日本政府「韓国とは非公式会談もしてはいけない」 終わったな…

安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

先ほど取り上げた外務省局長級協議の決裂について、愛国日報がパニック状態なのか23時という遅い時間に更新をしている。外相会談以降日本との会談が3連続で険悪な雰囲気に終わったことを受けての動きと思われる。大阪G19まで1カ月を切っているが日韓関係は改善どころか日々悪化しているので、韓国が夢見る首脳会談も実現されずに終わるだろう。岩屋防衛相の会談を受けて日本政府内では非公式会談もしてはいけないという話が出ているそうだ。

韓日また衝突…「韓国産水産物を制限するな」「韓国が日本産水産物の許容を」
6/5(水) 23:01配信 中央日報日本語版

 韓国外交部のキム・ジョンハン・アジア太平洋局長が日本外務省の金杉憲治アジア太平洋局長と5日、日本東京で初めての韓日局長級協議を開催したが、認識の隔たりを確認することにとどまった。

 この日午前11時から午餐を兼ねて行われた協議はキム局長と金杉局長の初対面の場だった。キム局長は先月、外交部が東北アジア局をアジア太平洋局に改編して新しく赴任した。

 外交部によると、この席でキム局長は「最近、日本政府の輸入水産物に対する検疫強化措置が韓国産水産物に対する偽装された差別措置として運営されてはならない」と話した。日本政府が今月1日から韓国産ヒラメ・貝類・ウニなどに対するモニタリングの強化方針を発表したことを批判した発言だ。日本の措置をめぐり先月世界貿易機関(WTO)が福島産水産物の禁止措置を取った韓国側の軍配をあげると自ら報復に出たという指摘が出た。これを受け、金杉局長はむしろ「韓国側が日本産水産物の輸入禁止措置を撤廃しなければならない」と話したと時事通信が報じた。

 強制徴用の賠償問題は依然として平行線をたどった。日本側はこれに先立って提起した1965年韓日請求権協定上の仲裁委員会招集要請に韓国が応じることを求め、キム局長は明確な回答をしなかったという。外交部は午後の報道資料を通じて「強制徴用被害者に対する大法院(最高裁)の判決問題をはじめ、相互の関心事に対して意見を交換した」にとどめた。

 今月末、大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議をあと1カ月切っている中で韓日関係は冷え込んでいるというより日々悪化している。

 NHKなどによると、この日、自民党国防部会では岩屋毅防衛相が先週シンガポール・アジア安保会議(シャングリラ対話)で鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と非公式会談を開催したことをめぐり批判の声が上がった。小野寺五典前防衛相は「レーダー照射問題に対して韓国は日本の反論を勝手に解釈してきた」として「このような相手ということを十分に認識して対応しなければならない」と話した。また他の議員は「徴用問題に対して韓国が対応しない限り、非公式会談もしてはならない」と要求したという。

 これに先立ち、先月23日、フランス・パリで開かれた康京和(カン・ギョンファ)外交長官と河野太郎外相の韓日外相会談でも神経戦が繰り広げられた。河野外相が強制徴用問題に対して「文在寅(ムン・ジェイン)大統領次元の解決」に言及し、康長官は「言動を慎重に」と正面から応酬した。河野外相はこの席で「G20の前までは韓国側が解決策を出してほしい」という立場を伝えたという。

 日本の政界では「G20で韓国とは首脳会談をしない可能性もある」という話まで出ている状況だ。29日、自民党本部で開かれた外務省との政策合同会議でもこのような主張が提起された。G20の開催国首脳と会合しないのは異例的という状況だ。外交部当局者は「協議を進行中」として発言を控えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000048-cnippou-kr

愛国日報が遅い時間にパニック状態

中央日報さん、こんな遅い時間に珍しいですね!

外務省局長級協議についての話題の続きだが、愛国日報がこれまでの外相会談に防衛相会談の話題と合わせて報道している。大阪G19が近づく中で日韓関係が改善どころか日々悪化しているのでパニック状態なんだろう。

開催まで、あと3週間くらいですよね・・・。もう逆転は無理そうですね。

日韓関係ゲームは3-0のまま後半20分に差し掛かろうとしているようなイメージだ。延長戦はない。韓国は新しい駐日大使を就任させたことで交代枠を使い切ってしまっている。失礼議長はベンチに引っ込んだままだ。

もう敗戦ムードが漂ってます・・・。韓国の皆さん、諦めてください!日本はもうすぐ韓国と関係のない国になります!

記事の中身を見よう。韓国側の局長は日本が韓国産ヒラメを名指しで検査強化したことについて抗議しているようだが、日本に韓国の水産物禁輸措置を取り上げられて反論される。さらには仲裁委の設置を要求されたことに対して黙り込んでしまった。このやりとりが決定打となりゴールに押し込まれた形となる。

元々は韓国が先に始めた話なのに、韓国が抗議するのはおかしいと思います!

