韓国、ホワイト国除外で想像以上に窮地に追い込まれていた! 「多くの中小企業からの輸出が個別許可になる。最悪許可下りない」 終わったな…

安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

韓国がホワイト国から除外されると何が起こるかを韓国経済新聞が珍しく真面目にまとめている。ホワイト包括が使えなくなるのは知ってのとおりだが、それとは別にコンプライアンスプログラム(CP)登録企業ではない場合には特別一般包括許可も使えずすべて個別輸出許可を得る必要があるそうだ。調べてみたところ重要な戦略物資がいくつか対象になる恐れが出てきた。

韓経:日本、輸出規制を1120品目に拡大…安倍政府、いつでも輸出ブレーキ可能
8/28(水) 10:32配信 中央日報日本語版

 日本が28日から韓国をホワイトリスト(輸出手続き簡素化国家)から除外する輸出規制を強行する。7月4日にフッ化水素など半導体材料の輸出規制に続き、規制2弾に踏み切る。日本政府は「輸出管理を適切にするための措置で、禁輸措置ではない」と主張している。だが、差し当たり日本の中小企業から主要材料・部品などを輸入するとき、輸出手続きが複雑になり通関が遅れるなど少なくない支障が予想される。

(1)日本大企業からの輸入時は大きな変化がない場合も

 日本が予定通りに28日から韓国をホワイトリストから除外した場合、真っ先に変わるのは「一般包括許可制」がこれ以上適用されなくなるという点だ。これは、日本の輸出業者が1120品目の戦略物資に対して一旦輸出許可を受ければ3年間自由に輸出できるようにした制度だ。韓国は28日から「特別一般包括許可制」対象国となる。

 この制度では日本の輸出業者が「コンプライアンス・プログラム(CP:compliance program、自律遵守貿易取引)登録企業」であるかどうかが重要だ。日本の業者がCP企業なら一般包括許可とほぼ同じ水準の輸出待遇を受ける。ソニー、日立製作所、京セラなど日本の大企業とサムスン電子やSKハイニックスなど韓国の大企業の日本法人など約1300社がCP企業として登録されている。韓国企業が日本の大企業から輸入する場合、大きな支障はないものとひとまず期待できる理由だ。

(2)日本の中小企業からの輸入には支障も

 だが、取引相手がCP企業ではなく、中小企業から戦略物資に該当する品目を輸入する時は個別許可を受けなければならない。輸出入過程が大幅に厳しくなるということだ。日本の輸出業者は輸出一件一件、日本政府から審査を受けなければならなくなり、審査期間も最大90日に延びる可能性がある。最悪の場合は輸出許可が下りないか、輸出許可手続きをもう一度踏まなければならなくなる。提出書類も許可申込書など2種から3種以上に増え、品目によっては最大9種まで必要になる。

 日本政府関係者は「輸出業者が決められた許可基準をクリアしているかどうか、全面的に日本政府が判断する」とし「状況によっては輸出審査に数カ月以上を要するかもしれない」とした。

(3)一般品目で輸入支障拡大が懸念

 韓国がホワイトリスト国から除外されると、戦略物資以外にも食品と木材を除いたほとんどすべての品目で「キャッチオール規制」が適用される。これは、日本政府が輸出品が軍事転用の恐れがあると判断して輸出業者に輸出許可を受けるよう通知すれば、個別許可を受けなければならない規制だ。

 個別許可を受けないで韓国に輸出すると、輸出業者が「輸出した物資が軍事用に転用されるか、第三国に流出する恐れがあるか」を判断して輸出するかどうかを決めて、その後も責任も負わなければならなくなる。輸出品目が大量破壊兵器などに利用されるかもしれないと輸出業者が知った時は、個別許可を受けるよう義務化されてもいる。事実上、輸出業者としては個別許可を受けるほうが安全だと判断し、対韓輸出に消極的に出る可能性が高い。

(4)日本政府、いつでも個別許可指定が可能に

 日本CP企業と取り引きする韓国大企業としても楽観ばかりはしていられない。日本政府が恣意的な判断により、いつでも主要品目の韓国輸出にブレーキをかけることができるためだ。方式は品目別個別許可制転換だ。現在、日本政府は韓国をホワイトリストから排除しながらも個別許可対象品目は指定していない。だが、いつでも日本政府の意のままに指定することができる。

 この場合、該当品目はすでに規制を受けている半導体材料3品目と同じ規制を受ける。先月、個別許可品目に転換された半導体3品目の材料のうち、フォトレジスト1品目に対してだけ2件の輸出許可が下りた。高純度フッ化水素は申請60日が過ぎても輸出許可が下りていない。

 朝日新聞など日本メディアは、日本政府と執権自民党内で半導体材料輸出規制とホワイトリスト除外に続く規制強化第3弾を考慮していると報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000022-cnippou-kr

CP登録企業について調べよう

韓国は、ホワイト国除外でやっぱり大変な事になりそうですね・・・。個別許可を得なくてはいけないケースが増えてるみたいです!

