ラオス政府がダム決壊の調査結果を発表! 「韓国企業は決壊を防げたはずだ」 終わったな…

東南アジアニュース, 韓国ニュース

ついにお待ちかねの調査結果が出てきたようだな!ラオス国家調査委員会がダム決壊事故に関して、不可抗力的な事故とみることはできないという結論を出したようだ。韓国側が主張するような集中豪雨でもダムの水位が最高水位に達していなかったことが理由という。韓国はダム決壊を防げたという解釈だ。これを受けて韓国SKは科学的根拠が欠如してると主張するなどラオスに敵対する姿勢を見せている。

「ラオス補助ダム崩壊、防げた」という発表に韓国建設会社「同意できない」
5/29(水) 9:10配信 中央日報日本語版

 昨年7月、ラオス南部で大規模な人命被害を引き起こした水力発電所補助ダム崩壊事故が不可抗力的なものではなかったという調査結果が出た。施工者であるSK建設は科学的根拠が欠如した結果だとし、同意できないと反発した。

 28日、国営パテト・ラオ通信(KPL)によると、ラオス国家調査委員会はこの日、セピアン-セナムノイ水力発電所補助ダム崩壊事故に対する独立専門家委員会(IEP)の調査の結果、不可抗力的な事故とみることはできないという結論が出たと明らかにした。

 IEPは、昨年7月23日に発生した崩壊事故前の数日間、集中豪雨に見舞われたが、崩壊が始まった時にダムの水位が最高稼働水位にも達していなかったとしながらこのような結果を出した。それと共に、ラテライトで築いた補助ダムに微細な水の通り道が存在し、漏水による内部侵食が発生して基礎地盤が弱まったことが根本原因だと指摘した。

 IEPは「適切な措置で防げた崩壊事故ということで疑いの余地がない」と明らかにした。・・・

 これについてSK建設はこの日、安宰ヒョン(アン・ジェヒョン)代表理事の名義でコメントを出し、「IEPの調査結果は事故前後に実施した精密地盤調査結果と一致しないなど科学的・工学的根拠が欠如している」としながら「経験的推論に過ぎない調査結果に同意することはできない」と反論した。

 続いて「今回の調査にオブザーバーとして参加した韓国政府調査団と世界有数のエンジニアリング専門企業なども、IEPが明らかにした事故原因と異なる意見を持っている」とし「今後、明確な事故原因究明のためにラオス政府の原因調査および検証が客観的で公正な手続きで進められるよう求める」と明らかにした。

 SK建設は「深層的かつ追加的な検証を通じて、すべての専門家が同意できる結果が導き出されるように最善の努力を尽くす」とし「当社は今回の結果発表とは関係なく、過去10カ月間行ってきたように、被害の復旧と補償のために最大限の努力を尽くす」と付け加えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000014-cnippou-kr

豪雨が原因という言い訳は通用せず

ええっ?ラオスダム決壊の調査結果が発表されたんですか?

そうだぞマスオ君。苦節10カ月、長かったな!我々がラオスはどうなったんだと昨日不満を漏らしていた翌日にこの発表。不可抗力ではなく適切な措置で防げたはずだという結論だ。いやはや清々しいね!

長かったですね・・・。昨日はヘンなことを言ってすみませんでした。水を差すようで申し訳ないんですけど、マスオさんの漢字表記ってあるんですか?

ねえよwww しかも水を差すなよ!ダムの水位が最高稼働水位に達してなかったことが分かったので、韓国側が言うような豪雨が原因で崩れたという言い訳は成立し得ないというわけだ。

補助ダムに微細な水の通り道が存在して、水が漏れて侵食が発生したと書かれてますね・・・。ボク達が最初から指摘してた通りです!

“ダムに水の通り道”とな。欠陥以外の何物でもないだろう。水をせき止めるのが補助ダムの役目じゃないのか?

ホントですね・・・。韓国はもう言い逃れできません!

ところがSK建設は苦しい言い訳をしているね。この期に及んでだ。我々が事故前後に実施した調査結果とは一致しないとして”科学的根拠が欠如”していると全面的に否定する姿勢だ。どこがどう一致していないかは触れていない。

事故を起こした当事者の調査なんて、信用できないです!

まったくだな。”科学的根拠が欠如”してると根拠もなく主張している時点で韓国の言い分はおかしい。そしてこの言い分で通ると思ってることが余計にラオス側の怒りを増幅させるだろう。

UAEに対してもそうですけど、ホントに色んな国に迷惑をかけてますよね・・・。

一事が万事豪雨のせいだ!UAEが原発技術の移転を強要したからだ!韓国は悪くない!と他人に全部責任転嫁するからな。日本でなくても関わりたくないと思うようになるだろう。

世界有数の”エンジニアリング専門企業”とはどこか?

今回の調査には、韓国政府だけでなく「世界有数のエンジニアリング専門企業」も関わってたんですか?どういう話だったか忘れてしまってて・・・。

今はもう更新もしていないラオスダム決壊まとめの記事によれば、少なくとも東京電力と国際大ダム会議とスイスが調査活動に参加してるはずだ。中国に関しては断ったという報道もあれば、実は支援しているという報道もありはっきりしない。韓国が言うところの“エンジニアリング専門企業”についてはどこの国の企業かも分からない状況だ。

東京電力ではなさそうですよね・・・。

他に今回の調査結果発表について報道しているメディアがないか、探してみてくれる?

