日本政府「フッ化水素の韓国輸出は引き続き厳格管理対象だ。中国向けは一部許可する」 どうすんのこれ…

安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

フォトレジストの輸出が1件だけ許可されたのに続き、フッ化水素の輸出も1件だけ許可されたそうだ。ただし輸出先は中国で、申請されたのは6月中旬だという。つまり審査に2カ月弱かかったことになる。それに中国向けは元々特別一括包括許可による厳格審査の対象となっていたので大して喜べる話ではない。韓国向けは引き続き厳格管理対象となるので韓国マスコミもコメント部隊も大して騒いでないようだ。

サムスン電子の中国工場向けフッ化水素 日本が輸出許可=規制強化後初
8/8(木) 13:59配信 聯合ニュース

 【ソウル、上海聯合ニュース】日本政府がこのほど、中国にある韓国・サムスン電子の半導体工場向けのフッ化水素輸出を許可したことが8日、分かった。日本は7月4日から、フッ化水素をはじめとする半導体、ディスプレー材料3品目の対韓輸出規制を強化している。同措置が取られた後、韓国半導体メーカーへのフッ化水素の輸出が許可されるのは初めて。

 中国現地の複数の消息筋と業界関係者によると、日本企業が陝西省西安市にあるサムスン電子の半導体工場へのフッ化水素輸出を6月中旬に日本政府に申請し、今月5日ごろ許可を得た。フッ化水素は半導体の製造過程で、不要な部分を除去するエッチングガスとして用いられる。

 日本企業はもともと、韓国向け輸出とは異なり、中国へのフッ化水素輸出は案件ごとに政府の許可を取ってきた。

 ただ業界関係者は、今回許可が下りたタイミングに注目している。

 7月に日本が輸出規制を強化して以降、サムスン電子の西安工場だけでなくSKハイニックスが江蘇省無錫市に置く工場など、韓国半導体メーカーの中国拠点でもフッ化水素など材料の確保が難しくなるのではないかと懸念されていた。

 このほど西安工場向けの輸出が許可されたことから、業界では、韓国メーカーの中国生産拠点を対象にした日本からの輸出は以前とほぼ変わらず進められるとの観測も出ている。とはいえ警戒を緩める雰囲気ではない。まだ最初の事例にすぎず、今後の輸出状況に留意すべきとの見方が強い。

 サムスン電子はNAND型フラッシュメモリーの25%、SKハイニックスはDRAMの40%を、それぞれ中国工場で生産しているとされる。

 一方、日本はこの日、輸出規制を強化した3品目の一つ、極端紫外線(EUV)フォトレジスト(半導体の基板に塗る感光剤)の対韓輸出を許可した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000025-yonh-kr

申請は6月中旬、輸出先は中国

フッ化水素も輸出許可が出たんですか?これって、日本の失態なのでは?

落ち着いて記事を見ろww 申請されたのは6月中旬だぞ?つまり日本政府が設定した仲裁委設置要求の期限より前だ。7月2日から実質韓国向けのフッ化水素輸出が止まってるという話の中で出てきただろ?

そうみたいですね・・・。落ち着いて読んだら、全然大したことない話だと分かりました!

しかも輸出先は中国だ。仮定の話として6月18日以降の申請分が全部ストップしているとなれば、韓国は引き続きフッ化水素不足によるパニックから逃れられない状態のままだろう。

輸出先は中国にある韓国企業の工場ですけど、量が分からないですよね・・・。

1件当たり20kgという話もあったはずだ。つまりごく少量の可能性がある。中国向けについては元からホワイト包括ではなく特別一般包括許可による輸出管理をしていたため、おいそれと横流しはできないだろう。少量ずつであれば中国向けなら引き続き輸出は可能だと俺は踏んでいる。

韓国から中国へ再輸出されたフッ化水素は、4000トンです!全然足りないと思います!

この図がまたもや役に立つね。

【中国はどうやって大量のフッ化水素を手に入れたのか?】
   |  ※1件当たり20kg           |
日本 |                 | 中国
   |                     |
日本 | ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ |韓国|       |
日本 | ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ |韓国| ⇒⇒⇒⇒⇒ | 中国
日本 | ⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ |韓国|       |

日本がフッ化水素の蛇口をひねり韓国と中国が枯渇

今はどうなってるのかを、図で示した方がいいのでは?

こうだ。

【2019年8月現在のフッ化水素の流れ】
   |  ※1件当たり20kg           |
日本 |                 | 中国
   |                     |
日本 |          |韓国|       |
日本 |          |韓国|     | 中国
日本 |          |韓国|       |

深刻じゃないですか!韓国も、中国もフッ化水素不足で枯渇します!

蛇口をひねるように止められてしまったよね。干からびるまで3週間とも3カ月とも言われてるが実情ははっきりしない。半導体の在庫がまだある状況なので工場が動いているかのように見せかけることも可能だが、実際にはそろそろ止まる寸前じゃないか?

中国向けも、ひょっとしたら6月18日以降に申請した分は止まるのでは?

