中国経済の減速が鮮明に  鉱工業生産が17年ぶりの低い伸び率

中国ニュース

中国の5月の鉱工業生産が17年ぶりの低い伸び率となり波紋を呼んでいます。前年比で5.0%増となり、4月の5.4%増からの鈍化が鮮明となりました。習近平氏の景気対策にもさほど効果がみられなかったことになります。不動産販売も5.5%落ち込んでおり、中国経済の減速が誰の目にも明らかとなっています。

中国鉱工業生産、5月は前年比+5.0% 17年ぶりの低い伸び
6/14(金) 16:47配信 ロイター

 [北京 14日 ロイター] – 中国国家統計局が発表した5月の鉱工業生産は約17年ぶりの低い伸びとなった。貿易問題で米国からの圧力が強まるなか、需要の減少が鮮明になった。

 5月の鉱工業生産は、前年比5.0%増。4月(5.4%増)から伸びが鈍化し、ロイターがまとめたアナリスト予想(5.5%増)も下回った。

 輸出がわずかな伸びにとどまったことが足かせとなった。

 中原銀行のチーフエコノミスト、Wang Jun氏は「財政政策措置が強化される可能性があり、より構造的で目標を定めた金融政策の緩和が見込まれる」と指摘。「預金準備率の引き下げは必要だが、指標金利の引き下げにはやや慎重にならなければならない」との考えを示した。

 1─5月の固定資産投資は前年比5.6%増。1─4月(6.1%増)およびアナリスト予想(6.1%増)をともに下回った。

 投資全体の約60%を占める民間固定投資は5.3%増で、1─4月(5.5%増加)から減速した。

 一方、5月の小売売上高は前年比8.6%増と、16年ぶりの低い伸びだった4月(7.2%増)から持ち直し、アナリスト予想(8.1%増)も上回った。ただ、回復は消費者信頼感が改善したためでなく、インフレの加速が原因との見方も聞かれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000085-reut-bus_all

中国の衰退が予想以上に進む

あれ?中国経済事案はワトソン君の担当じゃなかったっけ?

すみません、有能さんの方が早かったみたいです・・・。ボクは、中国の不動産の記事を見つけました。

中国政府が5月の統計を発表しました。鉱工業生産が前年比で5.0%増となりましたが、この伸び率は17年ぶりの低い数値だそうです。4月の5.4%増からも鈍化する形となりました。

17年ぶりってのはヤバいな。減速どころの騒ぎじゃない気がする。

中国の場合だと、5%増えてても少ないんですね・・・。ホントは1%台ですよね?

それは成長率だな。まあ鉱工業生産もまだ盛ってる可能性はあるね。輸出もほとんど伸びてないようだし、ワトソン君によれば不動産も不調なんだろ?

そうです!どうして分かったんですか?

どういう記事を探してきたかくらいは分かる。

1月から5月までの固定資産投資は5.6%増となりましたが、こちらも予想の6.1%をやや下回る結果となっています。市場の予想を超える速度で中国経済の衰退が進んでいるということの表れかと思います。

中国は身の程を弁えるべきじゃよ。米国に勝つなぞ幻想にすぎん。

米中貿易戦争で明らかに中国の方が打撃を受けてますからね…。米国は手を緩めないと思います。

不動産販売も5.5%減と翳り

ボクが見つけたのはこの記事です!中国で不動産投資が、5月は5.5%も落ち込んでしまったそうです!

中国不動産販売、5月は5.5%減 17年10月以降で最大の落ち込み
6/14(金) 17:10配信 ロイター

 [北京 14日 ロイター] – 中国国家統計局が14日に発表した統計を基にロイターが算出したところ、5月の同国の不動産投資は、前年同月比9.5%増と、前月の12%増から鈍化した。

 増加率は昨年12月以降で最低。

 5月の不動産販売(床面積ベース)は、前年同月比5.5%減と、2017年10月以降で最大の落ち込みとなった。前月は1.3%増だった。

 中国では製造業が低迷し、貿易摩擦も拡大しているが、住宅市場で景気を下支えするのが難しくなっている可能性がある。

 ANZのエコノミストは「不動産セクターの減速は懸念要因だ。経済成長への悪影響を注視する必要がある」とし、中国の国内総生産(GDP)予測を下方修正した。

 一部の不動産開発業者は、販売促進のため、値引きしており、これも懸念要因という。

(中略)

 統計局の発表によると、1─5月の不動産販売(床面積ベース)は前年比1.6%減で、1─4月の0.3%減よりも大幅な減少だった。

 中国経済の成長の重要なけん引役である不動産市場は、一部の地方政府が投資規制を緩和したこともあって、ここ数カ月は持ち直しの兆しを示していた。アナリストらも、景気浮揚に向けた中国当局の努力が引き続き市場を支援するとみていたが、今のところ回復はまだら模様だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000088-reut-bus_all

5月に5.5%減か。ワトソン君、不動産投資じゃなくて不動産販売だろ?

