう」「幸いに徐々に良くなる傾向」「経済が成功に向かっている」などの発言とは温度差が大きい。

 彼らが挙げる韓国の成長率鈍化の原因は昨年末から持続している輸出と投資不振だ。内需不振に製造業の景気が悪化し、企業投資の環境も悪くなっている。そのうえ、米中貿易葛藤の拡散など大外的要因により輸出依存度が高い韓国経済が揺れる可能性があるという懸念の声も大きい。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000049-cnippou-kr

野村の1.8%予測が流れを変えた

世界がみんな、韓国に厳しい評価を並べてますね・・・。

韓国の今年の成長率予測が相次ぎ下方修正されている。世界的に有名な金融機関から国際組織まで軒並みだ。韓国政府の目標値である2.6%を維持している機関はIMFしかいない。

野村證券が1.8%と言い始めてから、流れが変わった気がします!

明らかにそうだよ。そこからオランダのINGグループが1.5%へ一気に下方修正したかと思えば、英国のキャピタルエコノミクスも1.8%、ムーディーズも2.1%にするなど1%台を視野に入れた予測が相次いでいるよね。

韓国内の機関も、徐々に下目線になってるみたいです。KDIというのは韓国の機関ですよね?

ワトソン君のことだからauって韓国の会社だったんですか?とか言うかと思った。

それは違います!KDIとKDDIの違いくらいは分かります!

じゃ説明して。

え~と・・・。KDIは韓国開発研究院の略で、KDDIは国際電信電話(KDD)と第二電電(DDI)と日本移動通信(IDO)が合併した結果できた会社です!

なぜ第二電電がDDIになるの?

ダイニ・デンデン・インクの略です!

まあいいだろう。よって日本のKDDIは日本語由来、韓国のKDIは英語由来ということでまったく別の組織ということが分かった。なので今後ワトソン君はKDDIって韓国企業だったんですか?と間抜けな質問をすることは一切許されない。

ボクは、最初から間違えてません!勝手に決め付けないでください!

そうか。なら安心した。

3文字と4文字なら、間違えるはずがないです!

言ったね?では今後似たような組織名が出てきた時にも文字数が違う場合は誤認は許されないということになるがいいのか?

ケースバイケースです!厳し過ぎます・・・。

自分で言ったことはしっかりと守るのが男だぞ?

各機関の韓国成長率予測をリスト化

というわけで、各機関ごとの成長率予測を一覧にしてみた。韓国の機関は省いた。

【世界各国の2019年韓国成長率予測】
・OECD:2.4%
・S&P:2.4%
・ムーディーズ:2.1%
・野村證券:1.8%
・キャピタルエコノミクス:1.8%
・INGグループ:1.5%
・ゴールドマンサックス:2.3%
・バークレイズ:2.2%
・IMF:2.6%

OECDの数字はここに掲載されている。

OECD、韓国の成長率をまた下方修正…「最低賃金引き上げ緩和を」
5/22(水) 8:38配信 中央日報日本語版

 経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率予測値を0.2%引き下げて2.4%とした。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の「経済楽観論」とは対照的であり、安易な経済診断に対する批判が強まると予想される。

 OECDは21日、「経済見通し」を発表し、今年と来年の韓国の経済成長率をそれぞれ2.4%、2.5%と予想した。昨年11月にはそれぞれ2.8%、2.9%と予想していたが、3月に2.6%に引き下げ、今回また下方修正したのだ。これは6年ぶりの最低水準となった昨年の成長率(2.7%)はもちろん、政府の今年の成長率目標値(2.6-2.7%)よりも低い。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000009-cnippou-kr

もしかして、途中の話を丸ごと省略するつもりですか?

うむ。よって記事上では急に俺がリストをまとめ始めたことになっている。別にいいだろ?

