米国政府が戦闘機80億ドル分の台湾向け売却を承認  中国は対抗措置を講じると警告

トランプ政権, 台湾・香港ニュース, 米国ニュース

米国務省が台湾への新型戦闘機売却を承認しました。66機の新型F-16など総額で80億ドルにのぼり、台湾向けとしては過去最大の規模となりました。これを受けて中国が対抗措置を講じると警告しています。

米国務省、台湾向け新型F16戦闘機の売却を承認
8/21(水) 8:17配信 ロイター

 [ワシントン 20日 ロイター] – 米国務省は、台湾に新型のF16戦闘機を売却することを承認した。売却額は80億ドルになる可能性がある。国防総省傘下の国防安全保障協力局が20日、議会に正式に通知した。

 売却されるのは66機の新型F16と、ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>製エンジン75基、その他システムなど。同局はこの取引が米国の国益と経済上および安全保障上の利益に寄与し、台湾が信頼できる防衛力を維持するのに役立つと説明した。

 ポンペオ国務長官は19日、フォックスニュースに対して、トランプ大統領が先週議会に売却方針を伝えたと語った。

 中国は、F16売却が幅広く議論されていた段階で反発し、具体的には明らかにしていないが「対抗措置」を講じると警告している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000027-reut-cn

戦闘機の違いについて

戦闘機って、F16とかF10とかF30とか、いっぱいあって違いが分かりません!

うむ。分からないなら調べたまえ。いい機会だろう。

F30という戦闘機はなくて、F35がF16の後継機だそうです!F2というのは、日本の航空自衛隊がF16をベースに開発した航空機だそうです!製造したのは、三菱重工さんです。

日本政府が購入をするのはF35だね。105機買うと総額で1兆7,000億円になるそうだ。台湾が買うのはF16で66機。F35はF22ラプターと比較されることが多い。日本政府が米国からF22を輸入して日本仕様に改造するという話も一部で噂されているが実際にはどうなるかは分からない。

もう、いっぱい名前が出過ぎです!どれが何のために使われて、どれくらい新しいのかを一覧表で知りたいです!

一応軍事機密だからなww F35と違ってF22は米国外の輸出が禁止されているそうだ。米国にとっては機密の塊で切り札のような存在だという。F15やF16とシミュレーション戦闘をした結果100戦無敗だったという話もあるらしい。

そんなに強いんですね・・・。漫画のキャラに例えられないですか?

難しい注文だなww ちなみにF15はF16よりも性能がいい。なぜならF15の廉価版がF16だからだ。F15は旧世代最強の戦闘機と言われている。米軍もF35ではなくF15の発注をかけているらしい。

某サイトによれば、強さ順ではこうなるらしい。Fシリーズのみでの比較だ。

F22>F35>>>>>F15>F16>F14>>>F2(日本)

日本は、戦闘機についてはダメダメなんですね・・・。

そりゃ憲法9条があるからな。だが技術力はある。米国の信頼を得て共同開発のチームに入ろうとしているし、実際に日本のF2後継機をF22ベースで作ろうとしている話も出てるそうだ。

米国による日本への機密情報提供について

今年4月にはこういう報道も出ている。

韓国が怒ってるぞ! 米国が日本にF-35、F-22の機密を提供? =中国メディア
2019年4月26日 22:12 サーチナ

 ロイター通信は20日、日本が目指している国産戦闘機の開発に向け、米ロッキード・マーチンが日本政府に対して非公式でF-22とF-35の両機をベースとした開発案を打診したと伝えた。中国メディアの快資訊は25日、日本でF-35の墜落事故が起きたばかりだというのに、米国が同機のソースコードを日本に提供する可能性が浮上したことは大きな驚きだと伝える記事を掲載した。

 記事は、日本政府の関係者の話として、米国側が日本に対してF-35の機密情報を提供する意向を示していると伝え、F-35の開発には9カ国がかかわっているが、すべての基幹技術は米国が独占している状態にあると強調。もし、米国がF-35の機密情報を日本に提供すれば、日本は国産の第5世代戦闘機開発に向けて大きく前進することになると強調した。

 続けて、米国がF-35の機密情報を日本に提供する可能性が浮上したことについて、韓国では激しい反発が見られると紹介。なぜなら韓国は過去に米国に対してF-35の技術供与を求め、拒絶されたことがあるためであり、米ロッキード・マーチンも韓国が自主開発する戦闘機「KF-X」に対して技術的な支援は何ら行っていないためだと指摘した。

