韓国文在寅、北朝鮮の英雄を称賛! 韓国中がパニック! 何がしたいんだよ…

韓国ニュース

今月何度か話題になっていたが優先順位が低かった話のうちの1つが、文在寅が称賛したある人物について韓国中で大騒ぎになっているという話だ。簡単に説明すると1919派として1919年に義烈団を結成したものの、日本敗戦後に北朝鮮へ行った人物のことだ。文在寅が北朝鮮の1919派を褒めそやすことで、逆に北朝鮮の1948派である現政権との亀裂を深めるという展開にもなりかねず、もっと踏み込めば1919派の存在を北朝鮮の面前にさらしたとも言える。

文在寅の暴走が止まらない! 今度は敵国・北朝鮮の英雄を称賛
6/20(木) 5:56配信 デイリー新潮

やっかいな隣国のはた迷惑な元首が、また波乱を巻き起こしている。

 今月6日、朝鮮戦争の犠牲者を追悼する「顕忠日追悼式」で、韓国の文在寅大統領(66)が北朝鮮の英雄を称賛してみせたのだ。

 韓国人記者によれば、

 「文大統領が言及したのは金元鳳という人物なんです。彼は1919年に義烈団を組織して苛烈な運動を展開。そこまでは良いのですが、その後、48年に北朝鮮へ渡って、北朝鮮国家樹立に参加するのです。朝鮮戦争では韓国を相手に果敢に戦い、金日成から最高位の勲章まで授けられている

 敵国の英雄を、大統領自ら、慰霊祭で称賛してしまったワケだが、暴走はそれだけではなかった。

 青瓦台に韓国軍の遺族らを招いて行われた昼食会で、文大統領は、金正恩の写真入り冊子を配布したのです。保守系メディアの中央日報や朝鮮日報はもちろん、政権寄りと言われている公共テレビのKBSまで、記者のコラムで文大統領を批判する事態になっています」

 文大統領に対する韓国国内での批判は、北朝鮮問題にとどまらず、

 「対日関係でも批判的な論調が見られるようになってきた。経済紙では、G20で安倍総理と個別会談をすべきだ、徴用工問題で日本に譲歩すべきだ、などという踏み込んだ記事まで書かれていますからね」

 もっとも、月末のG20での首脳会談は見込み薄。政治部記者は、

 「すでに安倍総理は米中露仏の4カ国と首脳会談が決まっており、時間的な余裕もない。徴用工問題で強硬姿勢を取り続ける韓国に歩み寄るつもりもなく、優先順位はかなり低い」

 自滅へのカウントダウンは止まりそうにない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00566773-shincho-kr

金元鳳は北朝鮮の1919派

この金元という人は、何度か中央日報さんや朝鮮日報さんの記事で目にしたんですけど、あまり興味が持てなくてスルーしていました。

金元鳳な。1919年に義烈団を結成して、という部分を読んでも興味を持てないか?正真正銘の1919派じゃないか。

それはそうなんですけど、最近1919派が勢いを失ってるし、取り上げてもあまり意味がないかなと思ったんです。

むしろそういう時だからこそ1919派の存在をもっと広めるべきだと思うがね。ここを見誤ると文在寅がなぜ北朝鮮と異なる歴史認識を持っているかの考察が不可能になる。

金元さんは、1919派なのに北朝鮮に行ってるんですね!北朝鮮国家樹立にも関わってるそうです。

要するに北朝鮮の1919派だね。同じような活動家が何人かいたと思うが発祥はみな現在の韓国の地域だ。1919派のルーツは韓国だと理解できるね。ちなみに1919年は大正時代だ。

はっ!

これが日本の没落は大正時代から始まったとする理由なんだよ。大正時代は第一次世界大戦をきっかけとした日英同盟の解消と1919派の台頭、そして関東大震災という日本の国体を揺るがすような大事件がいくつも起きていたんだ。昭和に起きた敗戦はその結果にすぎないというわけだ。

そうだったんですね・・・。元号って、ホントに大事ですね!

他にも大正元年には辛亥革命が起きており中華民国が成立している。北朝鮮の初代最高指導者である金日成が誕生した年でもある。ちなみに大正とは“大亨は以って正天の道なり(天が民の言葉を嘉納し、政が正しく行われる)”という意味だ。

何となく、平成と似た雰囲気の意味のような気がします・・・。

さらに大正元年には友愛会という名前の労働者団体が結成されている。後の日本労働組合総同盟の母体となる団体だ。これを機に日本政府と労組団体の対立が激化し非合法的な取り締まりも行なわれるようになったそうだ。

日本没落の契機は大正時代にこそあったという考察

日本では、1919年に何か起きたんですか?

