日本政府が韓国議員団を門前払い! 誰にも相手されず韓国パニック状態! 会ってくれたのはワタミ会長だけだった!

安倍政権, 韓国ニュース

実に清々しい。韓国の議員団がまた日本に来たようだが、ほとんど誰とも会ってもらえずに冷遇されたと嘆いている。衆議院外務委員長は面会を拒絶。参議院に至ってはあのワタミ会長に出てこられて仲裁委を設置しろと言われる始末だ。もはや議員外交さえも成立しなくなったことで韓国側も深刻さを理解し始めたようだ。

(朝鮮日報日本語版) 韓国議員団、日本で韓日関係悪化を実感「これほどの冷遇は初めて」
5/29(水) 22:29配信 朝鮮日報日本語版

 「議員外交まで行き詰まり、深刻な状況だ」

 日本を訪問している韓国国会外交統一委員会の議員5人は29日、東京で行われた韓国メディアとの懇談会で、韓日両国間の雰囲気が予想以上に冷え込んでいることを実感したと話した。尹相現(ユン・サンヒョン)外交統一委員会委員長を始め、兪奇濬(ユ・ギジュン)、鄭鎮碩(チョン・ジンソク)=以上、野党・自由韓国党=、千正培(チョン・ジョンベ)=野党・民主平和党=、李貞鉉(イ・ジョンヒョン)=無所属=の各議員は28日から1泊2日の日程で議員外交のために日本を訪れた。しかし、予定されていた日本の衆議院外務委員長との面会は拒絶され、なんとか面会の約束を取り付けた参議院でも当選1回の比例代表選出議員1人が応対しただけだったという。

 尹委員長らは訪日する1週間前から駐日韓国大使館を通じて衆議院外務委員長との面会を申し入れ、徴用問題での韓日対立の解消に向けて意見を交換したいとの意向を伝えていたという。しかし、韓国議員団によると、衆議院外務委員長を務める若宮健嗣議員側は韓国側の連絡を避けているかのように、面会要請に返答せず、明確な理由も示さなかったという。

 尹委員長は懇談会で「韓日関係がどれほど悪化しているのか、東京で肌で実感した。「コリア・ッシング(韓国たたき)」が深刻だ」と述べた。韓国海洋水産部(省に相当)長官を務めた兪奇濬議員は「日本には何度も来ているが、こんな礼遇は初めて」と話した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00080257-chosun-kr

また韓国の議員団が来た

ええっ?また韓国の議員団が日本に来たんですか?

そうだぞマスオ君。つい10日ほど前にも議員団が来たというのに、またしても韓国政府は議員団を送ったようだ。仲裁委が設置される見込みもなくだ。

しつこいですね・・・。何も話すことはないと思います!

日本政府としてもうんざりしてるんだろう。今回ばかりは会うことさえもしなかったようだ。衆院外務委員長は要請された面会に応えず拒絶したとされている。

それでいいです!いきなり連絡されても、困ります!

韓国側が一方的に面会を要求したが返答がなかったようだね。返答がなかったのにぶっつけ本番的に日本にやってきて、案の定何の成果も残せずに帰る羽目になったわけだ。

参議院で応対してくれた、当選1回の人って誰ですか?

それは後で説明するよ。韓国側はこのことをパッシングではなくバッシングだと言っている理由も謎だよね。

パッシングが無視、バッシングが叩くことですよね?それくらいは分かります!

そうだ。日本ではなぜかパッシングがヘッドライトをパシパシ叩くという意味で使われてるんだが、英語の意味としては“無視”だ。この前話した気がする。

ダジャレだった、という結論になりましたよね・・・。それで覚えてます。韓国はどうしてバッシングという単語を使ったんでしょうか?

東京で他にも“バッシング”に該当する出来事があったのであれば、それを明らかにした方がいいよね。まさか韓国の議員ともあろう人物がパッシングとバッシングを間違えているはずはないからな。

ワタミ会長が1人で応対という衝撃の事実

注目すべきは2ページ目だ。衆院は門前払いで参院は”外交防衛委員長”が1人で応対したそうだ。渡邉美樹委員長のことだ。

 韓国議員団は、参議院の外交防衛委員長とは面会した。しかし、本来は渡辺美樹委員長のほか参議院3-4人が出席する予定だったが、面会には渡辺委員長1人しか現れなかったという。韓国側は元法務長官や元海洋水産部長官、元セヌリ党院内代表、元セヌリ党代表などそうそうたるメンバーをそろえ、5議員の当選回数は全員合わせて20回に達するにもかかわらず、日本側は比例代表選出の当選1回の参議院議員わずか1人で対応したのだ。・・・

あれ?もしかして・・・。

そう。あの元ワタミ社長、今は会長の渡邉美樹氏だよ。当選1回だが外交防衛委員長となり韓国と応対したというわけだ。

当選1回というのは、書く必要はあったんでしょうか?