まずホワイト包括が使えなくなること。次にキャッチオール規制の対象になること。ここまでで分かってることについては以前まとめたと思うが、今回韓国経済新聞の記事によりもう少し詳細な部分についての話ができそうだね。

「CP企業」というキーワードは、初めて聞きました!このリストの中に企業が入ってない場合、個別許可になってしまうんですね・・・。

そういうこと。コンプライアンスプログラム(Compliance Program:CP)登録企業でなければ特別一般包括許可を使えないという話はこの前はしてなかったよな?今回はここの部分を詳しく掘り下げていこうと思っている。

1300社もあれば、大体の企業は入ってると思うんですけど、一覧を見てみないと何とも言えないですよね?

ワトソン君、実はこのリストはとっくに公開されてるんだ。経産省のこのページを見てほしい。
https://www.meti.go.jp/policy/anpo/compliance_programs.html

ここの一番下に「輸出管理内部規程(CP)を作成し実施している企業名の公表」とずばり書かれている項目がある。そこにPDFファイルへのリンクが存在する。最終更新日は2019年4月26日となっている。

ホントだ!すぐに見れました!黒井さんが発見したんですか?

Google検索ですぐにこのページが見つかったよ。ここまで簡単に発見できるなら以前のタイミングで取り上げておくべきだと思った。まあ見てみようぜ。

戦略物資生産企業リストと照らし合わせてみよう

1300社もあるので、やっぱりすごく文字が細かいですね・・・。目が痛くなってきそうです。

ワトソン君、ここで例のリストを持ち出そうじゃないか。

【韓国が依存する日本の戦略物資生産企業まとめ】
・ステラケミファ:高純度フッ化水素(半導体製造用)
・森田化学:高純度フッ化水素(半導体製造用)
・JSR:フォトレジスト(半導体製造用)
・東京応化工業:フォトレジスト(半導体製造用)
・信越化学:フォトレジスト、マスクブランクス、ウェハー(半導体製造用)
・SUMCO:ウェハー(半導体製造用)
・HOYA:マスクブランクス、フォトマスク(半導体製造用)
・レーザーテック:マスクブランクス検査装置(半導体製造用)
・大日本印刷:メタルマスク(有機ELパネル製造用)、フォトマスク(半導体製造用)
・凸版印刷:メタルマスク(有機ELパネル製造用)、フォトマスク(半導体製造用)
・三井ガス化学:過酸化水素(半導体製造用)
・ニコン:露光機器(有機ELパネル製造用)
・キヤノン:露光機器(有機ELパネル製造用)
・住友化学:フッ化ポリイミド(有機ELパネル製造用)
・ファナック:ロボット旋盤(スマホのアルミニウムボディ製造用)
・東レ:水素タンク(水素自動車用)
・日亜化学:高品質バインダーやバッテリーセパレーター(電気自動車用)
・村田製作所:積層セラミックキャパシタ(自動車用)
・TDK:積層セラミックキャパシタ(自動車用)
※2019年8月版

えっ?もしかして・・・。

上のリストにある企業1つ1つについてCP登録企業かどうかをチェックしようじゃないか。それで韓国が入手困難になる戦略物資を割り出すこともできる。

ええっ?1つ1つ?膨大過ぎて無理です!

そこは工夫しようぜ。幸いPDFファイルは文字検索が可能になっている。例えば”トヨタ”と入力すれば”トヨタ自動車株式会社”の部分まで自動でジャンプしてくれるわけだ。同様のやり方で全企業について調べるのがいいだろう。

ホントだ!できました。これなら何とかなりそうです。

よし。手分けして探そう。俺は凸版印刷までやるから、ワトソン君はその下からよろしく頼むぞ。時間は10分を目安にしよう。

黒井さん、分かりました!やってみます!

…。

…。

どうだ?できたか?俺は完了したぞ。

あの、すみません、問題があります!企業名が間違ってました!

え?

「三井ガス化学」という名前の企業は存在しないみたいです!「三菱ガス化学」ならありました。「三菱ガス化学 過酸化水素」で検索したら出てきたので、多分こっちが正しいと思います!

ふむ。どうして企業名が間違ってたんだろう?最初に出たのっていつだったっけ?

韓国で過酸化水素を保管していた倉庫が、爆発したという記事でした!

どれどれ。うわこれ俺のミスだわ…。その記事では三菱ガス化学と書いていたが、リストに追加する段階で三井ガスに変わってしまったらしい。すまないことをした。

でも、実は「三菱ガス化学」という企業名でもリストにはなかったんです・・・。これって、過酸化水素を韓国は輸入できなくなるって事ですよね?

