韓国外交崩壊の現実を目の当たりにしてパニック状態! G19目前なのに何も決まらず! 習近平にも恥をかかされる!

韓国ニュース

Sponsored Links

米中首脳会談が決まったことで、残された日韓首脳会談の可能性に注目が集まる状況だ。この期に及んで何も決まっていないことが先日に明らかになったが、その一方で習近平の訪朝が急に発表された背景も明らかになっている。例によって文在寅は発表直前まで習近平の訪朝を知らなかったらしい。韓国外交の立ち位置が分からないとして政府関係者がパニック状態になっている。

(朝鮮日報日本語版) 韓国外交、G20サミットは目前なのに「立ち位置」不明
6/19(水) 11:20配信 朝鮮日報日本語版

 習近平中国国家主席の訪朝について、韓国大統領府と外交部(省に相当)は18日、「非核化の対話に役立つだろう」「良い兆しだ」と歓迎した。しかし、内部的には困り果てている様子がありありと見えた。習近平主席の電撃訪朝(20・21日)で、ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(29日ごろ)前の「ワンポイント南北首脳会談」開催を推進していた政府の計画が事実上、水の泡になったからだ。さらに大きな問題は、米中間の貿易・技術摩擦で身動きが取れなくなってきている状況で、伝統的友好国との関係までギクシャクしてきたということだ。外交関係者の間では「韓国外交の立ち位置が分からない」という言葉がささやかれている。

 習近平主席の訪朝について、韓国政府は発表直前に通知を受けていたことが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、ノルウェー・オスロで、韓米首脳会談前の南北首脳会談開催の可能性について「(北朝鮮の金正恩〈キム・ジョンウン〉朝鮮労働党委員長に)いつでも会う準備ができている」と言っていた。習近平主席の訪朝計画を知っていたなら、このような話はしなかったはずだとの指摘だ。習近平主席の訪朝とトランプ大統領の訪韓の間に南北首脳会談を開くことは物理的に不可能に近いからだ。

 習近平主席訪朝で、「トランプ大統領訪韓前の南北首脳会談」開催という名分も消えたと見られている。外交消息筋は「南北首脳会談を推進したのは、韓米会談に先立ち、金正恩委員長の考えを直接聞いて米国にすぐに伝えるためだった。だが、韓国がしようとした役割を中国が取ってしまったことになる」と語った。南北首脳会談はもちろん、韓国政府が念入りに推進してきた習近平主席の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)前後の訪韓も、すべて失敗に終わったものと思われる。

 問題は、南北関係を最優先にする韓国政府の基本路線により、対米・対日外交が非常事態に陥っていることだ。外交部(省に相当)当局者は同日、G20サミット時の韓日首脳会談や閣僚会談が開催されるかどうかについては「何も決まっていない。まだ十日間ある」と述べた。G20サミットを目前にして、主催国・日本との会談日程も決まっていないというのは極めて異例だ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00080063-chosun-kr

習近平に恥をかかされた文在寅

この記事、ムン大統領にとって許容できないことが書かれてますね・・・。キム委員長と会いたいと言った後に、習さんがキム委員長と会うことを発表したんですか?

時系列で考えればそうなるね。文在寅があたかも大国の首脳かのごとくに私には会う準備ができている!と尊大にふるまった直後に習近平がそれをあざ笑うかのように金正恩と会うことを表明したわけだ。

恥ずかしいだけじゃないですか!ムン大統領、また中国に恥をかかされてしまいました・・・。

愛国日報がまるで他人事のように報じて、上から目線で尊大な分析をしていたのは愛国心の崩壊を防ぐための愛国メソッドだったわけだ。文在寅の訪韓要請が完全に無視されたことにショックを隠せないというのが実情だろう。

ムン大統領が、実際にそういう発言をしてるからだと思います!でも、それも強がりにしか見えないですよね?

自分達が訪韓を要請していたことは棚に上げて、非核化に役立つだろうと呑気なコメントを残しているからな。オスロでやらかした文在寅の発言についてはなかったことにする勢いだ。

北欧3カ国の歴訪は、何も意味がなかったんですね・・・。

わざわざ北欧諸国まで行って実現する見込みのないうその予定を吹聴したことになるからな。今頃相手した各首脳は頭を抱えているだろう。やはり文在寅をはじめ閣僚の面々が韓国消滅後に逃避する場所を下見するために行ったと考えれば納得がいく。

文在寅の娘一家についての新たな火種も

というのも、文在寅が北欧から帰ってきたタイミングで娘の縁故採用について暴露されてしまったからだ。これにより移住先がタイであるということも正式に広まり始めた。

野党議員「文大統領の婿、タイで縁故採用疑惑」 青瓦台「確認中」
6/18(火) 15:13配信 中央日報日本語版

 野党・自由韓国党の郭尚道(クァク・サンド)議員が18日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の婿のソ氏(38)がタイ現地で縁故採用された疑いがあると主張した。こうした疑惑に対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「事実を確認中」と明らかにした。

 郭議員はこの日、国会で記者会見し、「3-6日にバンコク所在のタイ・イースタージェットという会社を訪問し、ソ氏がこの会社に就職したことを確認した」と明らかにした。

 郭議員は「事務室を訪ねてパク代表に会った。ソ氏が2018年7月に入社して3週間勤務したと聞いた。公開採用でなく会社代表のメールに連絡があり、現地に暮らしているので採用したと聞いたと伝えた。正式採用手続きなくソ氏が採用されたという情報を確保したという主張だ。

