米中首脳会談の開催は絶望的!? 中国には首脳会談をやる気がない?大阪G19はどうなるの?

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

中国の習さんが、トランプ大統領に怒ってるみたいです!中国側の事情に詳しいジャーナリストが記事を書いてるんですけど、この状況で何を決めるのかが分からないって言ってるそうです!ホントの話なら、もう大阪G19での米中首脳会談は絶望的なんですけど、どうなってしまうんでしょうか?

【中国ウォッチ】 習主席はトランプ大統領に会わない 大阪G20は大荒れか
6/10(月) 14:10配信 ニュースソクラ

トランプ氏は見誤り、一線を越えた

 「トランプ大統領は、来月の大阪G20(6月28日、29日)で習近平主席と会って、貿易摩擦の解決策を探ると言っている。だがこんな状況下で、習主席はトランプ大統領との首脳会談なんか、開く気がない。開いて何を決めるというのか? 2月(28日)の米朝首脳会談(ハノイでトランプ大統領と金正恩委員長が「決裂」した)の二の舞になるだけではないのか?

 中国としては、むしろG20で、EUや他の参加国をこちら側に囲い込んで、『トランプ包囲網』を敷く。

 おそらく、アメリカも同様のことを目論んでいるだろう。だから、安倍晋三首相が主催する大阪G20は、大荒れの修羅場になると覚悟しておいたほうがよい」

 こう語るのは、中国の外交関係者だ。

 日本時間の5月14日、USTR(米通商代表部)は、新たな中国製品3805品目、約3000億ドル分に対して、最大で25%の追加関税をかけると発表した。2018年の輸入額の多い順に、携帯電話447億ドル、ノートパソコン386億ドル、おもちゃ119億ドル、ビデオゲーム53億ドル、モニター(パソコン用他)46億ドルがベスト5である。いずれも、アメリカ人の生活に密着するものばかりだ。

 これから公聴会などを開いて詰めていくが、次のような日程を公表した。

6月10日  公聴会での証言申し込みと証言の要約提出期限
6月17日  書面でのパブリックコメントの提出期限
6月17日~ 公聴会
公聴会最終日から7日後 証言の補足、または証言に対する反証の提出期限

 発表の全文は、USTRのHPで見られる。

 これに対する中国の反応は、すさまじかった。14日の外交部の定例記者会見で、耿爽報道官は3たび、こう吠えたのだ。

 「中国不想打、不愿打、但也絶不怕打。如果有人打到家門口、我們必然奉陪到底!」中国は戦いたくない、戦う気もない、だが絶対に戦いを恐れない。もしも何者かが玄関まで襲ってきたら、必ずや最後まで付き合ってやる!) 

 この言葉は、昨年3月22日に、トランプ大統領が初めて中国との貿易戦争を「宣戦布告」した直後に、中国側が連日使っていた言葉だ。その後は、約1年にわたって「封印」してきた。それを再び使い始めたということは、中国が対米戦略を変更したことを意味する。

 ちなみに同じ5月14日の会見では、「トランプ大統領は来月、日本で開かれるG20サミットで、習近平主席と会談すると言っているが、習主席はトランプ大統領と会談する計画があるのか?」と問われて、耿爽報道官はこう答えている。

 「中米両国の国家元首は、常に各種の方式で、連絡を保持している。あなたがいま聞いた具体的な問題については、いまのところ私には、状況について提供することができない」

 これはすなわち、「今後どうなるか分からないが、いまのところ首脳会談を行うつもりはない」というニュアンスに受け止められる。つまり冒頭に紹介した証言と合致する。

 ここからは個人的な見解だが、トランプ政権は今回、重大なミスアンダースタンディングを犯した。それは2月末に、北朝鮮に対して犯したものと同様だ。

 トランプ政権は、北朝鮮に対しても中国に対しても、強気、強気で攻めていけば、相手は折れると考えている。

 これは完全な誤解だ。北朝鮮も中国も、確かにあるところまでは折れるが、「我慢の限界」を越えると、逆に猛反発する。なぜなら、北朝鮮も中国も社会主義国家だからだ。

 社会主義国家は、「受け入れられること」と「受け入れられないこと」が明確である。その一線を越えると、社会主義国家そのものが崩壊してしまうからだ。社会主義国家には、「固いが脆(もろ)い」という特徴がある。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00010002-socra-int

中国寄りで主観が強い記事?