新米議員に相手されたと嘆いているようにしか見えないよね。そういう態度が失礼であることには考えが至らないようだ。これは愛国日報はおろか朝鮮日報であっても同じだ。

この場ではどういう話をしたんですか?

お待ちかね愛国日報の出番だ。新米議員に相手されたという屈辱的な事実を全面的に強調した愛国記事タイトルを見てみるがいい。

「合わせて20選」韓国議員5人を日本は初当選議員1人が相手 「このような冷遇初めて」
5/29(水) 14:00配信 中央日報日本語版

 「韓日関係がどれほど悪化しているかを東京で肌で痛感した。コリアッシングが深刻だった」

 29日、東京のあるレストランで特派員に会った尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)国会外交・統一委員長は席に座ると同時にこのように話した。尹氏は外交統一委所属の議員と共に28日~29日の1泊2日の日程で東京を訪れた。
・・・

 参議院の渡邉美樹・外交防衛委員会とは会った。だが、当初日本側から渡邉委員長の他に議員3~4人が出てくるだろうと期待していたが、結局約束場所に現れたのは渡邉委員長1人だった。

 結局、参議院比例代表初当選の渡邉委員長が、当選回数をすべて合わせると20選に達する韓国の重鎮議員5人を1人で相手にした格好だ。

 兪奇濬(ユ・ギジュン)議員は「これまで公務で日本を7~8回訪問したが、このような冷遇を受けたのは今回が初めて」と打ち明けた。

 訪問団と会った渡邉委員長は「徴用裁判に関連し、日本政府が要請した仲裁委員会の設置に韓国は応じるべきで、もし応じない場合には6月末の大阪主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)での日韓首脳会談開催は難しい」という日本の立場を再度強調したと尹委員長は伝えた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000041-cnippou-kr

しかも、その当選1回の議員に「仲裁委員会の設置に応じろ」って言われてますね!もし応じない場合は首脳会談も難しいって。これが話の内容だったんですか?

そうだ。まさかワタミ会長からこんな厳しい言葉が発せられるとはね。韓国側にとっては二重にショックだっただろう。初当選の議員、しかもよりにもよってワタミ会長にまで仲裁委設置に応じろと河野外相と同じことを言われてしまった。屈辱以外の何物でもないだろう。

渡邉委員長は、1人で参加することには抵抗がなかったんでしょうか?

まあ仮にも委員長だからな。他の議員は参加しなくても私が引き受けますよ、と快く応じたに違いない。まさかここで安倍首相がワタミカードを切ってくるとはね。日本人ならば当選1回の議員かどうかよりワタミ会長だったという方に反応すると思う。

韓国では、あまり有名ではないみたいですね・・・。

政治家引退を表明するワタミ会長に応対された韓国の屈辱

ネットユーザーの反応を見てるんですけど、渡邉委員長は引退するみたいです。

ええっ?政治家を引退?

マスオさんが増えました(笑) 今年夏の参院選に出馬しないそうです!もう当選してから、6年も経ってるんですね・・・。

へー!ほとんど何もせずにワタミの方に戻るわけか。これは韓国にとっては屈辱どころか生き恥に近いね。

ホントですね・・・。朝鮮日報さんも、そこまでは書けなかったみたいです。他のネットユーザーの反応では、韓国も渡邉委員長が1人で応対した意味をやっと理解したと言われてます!ネット掲示板では、ワタミのことを揶揄する書き込みで溢れていました・・・。

そりゃそうだww 渡邉外交防衛委員長と肩書きだけは物々しいが、つまりワタミ会長だからな。韓国はこの屈辱の意味を表面でしか理解していないと思うよ。

あと、令和時代になったので韓国とは「冷遇」、「零話」でいいと言ってる人も。

我々があのコピペを広めた成果があったな!1人でもそういうことを書いて拡散してくれれば言うことなしだ。今ここでもう一度掲げよう。

令和時代の令は冷却の冷、韓国との関係を冷却させる時代。
令和時代の令はゼロの零、韓国との関係をゼロにする時代。
令和時代の和は平和線の和、平和線撤廃を命令し竹島を奪還する時代。

少し書き換えた。

いいですね!あと、中央日報さんは韓国の議員が「ッシング」と言ったって書いてるんですけど、実際には「ッシング」だったんでしょうか?

マジだった。朝鮮日報はバッシングと書き、愛国日報はパッシングと書いてる。もはや韓国内での意思疎通さえ難しくなってるというのは皮肉でしかないね。日本はこのようなちぐはぐ国家は相手にする必要も価値もないと考えている。せいぜいこれまでの愛国政治を嘆いて後悔することだな!

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!