何となく違和感が・・・。

ワトソン君の個人的な話は省略した方が得策かと思ったのでな。それよりもリストを見てくれ。ここからまた急激に変化するようであればシリーズ化して事あるごとにこのリストを掲載しようと思う。

分かりました。こうして見ると、IMFは韓国に甘いですね・・・。

それにはこういう理由があるそうだ。

 3月以降展望値をまとめた主な機関の中で展望値が政府の目標値内にある機関はIMF(2.6%)がほぼ唯一だ。これはIMFが成長率展望を保守的に見込む傾向があるうえに、発表時期上、韓国の1-3月期GDPが前四半期より-0.34%逆成長したことを反映しなかったためと分析される。特に、異例に韓国の補正予算編成を前提に従来と同様な成長率展望値を維持したとのことが当時企画財政部の説明だ。

 しかし、IMFも13日、韓国政府との2019年例年協議結果、報告書を公開して「最低賃金の引き上げを労働生産性の向上と連動させ、中小企業に対する補償補助金を段階的に減らすことを勧告する」として「労働市場で柔軟性と安全性を強化し、民間部門で雇用を創り出す案を奨励せよ」と呼びかけた。

要するにIMFの予測には今年1-3月期の成長率が反映されていないので、今後出てくる数字は他の機関と同様に厳しいものになると思われる。

そうだったんですね・・・。マイナス成長率は、そこまで予想外だったなんて。

IMFやOECDは基本的に結果しか見ないからな。こうすべきだという提言をする場合は大抵各国の金融当局の意向が反映されているわけ。例えばIMFが消費税はどうのと言い出したらそれは裏に財務省がいるってこと。よってIMF単独で韓国に厳しく当たることはない。

一覧で見ると、個々の金融機関と国際機関の間に温度差があります!

金融機関は身銭を切って投資してるわけだからな。あるいは顧客の大事な資産を守る義務がある。IMFやOECDのように出資してもらう気楽な立場にないので、その分評価が厳しくなるのは当たり前だ。つまり金融機関の予測の方がより正確ってこと。

文在寅はリバウンド王にはなれずに沈んでいく

ネットユーザーは、高く跳ぶ前に一度沈み込む必要があるので問題ない、と言ってます!いっそのことマイナス5%に目標を設定すれば、上方修正が相次ぐので気分がいいのではという意見も。次の会見では、来年には回復すると言うだろうと予測を立ててる人もいます!

高く跳ぼうとして沈み込んで足を捻挫するんだろ?

足元が流砂なのでは、という返信がついていました・・・。

なるほどww そもそも高く跳ぶ前に沈み込むなんてリバウンド王にあるまじき行動だと思うがな。桜木がいつリバウンドを取る時に沈み込んだ?

確かに・・・。すぐにジャンプ、またすぐジャンプですよね?沈み込んでたら、ボールをこぼしてしまいます!

素人文在寅政権を桜木に例えるなら今すぐ結果を出さなければいけないわけ。桜木はバスケは素人だったが身体能力は一流だ。文在寅はどうだ?

ムン大統領は、リバウンド王にはなれませんね・・・。庶民のシュートも打てずに政治生命が終わりそうです。意地悪クラブのせいです!

加えて文在寅にはシュート2万本の夏合宿を乗り切る気合いもないだろう。見たいものだけを見る練習になるので、おそらく2万本を打つイメージトレーニングをして終了だと思う。そして残った時間は囲碁小説に費やすことになる。

安西先生が怒って、二度と会ってくれなくなります・・・。

そのとおり。安倍首相も呆れてるよね。安西先生と同様に安倍首相も本気で怒らせると怖い。6月のG20ではすれ違っても目も合わせないだろう。そして関係は消滅する。

韓国は、もう日本との関係がなくなります。もうおしまいです!

別に日本はそれでもいいけどな。韓国が通貨危機でパニック状態に陥ろうがどうでもいい。そもそも1%台の成長率予測を先陣切って出したのは野村證券だ。我々はこれを百の報復措置の一部だとみなしているので、今後も日本は韓国に冷たい態度を取り続けることになるだろう。日本に愛国心を発揮したことを永久に後悔し続けるがいい。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!