興味深い記事です。私がこの報道機関を取り上げることはありませんが、事実であれば重要ですので見過ごせませんね。

この記事を書いてる人は、25年以上中国を取材してるジャーナリストだそうです!中国の政官財に知り合いが多いみたいです。中国寄りの人に見えるんですけど、ウソは書いてないと思います。

個人的な主観が強く反映されており論評に値しない記事かと思いますが、事実部分だけを注意深く見ていきましょう。

中国の習さんは、トランプ大統領と首脳会談をする気がないそうです・・・。G20では、ヨーロッパや他の国を巻き込んで、トランプ大統領を包囲すると中国の外交関係者が言ってます!

“他の国”とは具体的にはどこでしょうか。G20に参加するのは欧州だけではないと思いますが。

他の全部の国、という意味だと思います・・・。日本が主催者なので、日本は入ってない気がします。

Huaweiの制裁に現状で明確に反対している国家はイタリア、ブラジル、ロシア、サウジアラビア、トルコという認識です。さほど影響がないものと思われます。もちろん中国との合意がなされればHuaweiへの制裁も解除される可能性はあります。中国が合意を望まないのであれば、米国は制裁を強めるしかありませんね。

トランプ大統領は、強気で中国に攻めれば折れると考えていたんですか?この記事ではそう書いてあるんですけど・・・。

トランプ氏が強気かどうかはともかく、習近平氏との合意を求めていることだけが事実です。合意拒否を理由に追加関税を発動させることが強気姿勢だと受け止められるとは考えていません。あくまでも中国側の問題となるからです。

中国は己の愚かさを理解しとらん。交渉以前の問題じゃよ。

あれ?そういえば、黒井さんがいませんね・・・。どこに行ってしまったんでしょうか?

中国側につくことを表明する人が増えている?

記事の続きを、見てほしいです!この記事では「中米」って書いてるんですけど、中国寄りのジャーナリストだからそう書いてるんだと思います・・・。

 あまり報じられていないが、そんなトランプ政権を頼もしく見守っていた一群の人たちが、中国国内にはいた。いわば「隠れトランプ応援団」だ。どういう人たちかと言えば、インテリ、富裕層、上海人、広東人などに多かった。

 彼らに共通するのは、大枠こんな意見だ。

 「もしもトランプ政権がいなかったら、習近平主席は独裁化していき、毛沢東時代の文化大革命のようなことが中国で起こっていたかもしれない。トランプ政権がパンチを浴びせてくれたおかげで、習近平政権は、とう小平が敷いた改革開放路線を堅持し、かつ加速化することができた」

 ところが、ここ数日、中国で「異変」が起こっている。彼ら中国国内の「隠れトランプ応援団」が、急速にアメリカから離反し始めているのである。

 例えば、中国を代表する国際紙『環球時報』の胡錫進編集長は、5月14日深夜に更新した「ビデオ・メッセージ」で、「トランプ政権への幻滅」について、こう述べている。

 「『強硬』というのが、トランプ政権を見ていると、外交政策の生命線のようだ。トランプ政権は、不必要なほど頭を働かせ、極限まで圧力を強める方法を万能カギとして使い、世界の各種問題の鎖を解き放ちたいと考えている。

 だが非常にバツが悪いことに、極限まで圧力をかけるというカギは、肝心な鎖を開けられずにいる。北朝鮮、ベネズエラ、イランなど、どこもひどい状況になっている。

 この一週間というもの、本来なら妥結するはずだった中米貿易協議は突然、アメリカの究極の圧力という強烈な打撃を受けた。それによって中米の衝突は、新たな対抗の高潮に舞い戻ってしまった。

 アメリカは確かに、とても強い。だが一ヵ国で世界中をコントロールできるほど強くはない。そのためトランプ政権がいまやっていることは、世界をかき乱す愚か者の行為なのだ

 胡編集長は5月9日にも、「微博」(中国版ツイッター)で、こう述べている。

 「アメリカは最近、気が狂ったように各方向から中国に圧力をかけているが、この貿易戦争にどう応対するかは、中国にとっての試金石となる。中国が最後の重要なところでしっかりしていなければ、台湾、南シナ海、核軍縮、5Gなど、すべてにおいてアメリカは中国に対して、極限まで圧力をかける『交渉術』を弄ぶだろう」

 アメリカと中国の対立は、日本で考えられている以上に深刻である。

中国側の認識については把握しました。中国の富裕層がトランプ氏を応援することに関しては私は特に関心がありませんが、北朝鮮やベネズエラ、イランなどへの措置は中国側の認識とは異なり適切であると考えています。トランプ氏が対話を求めることに各国が反対している状況であれば、話し合いの余地がないと判断できるからです。

「ひどい状況」って言っても、別にアメリカは何も困ってないですよね・・・。株価は高いままだし、平和そのものです!アメリカに抵抗している国の方が、苦しんでいる気がします。

俺はいつから”黒井さん”になったんだ?