な。仲裁委の設置だって元は韓国政府が悪いのに何もせず黙り込むというのは最悪の一手だね。ゴールキーパーが棒立ちしているに等しい行為だよ。

非公式会談はしてはいけなかったし、今後もしてはならない

防衛相会談について、小野寺前防衛相がコメントしてますね!このことについてはどうですか?

小野寺前防衛相はいいコメントをしているね。岩屋防衛相を直接批判するのではなく、関係改善が不可能だということを理解するための一例として紹介するやり方だからだ。防衛相として直面しなければならない問題が何かを分かっている立場だからこその発言だと思う。

言い方としては、すごくソフトな気がします。好印象です!

防衛相に復帰したいと考えているかどうかは伏せて、客観的な立場から韓国への対応を考えるように促しているからな。それに対して他の議員はそういう非公式会談もしてはならないと強く求めているそうだ。

この議員さんは、誰なんでしょうか?

さあ?NHKの元報道って探せるかな?

見つかりました!記事タイトルでは、自民党の会合で岩屋防衛相の対応が「批判」されたことになってますね・・・。

「安易にすべきでない」日韓防衛相非公式会談に自民会合で批判
2019年6月5日 17時00分

 日韓の防衛相が先週末、非公式に会談したことについて、5日開かれた自民党の会合では韓国軍によるレーダー照射問題などで韓国側が適切に対応しないかぎり、安易に会談すべきではなかったと批判する意見が出されました。

 韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射で日韓の防衛当局間の関係が悪化する中、岩屋防衛大臣は先週末、シンガポールで、問題発生後初めて韓国のチョン・ギョンドゥ(鄭景斗)国防相と非公式に会談しました。

 これについて5日開かれた自民党の国防部会などの合同会議で、小野寺前防衛大臣は「レーダー照射問題で、韓国側は日本の反論を恣意的(しいてき)に使ってきた。そういう相手だということを十分認識して対応してほしい」と述べ、慎重な対応を求めました。

 また出席した議員からは「レーダー照射問題だけでなく、『徴用』をめぐる問題で韓国側がきちんと対応しないかぎりは非公式であれ、会談すべきではなかった」などと、安易に会談すべきではなかったと批判する意見が出されました。

 これに対し防衛省の担当者は「北朝鮮への対応を考えると、韓国との連携は大事で、岩屋大臣も『さまざまな問題があるからこそ胸襟を開いてトップどうしが話をすることが重要だ』という思いだ」と説明し、理解を求めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190605/k10011941751000.html

なるほど。愛国日報の記事と少しニュアンスが異なるね。愛国日報の方では今回の非公式会談は失敗したので、もう二度としてはならないと今後の動きを諌めるかのような印象を受けたが、NHKの書き方ではまさに今回の非公式会談を悔むべきだとして批判的な論調がむき出しになっている。

どういう違いがあるんですか?

愛国日報の書き方だと再発防止策を協議したかのように見えるが、NHKの書き方だと単に岩屋防衛相の行動を批判しただけに見えるってこと。今後は非公式会談をやめてくれ、という言葉がこの後に続かなければならないね。

中央日報さんは「要求」と書いてるんですね・・・。今回の行動を批判しただけで、次からはやらないようにしてほしいという要求だと見なされるからでは?

そこは岩屋防衛相を含む防衛省がどう受け止めるかだよな。客観的に考えれば、一度やってみて決裂したのが誰の目にも明らかになったので今後は非公式会談も困難になるのが自然だと思うよ。実際問題として6月28日までもう時間がない。

今回の防衛相会談って、レーダー照射後では初めてだったんですね!5カ月近く間を空けて開催したなら、もうしばらくは無理だと思います!

日韓関係を改善させたい側としては、レーダー照射だ低空飛行だと言い争っていた頃から冷却期間を置いたうえで話し合ってもらうのがいいと考えたんだろう。ところが日本としては一切譲らずに却って関係を悪化させてしまったわけ。今後3週間以内に防衛相会談が再度開催される可能性は0%だと思うので、韓国はもはや逆転の機会を失ってしまったことになる。日韓関係ゲームは韓国の敗北で固まりつつあるわけだ。

韓国では外交失敗の責任を外相に押し付ける動きも

ネットユーザーは、非公式会談について批判してる人はそこまで多くなくて、全体的には今はいい関係になってきてると前向きに考えてる人が多いです。韓国産ヒラメの検査強化が効いてるんだと思います・・・。

そういう意味では金杉アジア大洋州局長はいい仕事をしたよね。韓国がこの会合で唯一日本に要求してきたのが韓国産ヒラメの件だからな。仏頂面で韓国がむしろ禁輸措置を撤廃しろとはね返した。

