米国「日本の対韓国輸出管理には介入しない」「北朝鮮の非核化への協力を促すだけだ」 韓国どうすんのこれ…

トランプ政権, 安倍政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

7月も終わりだが混乱は加速している。ロイターが報道した内容について菅官房長官が否定したのに続き、外務省でさえも聞いたことがないと完全否定してしまった。日本の一部マスコミが勇み足で報道したが空振りに終わってしまったようだ。日米韓の外相会談については、ポンペオ国務長官は北朝鮮の非核化にのみ言及する形となりそうだ。俺が懸念したロス長官についても輸出管理についての仲介はしないことを明言している。

米の日韓仲介提案、菅長官「そのような事実ない」
7/31(水) 11:41配信 読売新聞オンライン

 菅官房長官は31日の記者会見で、米国による日韓両国への仲介の提案について「そのような事実はない」と否定した。菅氏は「米国との間で、我が国の考えを累次、伝達している。今後も我が国の立場に対して正しい理解が得られるよう努めていきたい」と語った。

 外務省幹部は31日、米国の仲介案について「何も聞いていない。日米韓外相会談で何らかの提案があるかもしれない」と述べた。同省は、日米韓外相会談を8月1日にバンコクで開催する方向で調整している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00050106-yom-pol

7月の最後まで混乱しっぱなし

まだこの話やるんですか?もう結論が出たと思います!

それが今朝からずっと同じ話がループしててな。7月も終わりだというのに付きの最後まで混乱しっぱなしの韓国を揶揄するためにも再度取り上げておこうということだ。それに新情報もある。

外務省も否定してしまったんですね・・・。黒井さんが、日本の外務省が提案した説をさっき言ってたからですか?

トランプは日韓双方の要請がある場合にのみ動くと予め伝えてたよな。だからトランプ政権が動くとなれば外務省が要請したとしか思えないという推論だ。ところが当の外務省が否定したのでその可能性が消えたことを意味する。

そう考えると、この記事は大事な気もします。何も聞いてないという事は、アメリカの高官から知らされたという話がウソだという意味ですよね?

いつ、誰が、誰に向けて、どのような形で通知したかが何も明らかにされてないからな。ほとんど作り話に近いんじゃないか?それこそ米国のシンクタンクが日韓議員連盟の誰かに伝えたとかでも成立してしまう怪しい話だ。

韓国政府は、何か言ってるんですか?

何も言ってないね。どの報道を見てもポンペオ国務長官が一方的に言い出したかのような論調だ。つまり明日バンコクで開催される日米韓の外相会談がどうなるかがすべてだ。

外務省の幹部も、そこは否定してませんよね。当日何か言われるかもしれない、と警戒はしてるみたいです。

ホワイト国からの削除は規定事項か

菅官房長官はそのことにも触れつつ、米国との間では一貫した立場の伝達を行なっているとしてホワイト国からの削除を取り下げる考えがないことを暗に示唆してるね。ホワイト国から韓国を削除したうえで、米国に理解を求めるという立場のようだ。

米の仲介案提示「事実ない」 菅官房長官、日韓対立めぐり
7/31(水) 12:14配信 産経新聞

 菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、日本の輸出管理の厳格化に韓国が反発している問題をめぐり、米政府高官が日韓に仲介案を提示したとの一部報道について「そのような事実はない」と述べた。その上で「さまざまな問題について、一貫した立場に基づき韓国側に適切な対応を強く求めていく考えに変わりはない」と強調した。

 ロイター通信は、米政府高官が30日、日韓が交渉を通じて対立を解消する協定に署名するよう提案する考えを示したと報じた。

 一方、ポンペオ米国務長官はタイ・バンコクで開催が見込まれる河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との日米韓外相会談で日韓の仲介に乗り出す意向を示した。菅氏は「米国との間では、わが国の一貫した立場や考えを累次伝達し、常日頃から緊密に連携している」と説明。「今後もわが国の立場に対し、正しい理解が得られるように努める」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000536-san-pol

そうみたいですね!ここまではっきり言ってくれれば、少しは安心できます。

ただし“今後も”という言葉があるように、8月2日のホワイト国削除をもって米国が一旦休戦をするように申し出る可能性はある。それに伴い、例えば韓国を中国や台湾と同じような特別包括許可の対象にするといった報道がなされるかもしれない。

ホワイト国削除を閣議決定で決めても、アメリカが邪魔するってことですか?

