韓国こそが外交非礼国だと一発で分かるエピソードがこちら

韓国ニュース

Sponsored Links

韓国内で日本の輸出規制は外交的非礼だと指摘する声があったそうだ。その発言自体はいつもの韓国のことであって大した話ではないが、実際韓国の方こそ外交的な非礼をいくつもやらかしていることは周知のとおりだろう。ここでは台湾との関係をなくす際にやらかしたエピソードが紹介されていた。非礼、無礼そのものだ。

韓国と日本 「外交的非礼」なのはどちらの国か
7/20(土) 7:00配信 NEWS ポストセブン

 「韓国政府への重大な挑戦だ」──文在寅大統領は、日本政府による韓国への輸出優遇策撤廃を受けて強い言葉でそう批判した。韓国国内では、日本側の対応を「外交的非礼」と指摘する声もあるという。どういうことか。ソウル在住ジャーナリストの藤原修平氏が報告する。

 * * *

 日本政府による半導体材料の対韓国輸出優遇策撤廃(事実上の輸出規制強化)が7月4日に実施されたことを受け、公共放送の韓国KBSは、7月6日の夜に討論番組を放送した。その中に世宗大学教授の保坂祐二氏の姿があった。

 保坂氏といえば、竹島を韓国領だと主張し続け、慰安婦問題でも「日本の非」を唱えることで韓国では広く知られた人物だ。2003年に韓国に帰化している。

 その保坂氏は開口一番、今回の一件で日本政府は韓国政府に対して「外交的非礼を働いた」と主張した。両国間の貿易と経済交流を縮小させる経済制裁という重要事項を、実施のわずか4日前に発表するのはありえないほどの「失礼」に当たるというのだ。
・・・

 これまで韓国政府は“外交的非礼”を日本政府に対して延々と繰り返してきたことは周知のとおりだ。最近の例で言えば、徴用工訴訟での韓国大法院判決に対し、政府としては何もしないまま、日本企業に賠償を負わせようとする方針がそれだ。こうした賠償問題に関しては、1965年の日韓国交正常化のときに結ばれた請求権協定により、「完全かつ最終的に解決」されている。55年近くも前に法的に決着がついていることを、今更ながらひっくり返している。
・・・

 文在寅政権の発足以降、日本政府に対する韓国政府の“外交的非礼”は目に余るほど頻繁ではないか。だが、それは今に始まったことではない。1995年には韓国政府との事前のすり合わせを経てアジア女性基金が設立され、内閣総理大臣の手紙と償い金が元慰安婦に送られた。韓国政府は当初はこれに「協力する」と評価していたが、慰安婦支援団体や韓国メディアからの反対があり、後にそれを覆す事態となった。

 日本に対してだけではない。韓国の外交的非礼といえば、「台湾との断交」を忘れるわけにはいかないだろう。韓国と台湾の国交が途絶えたのは、1992年8月のことだった。そのことを「外交的に非礼を極めている」と回想する人物A氏に、かつて台北で話を聞いたことがある。A氏には、政府の関係機関でそれなりの職位であったこと以外は身分を一切明かさないという条件で、インタビューに応じてもらった。

 A氏によると、そもそもかつての台韓関係は蜜月状態だった。両国はアメリカの同盟国のなかで共産主義国家に対峙する最前線であり、朝鮮戦争でも台湾は相応の犠牲を払ったこともあり、「両国は血で結ばれた兄弟のような存在だった」という。

 それが暗転したのは、韓国の一方的な断交による。通常、断交の通知は非公式には半年以上前に送られてくるもので、それが外交的な礼儀というものだと前置きしたうえで、「韓国だけは全く違った」と断言する。

 「韓国が大陸の中国と国交を結ぶかもしれないという報告を受けた台湾政府は、韓国政府に対して何度も確認をしましたが、韓国政府はその都度、断交を否定していました。そして突然、断交すると非公式に言い出すと、そのわずか5日後の23日には公式的に断交を通知してきたのです。それだけではない。韓国政府が私たちに命じたのは、台湾大使館員の24時間以内での国外退去と、72時間以内での物品・設備の撤収でした。断交通知の翌日、韓国は中国と国交を結んで、かつての台湾大使館を中国大使館にしてしまいます。こんなやり方をしたのは韓国だけです」(A氏)

 断交すらも直前までひた隠しにしていた過去のある韓国。これから日本に対してどんな“非礼”があったとしても、驚いてはいけない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190720-00000002-pseven-kr

フッ化水素禁輸の4日前通知は非礼だ!

外交的非礼って、どういうことですか?

この単語を出したのは韓国に帰化した日本の保坂教授という人物だが、フッ化水素の事実上禁輸措置を実施わずか4日前に発表したことは非礼にあたるという主張だ。これまでの韓国側の主張とはやや異なる視点だね。

期間の問題なんですか?

