MENU
中国ニュース

中国軍が香港への出動を示唆  混乱を鎮めて秩序を維持するためと強調

香港で発生している暴力的で激しい抗議デモについて、中国政府が必要ならば軍の出動も辞さないと強調しています。混乱を鎮めて公共の秩序を維持することが目的とのことです。一国二制度の原則が揺らいでいることが背景にあるようです。

中国軍、香港政府の要請で出動可能 国防省が強調
7/24(水) 22:52配信 AFP=時事

 【AFP=時事】中国政府は24日、香港で数週間にわたり続いている暴力的な抗議デモを受けて、香港政府から「公共の秩序」を維持するための支援要請があれば、中国軍の出動は可能だと改めて強調した。

 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけにした大規模デモは、民主改革を要求するより広範な運動へと発展。デモ参加者のうち一部の強硬派と警察の間では、暴力的な衝突も散発している。

 これまで中国政府は事態の収拾を香港政府に委ねていたが、国防省の呉謙(Wu Qian)報道官が北京で記者会見し、香港の混乱を鎮めるために中国人民解放軍(PLA)が出動する可能性について初めて公の場で言及した。

 国防省は香港問題にどう対応していくのかとの質問を受けた呉報道官は、香港の駐留部隊に関する法律の条文に「明確な規定」があると指摘。この条文によると、「公共の秩序の維持や災害支援時に」香港当局は「必要に応じて」中央政府に駐留部隊の援助を要請できるという。

 数日前には、反政府デモ参加者らが中国政府の香港出先機関の国章を汚す行為などに及んだ。これについて呉氏は、「一国二制度の原則の核心」を揺るがすものだとして「断固容認できない」と非難した。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000040-jij_afp-int

白い服を着た集団の事件について

有能さん!白Tシャツの事件も取り上げてください!

白シャツ?

こちらの報道ですね。白い服を着た集団に関する様々な憶測が流れているようですが、現時点では確かな情報はここまでとなります。

白シャツの集団がデモ参加者を襲撃、45人負傷 香港
7/23(火) 13:15配信 CNN.co.jp

 香港(CNN) 香港の元朗駅の構内で21日夜、「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモに参加した人々らが、白いTシャツを着た集団に襲われる出来事があった。香港当局によれば、45人が病院へ搬送された。1人が重体だという。

 香港では、これより前、7週連続となる週末の抗議デモが行われ、数万人が参加していた。

 ソーシャルメディアに投稿された映像には、マスクと白いTシャツの集団が、抗議の色である黒の服を着た人々を襲撃する様子が捉えられている。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-35140268-cnn-int

香港どうなってんだ…?デモはとっくに収束したものだと思ってた。

それは、大手ネットサイトの規制がかかったからです!香港の話が、全然アクセスランキングに出てこなくなりました!

マジかよ…天安門に徐々に近づいているんじゃないか?

ツイッターでは、戦車がもう香港に入ったのではないか、という動画も流れてるんです!ただ、それは2012年の動画だからウソだ、って反論してる人もいるんですけど・・・。

暴力的な行動はいかなる場合も許されるべきではありませんが、警察がこの集団の取り締まりにやや非協力的であったとの指摘もあり、関連性が疑われている状況です。行政長官のCarrie Lam氏は調査をすると明言しています。

中国はわずか2週間で前言を撤回

これに先立ち、中国軍の幹部が香港の問題には干渉しないことを明言していたことも共有しておきます。中国軍はわずか2週間で前言を撤回したことになります。

中国軍少将、香港駐留部隊は不干渉を維持と明言
7/9(火) 18:43配信 ロイター

 [香港/ワシントン 9日 ロイター] – 香港担当の中国人民解放軍の幹部が、先月米国防総省高官との会談で、中国軍の駐留部隊は香港の問題に干渉しないと明言していたことがわかった。複数の関係者によると、人民解放軍の陳道祥少将が、デビッド・ヘルビー第一国防次席次官補(インド太平洋安全保障担当)との会合の冒頭で述べた。

 ヘルビー氏は6月13日に人民解放軍香港部隊の本部を表敬訪問し、陳少将と会談。前日は中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする法案に反対する大規模デモが、数メートル先の場所で行われていた。

 香港ではこれ以降、抗議活動と暴力行為が続いている。

 ある関係者は陳少将は冒頭から、人民解放軍は昔からの香港の問題に対する不干渉の原則を破ることはないと明言した。自分から話を持ち出したので驚きだった。センシティブな時期の訪問で、明確なシグナルだった」と述べた。

 米国防総省の高官も匿名を条件に、陳少将と国防総省高官が会談したことを確認。「陳少将は先週の会談でその件に言及した。2人の私的な会談だったため、これ以上話すことはできない」と述べた。

 人民解放軍とつながりがある関係者によると、軍は現時点で香港の問題に関与する計画はないという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000074-reut-cn

中国は、ウソつきです!

