中国ファーウェイCFO、イラン子会社の存在を認める  制裁違反の疑いさらに強まる

中国ニュース, 中東ニュース

Sponsored Links

イランとの違法な取引容疑により拘束されたHuaweiの最高財務責任者(CFO)の孟氏ですが、カナダ国境警備当局者に対してイランに子会社が存在していることを認めたと報道されています。事実であればHuaweiのイラン制裁違反の疑いがさらに強まることになります。これらの一連の取引に関わった複数の銀行の名前も挙がっています。

ファーウェイCFO、イランオフィスの存在認める-カナダ法廷文書
8/22(木) 0:16配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダ国境警備当局者に対し、同社がイランにオフィスを構えていると語ったもようだ。事実であれば、ファーウェイが米制裁に違反する取引を行ったとする米政府の主張を裏付けることになる。

 20日公表された法廷文書によると、孟CFOは昨年12月に拘束され、イランなど本来すべきでない国々との取引についてカナダ当局の尋問を受けた。CFOは当初、「知らない」と答えていたが、CFOの立場で知らないはずがないと詰め寄る当局者に対し、イランにオフィスがあることを認めたという。国境警備当局による供述書が示した。

 米当局はファーウェイがイランに秘密の子会社を持ち、この子会社を通じて同国で米国の製品やテクノロジー、サービスを入手するなど制裁に違反していると非難。ファーウェイは制裁違反を否定している。孟CFOが供述したとされる内容とイランオフィスの存在についてファーウェイに問い合わせたものの、同社は20日、回答しなかった。

原題:Huawei CFO Allegedly Said the Company Has an Office in Iran(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00600258-bloom_st-bus_all

イラン事務所は明確な制裁違反

ええっ?やっぱりウソついてたんですか?

だろうなと思ったよ。カナダ警察に尋問されてついに白状したか…。イランオフィスって明確な制裁違反だよね?

そうですね。Huaweiの最高財務責任者(CFO)の孟氏がカナダ当局者に対してそのような主旨の事実関係を話したそうです。昨年12月の拘束時に供述したものと思われます。イランに事務所が存在していたのが事実であれば、制裁違反に該当する可能性が高まります。

今までずっと隠してたんですか?

ブルームバーグによれば法定文書が20日に公表されたそうだからな。ブルームバーグ原文の英語版の続きを読みたいんだけど、アカウントって自分で作った方がいいですかね?

公開部分のみ引用します。続きを読む場合は各自の責任で実施してください。

Huawei CFO Allegedly Said the Company Has an Office in Iran
2019年8月21日 13:21 JST

U.S. alleges Huawei violated sanctions by operating Iran unit
Canadian court releases footage of Meng Wanzhou’s detention

Huawei Technologies Co.’s chief financial officer allegedly told a Canadian border official that the company has an office in Iran — an assertion potentially buttressing U.S. claims that the Chinese tech giant engaged in activities there that violated U.S. sanctions.

When Meng Wanzhou was detained last December on a U.S. extradition request, she was interrogated by a Canadian border agent about Huawei’s business dealings in Iran and whether the company sold products in countries that it should not, according to court documents released Tuesday.

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-21/huawei-cfo-allegedly-said-the-company-has-an-office-in-iran

まあそうなるよね…。ワトソン君、各自でユーザー登録してってさ。最初の3カ月だけなら月額1.99ドルで読めるそうだ。

3カ月を過ぎたら、どうなるんですか?

正規価格になるようだね。3カ月間はお試し期間ってことだ。英語で一次情報に触れられると思えば安いものじゃないか?

ええっ?こんなに値段が違うんですか?それだけ価値がある情報ってことなんですね・・・。

いやまあ価値があるかどうかはその情報をどう活用するかにもかかってくると思うけどね。漫然と読んでたらそりゃ投資額は回収できない。大手ネットサイトで日本語版の抜粋が公開されているのも宣伝の一環だと思った方がいいかもね。

イランとの取引に関連した複数の銀行名も公開

私からはこちらの記事も紹介します。HuaweiのCFO起訴に絡みイランとの取引に関係した複数の銀行の名前も公開されました。CitigroupやBNP Paribasなどが該当するようです。

米のファーウェイCFO起訴、シティとBNPが被害者に=文書
8/21(水) 18:04配信 ロイター

 [ニューヨーク 21日 ロイター] – 米政府がイランとの違法な金融取引に関わった罪などで中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と同社の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を起訴した問題で、金融大手のシティグループ<C.N>とBNPパリバ<BNPP.PA>が「被害を受けた」金融機関とされていることが、20日公表された文書で明らかになった。

 両行は、同CFOらがイランとの違法な取引に関わった際、ファーウェイに銀行サービスを提供していたという。

 この問題では、HSBCホールディングス<HSBA.L>とスタンダード・チャータード<STAN.L>も被害を受けたとすでに報じられている。

 同CFOの米国への身柄引き渡しの是非を審理するカナダのブリティッシュコロンビア州最高裁が、来月23日の手続きを前に公開した文書で明らかになった。

 ファーウェイと同CFOは不正行為を否定している。

 4行のコメントはとれていない。ただスタンダード・チャータード、シティグループ、BNPパリバは以前、ロイターが取材した際、コメントを控えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000072-reut-cn

こちらの記事も同じく英語版の抜粋となりますので、さらに詳しい情報を得る場合は英語版にも目を通してください。

Citigroup, BNP caught up in U.S. case against Huawei CFO: documents
August 21, 2019 4:31 PM

NEW YORK (Reuters) – U.S.-based Citigroup Inc (C.N) and French bank BNP Paribas (BNPP.PA) are caught up in the U.S. criminal case against the chief financial officer of China’s Huawei Technologies, according to newly available documents.