 さらに、近年は日本と韓国の関係が冷え込んでいること、また、韓国もF-35を導入している国であることも、韓国国内の反発につながっていると伝え、もし日本がF-35の機密を入手すれば、韓国空軍のF-35は航空自衛隊の戦闘機に相対的に劣る可能性が生じると伝え、これは韓国にとっては容認しがたいことだと指摘。韓国国内では「米国が韓国への技術供与を拒絶し、日本には提供するとなれば、米国は韓国にとっての諸悪の根源となる」といった報道も見られたと紹介した。

 記事は、F-22とF-35の両機をベースとした開発案が実現し、F-22の機体にF-35の電子機器を積み込んだ戦闘機が日本で完成すれば、「それは世界最高性能のステルス戦闘機」であり、韓国にとってはやはり不利な状況になるのは間違いないと伝えている。

https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_20190426116/

韓国に技術を渡したら・・・中国に横流しされそうです!

そういうこと。日本はその点で中国の影響がないことを長年の信頼関係の積み上げにより証明できたので、トランプ政権になってから非公式でそういう提案がなされるまでになったようだ。

よい説明ですね。今回台湾向けに売却が承認されたF-16は最新機種とのことです。導入が議論された当初から中国は反発する姿勢を見せていましたが、米国政府は意に介さなかったようです。これを受けて中国が対抗措置を講じると警告していますが、具体的な中身については明らかにされていません。

F16でも改良型が次々と出てきてるからな。台湾が66機導入するのはBlock 70/72(F16V)と呼ばれる最新機種だそうだ。他に導入しているのはギリシャやモロッコ、スロバキアなど。インドへはF16Vの改良型のF21をインド国内で生産する提案をしてるらしい。

頭が混乱しそうです・・・。F16の改良版と、F22はどっちが強いんですか?

具体的な比較はなされてないが、第5世代の戦闘機であるF35やF22との相互運用性に優れているそうだ。日本がF35を導入できれば最強のタッグが組めるというわけだ。第4世代がF15で、第5世代がF16、F22、F35と考えれば分かりやすい。

ワシにはさっぱり分からん話じゃな。航空機の戦闘なぞ現実の物とは思えん。

監査の青居さんは、飛行機は苦手なんですよね!ボクは平気です。

こらこらww 技術の進化は目覚ましいですからね…。一般人には開示されてない超重要機密情報の塊だと思います。

80億ドルという前例のない規模

ネットユーザーは、台湾にはF16自体は配備されてると言ってます!韓国に配備されてるKF16も気になるし、F35では中国を刺激し過ぎるからF16にしたのでは、台湾からは機密は漏れないと判断した、という意見がありました。

F35とF16の性能の違いとかは?

やっぱり、F16の最新型でもF35の方が上だと言ってる人が多いです!台湾はアメリカの同盟国ではないので、万が一台湾が中国についた場合、F35を導入すると大変な事になってしまうそうです・・・。F16なら、数も揃えられるしちょうどいいみたいです!

なるほどね。そこで線引きはしたわけだ。とは言え対中国の最前線として80億ドル、日本円にして約8,500億円というのは前例のない規模だと思うね。

計算してみたら、F16Vは1機当たり129億円するそうです!日本が買うF35が140億円だそうなので、あまり変わらないんですね・・・。

となると日本はそれなりにいい買い物をすることになるわけだ。マスコミがこぞってネガキャンしていた理由がようやく分かったね。

何だか、今日だけですごく勉強になりました!戦闘機のニュースを見るのが、少しだけ楽しくなります。今までチンプンカンプンで、全然興味を持てなかったんです。

実は俺もそこまで詳しくなかったんだが、知識がなくともマスコミがネガキャンする物ほどよいの法則は常に存在していると思っている。だから日本はF35を導入すべきだと常に思ってたよ。そういう応用力も時に必要ってくるわけだ。

台湾のF16が、沖縄の基地に来てほしいと言ってる人もいます。台湾そのものが空母なのでは、という意見もありました!

確かに不沈空母として日本と台湾は今後さらに重要性が増すだろうね。陸海空すべてで連携する必要があるからな。沖縄をやられたら米国も立場が危うくなる。日米台の”半導体同盟”で東アジアの平穏を守ろうじゃないか!

半導体同盟・・・。いい響きですね!台湾は、世界の半導体産業に必要な存在です。韓国はいなくてもいいけど、台湾は絶対に必要です!

戦闘機の詳細事項の調査については皆さんにお任せします。他にも重要な報道がありますので、後ほど共有します。関連情報にも目を通してください。