韓国文在寅の崩壊がついに始まった! 最側近が強制捜査されパニック状態! GSOMIA破棄どころじゃない緊急事態に!

韓国ニュース

韓国の“祖国”疑惑が日本でもバンバン報道されるようになってきた。昨日27日になんと関係各所が一斉捜査されたという。娘の不正入学というアキレス腱を韓国検察は正確に攻撃してきた形になる。万が一何らかの違反が見つかった場合には文在寅政権への打撃は計り知れないものとなるだろう。GSOMIA破棄も単なる目くらましだったと言われるような最悪の展開が見え始めている。

文氏最側近を強制捜査 「反日」旗手の疑惑、政権に打撃
8/27(火) 17:08配信 産経新聞

 【ソウル】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法相候補に指名した最側近のチョ・国(グク)前大統領府民情首席秘書官(54)をめぐる娘の大学不正入学疑惑といった一連の疑惑に関し、ソウル中央地検は27日、娘が進学した高麗(コリョ)大やソウル大大学院など約20カ所を家宅捜索し、本格捜査に着手した。

 チョ氏は「積弊(長年積もった弊害)清算」と称して文氏が進めてきた朴槿恵(パク・クネ)・李明博(イ・ミョンバク)両保守政権時代の不正追及や司法改革の旗振り役。日本による輸出管理厳格化の後は、保守系の政治家やメディアを「親日」「売国」だとネットで非難し、反日を過度にあおっていると反発も起きていた。

 法相の適性を審査する国会の人事聴聞会が9月2、3日に予定されているが、司法を統括すべき中心人物に捜査のメスが入っただけに政権への打撃は避けられない。チョ氏は27日、「検察の捜査を通し全ての疑惑が晴れるよう望む」と記者団に述べ、法相就任を辞退しない立場を示した。与党が疑惑を「フェイクニュースだ」としてチョ氏を擁護してきたのに対し、野党は法相指名の撤回を求め、娘の母校ではデモも起きている。

 チョ氏の20代の娘は、高校時代に大学医学部の研究所で2週間、インターンをしただけで研究論文の筆頭著者として名を連ね、この論文を利用して大学に不正入学した疑いが持たれている。大学院時に奨学金を不正に受けた疑いもある。

 朴前大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の娘の大学不正入学疑惑で、朴氏の弾劾を求めるデモが拡大するなど、学歴社会の韓国で有力者の子供の不正入学は国民の怒りを買いやすい。5割を超えた文氏の不支持率にも影響したと分析されている。

 チョ氏については、投資をめぐる不正疑惑など、家族が絡む複数の疑惑が浮上し、投資ファンドの事務所なども家宅捜索された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000554-san-kr

正確な漢字表記は”曺国”

産経新聞さんも、祖国さん疑惑を「チョ国」さんとしか書いてないですね・・・。どうして漢字表記を使わないんでしょうか?

実際の漢字表記は“祖国”ではなかったと思う。“曹”みたいな文字だったけど詳細は忘れたし調べる気もない。韓国語で発音が”祖国”と同じだからGoogle翻訳でもそう表記されてしまうわけで。

そうなんですか?

偶然開いてた朝日新聞の記事で正式な漢字表記が出てた。

不正疑惑に揺れる文政権 GSOMIA破棄「疑惑隠し」
8/27(火) 22:28配信 朝日新聞デジタル

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の最側近に娘の不正入学疑惑などが浮上し、政権を支持する革新派と、対立する保守派が亀裂を深めている。保守派やメディアは、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)破棄決定について、政権が国民の目をそらすためだったと批判。国民の関心が高い教育絡みの問題に、文氏の支持率もじわりと低下し始めた。(ソウル)

 「彼らの曺国(チョグク)を救うため、我々の祖国(チョグク)を捨てた」。最大野党・自由韓国党の羅卿瑗・院内代表は24日に開いた集会で、文氏がGSOMIA破棄を決めたのは、法相に指名した側近の曺国氏(54)に関するスキャンダルを隠すためだったと批判した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000086-asahi-int

“曺”の字を変換できるか?

調べてみたら、朝鮮半島の人名にしか使われない漢字みたいですね・・・。日本語での読み方も全然分からないです。

だが韓国語では“祖国”と発音が同じになるから、必然的に日本にいる韓国系勢力にとってのプレッシャーになるものと思われる。この人物が今まで文在寅政権の中心にいて最側近とされているにも関わらず名前が隠されていたのがその証拠だ。

ホントですね!祖国さんはムン大統領の就任以来、ずっと民情首席秘書官だったそうです!それなのに、意地悪クラブに入会してません。きっとムン大統領のことを最後まで守ってあげてたんだと思います!

な。俺もそこは認めなくてはいけないと思っている。何しろ”民情首席報道官”なるポジション名自体がほぼ初耳だからな。ノムヒョン政権時代には文在寅自身がそのポジションを務めたそうだ。ワトソン君の意地悪クラブセンサーに引っ掛からなかったことには注目している。

愛国日報が祖国ネタを日本語に翻訳せずさぼっている

韓国ポータルサイトの様子も見てみよう。まず昨日の夜のニューストピックスだ。

【2019年8月27日夜の韓国ニューストピックス】
ニュース
1 現代車労使
2 祖国頑張っ
3 聖楽教会金箕東牧師
4 必勝コリアファンド
5 国の水管理委員会発足
6 今日の運勢
7 日中の最高気温29度
8 力のない私たちができること
9 光化門広場の再構造化
10 生きている権力

このうち2と8と10が祖国絡みだ。

「力のない私たちができること」というのは何ですか?