The banks were named in documents released on Tuesday after a hearing in British Columbia Supreme Court, where Huawei CFO Meng Wanzhou is fighting extradition to the United States on bank fraud charges.

The two are among at least four financial institutions that had banking relationships with Huawei when Meng and others allegedly misled them about its business dealings in Iran despite U.S. sanctions.

https://www.reuters.com/article/us-usa-huawei-tech-canada/citigroup-bnp-caught-up-in-us-case-against-huawei-cfo-documents-idUSKCN1VB0LK

うわ!記事全部読むのに6分もかかるって書いてある!

ホントだ!英語版だと、日本語版の3倍以上ありますね・・・。日本語版だと、一部だけしか読めないんですね。

残りの部分はこれまでの経緯の説明が大半だからそこまで重要ではないが、初めてこの報道に触れたような人にとっては必要な情報かもね。復習も兼ねて読んでみるのがいいと思う。

けしからん話じゃのう。違反と知りながら取引を続けるなぞあってはならん。

米国内にも制裁違反に関わっていた銀行がいたという点は重大ですね…。中国が調子に乗っていた背景だと思ってます。

記事中では他にHSBCとStandard Charteredの名前も挙げられています。米欧の複数の銀行が関わっていたことが明るみになりましたので、問題がさらに大きくなることが予想されます。

スタンダードチャータードって、どこの銀行ですか?

本社は英国にあるそうだ。BNPパリバはフランスの銀行だ。米英仏の銀行がファーウェイの制裁違反に加担していたわけか…。これは想像以上にやばいことになりそうだね。

調べてみたら、日本には「在日支店」があるそうです!でも、丸の内支店は閉鎖されてしまったんですね・・・。

日本支店じゃなくて“在日支店”なのか。意味深だな。これらの銀行は多くが日本から個人業務を撤退させているという特徴があるね。HSBCはもう随分前にいなくなったし、シティバンクも数年前に三井住友系にリテール部門を売却していたと思う。

各銀行や報道機関の日本での状況について

どうして日本の支店を閉鎖したんですか?

理由はよく分からないけど、利用者がさほど多くなかったとは言われていた。今日本に残ってるのはBNPパリバ証券株式会社やシティグループ証券など法人絡みだけだ。もちろんこれら以外にも外資系銀行は数多く日本に存在している。

そうなんですね・・・。

中でもHSBCなんてのはその名前の通り香港と上海の発展に携わってきた銀行だ。ファーウェイの違法取引に関わっていたとしても何の違和感もないね。

4行が具体的にどのような制裁違反行為に関わっていたかは今後徐々に明らかにされていくかと思います。イランに子会社を持ち制裁に違反していたことをCFOの孟氏がほぼ認めた形になりますので、今後の身柄引き渡しに関する手続きなど具体的な続報を待つことになります。

それでファーウェイ創業者が生死を賭けた戦いがどうのと発破をかけてたのか…。いよいよ始まるという覚悟を決めてるわけだ。

ネットユーザーは、別にイランと取引してもいいと言ってます!アメリカの法律を世界が守らなければいけないのはおかしいし、イランに秘密オフィスを設立するという話もヘン、アメリカの主張を認めたわけじゃない、という雰囲気です。

中国コメント部隊しかいないようだがwww 犯罪者の擁護をしてる場合なのか?

会社ぐるみの犯行じゃないか、というコメントについては多くの否定がついてました・・・。ロイターとブルームバーグさんだけでしか報道されてなくて、ほとんどの日本人は知らないと思います!

まったくどうしようもないな日本のマスコミは!少しは仕事をしたらどうかね?本気で英語報道もチェックしなければならない日が来るかもしれない。いつも韓国ポータルサイトでやってるようにGoogle翻訳を使えば読むのはたやすいだろう。

ホントですね・・・。香港デモの最中に、習さんの訪日を決めたことも批判の的になってるみたいです。

ふむ。習近平訪日は来年の春に予定されているそうだな。その話が出たのは香港デモの最中というより8月18日の大規模デモの直後みたいだけど。

デモは、今でも続いてます!終わったことにしないでください!

ああそうか。うっかりしてるとすぐマスコミにだまされそうになる。

引き続き情報収集をお願いします。香港については再度動きが出始めていますので、この後必要に応じて共有します。