 同社は文在寅大統領選挙陣営で職能本部首席副本部長を務めたイ・サンジク元共に民主党議員が創業したイースター航空のタイ販売代理をしていて、合弁事業も推進した会社というのが郭議員の説明だ。郭議員はイ元議員がイースター航空を設立したため、イ元議員がソ氏の採用に影響力を行使したと考えられると主張した。文大統領の娘ダヘ氏とソ氏の家族は昨年タイに移住した。

 郭議員が提起したソ氏の縁故採用疑惑について青瓦台関係者はこの日、記者らに対し「郭議員が事実関係よりも疑惑を話したが、我々も事実かどうかを確認中」と伝えた。

 「文大統領の婿が現地会社で勤務したかなどは公開できるのでは」という質問に対し、この関係者は「(勤務したかどうかは)分からない」とし「『推定される』という形で疑惑を提起したことに対してはあえて話す必要はないようだ」と答えた。「事実かどうか確認されればこれを公開するのか」という質問には「その時に判断してみる」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000040-cnippou-kr

今まで東南アジアとしか書いてなかったのに、急にタイと書き始めましたね・・・。産経新聞さんの情報が正しかったんですね。

イースター航空という具体的な社名まで出てきたので、これ以上国名を伏せるのは難しいと考えたんだろう。下手に隠せば却って都合悪いのかと疑われる結果になるからな。

イースター航空で、イースター島に行けるんですか?

そういうつまらない質問はお呼びでないんだよwww 韓国の航空会社だから行けるわけがないよね。

えっ?イースター島の航空会社じゃないんですか?

真面目に聞いてる?

勝手にイースター島の名前を使ってはいけません!紛らわしい社名はやめましょう!

イースターはeasterだから一般名詞だろww 東風という意味になるらしい。それくらいで紛らわしいなんて言ってたら世界中に似たような表記はあふれているぞ。

復活祭のイースターとも無関係なんですよね?紛らわしいにも程があります!社名変更してください。お願いします!

まあイースター航空と聞いて確かに韓国の航空会社っぽくない感じはするけど、ロゴにも普通に韓国語が入ってるし別にいいんじゃない?韓国は東アジアの国だしね。

この東方航空は、共に民主党の議員が創業したんですか?

らしいな。だから文在寅が娘のために便宜を図るようお願いしたんじゃないかと言われている。東方航空だとイースタン航空になってしまうぞ?中国のとも丸かぶりだ。

じゃあ、東風航空にします。紛らわしいので、イースター航空と呼んではいけません!

分かった分かったww もうそれでいいから。

韓国と唯一首脳会談をする予定のトランプに不穏な空気

ネットユーザーは、韓国の立ち位置は写真の右上ではと言ってます!それとは別の意見で、立ち位置は中心だけどドーナツの穴では、と書いている人もいました。韓国の伝統的友好国はどこなのか、という議論でも盛り上がってました・・・。

外交のドーナツ化現象がネットユーザーの間でも広まってきたかww 朝鮮日報のあの画像は衝撃的だった。同じような画像をまた作ってほしいね。

みんなから首脳会談を断られてますからね・・・。安倍首相も、27日に習さんと会談をするそうです!

これで日米が中国と会談し、中国が北朝鮮と会談することが決まった。ロシアはどう出てくるかは分からないがおそらく韓国は相手にしないだろう。残されたトランプの訪韓もどうなることやらという状況だね。

韓国の今の政治的な立ち位置は、一応アメリカ寄りということでいいんですよね?

シャナハン国防長官を事実上の辞任に追い込んだ勢力の意図が気になっててな。まだ在韓米軍の撤退に反対する勢力がいるのかもしれない。日本が一貫して資本を撤収させている最中にも米国は韓国株に資金を戻しているようだし、結局韓国を最後まで見放さないのは米国という話になりかねないよ。

国防授権法についても、このままだと良くない結果になりそうです。

ああ大事なことを忘れてたな。在韓米軍不要論を説き続けてきたシャナハン国防長官が事実上の辞任に追い込まれたのは痛手だね。後任は確か陸軍の誰かだっけ?在韓米軍が陸軍であることを考えると、陸軍の権限を維持するためにも在韓米軍撤退禁止法を強く推す可能性はある。

イランのことで日本ともギクシャクしないかが、気がかりです。調べれば調べるほど、日米の言ってることが噛み合わないんです!

ああそれでナイーブになってるのか。確かにイランについてはトランプ政権の言い分はやや論理性を欠いているような気もする。普段が冷静なだけに俺も気になったところだ。イスラエル情勢が不安定だから焦ってるのかもしれないが、超大国という立ち位置は変わらないし落ち付いて対応してほしいものだが。韓国になんてかまけている場合ではないね。

せっかく香港のことで、世界が一致団結できそうな気がしていたのに、何となく残念です・・・。

まあG19当日まであと9日ある。もうひと波乱くらい何かありそうな気もするから、タンカー攻撃について状況を改善できそうな新情報がないか探ってくれ。俺はシャナハン国防長官の後任のマークエスパー陸軍長官について調べておくわ。

陸軍でエスパーって、どんな攻撃をするんですか?

そのエスパーではないwww