トランプ氏が英国に合意なきEU離脱を促す  次期首相は交渉を打ち切るべきと主張

トランプ政権, 欧州ニュース, 米国ニュース

訪英直前のトランプ氏がBrexitについて触れ、英国はEUとの交渉で譲歩せず離脱費用500億ドルの支払いを拒否すべきと主張しました。10月末の期日までに譲歩を取り付けられなければ、合意なき離脱を避けることが難しくなります。トランプ氏は次期首相の有力候補とされる合意なき離脱派のBoris Johnson氏を称賛しています。それに並行して駐英米国大使が英国との通商協議についても触れています。

トランプ氏、EU側の譲歩なければ英は離脱交渉「打ち切るべき」
6/3(月) 9:26配信 ロイター

 [ロンドン 2日 ロイター] – トランプ米大統領は英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題について、EU側が譲歩しない場合は英国は離脱費500億ドルの支払いを拒否し、離脱交渉を「打ち切る」べきだとの見方を示した。3日からの訪英を前に行われた英紙サンデー・タイムズとのインタビューで語った。

 また、近く退任する予定のメイ英首相の後任には、先の欧州議会選で躍進した英「ブレグジット党」のファラージ党首を離脱交渉に加えるべきと述べた。

 トランプ氏はブレグジットは年内に実現する必要があると強調し、その後に英国と通商協定をまとめるために「全力を尽くす」と表明。英国がEUと合意した移行期間が制約にならなければ、「極めて迅速に」通商協議に取り組むことが可能になるとの見方を示した。

 次期英首相については、ブレグジットの期日である10月末までにEUから一段の譲歩を取り付けることができなければ、「合意なき」離脱を推進すべきだとの見方を示した。「英国の要求が通らないのであれば、私ならば交渉を打ち切る」と語った。

 次期首相を決める英与党・保守党の党首選には13人が立候補しており、「合意なき離脱」派にはボリス・ジョンソン前外相などが含まれる。トランプ氏は5月31日の英大衆紙サンとのインタビューでジョンソン氏を称賛している。

 一方、ウッディ・ジョンソン駐英米大使は2日、英BBCの番組で、英国と通商合意がまとめれば、農産品とヘルスケア分野が含まれることになるとの見解を示した。英国内には米国の農業規制や、国庫負担が財源となっているヘルスケア部門に米企業の参入を認めることについて懸念がある。

 ジョンソン大使は米国製品の流入を認めれば「英国民に選択肢を与えることになり、欲しいと思うなら購入できるし、欲しくないなら買う必要はない」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000016-reut-cn

トランプ氏と考えが近いJohnson氏

トランプとボリスジョンソン氏のコンビネーションを早く見てみたいね。メイ首相はお疲れ様としか言いようがない。

ホントですね・・・。ジョンソン首相、楽しみです!

そうですね。トランプ氏は前外相のBoris Johnson氏を絶賛しています。トランプ氏は英国に合意なき離脱を推進するように主張していますが、その中で最も考えが近いのがJohnson氏ということになります。

EUとの合意は、もう絶望的なんですよね・・・?

離脱費500億ドルなんて初めて聞いたな。解約月以外に解約すると1万円近く取られる携帯電話の契約じゃあるまいし。

何ですかそれ?

え?ワトソン君は大手キャリア使いではないの?

数年前にやめました・・・。格安SIMにしました!解約月ってあるんですか?

まあその話はいいや。離脱費ってのは具体的に何のための費用なんだ?

名目上は未払いの分担金とされていますが、英国が離脱することによりEU域内での経済的損失が発生しますので、そのための穴埋めとして使われる可能性があります。トランプ氏はこの未払いの分担金も支払う必要がないという認識のようです。

なるほど…。さすがトランプ。カネの交渉は強いな。

何のための離脱かを考えるべきじゃよ。英国は何が国益かを見失ってはならん。

離脱のために6兆円近く払って貧乏になったら、それこそ本末転倒ですからね…。

トランプ氏の英国内での評判について

トランプ氏はJohnson氏を称賛するとともに、現首相のMay氏を有利な立場で交渉を進められなかったとして批判しています。Brexit Partyの党首であるNigel Farage氏とも会談することを示唆しました。

トランプ米大統領、「メーガン妃が嫌な人だとは知らなかった」
6/2(日) 12:35配信 CNN.co.jp

 ワシントン(CNN) トランプ米大統領は英国訪問を控えた英大衆紙「サン」とのインタビューで、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐるメイ首相の対応を批判した。

 31日付の同紙によると、トランプ氏はホワイトハウスでのインタビューで、メイ氏はEU離脱交渉を強い立場から進めることができなかったと批判。「有利な材料を増やすべきだと言ってあったのに」「相手が全面的に有利な立場で交渉するのは難しい」などと語った。