米国は日本政府の決定を邪魔できない。8月2日に閣議決定すれば8月23日から削除される。その代わりに特別包括許可などの仕組みを講じて打撃を最小限に抑えることを話し合う可能性はあるってことだ。

韓国は輸出管理会議にも応じないし、一部のフッ化水素の行方も分からなくなってるし、台湾や中国よりも怪しいことをしている印象ですけど・・・。包括許可なんてしたら、せっかくホワイト国から削除しても意味がない気がします!

俺は可能性の話をしてるだけで、当然そうはなってほしくないと思っている。その辺りの雰囲気をネットユーザーのコメントから探ってほしいんだ。

分かりました!

マスメディアの飛ばしだと分かって安心する意見と、アメリカ政府がもし出てきたら不安だという意見に分かれてました・・・。あと、今日北朝鮮がミサイルを発射したので、日米韓の連携を深めたい勢力がキム委員長にお願いしたんじゃないか、って推測してる人もいました。

まあ妥当な内容ばかりだね。マスコミの飛ばしなら一件落着だし、ポンペオ国務長官がもしその気なら日本としては不安を感じるしかない。河野外相は強硬なのはいいんだが、あと一歩至らない部分が見え隠れするからな。ここでやらかせば信頼を一気に失う事態も想定される。

河野外相は、民間の交流は続けるべきだし、ジーソミアも維持した方がいいという意見ですよね・・・。韓国の与党が、最近日本に融和的になってるのも少し気になります。

GSOMIAはやはり必要と言い始めた件だな。韓国が対日強硬姿勢をやめるので、日本もこれ以上はやめてくれとポンペオ国務長官が促す可能性は想定しておいた方がいい。というわけで、ポンペオ国務長官の意向が何よりも大事だ。

ポンペオ国務長官は北朝鮮の非核化に対する協力のみ言及か

見つけました!ポンペオ国務長官は、日韓の協力は北朝鮮の非核化について言ってるんじゃないかという意見がありました。仮にそうだとしたら、むしろ輸出管理をしっかりしないといけないですよね・・・。

でかした!まあそういうことだわな。ポンペオ国務長官が”何”について仲介するかという話であって、それは日韓がGSOMIAを破棄する方向に向かわないようにするということかもしれないってわけだ。輸出管理については日本の制度変更でしかないので米国としても動く理由がないだろう。

ソースを見つけました!ロイターの記事なので、反論できないと思います。

米国務長官、日韓対立の仲介めざす ARFで両国外相と会談へ
7/31(水) 12:40配信 ロイター

 [バンコク 31日 ロイター] – ポンペオ米国務長官は31日、アジアにおける2大同盟国である日本と韓国の外相と今週バンコクで会談する際に、両国間の外交摩擦の解消に向けた「道筋を見いだす」よう促す方針を明らかにした。

 日韓関係は日本政府による韓国向け半導体材料の輸出規制強化などを巡って悪化している。

 ポンペオ長官は今週バンコクで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)に合わせて日韓の外相と個別の会談を予定しており、その後、3者会談も行う予定。

 長官はバンコクに向かう機中で、記者団に対し「前に進む道筋を見いだすよう促す」と述べた。

 「両国とも米国の偉大なパートナーだ。北朝鮮の非核化に向けた米国の取り組みにおいて、われわれと緊密に協力している。双方にとって望ましい状況を見つける手助けができれば、それが米国にとって重要と考える」と語った。

