韓国企業が相次いで海外脱出してる理由は!? 韓国経済はもうパニック状態?

韓国ニュース

韓国企業の海外脱出が増えてるということについて、注目度が高い記事が出てきたので取り上げます!韓国の海外直接投資が増えてるのは、韓国企業が国内で事業を続けたくないと考えてるからだそうです・・・。自由なビジネスが難しくなってきてるので、ベトナムや日本などでチャンスを見つけたいと言ってるとか。どうしてこうなってしまったんでしょうか?

韓国企業が自国から相次いで「海外脱出」している理由
6/25(火) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン

● 韓国企業の 海外脱出が加速化

 ここへきて、韓国企業の海外脱出が加速化している。それを如実に示すデータが韓国政府から発表された。企画財政部の発表によると、今年1~3月期、韓国の企業は141億ドルの海外直接投資を行った。これは過去最高だ。産業別にみると製造業の割合が高い。

 その背景の1つに、文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済運営の失敗がありそうだ。韓国企業にとって、文政権は安心して事業を行える環境ではなくなったということかもしれない。労働組合への配慮や税負担など、韓国企業が国内で事業を続けるメリットはあまり見当たらなくなっているようだ。

 それに加えて、米中摩擦の影響という外部要因もある。すでに米国のトランプ大統領は、2500億ドル相当の中国からの製品輸入に25%の制裁関税をかけた。制裁関税の回避やサプライチェーンの立て直しのために、多くの韓国企業はベトナムなどに進出し、収益をひねり出そうとしているように見える。

 韓国の政治的な環境や人口構成など社会的なファクターを考えると、韓国企業は“生き残り”をかけて海外に出て行かざるを得なくなっている。

 ただ、そうした動きがすぐに効果には結びつかない。企業の収益をみると減少傾向になっている。自国企業の海外脱出と、企業収益の減少が同時に進むと、韓国経済の成長基盤はぜい弱になる。長めの視点で考えると、韓国の政治と経済は一段と厳しい状況を迎える可能性が高まっていると見る。

● 「国内脱出」を図る 韓国企業

 先日、ソウルから知人が来日して話す機会があった。その人は「韓国では自由なビジネスが難しくなりつつある。できれば日本など、海外でチャンスを見つけたい」と真剣な表情で話していた。

 このことに最近の韓国企業の海外直接投資の増加ペースを重ね合わせて考えると、企業を取り巻く環境は厳しさを増していることが分かる。韓国国内では、国内の政治と経済に関する閉塞(へいそく)感と先行きへの不安や不満がかなり強くなっているのだろう。

 企画財政部のデータは、それを確認するいい材料だ。1~3月期、韓国経済の“成長のエンジン”というべき製造業の海外直接投資は、前年同期比で140%も増加した。それは、輸出主導型の韓国経済が、大きな変化に直面していることを意味する。

 韓国は資材などを海外から調達(輸入)し、それを国内で加工・生産し、完成品を輸出することで成長してきた。それを支えたのが財閥系の大手企業だ。韓国経済の成長と減速は、財閥企業などの輸出実績に大きく左右される。

 リーマンショック後は現代自動車の輸出が成長を牽引した。また、2016年ごろからはサムスン電子の半導体事業を筆頭とする、エレクトロニクス産業が輸出を伸ばして韓国経済の持ち直しを支えた。

 ただ、そうした経済の運営は徐々に難しくなってきた。

 その要因の1つには、中国が国家主導で半導体産業の育成などを進めたことがある。中国企業などの技術面でのキャッチアップに直面し、韓国企業は徐々に海外に進出した。その主な目的は、国内生産を海外に移管し、コストを低減することにある。

 その上に、文政権の最低賃金の引き上げや法人税率の上昇という負担がのしかかった。企業は従来に増してコスト削減を徹底しなければならず、海外進出を加速化させている。企業は“生き残り”をかけて自国から脱出せざるを得ない。経済の専門家の中には、「文政権の経済政策は企業を国内から追い出している」と評する者もいる。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00206617-diamond-bus_all

海外脱出の理由は主に2つ?