ボクも、外相会談と局長級会議については、良かったと思います!カン外相が頼りないので、交代説も出始めてるそうです・・・。

(朝鮮日報日本語版) 交代説飛び交う康京和外相、外交部内で弱まる存在感
6/5(水) 10:00配信 朝鮮日報日本語版

 韓国外交部(省に相当)でこのところ業務ミス・規律の緩み・海外公館長の不祥事などが相次いでいることから、康京和(カン・ギョンファ)長官の交代説が同部や与党、その周辺で飛び交っている。大統領府は3日、「事実ではない」と火消しに出たが、その後も交代説は鎮まる気配がない。外交消息筋は4日、「康京和長官のリーダーシップの源は、外交官試験を受けずに女性として初めて外交部長になったという芸能人並みの『大衆人気』だったが、最近相次いでいるミスや不祥事でその人気も色あせてきた。最近は康京和長官の影響力が下がっている雰囲気だ」と語った。

 複数の外交消息筋によると、外交部内で康京和長官の存在感が最近弱まっているのと反比例するかのように、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)大統領府国家安保室第2次長の立場が急速に強まっているという。「対米通商専門家」だった金鉉宗次長は昨年2月の赴任以降、康京和長官抜きで米朝交渉や米中貿易確執といった主な外交懸案を取りまとめている。外交部本部の40代の書記官は「最近は長官より金鉉宗次長に提出する報告書の方に力を入れている。金鉉宗次長は完ぺき主義者だとのうわさが外交部内で飛び交っており、その基準に合わせようと土曜日も出勤・残業する実務者が増えた」と話す。ある中堅幹部は「康京和長官が強調した『ワーク・ライフ・バランス』(仕事と生活のバランス)の重要性には誰もが共感しているが、外交・儀典でさまざまなミスが相次ぎ、ワーク・ライフ・バランスという言葉を口にしづらくなった。康京和長官も最近の幹部会議ではワーク・ライフ・バランスに言及しない」と言った。

 大統領府が「外交部ナンバー2」の第1次官人事を康京和長官の仏パリ出張中に出したのも、康京和長官の地位が揺らいでいることと関係があると見られている。それほど大統領府でも康京和長官の立場が弱まっているということだ。「金鉉宗人脈」とされる新任の趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は先月24日の就任演説で「外交部は現在、非常事態」「規律の緩み」「厳重問責」などの警告を含む発言を連発した。就任式に出席した書記官クラスの外交官は「新しい長官が来たのかと思った」と話す。ある元外交官は「新任の次官が外交部の功過を問うこと自体、康京和長官の責任を問うているかのように見える」とした。

 康京和長官交代が実現するとすれば、今月末に大阪で行われる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)後の7月ごろになるという説が有力だ。政府筋は「足踏み状態にある北朝鮮の核交渉や最悪の韓日関係など、さまざまな外交問題で大統領府もかなり政治的負担を感じている。ムード刷新の観点から外交部長間の交代時期が早まる可能性もある」と言った。しかし、別の政府関係者は「康京和長官は現政権を代表するので、簡単にはアウトにならないだろう。年末までは長官の座を守り、来年の総選挙に合わせて出馬する可能性もある」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00080022-chosun-kr

とうとう外相が悪い!と言い始めたか…。文在寅も生き残りに必死だな。庶民チームとして仲良くやってきたはずじゃないのか?

そうだと思うんですけど・・・。代わりに入りそうな金鉉宗という人は、過去に米韓FTAを主導したことがあるそうです!そのせいで、ムン大統領の支持層からは反発されているみたいです。

なるほど。対米融和派を外相に据えることで、米韓亀裂説を払拭しようという試みかな?徒労に終わるだろうがね。

意地悪クラブが、苦肉の策で入れてきたんだと思います・・・。カン外相を辞めさせてしまったら、もうムン大統領は味方がゼロです!

そして日本とは関係がなくなるわけだ。韓国政府としては河野外相にあそこまで面と向かって強く言われたことも不満を持ってるだろう。愛国心を発揮すべき立場なのに何も言えなかったとして批判が渦巻いていることは想像に難くない。

そうですよね・・・。日韓関係がなくなっても、仕方ないと思います!

スッパマンが韓国との会談を非公式でこっそりやろうと試してみたが、結果的に非公式の割には言うべきことをしっかりと言って日韓関係の悪化に貢献した。スッパマンとしても意図しない結果だったとしたら興味深い。これで非公式であっても韓国との関係改善は不可能という前例が作られたことになった。

このことは他にも非公式会談をやろうと画策している可能性のある議員への強烈な牽制になるだろう。日韓議員連盟の動きが聞こえてこないが何かをやろうとしている可能性もなくはないからな。自民党の中でもう韓国とは協議さえもしてはいけないというコンセンサスが得られたのが一番の収穫だよ。外相会談、防衛相会談、そして局長級協議という3度目の正直でこういう結果が出たんだから誰も逆らえないだろう。令和に入ってからの3連発会談で韓国と決別する意思を明確にしたというわけだ。

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!