あっ!こんばんわ!何してたんですか?

こんばんはじゃねえよwww ワトソン君の居場所は今何時なんだよww

すみません、有能さんに合わせたつもりでした・・・。

いつもより始まる時間が早かったのでうっかりしてた。すまんすまん。

何してたんですか?

ちょっと近所の犬に絡まれててな。飼い主を呼ぶのに時間を食ってしまった。

えっ?

冗談に決まってるだろwww 野暮用だ。それで?このニュースソクラというサイトは”中米”表記を堂々とやらかしてるわけ?

そうなんです・・・。最近、中国側につくことを表明してる人が、ドンドン増えてるんです!ツイッターで何人か見かけました。

へー!どこのツイッター?

それなりに有名な人だと思います。◯◯◯事件は、西側諸国が過剰に報道したのではないか?という持論を展開してて、正確な情報を知る必要がありますね、と締めてるんです!そのことを書いてたのはブログ記事だったんですけど・・・。

こら!そのキーワードは禁止事項だろ?後で伏字にしておけよ。

香港の事件はどうなるの?

すみません。でも、中国も開き直ってるみたいだし、昨日は香港でも史上最大級のデモがありましたよね?その人は香港に住んでるのに、なぜかデモの日には日本に帰ってきてたんです!きっと何かを知ってたんだと思います。

香港の件って何だっけ?あまり把握してない。

ええっ?知らないんですか?昨日はどのテレビでもずっとやってました!

でも、テレビでもデモの様子をやってたの?

ちょっと!黒井さん、茶化すのをやめてください!

私は把握しています。香港についての見解は差し控えますが、事件の影響が広がるようでしたら取り上げます。現時点では歴史的な出来事かどうかの判断は見送ることにします。

俺が黒いアイコンだから黒井さんってこと?

前に1度だけ、「黒い人」と呼んでほしいって言いましたよね?だから「黒井さん」と呼ぶことにしました!

まあ別にそれでいいよ。“黒田さん”とか“黒川さん”だと混同してしまう。俺は日銀総裁でもなければ都知事選に出馬した建築家でもないからな。

ちなみに、どうして文字がいつも黒いんですか?

今の日本が江戸時代のような暗黒の時代に逆戻りするんじゃないかと心配していることの表われだよ。こっちに来た時からその思いは変わらない。安倍首相がその流れを食い止めようとしているがいつ崩れるか分からないので、トランプとの協力体制を強化してもらうことに重きを置いているというわけだ。そろそろこの中国寄りの記事についてのネットユーザーの反応を見た方がいいんじゃないか?

ネットユーザーの中には、このジャーナリストは親中だとはっきり書いてる人もいますね・・・。だからと言って、トランプ大統領の圧力が間違いだとはならないと思うって。アメリカの最終的な狙いが経済面での合意ではなく、体制崩壊と考えれば正しい制裁ですよね?

いや中国としてはそういう考えでいてもらった方が米国には都合いいんだよ。なぜなら大日本帝国の二の舞となることがほぼ明らかだからだ。下手に妥協されてしまう方が米国としては計算外の行動だろうね。有能さんはどういう見解ですかね?

私の見立てでは、中国がかつての日本と同様かどうかはともかく、中国が合意に応じないことは中国にとっての悲劇につながる可能性が高いです。話し合いによる解決が不可能であれば残された問題解決の手段は限られてくるからです。本記事での重要事項は、中国にはトランプ氏との首脳会談に応じる気がないという1点のみです。中国側の米国に対するおおよその見解についても把握しました。

ツイッターを色々と調べてみたが、つい最近中国に関するおかしな事件があったようだね。まあ我々も一応世話になってるから控えておくが。しかし今月末の大阪G19は本気でどうなるかが読めないな…。トランプがG19直後の追加関税発動を表明しているし、ファーウェイ制裁破りに対するセカンダリーボイコットも噂される状況だ。

ボクは、香港のことをもう少し調べてみます!

どちらかと言うと台湾の方を見てほしいんだが。台湾も結構ヤバい状況だからな。ツイッターでの調査活動については任せたぞ、ワトソン君。

黒井さん、分かりました!台湾のことも探してみます!