韓国大宇造船の営業利益が33%暴落!? サムスンは営業赤字に?造船業界が受注崩壊でパニック状態?

韓国ニュース

韓国の造船業界が、どこも悲惨な状況になっているみたいです・・・。せっかく回復傾向にあったのに、米中貿易戦争のせいで発注が減って受注目標の20%くらいしか満たせてないそうです!その影響で大宇宙造船は営業利益が33%も暴落してしまったとか。合併もうまく行きそうにないし、どうなってしまうんでしょうか?

韓経:韓国造船業界、また受注不振…現代重は目標の15%
6/7(金) 14:50配信 中央日報日本語版

 昨年から回復傾向を見せていた韓国造船業界にまた「赤信号」がついた。米中貿易戦争の余波で船舶の発注が減る中、今年に入って中国に船舶受注トップを明け渡すなど受注不振が続いているからだ。こうした中、現代重工業の大宇造船海洋買収に反対する両社の労働組合は違法なストライキと現場調査拒否闘争をしている。ストライキ長期化による生産への支障も懸念される。造船業界の関係者は「相次ぐ対内外悪材料で造船産業がふらついている」とし「現代重工業の大宇造船買収など造船業再編作業を一日も早く終えるべきだ」と指摘した。

◆LNG船の発注減少が「直撃弾」

 造船・海運市況分析機関クラークソンリサーチによると、今年1-4月のグローバル船舶発注量は769万CGT(標準貨物船換算トン数)だった。前年同期(1217万CGT)比で36.8%減少した。4月はさらに少ない。4月の発注量は121万CGTと、3月(288万CGT)に比べ半分以下に減少した。

 国別受注実績でも韓国の不振が目立つ。中国は今年に入って世界で発注された船舶(769万CGT)の半分に近い344万CGT(シェア45%)を受注した。昨年7年ぶりに中国を抜いて受注トップを取り戻した韓国は202万CGT(26%)で2位に落ちた。イタリアが111万CGT(14%)で2位、日本が71万CGT(9%)で4位だった。

 4月に発注された船舶の種類は鉄鉱石や石炭など原材料を運ぶバルク船が23隻で最も多かった。バルク船は低賃金を武器に中国造船会社が受注しやすい船舶だ。現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業など韓国造船「ビッグ3」の受注が多い液化天然ガス(LNG)運搬船の発注は7隻にすぎなかった。クラークソンは米中貿易戦争や米国のイラン経済制裁などグローバル経済の不確実性増加を理由に今年のLNG運搬船発注予想値を55隻に下方修正した。クラークソンは昨年末、69隻と予想していた。

◆現代重の受注達成率15%

 造船ビッグ3の今年の受注目標達成は厳しいという見方が多い。現代重工業、大宇造船、サムスン重工業の今年1-5月の受注実績は75億3000万ドルだった。これら企業の年間受注目標(320億7000万ドル)の23.5%にすぎない。

 現代重工業(現代三湖重工業、現代尾浦造船含む)は25億ドル分を受注し、今年目標(159億ドル)のわずか15.7%だった。サムスン重工業は目標達成率がビッグ3のうち最も高い32.4%だが、受注金額は25億3000万ドルで現代重工業とほとんど差がない。大宇造船も25億ドル分を受注し、今年の目標(83億7000万ドル)の30%水準にとどまっている。

 これら造船3社の業績も下降している。昨年1兆248億ウォンの営業利益を出して「1兆クラブ」入りした大宇造船は、今年1-3月期の営業利益が1996億ウォンと、前年同期比33.2%減となった。サムスン重工業は1-3月期に333億ウォンの営業赤字を出した。2017年10-12月期から6期連続の赤字だ。1-3月期に黒字転換した現代重工業は営業利益が281億ウォンで、営業利益率は0.8%だった。

 目標達成が難しくなっている中、現代重工業の労働組合は大宇造船買収のための物的分割(法人分割)取り消しを要求し、先月16日からの部分・全面ストライキを継続している。労働組合は7日にも2時間のストライキをする。大宇造船の労働組合も3日、巨済(コジェ)、玉浦(オクポ)造船所の出入り口を封鎖し、現代重工業と産業銀行の現場調査を阻止した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000029-cnippou-kr

受注も営業利益も暴落?