それが分かるまではあと少なくとも1週間は必要だね。今回許可が出たのが6月中旬としか書かれてないので、仮に6月15日とすると1週間後なら6月22日の申請分が届くかどうかが分かるはずだ。それにより我々の仮説が正しいかどうかも判明する。

G19の準備期間だったので、審査にも時間がかかったかも、っていう話をした覚えがあります!

少なくとも7月2日にはもう個別輸出許可対象になってしまってるわけだからね。ホワイト包括では添付書類3種を出せば1週間で許可が出たのが、個別許可になると書類が9種類に増え審査期間も90日まで伸びるというのが当時の記事だった。つまり7月4日から逆算して6月27日頃からの申請分が止まってる可能性が最も高いという仮説に達したよね。

その期間が6月18日以降なのか、6月29日以降なのかという点も、大事のような気がします。

仲裁委の設置に応じなかった瞬間からなのか、あるいはG19までに韓国が日本との協議に応じなかったことが確定してからなのかという話だね。いずれにせよフッ化水素は依然として対韓国輸出の許可が1件も下りていない。フォトレジストやフッ化ポリイミドがいくら許可されようが半導体は製造できなくなるんだ。

8月8日を韓国にとってめでたい1日にしようとした形跡あり

この違いについては半導体産業に詳しい日刊工業新聞のニュースイッチで報道されている。

輸出を一部許可、レジストとフッ化水素で韓国の影響は大きく違う
8/9(金) 7:10配信 ニュースイッチ

経産相「恣意的な運用をせずに審査を踏まえて許可を出す」

 安全保障の観点から半導体材料3品目の韓国向け輸出手続きを厳格化した措置について、一部の製品の輸出を許可した経済産業省。個別に審査した結果、軍事転用の懸念がない取引だと判断した。許可したのは半導体基板に塗布するレジスト(感光材)とされる。7月4日に貿易管理の見直し措置を発動して以降、輸出を許可したのは初めて。

 今回許可したレジストは半導体の回路パターンを転写する工程に使う。極端紫外線(EUV)光源など最先端プロセス向けの材料で、本格的な量産に至っておらず、そもそも韓国の半導体メーカーへの影響は少ないとみられる。一方、残る対象のうち、フッ化水素は現行のプロセスで多用し、しかも保管・貯蔵が難しいことから、輸出許可が出ないと生産計画の変更を迫られることになる。

 一方、経産省は現時点でも韓国政府の不十分な貿易管理体制が是正されておらず、信頼関係の構築の点からも逆行した動きを続けているとみている。半導体材料3品目以外でも不適切な事案が確認できれば、個別許可の対象に加える方針だ。韓国政府は日本の措置が世界のサプライチェーン(部品供給網)や消費者に悪影響を及ぼすと主張しているが、欧米など主要な最終メーカーや消費者から、そうした声は上がっていない。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010000-newswitch-bus_all

影響が全然違うんですね・・・。しかも、韓国の貿易管理体制は、今も是正されてないみたいです!

米国へ仲裁をしつこく求めたり、東南アジアにしつこく告げ口すると同時に不買運動を大々的に始めたと思ったら8月8日を機に一斉にやめて日本との関係があたかも改善したかのように演出してたよね。それで韓国政府が貿易管理体制を一向に整えてないことをごまかそうとしたわけだ。

8月8日というのは、何か関係があるんですか?

韓国にとって”88″は重要な数字だからな。ソウル五輪の年だ。だから8月8日は韓国にとってめでたい報道を次々と繰り出そうとしたんじゃないかというのが俺の推測だ。案の定フォトレジストの許可報道や小泉進次郎の結婚報道はこの日に先立ち一斉に出された。

小泉進次郎さんって、・・・ですよね?

言わずもがなだ。そして韓国がホワイト国から日本を除外することをやめたと宣言。ソウルのボイコットジャパン旗も下ろして、挙句の果てに募集工は自発的に働いていたと証言する韓国の研究者までわざわざ日本に来てZAKZAKのインタビューに応じたりもした。これで日韓の対立は完全に収まり経産省も3品目について続々と許可を出すだろう…という世論形成をするところで8月8日は終わった。

でも、韓国は何も改善してなかったんですね?失望しました!

世耕経産相の目はごまかせないってわけだ。いずれにせよフッ化水素の厳格な輸出管理は今後も続けられる。直接は関係ない中国向けでさえ来週にも止まる可能性が生じてきた。韓国は次の8月15日までに状況が変わらないことを悟れば再び愛国心全開モードに逆戻りするだろうね。

8月15日は、韓国の建国記念日でしたっけ?

そういうこと。よって今週末から来週にかけての動きが重要だ。韓国が貿易管理体制をまったく整えてないことがニュースイッチにより明らかにされたので、世耕経産相も当然許すはずがない。それどころかホワイト国削除に続く第3弾まで出るんじゃないかと言われ始めている。我々としてもそこに期待したいところだ。

韓国の皆さん、フッ化水素の輸出管理強化に続き、ホワイト国からの削除も決まりました!現実に目を向けてください!さようなら!