米中の実務者が最終合意案で対立か  中国が譲歩に難色を示す

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

G20での米中首脳会談をきっかけに通商協議が再開され、事実上の休戦状態になるとの報道がなされています。米国政府が追加関税第4弾を保留することになると言われている一方で、実務者会談としての米通商代表部のLighthizer氏と中国副首相の劉氏が最終合意案で対立しているとのことです。中国が全面的な譲歩に難色を示しているためです。トランプ氏が求める合意はなされるのでしょうか。

米中休戦の楽観の陰に厳しい現実、最終通商合意には長い道のり
6/27(木) 19:20配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米国と中国は不安定ながらも貿易戦争を休戦させ、協議再開に向かっているとみられる。このような事態展開を金融市場は歓迎するかもしれないが、最終合意への長い道のりを考えれば、祝賀ムードはすぐ終わるかもしれない。

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が29日に新たな通商協議再開を発表すれば、楽観は広がるかもしれないが、すぐ現実に引き戻されることになろう。米中協議は6週間前に物別れに終わったが、それはささいな文言を巡る相違ではなく、根本的に異なる世界観によるものだった。しかも両国ともそれぞれ姿勢を硬化させている。

 28日に始まる20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)を前に、米中はトランプ大統領が就任してから最も不信に満ちた緊張関係にある。両国間の連絡はほとんどなく、29日予定される米中首脳会談の準備はぎりぎりのタイミングで電話連絡を重ねてまとめられた。

 「中国経済は完全に失敗しつつある」とトランプ大統領は26日、FOXビジネス・ネットワークに語り、「合意に至ることは可能だが、今のままで私は非常に満足でもある」と発言した。

 米中は5月10日、閣僚級通商協議を終了。トランプ政権はその後、対中関税を引き上げただけでなく、華為技術(ファーウェイ)への実質禁輸措置を打ち出してテクノロジー冷戦に扉を開いた。

 ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官、中国の劉鶴副首相は24日、通商協議再開に向けた休戦をどう展開するかを話し合った。事情に詳しい複数の関係者によれば、米国は中国からの輸入品3000億ドル(約32兆1500億円)相当への関税賦課を保留する計画だが、電話会議の説明を受けた関係者1人は、ライトハイザー代表と劉副首相が最終合意について、対立する見方を示したと語っている。

 劉副首相は最終合意はバランスがとれ、中国側の譲歩のみ含むものであってはならないと強調。これに対しライトハイザー代表は、中国の貿易と投資、規制慣行は数十年にわたる問題であり、中国側は米国よりもはるかに譲歩せねばならないと答えた。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-30820343-bloom_st-bus_all

米国の考えを中国が受け入れず

楽観視したかと思えば最終合意で対立したりと目まぐるしく状況が動くね。最後まで結果がどうなるかが読めない状況だ。

私はそうは思いません。なぜなら中国が譲歩しない姿勢を見せているからです。中国は米国よりも譲歩すべきだと米通商代表部のLighthizer氏が述べています。この考えを中国の副首相である劉氏が受け入れられないとしています。

実務者でダメなら、トップ同士でもダメってことですか?

そうか…。確かに米朝首脳会談で見られた光景の繰り返しだな。実務者同士はとっくに決裂を察知していたが、報道ではあたかも歴史的な合意がなされるかのように言われてた。今その繰り返しを見てるようだよ。

もしそうだとしたら、ホントに分かりやすいですよね・・・。どうして同じことばかり繰り返してしまうんですか?

トランプ氏は習近平氏との合意を求めていますが、それは歴史的な合意でなければならないと考えているからです。また、合意がなくとも問題にはならないという見解も表明しています。関税が発動されれば中国の経済が減速するため、いずれ合意に応じるだろうという考え方です。

結果中国は合意ができないことを隠しながら協議を最後の最後まで進めるしかないというわけだ。かなり苦しい展開だね。

中国は譲歩せぬようじゃな。愚かな考えに固執しておるのう。

じゃあ、もしG20が終わったら株価はどうなりますか?

そこまで変わらないんじゃない?米中合意がなされるという期待でもさほど上げてないし、合意がなければないで市場はそれを受け入れると思う。

米中首脳会談の結果次第で第4弾関税発動

第4弾の3000億ドル超分の追加関税発動については、米中首脳会談の結果次第だと米国の当局者が述べています。これに先立ち習近平氏が通商合意に向けた条件を提示したと報道されました。

新たな対中関税発動、米中首脳会談の結果次第=米当局者
6/28(金) 1:56配信 ロイター

 [27日 ロイター] – 米トランプ政権当局者は27日、中国に対する新たな関税措置の発動は今週行われる米中首脳会談の結果次第だと述べた。

 このほか、米国が華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に科している米国技術売却禁止の撤回で合意する公算は小さいとの見方を示した。

 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は大阪市で開く20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせ、29日に会談する。

 中国の商務省報道官は27日、米国はファーウェイに対する制裁措置を直ちに撤回する必要があると発言。これに先立ち米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、習主席が貿易戦争解決に向けた条件をトランプ大統領に提示すると報道。中国政府当局者の話として、中国政府はファーウェイへの米国技術売却禁止を撤回するよう主張していると報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000014-reut-cn

つまりファーウェイ制裁の撤回を要求してるってことかな?これは合意は無理そうだな…。

ファーウェイは安全保障の問題だから、貿易交渉とは別なんですよね?

