【画像】フッ化水素禁輸の黒幕は米国だと韓国が気付いたらしい! 意味不明のイラストを描いてパニック状態に!

トランプ政権, 安倍政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

愛国日報が今月に入ってから始めた漫評という新コンテンツだが、いまいちな絵が多く早くも飽きられつつあったところに出てきた今回の画像。日本を米国版のゴジラに例えて、そのゴジラと交渉するために知日派と言われる韓国の首相を突き落とすという意味不明の絵だ。1ミリも面白さはないが、唯一重要なのは韓国が日本の背後に米国の影を感じ取っているという点だろう。

【漫評】「お前が行け!」 対日特使に「日本通」の李洛淵首相?
7/16(火) 9:17配信 中央日報日本語版

 「お前が行け!」 対日特使に「日本通」の李洛淵首相?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000015-cnippou-kr.view-000

米国版ゴジラに”日本”

黒井さん、これって全然面白くないと思います。皮肉にもなってないし、絵もあまり上手とは言えないし、何が言いたいのかも伝わってきません!

酷評だなwww まあそう言わず見てくれ。今月から始まった愛国日報の漫評と呼ばれる意味不明なイラストコンテンツだが、ここでは日本を得体の知れない怪獣に例えている。その怪獣と交渉するために知日派と呼ばれる韓国の首相を突き落としているという構図だ。

海王類のようにも見えるし、恐竜のようにも見えます!どんな怪獣なんですか?

ネットユーザーの反応を先に見てみたんだよ。すると、これは米国版のゴジラじゃないかと書いてる人がいたんだ。そもそもゴジラ自体が米国をモチーフにして描かれているんじゃないかという説もあるが、ともかくそう感じている人がいた。これはどういうことだろうね?

アメリカなのに、「日本」という表記をしたのはどうしてですか?

いい質問だ!つまり日本のフッ化水素禁輸措置の背景に愛国日報がやんわり気付き始めたんじゃないかと思ったんだ。得体の知れない強気の日本政府の中身は米国じゃないかと疑っているわけ。

それは、実際にそうですよね?韓国が今まで気付かなかったことの方が、不思議です。

でなければ先週まで米国にあれこれと人員を派遣したりしないよな。訪米の成果が事実上ゼロだったことを受けてこのイラストを描いた。韓国が明確に日本のことを恐れ始めた証拠だよ。このままの状態を放置すれば韓国は滅茶苦茶になってしまうことを示唆してるとも言える。

ゴジラを倒すのは日本のはずだった

ネットユーザーの反応では、ホントにそう書いている人がいますね!日本の影に見えるアメリカを表現してるんじゃないかって。基本的にはひどい絵だという雰囲気で、中には中央日報さんと朝鮮日報を間違えてる人までいました!

そうそう。仮に日本のことをサノスのように描くならまだ分かる。韓国がそれをやっつけるヒーローとして登場する勇ましいプロパガンダをやりたいなら好きにすればいい。ところがゴジラは違う。ゴジラが登場した背景から考えても、ゴジラを倒すのは日本以外に考えられないからだ。

どうしてなんですか?

気になるならゴジラのことについて調べてみればいい。ハリウッド版は別にしても、なぜゴジラはいつも日本ばかりを狙う?数年前に出たシンゴジラもそうだ。武蔵小杉のタワマン群には目もくれずに東京を一心不乱に目指して突き進んでいたのが印象的だった。

シンゴジラ、見逃してしまったんです・・・。話題になってたので、見たかったんですけど。

だからそのゴジラに“日本”と描き、韓国を襲うというシチュエーションそのものが本来は存在しないはずだったんだ。ところが愛国日報はそれが今起きていることかのように描いている。”ゴジラ”のターゲットが明確に韓国へと切り替わったことを認識したのかもしれないね。

他のネットユーザーは、「日本通」という単語に突っ込んでますね・・・。全然日本通じゃないし、ムン大統領は全部丸投げだし、責任転嫁ばかりの様子がよく表現できてるって言ってます。それから、描いた人は日本人じゃないかと言ってる人もいます。

ゴジラの絵そのものは複数のネットユーザーが判別できることから考えても下手くそではないと思う。日本人かどうかは分からないが、何となく絵を描いた人の方が韓国首相よりも”日本通”のような気がするね。特にゴジラのようなカタストロフィックな映画にはくまなく目を通しているだろう。

それって、日本がホントに好きなんですか?

