韓国企業だけが半導体市場で業績暴落!? どうして韓国は負け組になったの?

韓国ニュース

半導体市場が最悪だって言われてるんですけど、実際に業績を大きく暴落させたのは韓国のサムスンとSKハイニックスと、仲良しだったアメリカのマイクロンだけみたいです!アメリカのインテルやクアルコム、ブロードコムは他の事業を伸ばしてて何も問題がなかったとか。どうしてこうなってしまったんでしょうか?

「半導体市場は10年ぶり最悪、最大の打撃はサムスン電子」
5/29(水) 16:12配信 中央日報日本語版

 最近の半導体業況が数字で表れた。今年1-3月期のサムスン電子の売上高は前年同期比35%減、SKハイニックスは26%減となったことが分かった。メモリー半導体価格が前年に比べて下落し、メモリーに注力する両社が大きな影響を受けた。

 市場調査会社IHSマーケットによると、世界半導体業界の1-3月期の売上高は1012億ドル(約120兆3300億ウォン、約11兆円)だった。前年同期比で12.9%減少した。IHSマーケットは「四半期別の売上高で見ると、2009年4-6月期以来の大幅減少となった」とし「1-3月期の半導体市場で勝者はいなかった」と説明した。

 世界10大半導体企業で2番目のサムスン電子の場合、1-3月期の売上高が122億ドル(約14兆5300億ウォン)で、前年同期比34.6%減少した。売上高基準で半導体上位10企業のうち最大の減少となった。

 3位のSKハイニックス(60億ドル)と4位のマイクロン(56億ドル)は前年同期比それぞれ26.3%減、22.5%減だった。世界DRAM市場を寡占する3社の売上不振の理由はメモリー不況のためとみられる。

 IHSマーケットによると、メモリーチップ市場は1-3月期の全体売上高が昨年10-12月期に比べ25%減少した。具体的にはDRAMが26.1%減、NAND型フラッシュメモリーが23.8%減。

 サムスンやSKハイニックスとは異なりパソコン用中央処理装置(CPU)が主力商品のインテルは同じ期間、売上高が0.3%減だった。インテルの1-3月期の売上高は158億ドルと、世界半導体企業で最高だった。

 IHSマーケットの研究員は「メモリー不況による業績悪化の影響を避けたインテルが1-3月期の半導体市場でトップだった」とし「昨年10-12月期にサムスン電子を抜いて2期連続でトップになった」と説明した。ただ、「マイクロプロセッサー事業はパソコン、エンタープライズおよびクラウド部門の需要減少と在庫の増加で沈滞の影響から抜け出せなかった」と伝えた。

 これら企業に続いてネットワーク装備用通信チップを生産するブロードコム(46億7400万ドル)が5位、アプリケーションプロセッサ(AP)・モデムチップなどモバイルチップが主力事業のクアルコム(37億5300万ドル)が6位となった。ブロードコムとクアルコムはともに米国基盤の半導体企業で、トランプ政権のファーウェイ(華為技術)制裁に応じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000051-cnippou-kr

インテルが業績を維持できた理由は?

中央日報からもサムスンの嘆き記事が出たか。そりゃそうだ。韓国企業+αだけが半導体市場でダメージを食らってることが分かったからな。

ホントですね・・・。ただ、それは他の主力事業が堅調だったからみたいです。アメリカのインテルはCPUの方が好調だったそうです!

半導体は半導体だからな。だがマイクロプロセッサ事業は沈滞したと書いてあるぞ?マイクロプロセッサ=CPUだ。

あれ?そうなんですね・・・。じゃあ、インテルはどうやって業績を維持したんでしょうか?

一昨日の記事でもインテルの業績の内訳は明らかにされてなかったよな。ちょっと探してみてくれる?

半導体メモリー市場の落ち込みが一番激しくて、プロセッサー市場やASIC市場?の落ち込みはそこまでではなかったからだと思います!それ以上の情報は見つかりませんでした・・・。インテルも売り上げ自体は0.3%落としてますよね?

なるほど。単純にメモリ依存度が高い3社が直撃弾を食らった形になるわけか。韓国企業と関わってしまったがために仲良く業績を落とした米マイクロンは立場がないね。

ホントですね・・・。韓国と仲良くしたなら、仕方ないと思います!

米国はマイクロンがなくてもインテルがある。韓国はサムスンとSKハイニックスしかない。この隙をついてファーウェイのハイシリコンが業績を伸ばしていることも知ったよね。韓国はもう没落するだけの国なんだよ。

大阪G20に韓国は来ないのでG19になる?

ネットユーザーは、せっかくだしフッ化水素を止めてあげようと言ってます!経済王のムン大統領がまだ動いてないので余裕があるし、打撃を受けるのはG19の後だって言ってる人もいます。半導体事業は好調不調の波が激しい、という意見もありました!

せっかくだし止めようとかいうノリはどうなんだww まあ別にいいけど。そして文在寅はついに経済王になったのかwww

さすがにそれはちょっと言い過ぎですよね・・・。

経済王に おれはなるっ!!

ワンピースの世界観には、ムン大統領は入り込めないと思います。ワンピースには素人がいないです!

全員強いからな。強いて言えばウソップだがまるでキャラが違う。それよりG19www

韓国はもう来ない前提みたいですね・・・。大阪城での写真撮影がイヤなら、そうするしかないですよね?