あれ?造船は絶好調とかいう記事を最近見た気がするんだが。

そうでしたっけ?ボクは見た記憶がないです・・・。韓国の造船業がどこも受注量を激減させてて、営業利益も大暴落してるそうです!

売り上げについては書かれてないが、営業利益は確かに大宇造船が33.2%激減しているね。サムスン重工は30億円超の営業赤字で、現代重工は営業利益率わずか0.8%と赤字転落目前だ。

受注が減ってる原因は、米中貿易戦争の影響で発注量を減らされてるからだそうです・・・。今年の1月~4月の発注量が、前年同期比で36.8%も暴落してます!

つまり世界的な造船業不振ということか。この引き金を引いたのは間違いなく韓国だと思う。安値合戦に持ち込んでどの企業も損を出すというLose-Loseな展開だ。

しかも、受注実績でも中国に負けてしまったみたいです・・・。今年の受注シェアは45%が中国で、韓国は26%だったそうです。

俺が見た記事はおそらくこれだ。受注2位と書いてあたかも調子いいかのように吹聴したが、実際は中国に負けて2位に転落したということだったわけだ。

韓国造船、2019年1-3月期の受注2位…日本は?
2019年04月09日10時35分

 韓国が2019年1-3月期の造船受注量で世界2位となった。

 英国の造船・海運市況分析会社クラークソンリサーチによると、今年1-3月期の世界船舶発注量は573万CGT(196隻)で、前年同期(996万CGT)比42%減少した。

 この期間、国別受注量は中国が258万CGT(106隻、45%)で最も多く、韓国が162万CGT(35隻、28%)で2番目だった。次いで78万CGT(10隻、14%)のイタリア、47万CGT(20隻、8%)の日本などの順だった。

 先月末基準の受注残高は中国(2992万CGT、37%)、韓国(2133万CGT、26%)、日本(1418万CGT、18%)などの順。中国が前月比62万CGT増加し、韓国は27万CGT減、日本は51万CGT減となった。

https://japanese.joins.com/article/141/252141.html

中央日報さん、お得意の「日本は?」を使ってますね!記事は今年の4月みたいです。

愛国日報メソッドで日本に勝ってる!だから世界的に受注量が激減して、中国に負けたとしても大丈夫!という雰囲気を演出したわけだ。中身については今初めて把握したので、どうやら記事タイトルの時点で見る気が失せてしまっていたようだ。

記事タイトルって大事ですよね・・・。何を強調したいかが、すぐに分かります!

なので今回の記事は韓国造船企業の営業利益が暴落しているという点にフォーカスしよう。”受注不振”だと何がどう悪いのかよく分からないからな。

現代重工と大宇宙造船の両方でストライキ?

現代重工と大宇宙造船の合併については、まだストライキが起こされてるみたいです!法人分割の取り消しを要求してるそうです・・・。

例の株主総会で決まった後も粘ってるってことか。どちらかと言うと大宇造船の労組が粘ってるような印象だね。

買収される側ですからね・・・。何か不利なことが起こると察知したのでは?

造船所の出入り口を封鎖するというのは不穏当だよね。つい最近も2500基のクレーンが停止状態になったし、製鉄所については環境破壊を理由に来月から強制的に10日間停止されるなど韓国全体の産業がおかしくなってきてる。

現代重工の労組は、細かくストライキをやるみたいです!ただ、先に体育館を占拠してしまったので、あまり説得力はないと言われてます・・・。

韓経:現代重労組、「法人分割の無効」主張してまたストライキ
6/5(水) 9:04配信 中央日報日本語版

 現代重工業の労働組合が4日、「法人分割の無効」を主張しながらまたストライキをした。現代重工業の労働組合はこの日午前9時から7時間の部分ストを行った。労働組合は5日に4時間、7日に2時間の部分ストを予告している。