もう少し前に発表してくれたらフッ化水素の在庫をもっと増やせたのに!という嘆きの声でしかないがな。仮に1週間だろうが1カ月だろうが非礼だと韓国は言うだろう。その話についてはどうでもいい。

強調したいのは、韓国こそが外交的非礼をいくつもやらかしてきた国だという点だ。そのことが記事の2ページ目に書かれていたので、一気に冒頭で全部取り上げることにした。

韓国は、どうして自分達のことを棚に上げて、日本のことばかり批判できるんでしょうか?ボクには、韓国の考え方がさっぱり分かりません!

自分を客観視するという習慣がないのかもね。常に他人のことを批評することに重きを置いてるから、韓国こそが非礼の繰り返しだったという現実は都合よく見えなくなっている。

失礼議長は、2度も天皇陛下へ謝罪要求したのに、全然謝ってません!失礼補佐官だって、ムン大統領の名前を借りて言いたい放題言っていたのに、北朝鮮政策が失敗するとどこかへ行ってしまいました!

前半と後半の内容がまるで違うじゃないかww

韓国は、ムン大統領にも非礼を謝った方がいいです。意地悪クラブがムン大統領と同じ名字の閣僚ばかりにするから、全部の責任があたかもムン大統領にあるかのように意地悪をしてるんです。ムン大統領は何も悪くないのに、ムン大統領に失礼だと思います!

文在寅こそが自分のことを棚に上げてる張本人ではないのか?

なお韓国は3日前に台湾に対し強制退去を通知

それは違います!政策室長が全部悪いのに、それを棚に上げてムン大統領に全部を押し付けてるんです!

分かった分かったww まあ文在寅のことは今はどうでもいい。記事の後半部分を見たか?台湾に対する非礼エピソードだ。

見ました!韓国が、一方的に台湾との関係を消滅させたんですよね?当時から意地悪クラブが暗躍してたんだと思います!

意地悪クラブの話からいい加減離れろよww 1992年8月まで台湾と韓国は良好な関係だったが、ある日それが突然途絶えた。通常は関係をなくす場合には半年以上前から通知すべきなのに、韓国は3日しか猶予を持たせずに即座に退去命令を出したんだ。

ひどいと思います・・・。今までずっと仲良くしてきたのに、急に関係を終了させて、強制退去だなんて!

中国と国交を結ぶ引き換えに台湾を裏切る形となったわけだが、手段を選ばないやり方には非礼以外の言葉が思いつかない。それにも関わらず韓国は日本のことばかりを非礼だ!非礼だ!と言い張っているわけだ。韓国の方が3日前通知で日本の4日前通知よりさらに短いにも関わらずにだ。

保坂教授!韓国が台湾を裏切ったことは、知らないんですか?もっと勉強しましょう!

韓国では報道されないだろうし知らないんじゃない?仮に知っていたとしても、中国と国交を結ぶために仕方のない決断だった、それを察せない台湾が悪い!と言い出しかねないがね。それくらい韓国の責任逃れは常態化している。

韓国って、やっぱり中国の一部の方がいいんだと思います。そのためなら、台湾を裏切っても何ともないんです!

目に見えない安心感みたいのがあるのかもね。何しろ日本は義理の親だが中国は実の肉親だからな。儒教的価値観に従うなら親に逆らう子供はいてはならない。それを考慮せずに何度も確認をした台湾が悪い!という結論に至ると思う。

非礼そのものだと思います・・・。でも、韓国はそういう国だと思うようにしました。意地悪クラブを一掃しないと、韓国はドンドンダメになります!

意地悪クラブ関係ないからwww

米国防権限法が成立するかどうかという根本的な疑問

ネットユーザーは、非礼なのは間違いなく韓国だし、非礼とかの問題じゃないと言ってます!ホワイト国削除の撤回もしないし、ビザの制限も行なうべき、韓国が失礼な国だと日本国民に広く知れ渡った、という意見がありました。台湾のことについては、あまり書かれてないです・・・。

記事タイトルだけ読んでコメントする人が多いってわけか。まあそんなものだろう。台湾については俺は最も近い国として歓迎したいが、その一方で韓国の二の舞になるんじゃないかという警戒心は常に持っておいた方がいい。

中国の影響は強いと思いますけど、アメリカも武器の売却を承認したし、日米台での安全保障の枠組みなら、日本国民も歓迎できると思います!

俺はその枠組みが米国自身の事情により成立しないんじゃないかと危惧している。国防権限法はどうなった?いつになったら成立する?過去60年で最悪の事態が起こる可能性もあるわけ。そうなれば米国は台湾はおろか日本さえも気にかける暇はないかもしれない。

NDAAがもしも成立しなかったら、どうなるんですか?