韓国企業が韓国から出ていく理由は主に2つだね。文在寅の政策と米中貿易戦争だ。文在寅が進めてる最低賃金の引き上げや労働時間の制限、さらに法人税の増税などは韓国企業を海外に追い出すためのものでしかない。

本音では、韓国企業の海外脱出を法律で禁止した方がいいと思ってます!でも、それは難しそうですよね・・・。

中国よりもリスクのある国になるなww 韓国企業限定でやるなら別にいいのか?2番目の米中貿易戦争については、対中関税で中国に近いという地の利を生かせなくなるからベトナムなど他国に逃げているという話のようだね。

韓国企業の海外直接投資が、ホントに増えてるみたいですからね・・・。この記事を書いてる人の知人は、韓国では自由なビジネスができなくなってきてるので、日本などの海外でチャンスを見つけたいと言ってるそうです!

日本で何のチャンスを見出せるのかは分からないがな。日本語が話せる程度では日本人に勝てるわけがない。それこそ芸能関係くらいじゃないか?

タピオカミルクティーで開業する人も増えてるみたいです!でも台湾発のブームなので、韓国の人達が入り込める領域ではないですよね・・・。

韓国の飲食業は新大久保や原宿など一部地域でしか成功できないと思っている。何年か前に韓国のチキン店が六本木に出店したが1年も経たずに閉店に追い込まれたからな。小さなパイを奪い合うなら好きにやってくれればいい。

日本に来ても、いいことはないと思います!日本人が韓国に憧れているというのはメディアのウソです!騙されてはいけません!

その偽情報で損するのは結局韓国から来た起業家だからなww とてもじゃないが成功できる環境にはないと思うよ。それよりはベトナムへ行く方がいいだろう。

サムスンだけじゃなくて現代自動車も危ない?

記事の続き部分です!韓国の製造業の中小企業も、みんなベトナムに行ってるみたいです。その分韓国内での雇用は失われてしまうそうです・・・。

● 懸念される 韓国経済の“地盤沈下”

 韓国経済は、サムスン電子を筆頭とする財閥企業の業績に大きく依存している。財閥企業が海外進出を強化するのに従い、韓国の中小企業も生産拠点をベトナムなどに移している。

 そうした動きを見ると、これまで国内経済を支えてきた産業の基盤が、そのまま海外に移管されているといえる。その分、国内の雇用機会は減少してしまう。より高い付加価値を生み出す産業を育成できなければ、韓国国内における投資(民間企業による設備投資)も減少するはずだ。

(中略)

 今のところ、韓国は目立ったイノベーションを発揮することができていない。韓国企業は、半導体市場では存在感を示してきた。ただ、それは完成品の需要に左右される。

 自動車の分野で韓国企業は世界的なSUVブームに乗り遅れた。米国によるファーウェイへの制裁はサムスン電子にとってはチャンスだが、開発を急ぎすぎたこともあり折り畳み型スマホの発売が遅れている。加えて、海外進出を進めたにもかかわらず、同社の売り上げは減少している。

 自動車や造船業界では、文政権の支持基盤である労働組合がストライキを起こし経営再建がままならない。韓国では財閥企業創業家や労組といった一握りの既得権益層に富が集中してしまっている。この中で、より効率的な資源の再配分を目指すことは難しい。韓国経済は長期低迷に向かっているように見える。

半導体は価格低迷で落ちぶれて、SUVブームには乗り遅れ、サムスンの折りたたみスマホも販売が不透明になっていると。いい話は1つもないという救いのない状況だね。

韓国企業が韓国のことを全然考えないから、みんなが不幸になってしまうんだと思います!韓国での雇用をもっと大事にした方がいいです。

韓国は俺がさっき言った欧米型の利益追求集団スタイルで財閥が富を蓄えてきたからな。だがその利益追求の手法があまりにも稚拙で、技術も日本に依存しまくってるという点で非常に危うい。

米中貿易戦争で、板挟みになってしまいましたよね・・・。

安全保障を米国、経済を中国に依存しつつ両方から利益を得ようとするのが韓国の基本戦略だ。だが今はそれがすべて裏目に出る時期だ。サムスンがいくらファーウェイ制裁の反射利益でスマホの売り上げを伸ばしたとしても、半導体の巨大工場が中国にある限りは膨大なリスクを抱えることになる。

自動車についてはどうですか?現代自動車は、売れてるのか売れてないのかがよく分からないです。

労組で滅茶苦茶になっている韓国GMやルノーサムスンはさておき、日本人の関心が集まるのはやはり韓国で一人勝ち状態のヒュンダイがどうなるかだよな。SUVに乗り遅れた程度では大した衝撃を与えられない。それよりも俺は米国の消費者団体から訴えられたあの話の続報に期待している。

ありましたね!すっかり忘れてました・・・。それって、ほとんど誰も触れてませんよね?