どこかの作家が祖国を応援しようとか言って立ち上がった話だ。“生きている権力”というのは祖国そのもので、なぜ今このタイミングで捜査されたのか?という疑問点について話題になっていた。その他のヘッドラインはどれも大したことなかった。

「必勝コリアファンド」は、ムン大統領が400万円を投資してますよね・・・。庶民チームとして、できる事をしようって思ったんだと思います!

一般層にも届く金額だから共感を得ようと思ってやったのかもな。だが経済崩壊が目の前に迫っているという場面でやることではない。切迫感がまるで感じられないね。経済に鈍感だから結局共感は得られないと思う。

中央日報さんは、祖国さん疑惑を1つも翻訳してないですね・・・。韓国ポータルサイトで、中央日報さんの記事を見つけました。

[単独]娘はアメリカ、ママは、英国…祖国家不法早期留学疑惑
2019.08.27 午前5:01

 祖国法務部長官候補者の娘チョの海外早期留学が実定法違反と疑惑が提起された。 チョさんは中学生だった2005~2006年(当時14~15歳)、米国マサチューセッツ州にあるベルモントとで留学した。 しかし、当時の小中教育法は、親が同行していない早期留学を禁止した。

 チョ氏の留学は、父ジョー候補者がソウル大法学専門大学院教授時代」ハーバード – イェンチン研究所」訪問学者として米国に滞在していた時期に行われた。 これを土台にチョ氏は、2007年日英外国語高校に留学クラスに入学した。 ジョー候補者側で「英語論述と話す」試験を行ったとしたが、当時の英外国語高校入試要項を見ると、英語の論述と話すが必要な典型的には「グローバル人材典型」または「特例入学対象者」の典型的なしかない。

 議論はチョ容疑者の外国語高校入学土台になった海外留学が当時小学生・中学生の早期留学を遮断した初・中等教育法第13条(就学義務)に違反した余地があるという点である。

(以下略)

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=025&aid=0002932568

不正入学の他に禁止されていた早期留学もしてた疑惑か。日本にとっては極めてどうでもいい話だが、こういうのも1つ1つやり玉に挙げられて批判の的になるんだろうね韓国では。文在寅マジで詰むなこれ。

中央日報さん、日本語版でも翻訳してください!どうして隠すんですか?ボクは、中央日報さんだけはムン大統領の味方だと思ってたんです。

お?ついに中央日報も呼び捨てになるか?

まだ判断するのは早いと思います・・・。でも、ムン大統領を弾劾しようとしてるなら、絶対に許せないです!

文在寅の最側近が”生きている権力”とか言われてる件についてはどうだ?死後もなお権力を保持している例としては俺は毛沢東くらいしか思い浮かばないが。

ホントに権力があるのは、意地悪クラブの方です!権力があると決め付けられて、不当な圧力を受けてるんです!

“生きている権力”という表現そのものについては感想はないのか?文在寅も“生きて動く捜査”なる奇怪な表現を好みたがるしね。

文在寅の積弊清算捜査に対するブーメランとなる恐れ

どういう意味なんですか?ボクが聞きたいです!

俺なりの解釈をすると”暴走する権力”だな。生きて動いているから捜査を止められないという表現は、つまり暴走して手に負えないから止められないと解釈できるよね。同様に文在寅最側近の祖国への”生きて動く捜査”は止められないとも言える。

ムン大統領がその表現を使ったのって、何の時でしたっけ?

積弊清算における捜査全体についてだな。前政権に関わった人物がことごとく逮捕されているが、そのことについては止めようがないという認識を持っていた。ところが自分自身にその言葉が跳ね返ってくることになったわけだ。まさしくブーメランだ。

ボクは、韓国のメディアに責任があると思います!ムン大統領も悪いかのように印象操作をして、ムン大統領を下ろそうとしてるんです!

文在寅の最側近がやらかした違反だぞ?文在寅政権そのものに打撃となるし、文在寅自身の任命責任も問われるだろう。支持率が0%になってもいいのか?

それは・・・。最側近というのは、ウソなんだと思います。

随分と歯切れの悪い擁護だなwww ネットユーザーの反応を見てくれ。

祖国さんスキャンダルを隠すために、ジーソミアを破棄したのは悪手だって言われてますね・・・。世界中から笑われてるって。ムン大統領のレームダック?化が始まった、ムン大統領には関係をなくすまで頑張ってほしい、もっと強力な愛国心を発揮するかも、という雰囲気です。

レームダックというのは直訳すれば“自由に歩けないあひる”のことだ。そこから転じて政治家などを指す場合に“役に立たない”という意味を持つ。俺はあまり好きな表現ではないからめったに使わない。

ムン大統領は、アヒルではありません!アメリカではそういうのは普通なんですか?

怒るポイントが細かいなww 別に文在寅を生き物に例える意図はないと思うぞ。単なる慣用句ってだけだ。表現として英語的なニュアンスが強いので俺はカタカナであっても使いたくない。

「レジーム」と混ざってしまいそうです!

英語表記は“Lame”“Regime”で全然違うけどな。俺も有能さんのようにカタカナ日本語を使うのをやめようかと思い始めている。

ムン大統領は、どうなってしまうんでしょうか?もっと強力な愛国心発揮って、何をするんでしょう?

俺は李明博並みにやらかしてほしいと思っている。国会議長がすでにやらかしてるが文在寅はノータッチで知らん顔してるからな。文在寅自身にその一言を言ってもらえば関係崩壊は決定的なものになるだろう。

ホントですか?失礼議長とは、違うと思います。ボクは、最後まで信じたいです!

まあどうなろうと日本との関係は終了だから。日米の安全保障の枠組みから外れて中国側に行くことは決まったようなものだ。それで別に何も困らないしどうでもいいという話だ。

韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!