安全保障面での予算捻出に間違いなく重大な影響が出ると思うよ。ここでついでに取り上げるけど、金正日の料理人とされる藤本氏の正体についても俺は重大な関心を持っているんだ。

金正日の料理人「藤本健二氏」の身柄拘束情報が流れる背景 ハノイで激怒した金正恩
7/18(木) 5:59配信 デイリー新潮

情報は錯綜

 デイリー新潮は6月26日、「平壌で消えた金正日の料理人『藤本健二氏』 北朝鮮当局に身柄拘束されたとの情報も」の記事を配信した。

 藤本健二氏[年齢・本名非公開]は金正日[キム・ジョンイル](1941~2011)の料理人を務め、幼い時から金正恩[キム・ジョンウン](35? )の遊び相手を務めた。テレビで北朝鮮の情勢についてコメントする姿をご記憶の方も多いだろう。

 上記の記事では、公安関係者の証言を紹介した。藤本氏が北朝鮮で開いた日本料理店「たかはし」が閉じられており、本人とも連絡が取れないという内容だ。スパイ容疑で拘束されているという情報も乱れ飛んでいることも触れた。
・・・

 ・・・なぜ藤本氏のスパイ容疑説が流布されているのか、という疑問が生じる。北朝鮮の情勢に詳しい公安担当者は「話は今年2月27日と28日にベトナムのハノイで行われた、米朝首脳会談に遡ります」と明かす。

 「2月22日にスペインのマドリードにある北朝鮮大使館が襲撃されました。数人の男が押し入り、館員を縛り上げるなどして、コンピューターを盗んだという事件です。実は金正恩委員長は、ハノイのホテルに滞在中、部屋のテレビで見たニュースで初めて襲撃事件を知ったというのです。なぜ報告が遅れたのか、事件を金委員長に報告すれば大目玉を食うことは分かりきっています。外務省と国家保衛部のどちらが報告するのか揉めているうちに、米朝首脳会談の日が来てしまったようなのです」

囁かれる「アンドリュー・キム」の名

 当然、テレビを見た金正恩は激怒。「一体、どうなっている!?」と側近たちを叱りつけた。だが、この話は「単なる責任のなすりつけあい」で終わらなかった。内部情報が漏れているという疑惑が浮上したからだ。

 「従来、北朝鮮のヨーロッパにおける最重要の拠点は、ロンドンの大使館でした。ここに多くの機密情報が集積されていました。ところが16年、ロンドン公使だった太永浩[テ・ヨンホ](56)が、イギリスを出国して韓国に亡命します。北朝鮮は『ロンドン大使館にあった機密情報が韓国やアメリカに漏れる』と判断。そこでスペインのマドリード大使館をヨーロッパの重要拠点に変更したのです」(同・公安関係者)

 もちろんロンドンからマドリードに変更したことは極秘裏に行われた。だが2月の事件で、男たちはロンドンではなくマドリードの大使館を襲撃し、コンピュータを盗んだのだ。金正恩は「機密情報が筒抜けになっている」との危機感を抱いたという。

 そこで北朝鮮の国内で徹底した調査が行われ、“スパイ”が情報を伝えた相手は「アンドリュー・キムだ」という結論に達したという。

 アンドリュー・キムとは何者か、朝日新聞は18年5月(電子版)に「米朝交渉、CIA高官が暗躍 国務長官の右腕、対話に道」と報じている。キム氏について言及した部分だけを引用させてもらおう。

 《今月9日、訪朝したポンペオ米国務長官と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談。ポンペオ氏の右隣で、身ぶり手ぶりを交え話をする銀髪の男性がいた。

 複数の米政府関係者や外交筋によれば、この男性はアンドリュー・キム氏。韓国系米国人で、25年余り中央情報局(CIA)諜報(ちょうほう)員として東京などで勤務。最近までCIAソウル支局長を務めた。情報機関のCIA高官が国務長官の外遊に同行し、姿が公になることは珍しい。この写真は米側では公表されていない》

 「一時期、対米交渉の失敗から金英哲[キム・ヨンチョル]・朝鮮労働党副委員長が粛清されたのではという観測情報が流れました。その後、金副委員長の生存が確認されましたが、実は金副委員長は対米交渉の失敗ではなく、マドリード大使館の情報をCIAに漏らした容疑がかけられていたという観測が、最近になって出ています。藤本氏もこの調査の過程で、スパイ容疑をかけられたのではないかという情報なのです」(前出・公安関係者)
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190718-00572278-shincho-kr

アンドリューキムさんって、自由朝鮮のトップですよね?

それはエイドリアンホンだなww 全然違うぞ!ワトソン君、この記事と昨今の米国の動きについて何か思うことはないか?

自由朝鮮のバックは、アメリカだったということですか?

そうじゃないかと北朝鮮が疑っているという話だ。そしてCIAと韓国は密接な結び付きがあることも判明した。なぜ日本が韓国にここまで強硬姿勢を維持できてるかが何となく分かってこないか?

それって、今話していいことなんですか?本題と全然違う方向に進んでますけど・・・。

まあ別にいいじゃないか。韓国の外交的非礼について取り上げるという体で、後半にその非礼な韓国の裏にはCIAがついてたという事実が示されても別にいいと思うよ。有能さんもいつもそうしてるだろ?

アメリカと韓国って、仲良しなのかそうでないのかが、未だにはっきりしないです。

本来であればCIAという単語も出さないつもりだったが、鈴置さん専属のデイリー新潮が普通に記述してるので問題ないという判断だ。ワトソン君、この話はまたどこかで変則的に取り上げるから、ネットユーザーの反応をざっとチェックしておいてくれ。それから、この“アンドリューキム”という人物についてもだ。

わ、分かりました!黒井さんの考えがよく分からないですけど、やってみます!