続報がまるで出てこないからな。産経新聞か雑誌系メディアで再度取り上げられることを期待したいが。前回は朝鮮日報が書いていた。

韓国経済は米中の間で木の葉のように漂流?

米中貿易戦争で中国での売り上げは難しいし、アメリカでも売れなくなったら、ホントにおしまいだと思います・・・。

この記事では米中貿易戦争についてはほとんど触れられていないのが残念だね。ファーウェイ制裁における韓国企業の板挟み状態とかも取り上げてほしかった。まあそれは韓国企業の海外脱出というテーマからは外れてしまうか。

韓国企業がベトナムに生産拠点を移転させると、対中関税を回避できるんですか?そこがよく分からないです。

中国製品がベトナムを迂回して米国に輸出されてるんじゃないかと勘繰りたくなるよね。米国は以前ベトナムを為替操作国に指定しようとしてただろ?中国はあらゆる手段を講じて対中関税を回避するべく迂回路を見つけるだろうからな。

その迂回路に、韓国企業が含まれてるってことですか?

ベトナムに進出した韓国企業がどこに製品を納品してるかだよな。サムスンが大半だろうが、ひょっとするとファーウェイにも納品してたりするかもしれないね。韓国内だと米国がにらみを利かせてるので、監視のゆるいベトナムから直接納品とか。

何だか色んな可能性が考えられますね!サムスンは、どうしてベトナムに早い段階から拠点を移してたんですか?

対中関税が発動されることを早くから知ってて、ベトナムにスマホの製造拠点を移していた…と考えるのは自然ではない。中国に数千億円かけて半導体工場を建設してる最中だからだ。加えて今はまだスマホは関税の対象ではない。よって偶然だろう。

じゃあ、韓国はホントに米中に左右されるだけなんですね・・・。記事の後半部分で、韓国は木の葉のように漂流するって書かれてるんです!

● 「木の葉」のように 漂流する韓国経済

 米中の摩擦や欧州の政治情勢、中東および北朝鮮の地政学リスクなど、世界経済の先行きは見通しづらい。徐々に、世界全体で景気は下り坂に近付いているように見える。

 海外進出にはコストがかかる。先行きが不安な中、韓国企業はコストを抑えて守りを固め、不確実性への抵抗力をつけることが必要だろう。しかし、生き残りのために企業が海外に出ていかなければならないほど、韓国の政治と経済の深刻さは増している。

(中略)

世界経済の成長率が鈍化した場合に、韓国が自力で景気を支えることは口で言うほど容易なことではない。韓国の景気は米中の思惑やグローバルな景気動向に振り回される可能性が高まっている。それは、木の葉が大海をさまようように、韓国が世界経済の中で漂流する状況に例えられる。

韓国から企業が出ていく本当の理由は、通貨危機が起こると悟り始めたからだと思う。俺が昨日も言ったように”CUD”の動きが尋常でなくなってきてるだろ?あれは韓国で通貨危機が発生する前触れだと俺は思っている。

「CUD」が何なのか分からないです!「CAD」でも「AUD」でもないんですよね?

いい観点だね。ワトソン君なら絶対に分かると思うよ。まあ日本は韓国がどうなろうが関係ないというスタンスなので通貨危機になろうが助けないがな。6月28日をもって韓国との関係は消滅する。8月の売却命令でもって韓国には百の報復措置が発動される。助けるどころの話じゃないんだよ。日本にとって韓国はどうでもいい国になったんだ。国かどうかも怪しいけどな。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本には関係ない!どうでもいい!韓国さようなら!