あれ?そうでしたね・・・。5が3つ並ぶと、何かいいことがあるんですか?

まあ単なる偶然だろう。不動産投資というのは政府主導の新規開発プロジェクトも含まれると思うが、不動産販売となると中国民に買わせる必要が生じるからな。販売できない場合はそれだけ売れ残りが増えることになる。

中国経済を支えてきたとも言われる不動産業ですが、製造業や輸出の落ち込みとともに低迷していることが分かります。現状では景気の下支えも困難かと思いますので、GDPの下方修正もやむを得ませんね。

中国に旅行してきた人が、みんな明るい雰囲気だったとブログに書いてるんですけど、実際の景気は暗いんですね・・・。

またツイッター?

ブログです!その人は香港のデモが終わった翌日に、日本から帰ってきてるんです。香港デモのことは全然書いてなかったので、政治に興味がない人だと思います・・・。

それってこの前言ってた、ananのメンズ版の事件で中国寄りの立場を表明した人のこと?

メンズアンアンって何でしたっけ?

違う違う。アンアンメン。イタリア語で“君”という意味の“Ti”を頭につけて、“Ti anan”というメンズ雑誌を幻冬舎辺りに創刊してほしいと思っている。マガジンハウス社から“anan”の使用権を一部譲ってもらう形で。

「ティアンアン」って何ですか?さっぱり分かりません!

言葉遊びの類ですね。中国を含めた国家の実体経済が街の人々の様子に反映されるという確かな研究結果が存在するかどうかは分かりませんが、社会学の観点から見れば興味深い題材ではあると思います。中国の主要都市で1週間ほど観察をしてみれば具体的な成果が得られるかもしれません。

だってさ、ワトソン君。中国で歩いている人のうち、表情が明るい人の割合を確かめてこいってよ。俺は絶対にやりたくない。

ええっ?ボクもイヤです!中国には絶対に行きません!

中国旅行に平気で行ける人の話を鵜呑みにしてる時点でまだまだだな。そういう主観に基づいた情報ほど役に立たないものはないからね。感情面で訴えられると弱いんだろうが冷静にならないといけない。

中国の住居写真は不動産としての価値が感じられず

ネットユーザーは、この中国国家統計局の発表も信用してない雰囲気です!マイナスの報告書を出したらクビになるし、中国は負債が1京円あるという指摘もありましたよね?5%も増やして、何に使ってるのかと疑ってる人もいました!

いつもの中国を擁護する人はいなかったの?

書いてたのは、その3人だけでした・・・。やっぱり中国のニュースはネットユーザーが少ないですね。

全員分書いたのかwww

不動産の方では、写真が明らかにゴーストタウンのような建物だと書いてる人もいました!それでも伸びてるのは不思議だし、投資の大半は膨大な利払いに使われてしまう、マイナスの数字を出せばクビになると言ってる人もいます!バブルはつぶすべきという意見もありました。

それは何人中何人の書き込み?

5人中5人です・・・。「マイナスの数字」という人は、最初の方と重複してます。

実質7人しか書き込んでないのかwww どんだけ中国のコメント部隊がこれらの報道を嫌がってるかがよく分かるね。

私の見立てでは、これらの建物は景観を重視していない点で不動産としての価値は低いと考えられます。おそらくcondominiumかと思いますが、これだけ多くの住居を用意したならば広大な駐車場の用地も必要になるはずです。緑が少ない点も問題になります。

ザ・砂上の楼閣って感じだよな。マンションの横っ腹に文字列を雑に書いてしまうデザインも信じ難いね。築50年の5階建てUR公団かよっていう。

窓が小さくて、息苦しそうです・・・。公園もなさそうだし、絶対に住みたくないです!

100人中99人は住みたくないと思う物件だね。これが中国の不動産投資の実態ってわけだ。

中国当局の景気対策にも関わらず、実体経済の減速が鮮明になっていることは深刻です。トランプ氏との合意がなされなければ追加関税が発動されますので、さらに景気が落ち込むことが予想されます。これが習近平氏に合意以外の選択肢がない理由です。

米国も落ち込んでるには落ち込んでるらしいが、FRBという切り札があるからな…。勝負あったね。中国は今年中に敗北を思い知ることになるだろう。