韓国バッテリー産業が中国の政策で敗北!? 韓国経済はもうおしまい?

中国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

現代自動車が中国で電気自動車を発売するんですけど、バッテリーに韓国製を搭載できなくなってしまったそうです・・・。中国では韓国製バッテリーが補助金の対象外にされているので、価格面での競争が難しくなったのが理由だとか。韓国バッテリー産業が衝撃を受けてるみたいです。韓国経済はどうなってしまうんでしょうか?

補助金障壁に屈服? 現代車が中国産バッテリー搭載へ
6/3(月) 15:48配信 中央日報日本語版

 中国市場で苦戦している現代自動車が中国で今年発売予定の電気自動車「コナ(Kona)・エレクトリック」(中国名ENCINO)に中国産バッテリーを搭載することにした。ENCINOに搭載されるバッテリーは自動車用バッテリー世界市場シェア1位のCATLの製品だ。

 今まで現代車はLG化学が生産したバッテリーを電気自動車に搭載してきた。品質が優れているうえ、研究・開発(R&D)段階で仕様を要求しやすいからだ。国内向けはもちろん米輸出用電気自動車にもLG化学のバッテリーを搭載した。しかし中国が補助金差別で韓国産バッテリーの市場参入を防ぎ、この壁を乗り越えられなかったというのが自動車業界の評価だ。

 中国は2017年から韓国産電気自動車バッテリーを補助金支給対象から除外する方式で市場参入を阻止している。年初に発表された中国工業情報化省の電気自動車補助金支給対象発表でも韓国産バッテリーを使用した車は含まれなかった。先月、LG化学のバッテリーが搭載された東風ルノー電気自動車4モデルとサムスンSDIバッテリーが搭載された重慶金康の自動車電気自動車1モデルが補助金支給前の段階である形式承認対象に含まれたが、結局は脱落した。

 今年に入って北京第1工場の稼働を中断し、第3工場が減産に入るなど、中国生産構造調整に入った現代車としては、電気自動車なしに中国市場での反騰は難しい。現代車中国合弁会社の北京現代は先月の販売台数が4万6070台と、前年同月比34.2%も減少した。

 中国の電気自動車市場は2015年の12万6000台から昨年42万3000台に増えるなど急成長している。減少する販売台数を回復させるためには中国市場で電気自動車を出す必要があるが、韓国産バッテリーを搭載した電気自動車は市場競争力が落ちるしかない。

 今年から中国政府が「新エネルギー車(NEV)」の比率を高めたのも、現代車が中国産バッテリーを搭載することになった理由の一つだ。中国で自動車を生産する自動車企業は今年、新エネルギー車の比率を10%に、来年は12%に引き上げなければいけない。一定の「クレジット」を満たせなければ不足分を購入することになるが、事実上、負担金を出すということだ。

 現在、北京現代は「悦動(アバンテHD)」電気自動車とソナタ(LF)ハイブリッドのほかにNEVラインナップがない。すべて旧型モデルであり販売が少ない。今年下半期のENCINO電気自動車をはじめ、「領動(アバンテAD)」プラグインハイブリッドなどの発売を控えている。現代車は中国専用中型セダン「ラフェスタ」の電気自動車モデル発売も検討中という。

 業界では現代車がまず中国産バッテリーで中国市場でシェアを拡大した後、補助金制度がなくなればバッテリー供給企業を増やすと予想している。中国は今年、地方自治体の補助金を廃止するなど2021年まで補助金を段階的に縮小する方針だ。

 しかし韓国を代表する自動車企業の現代車が「メードインチャイナ」バッテリーを使用するのは、世界市場で厳しい競争をしている韓国バッテリー企業には衝撃だ。

 バッテリー企業の関係者は「現代車の決定は理解できるが、中国企業が市場シェアを拡大する状況で良い便りではない」と語った。別のバッテリー企業関係者も「CATLやBYDのような中国企業の技術レベルはすでに韓国・日本企業と大きな差はない」とし「中国の補助金が撤廃される瞬間から本格的な世界市場競争が始まるだろう」という見方を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000033-cnippou-kr

補助金除外は韓国だけじゃない?

