アメリカが中国を崩壊に追い込もうとしてる理由は!? 総力戦での価値観の激突?

トランプ政権, 中国ニュース, 米国ニュース

今日はボクがやります!アメリカは中国との貿易戦争をするだけじゃなくて、中国政府そのものを崩壊させたいみたいです。その理由は、昔ドイツや日本にソ連と戦った時と同じで、価値観が激突するからだとか。米中貿易戦争はどうなってしまうんでしょうか?

アメリカがどうしても中国共産党を破滅に追い込みたい「本当のワケ」
6/28(金) 7:30配信 現代ビジネス

アメリカは、中国を断じて許せない

 米中貿易戦争のゆくえを、人びとは心配している。

 だが、これは「貿易」戦争ではない。「経済」問題でもない。国際社会の「覇権」争いですらない。

 かつて軍国日本と戦い、ソ連と冷戦を戦ったのと同質の、総力をあげての価値観の激突である。アメリカは、いまあるがままの中国を、断じて許すことができないのだ。

 それは、なぜなのか。これをわかるには、いまの中国社会のあり方を理解すること。そして、それがアメリカの人びとに、どう映っているかを理解すること、が必要だ。

 中国社会を理解する補助線は、まず、単位制度である。

 「単位」(working unit) 。ほとんどの日本人は知らないかもしれないが、中国人なら誰でも知っている。中国共産党の基盤であり、「社会主義市場経済」の大前提である。単位という独特の存在について、まとめておこう。

(中略)

すべての情報を握る共産党

 工場、商店、学校、病院、…などを、単位とする。工場には工場長と別に、党の書記がいて、書記がナンバーワン、工場長がナンバーツーである。

 単位のトップが、どの級別であるかに従って、その単位の級別が決まる。幹部が使う自動車が何台、参加する会議の席次がどこ、みたいに級別によって、その単位のリーダーの待遇も決まる。

 ちなみに、農村部には単位制度は持ち込まれず、代わりに人民公社が組織された。人民公社がやめになってからは、村の行政組織だけになった。

 単位は、都市部の住民の生活のすべてとなった。まず住居。職住接近で、工場など職場の敷地に、集合住宅が建てられた。中国でよく見る、4~5階建てのコンクリート住宅である。食堂や診療所や売店や保育園も併設された。

 医療費も鉄道の切符を買うのも退職金の支払いも、単位が管理した。90年代ごろから少しずつ単位制度が緩むようになったが、人びとの生活は単位の丸抱えだった。

 どの単位にも、党委員会がある。党員が三人いれば、党委員会をつくるのが決まりである。党委員会は上級の党組織とつながり、報告をし指令を受ける。どんな組織も、それを動かしているのは、中国共産党なのだ。

 単位という仕組みは、中国独特である。ふつう共産党は、細胞とかソビエトとかのユニットでできている。中国共産党は、末端が単位(事業所)と結びついていて、事業が続くかぎり共産党も存続する。ソ連東欧であっという間に共産党が消滅してしまったのに対して、中国の共産党がびくともしなかったのは、この違いが大きい。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00065446-gendaibiz-int

米中首脳会談の話題は明日?

今日は有能さんは来ないみたいです!なので、ボクがやります。

まあ米中首脳会談の当日だからな。会談の話題については明日出てくるだろうから今は控えておこう。

アメリカは、中国をどうしても崩壊に追い込みたいみたいです。その理由は価値観が全然違うからで、総力戦を挙げての戦いになるそうです!

戦前のドイツや日本、そしてソ連などと戦った時と同様というわけか。第一次世界大戦、第二次世界大戦、冷戦ときて中国との戦いは…

第三次世界大戦、ですか?

“2度あることは3度ある”とも言えるし、”3度目の正直”とも言える。この2つのことわざが並立する数少ない事例が世界大戦というわけだ。

「3度目の正直」で、決着をつけるってことですよね?