ネット百科事典によれば、1919年10月10日に日本政府が西日本の博徒を呼んで労働団体をどうにかしてほしいという協力要請がなされたそうだ。これを機に労働団体に対する大規模な”治安対策”がなされることになった。

西日本の博徒?

ワトソン君は勘が鋭いからこれ以上説明しないが、ヤーさんのことだよ。1923年の関東大震災と並行してこれらの治安対策も激化し、それに呼応するかのように日本共産党が創立されている。

ヤーポンさんのこと、つまり日本人のことですか?

違う違うww 1925年には左寄りの人達が今でも恐れるほど強烈なあの治安維持法が制定された。ここまですべて大正時代の出来事だ。昭和に起きたことはこれらの後始末にすぎないというのが俺の解釈だ。

たったの14年間で、国がおかしくなってしまったということですか?

そういうこと。輝かしい明治時代が45年で幕を閉じることになり、そこで日本の成長は一旦止まってしまったんだ。明治天皇の崩御は7月30日で心臓麻痺と言われているが真相は定かではない。

そうなんですね・・・。元号って怖いです!

偶然なのか、あるいは必然だったのか…今が令和時代であることに我々は感謝すべきだね。輝かしい未来が約束されていると考えることもできる。まあその前に失われた平成時代30年の後始末をつけなければならないがね。

韓国との関係を、清算しないといけませんよね。韓国はもう無視していいです!

韓国は平成限定の国だったというのが俺の解釈だ。韓国は昭和が終わる直前に開催されたソウル五輪から急激に発展が始まった。その後日本ではバブル崩壊が起き衰退し、それと反比例するかのように韓国が国際社会の場で目立ち始めた。昭和時代の韓国は本当に存在感ゼロだったんだぞ?今では信じられないだろうが。

ホントですか?でも、確かにサイボーグ009には韓国は出てきませんよね・・・。

平成時代になってすぐに冷戦が終わったことも、韓国が安全保障の優先度を下げて経済に集中できるようになるための後押しとなった。安全保障を米国に全面的に依存しながら経済的に中国との関係を深めて両方から利益を得ることができたからだ。

それが、今では米中貿易戦争になってしまって、韓国が一番打撃を受けると言われてますよね。

平時であれば韓国の発展モデルは最強だ。だが有事となれば韓国は一転最弱となる。平成時代のうちに日本を制圧できなかった韓国はもう敗北するしかないんだよ。文字通り”北に敗れる”ことになるね。1919派最後の悪あがきがレーダー照射事件だったというわけだ。

文在寅は1919派の存在を北朝鮮1948派の面前にさらした

6月6日の出来事だというのに朝鮮日報のコラムで未だに批判されるということは、それだけこの金元鳳という人物を文在寅が出したことにショックを受けていることの表われだと思う。

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】「民族大統領」ぶっていては国が滅びる
6/23(日) 6:07配信 朝鮮日報日本語版

 同じ言葉でも、時と場所によって意味が異なる。国家の最高指導者が発する言葉の重みは、一般人より何千倍も大きい。一言の波紋が垣根を越えて国外まで広がり、外交の基盤を揺るがすこともある。アジア通貨危機を招いた複数の要因中の一つにも挙げられる「日本の悪い癖をたたき直してやる」発言がその実例だ。大統領は、演壇に立つ前、その席がどういう席で、今がどういう時なのかを正確に判断しなければならない。

 「顕忠日(国を守るため犠牲になった人々を追悼する日)」の6月6日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が行った追悼演説は、心配していた通り、またしても国をひっくり返してしまった。・・・

 この席で文大統領は、だしぬけに金元鳳(キム・ウォンボン)を呼び出した。金元鳳は、植民地時代に武装独立運動組織「義烈団」を率い、解放後は北に渡って金日成(キム・イルソン)政権樹立に加わり、6・25戦争中は国家検閲相や労働相を歴任した。しかし、1958年に政権内部の暗闘で粛清された。「光復軍に金元鳳が率いていた朝鮮義勇隊が編入され、独立運動の力を結集した。彼らが連合軍と共に育んだ軍事的力量が国軍創設のルーツとなり、ひいては韓米同盟の土台となった」。金元鳳は、北朝鮮政権のほかの人間たちと同じく6・25序盤には前線を視察し、南侵した人民軍を激励したことだろう。そんな人間が韓国軍創設のルーツだという大統領の言葉に・・・散華した将兵たちはうなずいただろうか。耳をふさぎたかったことだろう。
・・・