 現代重工業の労働組合は会社側の大宇造船海洋買収とそのための法人分割に反対し、先月16日から随時ストをしている。先月31日には法人分割のための株主総会を阻止するため、株主総会場所の蔚山(ウルサン)ハンマウム会館を占拠した。このため会社側は蔚山大体育館に株主総会場所を変更し、現代重工業を韓国造船海洋(中間持株会社)と現代重工業(事業会社)に分割する案件などを処理した。

 労働組合は株主が変更された株主総会場所と時間を十分に把握できず、現実的に移動するのが容易でなかったとして、株主総会の決議の無効を主張している。労働組合は株主総会効力停止仮処分を申請し、株主総会無効訴訟も提起する計画だ。

 しかし現代重工業の労働組合が先に法を犯しただけに、株主総会の無効を主張してストをするのは無理な要求だという指摘が出ている。裁判所の株主総会妨害禁止決定を受けながらも株主総会場所を占拠して場所変更の原因を提供したのも労働組合というのが会社側の説明だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000014-cnippou-kr

下手すると造船もストップするような事態になりかねないね。ただでさえ受注量が落ちている中でこれは最悪の展開になるかもしれない。

もし造船所がストライキで一時的に閉鎖されたら、誰も発注しようと思わなくなりますよね?

ルノーサムスンで起きてるようなことが造船業全体にも広がるかもしれない。生態系そのものに影響が出る最悪の事態だけは避けようとするだろうが、下手に政府支援すれば日本政府にWTO提訴での口実を与えてしまう。特に大阪G19直前の今の時期はWTO改革の話も出てる最中だからな。

もう韓国は何をやってもダメですね・・・。

な。万年赤字体質の造船業なんて全部倒産させて外資に引き取ってもらえばそれでいいよ。どうせ支援したところで対日潜水艦を建造するなどろくなことをしないからな。安全保障上の観点で考えても韓国に造船業があることは望ましくない。韓国が受注していた分をそのまま日本企業に回せばいいことずくめだ。

造船業への政府支援ももう限界?

ネットユーザーは、もう政府による赤字受注も限界かと言ってます!去年は世界1位と言ってたのに、造船業はそんなにコロコロ変わるのかって。見積もり段階での売り上げなので、実際の統計と差があるのでは、という意見もありました!先月は絶好調と言ってたのに、という声も多く書かれてました・・・。

やはりな。愛国日報の記事タイトルの書き方で事実と異なる認識を持ってしまった人が多いということだろう。世界的な発注量が減ってる上に中国に抜かされて2位に転落したというのに、日本よりは上にいるというだけであたかも絶好調かのように書いていたというわけだ。これが愛国日報のやり方だ。

そういうことだったんですね・・・。中央日報さん、ウソを書いてはいけません!現実に目を向けましょう!

愛国のためならうそも平気で書くからな愛国日報は。習近平が韓国に来る!きっと来る!ってあれだけ言い張ってたのに、いざその予測が外れるとあれは噂だった!噂を流した消息筋が悪い!として責任逃れに執心している。

無責任過ぎます!どうしてそんなに厚顔無恥でいられるんですか?

風向きに応じてくるっくるっと政治スタンスを変えるような愛国日報に何を期待しているんだ?日本にはまるで関係ない話でよかったな。

そうですよね!日本はもう韓国との関係がなくなります!

まあ世界的な発注量の減少という点では日本にも関係してはくるが、韓国がずっと赤字受注を続けていて政府補填で生き残りを図ってきたことは韓国経済を長く見てきた人なら常識だ。去年も1兆円を支援したくせに、その金で対日潜水艦を建造するなど見過ごせない動きも表面化してきたからな。

日本としてはWTO提訴で韓国のこの動きを止める必要があると考えている。欧州もその流れに同調していたはずだ。それを実現するためにWTOの改革にも着手するだろう。1919派の最後の悪あがきである現代重工と大宇造船との合併もどの国からも承認されずに文字通り水の泡となる予定だ。現実を大人しく受け入れることだな!

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!