そうですね。当局者もすでに明らかにしている通り、中国が求めるHuaweiへの技術売却の禁止について合意できる可能性は低いでしょう。習氏が実際に提示した内容そのものは明らかにされていません。

こうしてほしいと求めても、ダメな物はダメだと思います!習さんは、意外と交渉がヘタですよね・・・。

ぶっちゃけ韓国とやってることは大差ないからな。米国に要求する代わりに中国は中国で何かを譲歩しなくてはいけない。ただでさえ中国は知的財産権の侵害や技術の強制移転などで強硬に対応される立場だ。

それって、全部犯罪ですよね?

だからトランプはよい警官、ライトハイザーが悪い警官役をやって中国を追い詰めているという解釈になる。というかトランプ以外みんな悪い警官じゃないか?

“よい警官”の定義が不透明ですが、トランプ氏は合意がなされずとも問題はないという本音をわずかづつですが明らかにしています。Huaweiへの制裁は通商問題ではなく安全保障の問題ですので、中国には合意に応じる姿勢がないとみなされるかもしれません。

追加関税の引き上げ幅を10%に譲歩するとの予測も

ネットユーザーは、25%ではなく10%にするのが「休戦」だと報道されてるのでは、と言ってます!この記事はトランプ政権の内側をかなり正確に伝えてるのでは、という意見もあります。油断大敵だという雰囲気ですね・・・。

なるほどね。第4弾の追加関税を10%にすることで米国も譲歩する姿勢を見せるという推測か。記事中には第4弾を見送るという話も出てるけど、どっちになるかだな。その発表はG19…G20での首脳会談の後になるという解釈?

そうだと思います!25%だときついけど、10%ならアメリカの人々も対応できるそうです!トランプ大統領が、そう説明してたみたいです。

記事の後半部分を提示します。米国と中国が合意事項に求める内容が根本的に異なるため、交渉が成立することそのものが困難であるという見方がされています。

 こうした意見相違は、トランプ大統領と習主席が昨年12月のブエノスアイレスG20首脳会議の際の夕食会で話し合って以降も消えなかった緊張を物語るものだ。両者とも首脳としての役割が問われる問題では、強硬姿勢を貫こうとする。

 貿易問題に詳しい北京大学光華管理学院のマイケル・ペティス教授は「交渉を動かしている本当の要因は国内政治だ」と指摘。「合意がどうあれ、トランプ大統領は米中関係の全てが変わったように見せる必要がある一方、習主席は何も変わっていないように見せる必要がある。それが土台にある以上、ディールに至るのは難しい」と述べた。

参考記事:中国が抱く中核的な懸念、通商協議で対処必要-商務省報道官原題:Happy Talk of Trump-Xi Truce Masks Twisting Path to a Trade Deal (抜粋)

お互いの国民へのパフォーマンスをしなければいけない状況だが、そのベクトルが見事に正反対を向いているという解釈だね。そこで出てきたのが引き上げ幅を25%ではなく10%にするというアイデアだったと。

中国は、関税の即時撤廃を求めてるんですよね?それができなければ、25%が10%になっても同じなのでは?

同じどころか中国にとってはさらに痛手だろう。恐れていたスマートフォンへの関税賦課となれば、いよいよアップルが中国外へと工場を移転させる動きを加速させなければならない。それがたとえ10%だったとしても同じだ。遅かれ早かれ25%へと引き上げられるのは目に見えてるからな。

確かに・・・。関税が発動してしまうこと自体が、中国にマイナスな気がします。

中国が合意に応じる姿勢を見せないのであれば、追加関税を発動させて合意に応じるよう促すことを繰り返している状況です。皆さんもご存じのとおり米国への影響は10%であれば微小ですが、中国にとっては製造拠点の移転に繋がる変化のため見過ごせる問題ではありません。

正念場だな中国よ。ファーウェイ制裁が効いていることの表われじゃないか。日本では未だにテレビCMを流してるようだが、そろそろ現実に目を向けた方がいいんじゃないか?

中国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!民主化おめでとう!中国さようなら!