 この世の全てのことには「時」がある。いつかは金元鳳の過と功をてんびんに掛ける「時」が来るだろう。6・25後に北へ渡った数万人の南労党(南朝鮮労働党)員のうち、中間幹部以上は金日成の下で凄惨(せいさん)な末路をたどった。彼らの個人的・歴史的選択とそれに伴う悲劇を冷静に振り返る日も来るだろう。その日が早まるか遅くなるかは、北朝鮮の同胞が金日成・金正日(キム・ジョンイル)・金正恩(キム・ジョンウン)と続く三代世襲状態から解放されるか、もしくは解放される見込みが確実になることと直接関わっている。

 大統領は、その日が来るまでは「韓国大統領」としての任に忠実であるべきだ。韓国が置かれた「歴史の脈絡」と韓国を取り巻く「場所の論理」を貫いてものを見るべきことを理解していなければならない。未熟な「民族大統領」としての振る舞いは内部分裂を深刻化させ、北朝鮮の同胞の状態を引き延ばし、同盟を引き裂くだけだ。

 内心は言葉で表現され、言葉は行動で本心を表す。考えを引き締めてこそ言葉はいい加減でなくなり、言葉を引き締めてこそ足を踏み外すこともない。全ての「現政権」は、いずれ「前政権」となって過ぎゆく途上にある政権というにとどまる。大統領は「歴史の法廷」に立つ被告人という身分だ。その法廷に弁護人はいない。政権の足跡だけを証拠として語る法廷だ。恐れ多いということを理解すべきだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00080177-chosun-kr

ムン大統領は、どうしてこの金元さんの名前を出したんですか?

1919派が韓国や北朝鮮のルーツであり、それは北朝鮮の国家樹立に関わっていようが何も変わりないということを言いたかったものと思われる。要するに現北朝鮮政権の歴史認識に泥をかけたに等しい。

最初の記事では、タイトルに「北朝鮮の英雄」と書いてあるんですけど・・・。全然英雄ではなかったんですね。

そこはあえて俺も“北朝鮮の英雄”と書こうと思う。だが実際には異なるというのは記事を読めば分かるからな。南朝鮮労働党が当時の1919派の活動領域だが、彼らはみな金日成の体制下で悲惨な末路をたどったということがそれを端的に示している。北朝鮮の1948派は金日成による独立革命だけが真実だと考えている。1919年にすでに建国されていたという身勝手な神話を掲げる南朝鮮労働党の分子を許すはずもないよね。

ムン大統領は、1919派の計画をまだ諦めていないんでしょうか?

いや俺は逆だと思う。北朝鮮に向けて1919派の不穏な分子の存在を明らかにすることで、韓国が北朝鮮内の1919派と手を結べないように仕向けていると考えるのが自然だ。文在寅本人はどういうつもりか知らないが、6月6日のこのタイミングでわざわざ金元鳳に触れたのは最悪の選択だったとしか言いようがないね。

韓国だけでなく、北朝鮮からも嫌がられるなら、何のために出したのか分からないですよね・・・。

俺の考えでは金正恩はこの発言も問題視しているはずだ。だがそれを韓国が報道することはできない。なぜ北朝鮮の英雄なのに問題視するのかという矛盾が生じて、それにより韓国がずっと隠し続けてきた1919派の存在が浮き彫りになってしまうからだ。文在寅の発言は水面下で活動していた“潜水艦”を白日の下にさらしたに等しいわけ。

つまり文在寅はもう北朝鮮1948派の思うがままに動かされているってこと。そう考えれば金正恩の写真入り冊子を昼食会で配布した意味も分かるだろう。文在寅により韓国の国体は完全に壊され北朝鮮主導の統一を受け入れるしかなくなるはずだ。北朝鮮に1919派は誰なのかを暗に知らせていると考えることもできる。なぜ米国が1919派の自由朝鮮を逮捕し、金正恩からは”美しい手紙”を受け取っているかを少し考えてみるといい。そうすれば多少は真相が見えてくるかもね。

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!

韓国は平成30年間限定の国家だった。令和時代に韓国はなくなる、俺はそう確信している。日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!