米中貿易戦争で韓国経済崩壊へ! 板挟みになりパニック状態! 崖っぷちで通貨危機寸前!

韓国ニュース

Sponsored Links

昨日だけで中央日報から5つ以上の米中貿易戦争に関する記事が出ており、急速にパニック状態に陥っていることが分かる。ファーウェイ制裁をきっかけに米中どちらかにつくように求められていて、その板挟みの状態に耐えられないような雰囲気だ。その一方で愛国日報らしい現実を楽観的に捉える一面も発揮しており支離滅裂で滅茶苦茶な状態となっている。

米中貿易戦争で片方に寄るのは致命的敗着(1)
6/17(月) 16:53配信 中央日報日本語版

 中国国務院は1日、『中米経済貿易交渉に対する中国の立場』という白書を発表した。協力に原則があり交渉にもマジノ線があるという点を強調しながら、「対話を望むなら扉を開いておくが、戦おうとするのなら最後まで対抗する」という覚悟を示した。米国も世界貿易機関(WTO)で中国の開発途上国の地位を剥奪し、中国の米国株式市場上場に対する制限を検討すると主張した。・・・

・・・

 米中貿易戦争は実際、「予定された戦争」だった。2001年に米国は中国をWTOに加入させ、社会主義体制を軟性化しようとした。しかし米同時テロが発生すると、すべての力を中東戦線に投入して中国牽制の機会を失った。2007年ごろには「潜在的な敵」として登場した中国をまた抑え込もうと努力したが、米国発金融危機が発生してまたタイミングを逃した。最近、中国は消極的開放と景気浮揚を通じて高度成長を謳歌しながら米国の指導力の空白に付け込んだ。このように見ると、今回の戦争は米国が中国の浮上ペースを落として覇権を強化する時間を確保するためのものだったが、中国もここで引けば「中華民族の偉大な復興」の夢が水の泡になると判断して背水の陣を敷いたのだ。

 したがって米中貿易戦争は今後、通貨、エネルギーと資源、標準と規範、体制と制度などあらゆる領域に拡大する可能性が高い。特に米国は同盟国にも中国の新たな脅威に共同対処することを要求する一方、戦線から離脱すれば友邦と見なさないという脅迫もしている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000039-cnippou-kr

愛国日報がパニック状態

中央日報さん、最近米中貿易戦争の話題が多いですね!

まったくだな。昨日だけでコラムを含めて5つは書いている。ここ最近の米中の対立が尋常でないと感じ始めた証拠だろう。ファーウェイ制裁をきっかけに米中双方に制裁される事態にもなりかねないからな。

アメリカも中国も、一歩も引かないですからね・・・。

さらに米国はイラン包囲網と称して中国をもイラン制裁に従わせるような切り札を切ってきてるからな。中国への波状攻撃が始まったとみていいだろう。

記事のイラストが、韓国の運命を象徴しているかのようです!

米中貿易戦争で片方に寄るのは致命的敗着(1)
6/17(月) 16:53配信 中央日報日本語版

 米中貿易戦争は実際、「予定された戦争」だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000039-cnippou-kr.view-000

米中どっちに傾いて転がってもぶつかってクラッシュする、ととれるね。韓国経済の崩壊も”予定された崩壊”だったというわけだ。

サムスンの営業利益が崩壊してますからね・・・。米中貿易戦争で、韓国はもうおしまいだと思います!ムン大統領にも、どうにもできないです。

今や米中貿易戦争のせいにして自分は何も悪くない!と言って嵐が過ぎ去るような状況ではなくなったからな。パーフェクトストームが押し寄せている中でいかに韓国を守るかという難題を突き付けられているのが文在寅だ。失敗すれば当然すべての責任を負わされることになる。

かわいそうだと思います!ムン大統領の時に限って、そんなことが起こるなんて・・・・。

それを言うならリーマンショックが起きた時の麻生元首相も不運だったとしか言いようがないよね。起きてしまった危機にどう対応するかでその政治家の器量の広さが分かるわけ。麻生元首相はそういう意味で紛れもなく日本を危機から救った功労者だ。

中国が成長できたのは米国内の親中勢力のおかげ

この記事には、リーマンショックのことも書いてありますね!アメリカが何度も中国を規制しようとしたのに、何度も何度も邪魔されて中国が成長してきたって言ってます。

中国が成長できたのは米国内の親中勢力のおかげだったと理解できるよね。イランがタンカーを攻撃したとか言われてるけど、あれで一番得したのは中国じゃないかと言われている。日本とイラン、日本と米国の間に軋轢を生む効果があるうえに香港のデモの報道まで少なくできるからな。

確かに!じゃあ、タンカー攻撃の主体は中国なんですか?

中国というより、中国を支える勢力の一端という感じだろうね。今まで世界情勢を見てきていれば分かると思うけど、中国側につく勢力の最も背後にいるのは欧州だ。それらを束ねるSS派、もとい1919派も貢献しているかもしれない。

アメリカの同時多発テロも、ですか?

それは明言はできない。元大統領のブッシュについては確かに陰謀論界隈からは有名だけど、ブッシュがトランプに負けて大統領の座を譲ったことから考えてもトランプが都合悪いと考える勢力は確実にいると思う。

トランプ大統領は、中東と中国を同時に進めようとしてますからね・・・。すごいと思います!