そういうこと。だから米中が総力戦になるんじゃないかと言われてるわけ。ここで米国が中国を倒すことができれば、世界から米国の脅威は消滅し真の覇権大国になることができるよね。

それはそうだと思います!だから、トランプ大統領が合意したとしても、またすぐに制裁が始まりますよね?

現時点でも中国は米国に勝てる見込みは1%あるかないかというくらいだと思ってるけど、中国としては何らかの勝算があるのかもしれないよね。それを探るためにこの記事を見ていこう。何やら小難しいことが書いてあるな…。

中国には民間企業がない?

中国では「単位」という単位があるそうです!

いきなりその説明かよwww もう少し分かりやすくしてくれたまえ、ワトソン君。

英語では「ワーキングユニット」という意味だそうです。これって、そのまま仕事の単位っていう意味ですよね?

工場や商店、学校、病院などの各組織における共産党の独自形態が単位と呼ばれるわけか。それぞれが独自の政府組織を持つような感じだね。日本で言うと各都道府県の市区町村を日本政府が一括管理するようなイメージかな?

そんな感じだと思います!市長や区長さんが、そのまま共産党の党員ってことですからね・・・。

日本の場合も市長や区長は政党に所属してると思うが、中国の場合は一党独裁だからその統率力が発揮されるわけだね。そして党委員会がどの単位にも必ず作られていると。工場や商店ってことは、企業も全部この仕組みを導入してるんだよな?

そうみたいです!記事の続きに、そのことについて詳しく書いてあります。

 会社には、党委員会がそのまま残っている。元の幹部も、経営者として残っている。国有財産を元手に発行した股份は、一部を国に納め、一部を従業員に分配し、残りは幹部が分けてしまう。

 こうして生まれた無数の民間企業は、共産党幹部の権益の塊りである。かつてソ連の計画経済は、赤い貴族をうみだした。中国の社会主義市場経済は、資本主義経済の甘い汁を吸う大量の共産党幹部をうみだしたのである。

 「社会主義市場経済」は、政治は中国共産党の一党支配で、経済は資本主義、といわれる。ならば経済は、西側の自由主義経済とおんなじなのか。そうではない。中国では、政治と経済は一体化している。中国の資本主義は、自由主義経済ではなくて、統制経済なのである。

 統制経済であるから、市場経済の原則よりも、党の政策が優先する。どの企業も、政府の指揮のもとにある。中国にそもそも「民間企業」は存在しないのだ。

なるほど。日本で例えれば、ありとあらゆる企業組織や学校組織、そして小さなサークル活動などにも必ず自民党員がいて、自民党委員会を結成して活動内容を逐次官邸に報告するようなものだね。左寄りの人達が聞いたら目まいを起こしそうな話だ。

それが、中国では普通なんですね・・・。どうして批判されないんでしょう?

自民党だからさ。仮に日本共産党であれば何も文句はないということなんだろう。なぜそうなるかは推して知るべしだ。

思想の問題ではなく、派閥の問題なんですか?

うまいことを言ったね。そういうことなんだよ。今の日本政治を握ってるのが安倍首相だから都合悪いのであって、安倍首相でなくなればむしろ今の政策でいいと考える勢力もいるかもしれない。作られる権力が問題なのではなく、作られた権力を誰が握るかが問題という話だ。

ボクは自民党員ではないですけど、安倍首相のやり方が一番正しいと思ってます!安倍首相でなければ、外交をうまく進めることもできません!

中国共産党が日本に”協力者”を送り込み、サボタージュで日本の国力を落とそうとしてると考えるのが自然だよ。戦前からずっと行なわれてきた共産主義勢力による工作活動だ。安倍首相は唯一そうではないから日本の”協力者”が焦ってるんだろう。

米中の覇権争いは世界の自由を守る戦い?