まったくだな。東京五輪で旭日旗を使うなとか謎の圧力をかけてくるような国は日本に来ない方が幸せだと思うよ。まさか韓国の観光客は大阪城に行ったりはしてないよな?

確かに!朝日新聞の記事の内容なら、大統領や首相だけでなく韓国の一般客も入れませんよね・・・。

“かつて朝鮮出兵を行なった豊臣秀吉が建てた城です”と一筆書いておけばいいと思うね。英語、中国語、韓国語で翻訳して看板を立ててもいい。それが歴史的事実なんだから問題にはならないはずだ。

そうです!大阪城に行かなければいいだけの話なので、問題はありません!

韓国は経済悪化で為替監視対象国から外れるかも?

スペースが余ったので為替監視対象国について見てみよう。愛国日報によれば韓国は3項目のうち1項目だけが該当するという。

米国、韓国の「為替監視対象国」維持…「3項目中1項目の要件該当」
5/29(水) 11:31配信 中央日報日本語版

 米財務省は28日、韓国と中国、日本を含む9カ国を為替「監視対象国」に指定したと発表した。米財務省はただ、韓国の外国為替政策の透明性確保などに向けた努力を肯定的に評価し、韓国は現在評価基準3要素のうち1項目にだけ該当し、次回の報告書発表時にも現在の状況を維持すれば監視対象国から除外されると明らかにした。

 米財務省はこうした内容を盛り込んだ2019年上半期の為替報告書をホームページに公開した。監視対象国に指定された国は韓国、中国、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、シンガポール、ベトナムの9カ国で、6カ国だった前回の発表より増えた。
・・・

 判断基準は▽年間200億ドル以上の顕著な対米貿易黒字▽国内総生産(GDP)の2%を超過する相当な経常収支黒字▽12カ月間GDPの2%を超過する外国為替を買い越す持続的・一方的な外国為替市場介入だ。
・・・

 昨年韓国の対米貿易黒字は179億ドルで、基準となる200億ドルを下回った。また、韓国外国為替当局は3月末に初めて外国為替市場介入内訳を公開し、一方的に市場に介入していない点を立証した。これに伴い、韓国は3つの要件のうち昨年GDPの4.7%だった経常黒字だけが要件に該当する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000030-cnippou-kr

国名順は韓国、中国、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、シンガポール、ベトナムになっているので、昨日のロイターが提示した順番から韓国だけを先頭に持ってきた形になるね。

ホントにそうみたいですね!それより、韓国が為替監視対象国から除外されないか心配です。

韓国は今年の業績が加速度的に悪化してて、ひょっとすると残り1つの経常黒字についてもGDPの2%を下回るかもしれないね。そうなれば韓国を監視対象国に指定する理由は1ミリもなくなる。皮肉なことに、韓国経済が弱体化すれば監視対象から外れることになるんだ。

その代わり、格付けも下がりそうな気がしますけど・・・。

昨日のドルウォン市場ではまたウォン安に傾いてきているね。一時的に1ドル=1195ウォンのラインを割り込んでいる。直近の最安値を更新するようであれば単独記事で別途取り上げることにしよう。

1200ウォンを割ったら、介入しないとまずいですよね?

不当な通貨安を容認すれば相殺関税の発動が待ってるからな。これは財務省の為替操作国指定とはまったく異なるスキームになるので、韓国としては通貨安を容認しない姿勢を見せつつ適切な場所で介入をしなければならない。だがその介入が増えればGDP2%のラインを越えてしまうかもしれないというジレンマだ。

このまま半導体企業の業績が沈んだままなら、ドンドン売り込まれそうですよね・・・。

ちょっと前にはこういう半導体市場に関して弱気姿勢を見せるような記事も出てきてる。最後に目を通してくれ。

半導体回復時期「よくわからなくなってきた」=WD日本法人社長
5/27(月) 18:54配信 ロイター

 [東京 27日 ロイター] – ウエスタンデジタルジャパン(東京都港区)の小池淳義社長は27日、ロイターのインタビューで、年後半に回復するとみられていた半導体メモリー市況について「よくわからなくなってきた」と述べ、不透明感が増しているとの認識を示した。

 ただ、長い目で見れば「5G(第5世代移動体通信システム)や自動運転、データセンターなど巨大な需要が待っていることは間違いない」と語り、それに向けて準備を進める姿勢を強調した。

 小池社長は足もとの市況について「需要と供給のバランスがまだうまく取れていなことに加え、不確定要素も増えており、厳しい状態が続いている」と指摘。先行きについても「ちょっとよくわからなくなってきたというのが正直なところだ」と慎重な見方を示した。同社は現在、在庫調整を進めているが「4─6月期も調整が全部できたという状態にはならないだろう」という。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000067-reut-bus_all

じゃあ、下半期も半導体はダメかもしれないんですね・・・。韓国にはもう絶望しかありません!

まあ日本としても生き残りに必死になるので韓国勢だけが没落しようが構っている暇はないというわけだ。半導体メモリに依存しまくった脆弱なビジネスモデルで一時的にインテルを追い越したことも嫌気されただろう。気付いた時には中国にすべてを奪われ韓国には何も残っていないかもしれないね。困るのは100%韓国の人達だけだ。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!