ヒュンダイが中国バッテリー搭載、何か問題あるのか?

韓国企業は、電気自動車向けのバッテリーを製造してたんですよね?現代自動車も今までそうしてきたのに、今年新しく発売する電気自動車は、韓国製ではなく中国製のバッテリーを搭載するそうです・・・。

まあ中国市場での話だろうからな。今までは確かにLG化学のバッテリーを搭載していたと書かれてるが。

その理由は、中国が補助金で韓国を差別したからだそうです!韓国製バッテリーだけに補助金を出さずに、中国製を優遇してるみたいです!

本当かな?補助金の制度を拡大解釈してるんじゃないの?韓国以外の外国製も全部対象なのに、あたかも韓国製だけ狙い撃ちしてるかのように印象操作してるのかもしれないしね。

ホントだ!日経ビジネスさんによれば、韓国だけじゃなく、日本企業も補助金の対象外みたいです。騙される所でした・・・。

2019年、車載電池業界の勢力図が明確になる
積極投資に出る韓中勢、劣勢感をぬぐうべき日本勢
2018年12月27日

 2015年、韓国のサムスンSDIとLG化学は車載用リチウムイオン電池(LIB)の生産工場を、それぞれ西安市と南京市に構えた。日本勢が中国進出をする前にスピード感を発揮して中国のローカル自動車メーカーに供給するビジネスモデルを描いていた。

 2016年2月には、パナソニックが大連遼無二電気として車載電池製造の合弁会社を設立した。その延長上で、17年4月にはパナソニック オートモーティブエナジー大連として、LIB生産拠点の新工場を開所した。このビジネスモデルは、トヨタ自動車とホンダが現地生産する電動車(xEV)に供給すると共に、中国ローカル電気自動車(EV)メーカーへの供給も視野に入れた戦略だった。

中国政府の外資排除

 このようなビジネスモデルが中国国内で進行すると、その影響を大きく受けるのは中国ローカルのLIBメーカーである。現在、車載用LIBのローカルメーカーは200社にものぼると言われている。

 日韓のLIBとは性能面や安全性の面で劣勢にある中国の大半のローカルメーカーにとっては、非常に不利なビジネスとなることが容易に推測される。その背景から、2017年に中国政府が打ち出した「バッテリー模範基準認証」、いわゆるホワイトリストで外資の排除に向かった。すなわち、中国の電池産業を国策として保護するために、様々な理由をかざして日韓電池各社の締め出しを図ったのである。

 そのホワイトリストには中国系のみ57社が登録され、それらのLIBを搭載するEVには補助金を出す一方、ホワイトリストに組み込まれていない日韓電池各社のLIBは補助金の対象から外された。その結果、日韓の、とりわけ韓国の2社には厳しい仕打ちとなった。

(以下略)

https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/246040/122500092/

やっぱりwww 適当に言ってみたけど本当にそうだったか。愛国日報のいつものパターンだから分かりやすかったよ。

差別というよりは、排除とか除外の方が適切な表現ですよね・・・。国家戦略として、アメリカもやってることです!

韓国企業狙い撃ちだとしても除外は除外だけどな。まあ中国市場に依存していた韓国企業が最も困るのは言うまでもないがね。中国がそういうことをやる国だと分かっていながら依存した韓国が悪いという話になる。当然中国との商売に社運を懸けているような日本企業もだ。そういう企業はあまりいないと信じているが。

中国と韓国は今もPM2.5がひどい?

しかも、中国は今年になってから、生産自動車のうち新エネルギー車の比率を10%にしないといけないんですね・・・。来年は12%に引き上げられるそうです。

もう6月だというのに中国だけはPM2.5が収まらないからな。と思ってaqicnのサイトを見てみたら韓国も大差なかった。

中国は全然ダメですね・・・。タイは、急激に改善してます!何が変わったんでしょうか?

石炭を燃やして発電に使っていないということだろう。あるいは何らかの環境規制を始めたか。韓国では依然として北朝鮮産の石炭を発電に使ってるので夏も近いというのにPM2.5が収まらないわけだ。中国も同様だろう。それで電気自動車比率を高めようとしている。

自動車だけが原因なんですか?