 日韓の対立を巡り、米政府高官は30日、日韓が話し合いの時間を確保するための「スタンドスティル(据え置き)協定」を締結するという仲介案を米政府が示したと述べている。[nL4N24V4RH]

 これについて、菅義偉官房長官は31日の会見で、そのような事実はないと否定し、日本の一貫した立場に基づき、韓国側に建設的な対応を求めていく考えを示した。[nL4N24W16M]

 一方、韓国大統領府の高官は「現在、韓国、日本、米国の間でさまざまなルートを通じて問題解決に向けた取り組みをしている」と記者団に説明した。

 韓国外務省は、康京和外相が8月1日午前にバンコクで河野太郎外相と会談する予定であると明らかにした。

 康外相は、バンコクに向けて発つ際、記者団に対し、日本の輸出規制について「日本の規制の不当性をはっきり指摘し、止めさせる必要がある」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000055-reut-kr

素晴らしい!この部分が何より重要だね。「両国とも米国の偉大なパートナーだ。北朝鮮の非核化に向けた米国の取り組みにおいて、われわれと緊密に協力している」

北朝鮮の非核化について話し合うのに、日本の輸出管理をやめろという話にはならないですよね?輸出管理をしっかりやることで、北朝鮮の非核化を進めることができると思います!

そういうことだ。ロイター自身もまだ諦めがつかないかのような論調だが、ポンペオ国務長官自身がそう言ってるんだから覆しようがないよこれは。あたかも日本の輸出管理にポンペオ国務長官が介入するかのように報道したメディアは全部アウトってこと。

すみません、日経新聞さんもアウトです・・・。「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する方向で調整しており、延期をうながす内容とみられる」という一文が入ってます。

それはロイターが最初に報道した米国政府高官の発言についてじゃない?ポンペオ国務長官が”輸出管理”について仲介するかのように書いてるメディアだけがアウトってこと。だから日経はぎりぎりでセーフだ。

黒井さん、ロス長官もセーフです!仲介する考えを持ってないそうです。

“米 日韓に対立原因の措置いったん停止を促す“ ロイター通信
2019年7月31日 9時13分

 太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日本と韓国の対立が深まる中、アメリカが両政府に対し、対立の原因となっている措置をいったん停止し、貿易問題について協議するよう促したと一部のメディアが伝え、今後、日韓がどのように対応するかが注目されます。

(中略)

米 ロス商務長官「取り扱いは日韓2国間で」

 一方、アメリカのロス商務長官は30日、ブラジルで記者会見し、日本が韓国に対する輸出管理を厳しくした措置について、日本と韓国の2国間で取り扱うもので、アメリカの問題ではないという考えを示しました。

 アメリカのロス商務長官は30日、貿易交渉のために訪れているブラジルのサンパウロで記者会見をしました。

 この中で、ロス長官は最近、ワシントンで日本の関係者と意見交換したことを明らかにしました。

 そのうえで、ロス長官は「日本とアメリカ、それに韓国との間の自由な流通を促進することについては興味がある」と述べる一方で、日本が韓国に対する輸出管理を厳しくした措置については「日本と韓国の2国間で取り扱うものであり、アメリカの問題ではない」と述べました。

(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/k10012015161000.html

よし!これで最初の米国政府高官の発言はロイターの作り話である可能性が高まったね。あるいはシンクタンクの意見を聞き伝えただけかもしれない。ひとまず日本が気にする懸念事項は消滅したことになる。やったなワトソン君!

7月を締めくくるのに、ふさわしい記事になりましたね・・・。今月は、韓国との関係を見直すいい1カ月になったと思います!

7月1日発令、7月4日施行のフッ化水素など3品目の輸出管理が始まったのがもう1カ月前というのが信じられないね。まだ先々週くらいの出来事かのように感じるよ。それだけ時の流れが早いということだ。来月以降はもっと早くなると思う。ワトソン君も気を引き締めて臨んでほしい。

黒井さん、分かりました!ボクは、もう少しネットユーザーの意見を調べようと思います!