・・・。

どうだ?

例によって全然見つからないですね・・・中央日報さんが報道したのが逆に奇跡に近いような気がします。

愛国日報は愛国心の観点から、韓国が少しでも不利になりそうなことは見過ごせずに韓国を擁護する形で報道したくなってしまうんだろう。皮肉にもそのことがより韓国を不利な状況に追い込んでいることになる。

IEPというのは、よく見たらラオスの国家調査委員会とは違うんですね!

英語で検索すれば分かるが“The International Expert Panel”の省略だよ。大事なことを書き忘れたが、さっき出した東京電力と国際大ダム会議とスイスの企業はどれもラオス政府が依頼した組織だった。要するにIEP側ってこと。

えっ?じゃあ、韓国が頼んだ「エンジニアリング専門企業」というのは・・・。

これまで話に出てきていない点から考えると存在するかどうかも怪しいね。SK建設が口から出まかせを言ってる可能性も否定できない。その辺りの点を中心にネットユーザーの反応から探っていこう。

ラオス政府が公表したのは韓国政府との決裂の結果だった

ネットユーザーは、結構な人数が企業名を出さないことを疑ってますね・・・。仮に存在したとしても、客観的な意見は期待できないって。やっぱり怪しいですよね?

これまでそういう企業の名前が出てきてないこと1点だけでも真っ赤なうそだと見抜けるね。まとめ記事を作っておいたことが役立ったな。

ホントですね・・・。ボク達の目は誤魔化せません!

まあこういう調査結果が出た以上韓国は一層苦しい状況に追い込まれるね。韓国政府のODAで造られてたという話もあるし最終的には賠償責任を果たさなければならないよ。

そうでしたね!大事なことを、段々思い出してきました。

一度全記事を読み返して、当時の状況を振り返るのもいいかもね。あの頃と我々のスタイルもだいぶ変化してきてるからな。俺がワトソン君をワトソン君呼びし始めたのは…意外と初期のこの記事だった。

ボクはそんなに優秀な助手ではありません!と言った覚えがあります・・・。

それはこの記事でだな。しかしこうして韓国が追い詰められている現状を考えれば我々も一役買っていると言えるだろう。SK建設が建てた仮設住宅が明らかにおかしいという話も数え切れないくらい取り上げたよな?

同じ画像で、何度も記事にしてましたよね・・・。SK建設は、誠実さが足りないと思います!あと、今回のラオス政府による公表は、韓国政府との調整が決裂した結果の公表だったそうです。

調整って何が?

どういう情報を公表して、どれを隠すべきかを韓国政府と協議してたみたいです。この英語記事が、色んなところで取り上げられてました!

Laos Dam Collapse Blamed on Substandard Construction
2019-05-15

Poor construction methods, with soil used in place of concrete, are now being blamed for a fatal hydropower dam collapse last year in Laos in what has been called the country’s worst flooding in decades.

(中略)

PNPC is a consortium formed by a local Lao company and South Korea’s SK Engineering & Construction, and Korean involvement in the project had earlier prompted Seoul to send relief teams to Laos to help mitigate the effects of the disaster.

The Lao government is expected to officially publish the investigation’s results when talks with South Korea are concluded, Singphet said.

All findings of the report should be released as quickly as possible, though, Premrudee Daoruong of the Thailand-based NGO Laos Dam Investigation Monitor said, also speaking to RFA.

“This is so the public can verify the information and raise questions,” she said, adding, “This information shouldn’t be known only to the Lao and South Korean governments.”

(以下略)

https://www.rfa.org/english/news/laos/collapse-05152019161026.html

なるほどね。ラオス政府と韓国政府でごにょごにょしてた時に、ラオスダム調査を監視するタイのNGOが情報を隠すんじゃない!と一喝したことで公開に傾いていったというわけか。これは韓国政府にとっては致命的じゃないか?

もしこれが事実なら、韓国政府は水面下でこっそり交渉してたことになりますよね・・・。何も話さないのに、ずるいです!

まあ悪いことはできないって話だ。韓国政府とSK建設はこれから国際社会の厳しい目線にさらされることになると思うが、心の底から反省して賠償金を支払うことを明言すればひょっとしたら許してもらえるかもしれない。まあこれまで取り続けた態度を差し引けば2度とラオスで仕事はさせてもらえないだろうがな。

俺はラオス政府が韓国から巨額の投資案件を持ち込まれて融和的になるんじゃないかと心配したが、正義が勝ったようでよかった。裏に中国がついてることを考えればラオスが韓国に対して強気に出ない理由がないからね。日本も韓国よりは中国を優先するのでやはりラオスに味方するだろう。つまり韓国はどこにも味方がいない。潔く結果を受け入れて反省することだな!

韓国の皆さん、ダムの欠陥を認めてラオスに賠償してください!逃げてはいけません!