いやいや、俺は日本通=日本好きだと言った覚えはないぞ。日本に特別な関心を持っているというだけで、それはネガティブな意味でも同じだ。なぜ韓国の人達が日本によい感情を持たないまま日本に来てるか分かるか?つまりそういうことだよ。

文在寅が行きたくない国に首相を行かせる二枚舌外交

同じ日に出てきた愛国日報の記事でも、韓国首相が特使として日本に派遣される可能性について書かれている。ツートップ外交と訳の分からない単語をまた生み出しているが、その実態は行きたくない国に首相を行かせるというようなやり方だと思われる。

文大統領、首相と「ツートップ外交」強調…日本報復に李洛淵特使説
7/16(火) 15:38配信 中央日報日本語版

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が16日、大統領と首相のいわゆる「ツートップ外交」を強調して李洛淵(イ・ナギョン)首相の役割論に言及した。

 文大統領はこの日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国務会議を主宰して「大統領と首相が適切に役割を分担して最高級の外交舞台で一緒に奔走する必要がある」と述べた。文大統領は「この政府になって、国政において外交が占める比重が非常に高まった。経済・平和外交が重要になり、4カ国中心の伝統外交に加えて新南方・新北方政策で韓国外交の領域と地平も広くなった」とし「首脳外交の需要が急増しながら大統領一人ではカバーしきれなくなった」と話した。

 文大統領は今月13日に出国してバングラデシュ・タジキスタン・キルギスタン・カタールの4カ国歴訪をスタートさせた李首相について「そのほとんどが私が訪問できなかったか、当面は訪問できない国々で、実質協力の必要が非常に高い国を(李首相が)代わりに訪問した」と紹介した。文大統領は就任以降、現在まで29カ国を訪問し、李首相も今回の4カ国歴訪を終えれば24カ国を訪問することになる。
・・・

 文大統領はこの日、日本の輸出規制措置に対しては言及せず、冒頭発言のすべてをツートップ外交に割愛した。一部からは文大統領が李首相の対日特使派遣の可能性を残しておいたのではないかとの解釈がある。政界が外交的解決方法として対日特使の派遣を求める中で、日本通である李首相は対日特使として真っ先に名前が上がっている。李首相に近いある人物は「あちこちで特使として言及される状況なので本人も肩の荷が重いに違いない」と話した。青瓦台はこれに対して「具体的に水面上に上がってくるほどになれば申し上げることができる」(11日)としながら、対日特使派遣の可能性を排除してはいないものの、時期に関しては慎重な立場を見せている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000044-cnippou-kr

「バングラデシュ・タジキスタン・キルギスタン・カタール」

移住には向いてるんでしょうか?あまり聞いたことがないです。

カタールはアルジャジーラの本社があるくらいだし悪くないと思うがな。文在寅としては乗り気ではなかったので首相を派遣してツートップだと豪語してるわけだ。同様に日本にも行く気が起こらないので首相を無理やり行かせようとしてるわけ。

ネットユーザーは、ツートップではなくてツータング外交だと言ってます!口だけの外交の天才、尻拭い役が足りなくなったのでは、外交がさらに混乱しそうと批判一色の雰囲気です。もうムン大統領はダメダメですね・・・。

二枚舌外交かwww 実際にそれぞれで言ってることが違うからな。文在寅の意思を正しく伝えられる特使はどこにもいないだろう。何しろ文在寅は原稿にないことまで急に言い始めて暴走するからな。トランプとは比較にならないくらい予測がつかない。

そんなことはありません!意地悪クラブが好き勝手にムン大統領にやらせて、予測不可能かのように装ってるんです!でも、誰もそのことには気付かないですよね・・・・。

なぜワトソン君だけは真実を知ってるのかww

ボクは最後まで、絶対にムン大統領を見捨てません!信じてますから!

どうでもいいけどゴジラ対策はあるのか?日本の技術力もなしに。シンゴジラの時は日本の技術力を結束させて何とか無力化したものの大きな犠牲を払うことになった。韓国は同じことを日本の技術力抜きでやらないといけないんだ。対抗できるのか?

無理だと思います・・・。シンゴジラは見たことないんですけど、ゴジラが韓国を襲うストーリーは今まで放映されてないみたいです!何となく意味が分かりました。

そういうこと。今後は事あるごとにこの”日米ゴジラ”を取り上げて韓国へプレッシャーをかけようと思っている。韓国が最も恐れているのが日本の背後にいる米国と分かっただけでも大きな収穫だ。愛国日報はたまにこういう弱音を吐いてくれるから見過ごせないんだよ。

そうですよね!中央日報さんもお人好しだし、ホントは意地悪クラブなんてやめたいと思ってるんです。それなのに、朝鮮日報が影から操ろうとするので、わざと犠牲になってるんだと思います!中央日報さんの黒幕は朝鮮日報です!

どんな設定だよwww

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!フッ化水素の禁輸が始まりました!現実に目を向けてください!さようなら!