ディーゼル規制とかも同時にやる必要があると思うがな。というか世界中結構ひどい数値が出てるな…。欧州は全体的に緑が多いが局所的に728だの999だのと訳の分からない数値が出てる。アジアも中東もアフリカも慢性的な大気汚染状態だ。少し前に出張先がアジア圏の場合は注意しようとかいう記事が出てた気がする。

中国が電気自動車を進めるのは、現代自動車に勝つためという目的もあると思います!

それは絶対にあると思う。昨日も話したが、電気自動車の覇権を取れればこれまでの自動車業界の勢力図を一気に塗り替えることも可能になる。自動運転と合わせれば最強だ。シリコンバレー勢が一気に参入してきて中国も対抗すれば韓国には居場所がなくなるだろう。

中国は、2021年までに補助金を縮小するそうですけど、それまで韓国企業は生き残れるんでしょうか・・・?このままだと、今年中にピンチになりそうです!

中国政府のさじ加減でどうにでもなるからな。2023年まで延長とかして韓国企業が弱体化するのを待つかもしれないし、中国に依存することはあまりにもリスクがありすぎるよ。その点テスラと組んだパナソニックは先見の明があったのかもしれないね。

中国経済減速のしわ寄せは韓国企業に?

ネットユーザーは、中国に不満があるなら直接言えばいいと主張してます!韓国製よりも、中国製のバッテリーの方がまだ信用できる、という意見もあります。あと、補助金については、LGだとしても中国の工場で作れば中国製なのでは、という疑問を持ってる人がいました!

日経ビジネスの記事を見る限りでは、ホワイトリストに中国企業しか入れなかったことが補助金対象外の理由だよね。つまり中国の工場で製造しているかどうかは関係ないわけだ。

あと、中国製バッテリーを搭載したのは、何かあったら中国のせいにする気では、ということを示唆している人もいました!自動車そのものが売れてないので問題ない、という意見も。

中国で自動車が売れなくなっているのは事実だが、そうなれば中国の消費者は自国メーカーを優先させるだろうね。電気自動車も優先順位高めだろう。結果的にヒュンダイの売れ筋であるガソリン車の販売台数が激減するわけだ。中国経済減速のしわ寄せは中国進出中の韓国企業に行くと思うよ。

ホントにそうなりそうですよね・・・。調子がいい時には弟子をいっぱい受け入れてたのに、調子が悪くなってきたら弟子の取り分も全部奪う人を、見たことがあります!

誰だそれ?まあ韓国は中国の弟子ではないがな。実の息子だろっていう。

そうでしたね・・・。不適切な例えでした。韓国は、もう中国の一部になるしかなさそうですね。

それが本来の姿だろ?過去数百年の間ずっとそうだったじゃないか。日本が併合してやってから100年とちょっとの間だけ特別に繁栄できたけど、やはり中国の元でつつましく暮らしたいという愛国心だけは変えることができなかったよね。

確かに!韓国を発展させてしまったのは、逆に失礼だったんですね・・・。

そうそう。日本は韓国に莫大な投資をして道路を整備したり立派な総督府を建てるというような”失礼”なことばかりをしてしまったよね。韓国の人達はもっとつつましく身の丈に合った生活がしたかったのに、不当に持ち上げられてプレッシャーも感じただろう。そのことについては我々も反省しなければならないと思っている。どこかの作家が本のタイトルで直接謝罪してたよね。

そうなんですか?ボクは知らないです・・・。

まあその人も今や渦中の人でトラブルに巻き込まれてしまってるが、韓国を発展させてしまったことは罪だとさえ考えるきっかけにはなったよ。日本人は経済発展こそが正義だと考えるが、その正義を朝鮮半島の人達に押し付けるべきではなかったということだ。

だから日本は反省して韓国から資本を引き揚げる財界の重鎮も通告しているとおりにだ。そうすれば北朝鮮と1つの国になって元通りつつましい生活スタイルに戻れるというわけだ。それが韓国にとっても望ましいんだろ?

韓国の皆さん、キム委員長が養ってくれます!みんなで豊かになりましょう!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!