3ページ目の一番最後に、アメリカが中国をどうしても崩壊させなければならない理由が、書かれてました!アメリカだけじゃなくて、世界の自由を守る戦いだったんですね・・・。

 では中国の、どこが問題か。政治と経済が不可分であること。その根源は、中国のあらゆる組織に張りめぐらされた共産党のネットワーク。中国共産党の存在そのものが、問題なのである。

 この、ビッグブラザーを地で行くような組織は、伝統中国のものではない。伝統中国の官僚組織は、末端の宗族や地方自治や経済活動を放置して、直接介入しなかった。いまは末端まで党組織を張りめぐらし、ビッグデータを駆使して監視の眼を光らせる。共産党の意向が優先するなら、人民の意思を政治に反映する回路は閉ざされる。

 共産党の独裁は革命ではなく、幹部の権益を守るものに変質している。こんな体制に、国際社会をリードさせてはならない。自由を守らなければならない。それには、中国共産党の体制に、メスを入れることだ。トランプは担がれた御神輿で、それを支える、アメリカの幅広い合意がある。

 中国が「降参しました」と言えば、中国共産党はもたない。「降参しました」と言わなければ、中国がもたない。アメリカは、簡単な妥協には応じない。情勢が深刻になると、共産党を守ろうとする保守派と、中国の未来を打開しようとする進歩派とのあいだに、亀裂が生じるだろう。アメリカはそれを、待っているのだ。

俺が言うのも妙な話だが、戦前日本の輝かしい成長は明治時代で終わったと思ってるので、それ以後の大日本帝国については存在を認めたくないとも思ってるくらいなんだ。日韓併合に反対する勢力がすべて一掃された時点で戦前日本の命運は決められたと言ってもいい。

その時点で、日本は自由ではなくなってしまったんですね・・・。

そう。だから昭和の戦後の高度経済成長期なんてのはまさに奇跡だと思っているよ。昭和天皇の時代だったからこそ成し遂げられた偉業だ。今俺は令和時代にその昭和の勢いの再来があることを予感してるんだ。

平成時代が、大正時代の繰り返しだったってことですよね?

そうそう。よく分かってるじゃん。日本を正すだの日本を平らにするだのとろくなことが起こらなかった。1919年に1919派が日本を正すために立ち上がり、100年後の2019年に1919派の文在寅が“日本を正す”という勢いで再び日本をひっくり返すために立ち上がったんだ。ところが日本は倒れなかった。

日本にとっての自由は、いつからいつまでですか?

戦前の大正時代から昭和初期までと、戦後の昭和から令和時代までは別の国だと思った方がいい。もしも戦後の平成30年の間に日米同盟が解消されていたとしたら、それは日本が再び自由を失い中国の手に落ちる瞬間だったかもしれないね。自由ではなかった日本を撃破してくれたのが米英だったという発想の転換も必要だよ。当然手段に関しては断じて許すことはできないがな。

でも、それは歴史の1ページとして刻まれていて、今話題にすることではないですからね・・・。トランプ大統領も、護衛艦かがに乗艦してくれました!

今の日本は100%自由主義陣営だと信じている。大正時代の大日本帝国はもう影も形もない。自由主義陣営として中国の覇権主義に対抗しなければならない。中国と正面から衝突する必要はないが、同盟国の米国と足並みを揃えて対峙することが必要なんだ。日英同盟解消の愚を繰り返してはならないよ。

関係ないんですけど、立憲民主党が参院選で、徳川さんを擁立したそうです!

ブーッ!!

ゲホッゲホッ!

こち亀の両さんみたいなリアクションですね(笑)

マジかよ…。もう包み隠そうともしないんだな。我々はまだ江戸幕府を完全には倒せていなかったようだ。日本最大の敵は日本国内にいるんだろう。”3度目の正直”で米中だけでなく安倍首相にも決着をつけてほしいと願う。

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!

中国の話だったのにいつの間にか韓国ネタの締めになってしまったなww