どうやらそのようだな!俺の手元でも名前が確認できなかった。もしCPリストになかった場合にはリストの社名の横に×をつけておいてほしい。後でその結果をがっちゃんこしよう。

新たに個別輸出許可の対象となる物資が判明

結果こうなった。

【韓国が依存する日本の戦略物資生産企業まとめ】
ステラケミファ:高純度フッ化水素(半導体製造用) ×
森田化学:高純度フッ化水素(半導体製造用) ×
・JSR:フォトレジスト(半導体製造用)
東京応化工業:フォトレジスト(半導体製造用) ×
信越化学:フォトレジスト、マスクブランクス、ウェハー(半導体製造用) ×
SUMCO:ウェハー(半導体製造用) ×
・HOYA:マスクブランクス、フォトマスク(半導体製造用)
・レーザーテック:マスクブランクス検査装置(半導体製造用)
・大日本印刷:メタルマスク(有機ELパネル製造用)、フォトマスク(半導体製造用)
・凸版印刷:メタルマスク(有機ELパネル製造用)、フォトマスク(半導体製造用)
三菱ガス化学:過酸化水素(半導体製造用) ×
・ニコン:露光機器(有機ELパネル製造用)
・キヤノン:露光機器(有機ELパネル製造用)
・住友化学:フッ化ポリイミド(有機ELパネル製造用)
・ファナック:ロボット旋盤(スマホのアルミニウムボディ製造用)
・東レ:水素タンク(水素自動車用)
・日亜化学:高品質バインダーやバッテリーセパレーター(電気自動車用)
・村田製作所:積層セラミックキャパシタ(自動車用)
・TDK:積層セラミックキャパシタ(自動車用)
※2019年8月版

多いのか、少ないのかの判断ができませんけど・・・。

リストを圧縮しよう。

【CPリストにない戦略物資生産企業まとめ】
・ステラケミファ:高純度フッ化水素(半導体製造用)
・森田化学:高純度フッ化水素(半導体製造用)
・東京応化工業:フォトレジスト(半導体製造用)
・信越化学:フォトレジスト、マスクブランクス、ウェハー(半導体製造用)
・SUMCO:ウェハー(半導体製造用)
・三菱ガス化学:過酸化水素(半導体製造用)

ウェハーが、全部個別輸出許可対象になるってことですか?

あと過酸化水素だな。この2つがフッ化水素に加えて今日から個別輸出許可対象になることが分かった。いずれも半導体製造に必須の素材で日本が多くのシェアを占めているものだ。

サムスンやSKハイニックスが、もっと苦しくなるんですね・・・。韓国経済はパニック状態だと思います!

これに加えてキャッチオール規制が適用されることになれば、CP企業が製造している露光装置やマスクブランクスに積層セラミックキャパシタなども狙われる可能性が出てくるだろう。日本政府は今日をもって韓国への輸出管理を大幅に強化し、同時にさじ加減次第で韓国の産業の生殺与奪権も得ることになったわけだ。

それは、韓国が適切な輸出管理をしてない場合ですよね?

フッ化ポリイミドも未だに輸出許可が出てないことを考えれば、他にも不適切な再輸出をしていた戦略物資が存在する可能性が高いね。どの程度止まることになるかは来週にも明らかになってくるんじゃないか?

株価は、少しだけ回復してるみたいです!これって、材料出尽くしだからですか?

嵐の前の静けさだな。次の暴落へのエネルギーを溜めているような動きだ。何しろどこまで影響が及ぶか分からないし、場合によっては日本政府による輸出管理強化第3弾が発動されると言われている。俺はここで以前ちらっと話題になった40品目が個別許可対象になるんじゃないかとにらんでいる。

その話、忘れてましたね・・・。最初はてっきりホワイト国削除で全部個別許可になると思ってたので、扱いが小さくなってしまいました。

な。こうして経産省のページを直接探る展開も当初は想定してなかった。この2カ月で輸出管理の法令や企業名についてだいぶ詳しくなったんじゃないか?俺自身も初めて知ることばかりだ。

戦略物資って、いっぱいあるんだなと思いました!他の話ももっと聞きたいです。40品目が個別輸出許可になるのを、楽しみにしてます!

もしもそうなるなら韓国が横流しした品目リストとして広く認識されることになるかもね。日本政府は慎重に発動時期を検討していることだろう。フッ化水素も輸出が途絶えてほぼ60日間が経過するそうだ。来月からはサムスンがいよいよ生産停止を隠せなくなり危機が表面化すると思うので、心の準備をしておいてほしい。

韓国の皆さん、フッ化水素の輸出管理強化に続いて、ホワイト国からも除外されました!現実に目を向けてください!さようなら!