これはひどいwww いや笑いごとじゃないわな…。

中国軍当局はあくまでも香港の要請があった場合と前置きをしていますが、前提条件の違いにより出動の有無が決まることになりますので、事実上の前言撤回となります。米国向けに融和的な姿勢を見せただけとも考えられます。

“現時点で”という単語が信用に値しないことは分かった。これが人民解放軍のやり方だ。香港はもう時間の問題かもしれないね。

平和的なデモのはずだったのに、いつの間にか暴力ばかりになってしまって・・・。誰も助けてくれないんでしょうか?

G19、もといG20前だから中国も融和的なんだろう…という疑いを打ち消すタイミングで人民解放軍が香港には関与しないと米国に向けて明言した。それこそが策略だったというわけだ。米国は今ごろ面食らってるんじゃないか?

産経新聞さんによれば、アメリカ政府は30日から中国と協議だそうです・・・。ゆっくり話し合ってる場合じゃないと思います!

30、31日に米中協議 米政府発表
7/25(木) 8:28配信 産経新聞

 【ワシントン】米ホワイトハウスは24日、中国との閣僚級の貿易協議を30日から中国・上海で開くと発表した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が、中国の劉鶴副首相らと協議する。

 ムニューシン氏は24日、米CNBCテレビで、協議が31日まで2日間の予定だとし、「米中には多くの争点があり、会合を継続させてワシントンでも話し合うことになると思う」と述べた。同氏は記者団に「合意まで複数の会合が必要だ」とも述べた。

 米中閣僚による対面交渉は、協議再開で合意した6月下旬の米中首脳会談後で初めて。今後の協議の進め方で双方が一致点を見いだせるかが焦点になる。

 米政府高官は「中国がただちに米農産品の購入を始めることを望む」と述べ、トランプ米大統領が求める中国との貿易不均衡の是正を急ぐ考えを強調。知的財産権保護をはじめとする構造改革も迫る方針だ。

 これに対して中国は、米国が中国産品に課した制裁関税の撤廃を要求。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への禁輸緩和について具体的な進展を米国側に求めるとみられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000511-san-bus_all

ムニュゥゥゥゥチィィィン!

どうしたんですか?

いや何となく言ってみたかっただけだ。しかし米中通商協議はあくびが出るね。有能さん、すまないけどもう誰もこの話題興味ないと思うよ。

そうですね。中国が約束を守る姿勢を見せない限り、退屈な交渉が続くことになるかもしれません。Huaweiに関しては北朝鮮制裁違反の疑いも新たに明らかとなりましたので、制裁が解除される可能性は低くなりました。

ムニューチン財務長官って、3:7くらいの割合で中国に厳しい気がします。トランプ大統領に解任されないギリギリのラインを維持してる気がします!

というか最近解任なくなったよな。シャナハン元国防長官は自ら辞めた形となったし。大統領選が近いからあまり下手なことはできなくなったか?

香港警察も当てにならない様子

ネットユーザーは、今は週に2~3回デモがある状況なので、中国が軍を出す程ではないって言ってます!その一方で、110番をかけても警察は全然来てくれないし、裏社会も入り乱れてて、日本人はなるべく香港へ渡航はしないようにって言われてます・・・。

というか今香港に住んでる人がいるんじゃなかったっけ?出張族も多いだろうし。早く出た方がいいんじゃないか?

ボクが定期的に観察してる人は、今は世界中を旅行して逃げ回ってるみたいです。アメリカと仲良くした国は豊かになれない、って言い訳のようなブログを書いてます!

何だそりゃ?普通に考えて逆だろ。ベネズエラはどうなった?トルコは?まさか北朝鮮が地上の楽園だとでも言うのか?

同じ日本人とは思えないですね・・・。良心がないんだと思います!

現地の状況は多くの人々によって逐次把握されてるかと思いますが、情報が遮断される可能性も視野に入れるといいかもしれませんね。最悪の状況を想定しながら常に備えておくべきかと思います。

7月9日のロイターの記事の方では、中国は信用できないという雰囲気ですね・・・。あくまでも現時点での話だ、って言ってる人が印象的でした!やっぱり中国はウソをついてました!

中国は現時点では介入しない。介入しないが…香港政府が求めるなら仕方ない、介入しようじゃないか。とまあこういう言い方ならうそにはならない気もするけどね。香港政府が中国政府に逆らえない時点で茶番でしかないけどな。

香港行政長官は、自分の力では辞任もできません!独立国ではなかったんです・・・。残念です。アメリカと、イギリスが、何とか助けてあげられないんでしょうか?

私からは明言できることはありませんが、英国では新しい首相が誕生したこともありますのでしばらく政府の動きを注視してください。Johnson氏が合意なきEU離脱をどう実現させるかが当面の焦点となります。