そうでもしなければ対応できないんだろう。今やトランプの敵は世界中にいることが分かってるからな。韓国どころか日本でさえ例外ではないかもしれない。英国の合意なきEU離脱が無事に進み米英で手を組む構想が実現するとなれば、それが次の世界秩序の基盤となるのはもはや確実だろうね。それだけにこのタンカー攻撃における対応は重要だ。

アメリカ軍の言ってることと、日本側の言ってることが一致しないみたいです。ネット掲示板を調べてみたら、画像で説明している人がいたんです!

マジで?どういう違い?

日本のタンカーが攻撃されたのって、確か右舷の方ですよね?でも、日本側が説明する時は左舷の方を指差してて、主張してることが日米でちぐはぐだって言われてるんです・・・。そこまでしか調べてないんですけど。

ほほう。なかなか悪くない情報だな。もっと詳しく調べてみてくれ。できればタンカーの所有企業についてもだ。

やっぱり気になりますよね!社名がちょっと・・・。後でやってみます!

韓国は崖っぷちの経済大国などと皮肉られ

ネットユーザーは、韓国は崖っぷちにいる状況を認識できてないと言ってます!命綱が2本繋がってる状況に例えてます。その一方で、ムン大統領は天才だし韓国は経済大国なので何も問題ない、と楽観視している人もいました!

書き込みの落差が激しすぎるだろww 皮肉しか書かない人も多そうではある。

書いてる人はよく名前を見かけるので、同じ人だと思います!上手な皮肉が書けると、ストレス解消になりますよね?

コメントにおける知的生産活動の最たる例が皮肉だからな。直接的な批判や非難をするよりも頭を使うので認知もされやすい。

中には、ムン大統領の素晴らしい外交でデフォルトも間近だ、と褒めてるのか皮肉なのか分からない人もいます・・・。

随分とダイレクトな皮肉だな。韓国デフォルトこそが文在寅の理想かのように聞こえてしまうよね。韓国経済をわざと崩壊させて北朝鮮主導での統一の素地を作っているというか。

米中貿易戦争には対応できないので、仕方ないと思います。半導体の投資をやめないサムスンがいけないんです!

韓国経済崩壊の責任が誰にあるかなんてのは周辺国からしたらそれこそどうでもいいけどな。せいぜい韓国国内で押し付け合っててもらいたい。日本には関係ない話だし韓国がどうなろうが何も困らないしね。

そうですよね!日本はもう韓国との関係がなくなります!

文在寅は素人だから何もしないし、サムスンも現状を打開できるとは思えないほどふがいない。またもや欠陥スマホを世に出してる時点で会社そのものが折りたたまれる未来が見えている。それに加えて愛国日報などの韓国マスコミもまた現実が見えていない。状況を楽観視するのは文在寅に限った話ではなく韓国全体で共通しているかのようだ。冒頭の記事の続きと(2)を見ればそれが端的に理解できるだろう。

 しかし両国は相手を完全に屈服できず、相互依存が深まった状態で休戦を模索するはずだ。そのきっかけは6月末に大阪で開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議になるかもしれず、次期米大統領選挙を控えた特定の時点になるかもしれない。このように見ると、現在の局面は休戦を控えて経済領土を拡大するための最後の戦闘と見ることもできる。

 問題は休戦以降、米中は直ちに持久戦の準備に入るという点だ。米国はすでに広く形成された米国人の反中世論を背負って自由主義国際秩序への挑戦者である中国という禍根を根絶しようとするだろう。特にサイバーセキュリティーは同盟国の通信システムを保護する核心と見なし、反中戦線を拡大するはずだ。

米中貿易戦争で片方に寄るのは致命的敗着(2)
6/17(月) 16:53配信 中央日報日本語版

 ・・・米中貿易戦争を拡大解釈し、親米・親中フレームにはまることを警戒する必要がある。WTO規則が支配する単一のグローバル市場が変わり、国際秩序も根本的な転換を迎えているからだ。こうした状況では恐怖本能を抑制して落ち着く必要がある。

 まず、政府は企業と市場の不確実性を減らし、私企業の経済活動に関与しないというメッセージを発信しながら、誤解が誤った判断を招くのを防ぐために疎通を強化する必要がある。5G装備のセキュリティー問題もドイツや英国のように国際認証機関の審査を強化する方法で接近することができる。急ぐべきことは韓半島を含む新しいグローバルサプライチェーンを構築し、国-企業-家計が知恵を合わせてファーストムーバー(first mover)に向けた長期戦略の合意を作ることだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00000040-cnippou-kr

G19でトランプと習近平が首脳会談をすると思い込んでいて、しかもその場で休戦がなされるとまで過度に楽観的に考えているのは問題だろう。習近平がトランプとの首脳会談に応じない意向を見せている報道が少し前から出てきてるのに一向に目を向けようとしない。”◯◯のはずだ”や”◯◯するはずだ”と思い込みと願望だけで論理を組み立てる危うさにも気付いていない。

親米でも親中でもいけないという突拍子もない主張が終盤に出てきてる。米中どちらかにつかないことこそが”敗北”にも関わらずにだ。韓国は安全保障を米国に、経済を中国に依存しているからだ。ファーウェイの5G通信設備をすでに自国内で広く設置しているにも関わらず、ドイツや英国と同じ対応ができると考えるおめでたさは救いようがない。日本としても米中どっちつかずの国とは関係をなくすしかないというわけだ。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!