 メイ氏は7日に与党・保守党の党首を辞任する。トランプ氏は、後任の党首選で有力視されている離脱強硬派のボリス・ジョンソン前外相を「大変いい人で才能がある」「とてもうまくやるだろう」と称賛した。

 また、訪英中に同じく離脱強硬派のナイジェル・ファラージ・ブレグジット(EU離脱)党党首とも会談する可能性を示唆した。

 英最大野党・労働党のコービン党首が、トランプ氏を歓迎するエリザベス女王主催の晩さん会には出ないと表明したことについては、「間違った行動だ」と不快感を示した。

 環境問題への関心が強いチャールズ皇太子との面会では、気候変動が話題になることも予想されるが、同氏はインタビューで「わが国の大気や水の状態はとても良い」と主張した。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-35137856-cnn-int

メーガン妃についての肝心な部分を略しちゃ…まあ内容が内容だけに仕方ないか。

メーガン妃、意外と激しい性格の人だったんですね・・・。王室では大丈夫なんでしょうか?

型破りの行動をすることが多いとは感じていたが、まさかトランプのことをそう思っているとは。一方のトランプはこの“嫌な人”発言については事実無根だと否定しているようだ。そういうごたごたも含めて、英国内でトランプを巡って賛成派と反対派が真っ二つに割れているように見えるね。

イギリスでは、今日からトランプ大統領を揶揄したバルーンが飛ばされるそうです・・・。日本では考えられないですよね?

まあ表現の自由の範囲内…ではないわな。ブリティッシュジョークにしては直接的すぎる表現だとは思う。こういう面から考えてみても、日本人は世界で最も争いを好まない平和的な民族だということがよく分かるよね。来るものは拒まず、去るものは追わないの精神だ。トランプの国賓訪日は最高の4日間だったと思う。

韓国についても、来るとなったら拒まないんですか?

来れればの話だがな。大阪城での写真撮影はもう決定事項だと思われるので、G19に来るとなれば当然写真撮影にも参加することになる。それとも写真撮影だけボイコットして右上に丸囲みで入れてもらうか?大阪城より文在寅が上にいる!勝った!とか喜びたいならそうすればいい。

Londonは世界一なのかどうかについて

ネットユーザーは、トランプ大統領の批判ばかりをしてます!中国のコメント部隊しかコメントしてない雰囲気です・・・。数少ない冷静なコメントでも、イギリス王室がどう出るか見たい、ヨーロッパが崩れればアメリカが有利になると批判的な雰囲気でした。

合意なき離脱を望まないのは中国も同じということかな?興味深いね。

あと、やっぱりトランプ大統領はアメリカの大統領なので、イギリスに同じことを求めるのは難しいのでは、という論調が多いですね・・・。イギリスはアメリカほど国力を持ってないので、フランスやドイツがイギリスの代替地をやるだけで終わるんじゃないか、って言われてます!

俺はロンドンは世界一の都市だと思っている。有能さんには申し訳ないけど、ニューヨークは世界2位だと思う。歴史、文化、風格、政治、経済、言語、街並み、どれを取ってもロンドンは超一流の都市だからEUを離脱したところでそうそうポジションは他国に取って代わられないと思うよ。

私とはやや見解が異なりますが、その意見は尊重します。英国はBrexitにより多くの利点を享受できることになるはずです。

EU諸国でロンドンの代わりをできる都市があるか?パリなんてグルメと美術館以外に何があるの?ドイツはこれといった都市がないし、スイスは山の中だ。唯一オランダのアムステルダムが英国に匹敵する都市になりうるポテンシャルを秘めているが、それでもロンドンの足元にも及ばないと思う。

イギリスの人達も、自信を失ってるのでは?昔は大英帝国だったんですよね?

ある意味そうかもしれないね。食事は確かに美味しくないし自動車ではドイツにやられっぱなし、高級ブランドやファッションでもフランスやイタリアの相手にならない。だがそういう表面的な部分じゃないと思うよ。ボリスジョンソン氏の政治力は未知数だが、米国という強力な味方がつくことが分かっている以上動かない理由はないよね。

日本はかつて英国を手本とすることで国家を変革させ、歴史上類を見ないスピードで近代化と工業化を成し遂げることができたんだ。明治時代は日本の長い歴史の中で見ても最も発展した44年間だったと思っている。英国が国家の危機にあるなら日本は助けるべきだとも思う。トランプが動いてくれるなら日本も必ず動くよ。変革は確かに怖い。怖いが、それを成し遂げた時には大きな果実を得ることができるだろう。

イギリスの皆さん、大丈夫です!トランプ大統領がついています!日米英で力を合わせて、フランスやドイツ、中国と戦いましょう!必ず勝てると思ってます!