米韓関係ついに崩壊か! 韓国との安保対話会議を理由なく欠席! ハリス大使も次々と予定をキャンセル! 終わったな…

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

米国政府の韓国突き放しが加速している。来月の4日から6日まで開かれるとされている韓国国防部主催のソウル安保対話という会議に米国が参加しないことを決めたそうだ。ハリス大使も同様に韓国との行事をキャンセルしまくっているという。トランプ政権の高官も文在寅の行動はアマチュアで失望させられると批判を止めていない。フッ化水素の輸出を許可したとされる日本とより米国との関係悪化が進みそうな気配だ。その背景には米国政府による大幅な軍事戦略の転換があるんじゃないかとにらんでいる。

来月の「ソウル安保対話」に米国不参加、ハリス大使は行事を相次いでキャンセル
8/30(金) 11:06配信 朝鮮日報日本語版

 韓国政府による韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定の後、韓米対立が強まる中で、来月4日から6日にかけてソウルで開かれる「ソウル安保対話」(SDD)に米国政府が不参加を決めたことが29日までに分かった。2012年から韓国国防部(省に相当、以下同じ)が主催してきたSDDには、14年を除き毎年米国防次官補もしくはそれに準ずる米軍関係者が出席してきた。今回も韓国国防部はランドール・シュライバー国防次官補の出席を強く要請したが、米国側は「日程上の理由」で参加は難しいと通知した、と伝えられている。

 ハリー・ハリス駐韓米国大使は、29日に予定されていた在郷軍人会の招請講演や対外経済政策研究院(KIEP)主催の行事出席を相次いでキャンセルした。ハリス大使は前日、韓国外交部に呼ばれて、GSOMIA破棄に関する「不満の表明の自制」を要求された。外交関係者の間からは「事実上、招致されたことに不満を表明するもの」という見方が出ている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00080066-chosun-kr

フッ化水素の件は一旦保留に

ワトソン君、フッ化水素の話はそういうことで保留でいいよな?

今は結論を出せないですよね・・・。

読者に説明しておくと、前回の記事の後日本がフッ化水素の輸出許可を出したという報道について何が起きているのかをオフレコで共有し合ったが特に実のある推論を組み立てることができなかったんだ。そこで今回はフッ化水素の話ではなく米国と韓国の関係悪化という部分にフォーカスを当てることにした。

日本政府がフッ化水素の輸出を許可する理由がほとんどないし、サムスンも配置図を含めた書類を提出できるとは思えないですからね・・・。それに、日本政府自身が何も発表してないんです!

そうそう。だから韓国が勝手に流したフェイクの可能性も取り沙汰されてたよね。我々はそういう複雑な状況を鑑みてフェイクだったという前提で日本政府の公式見解を待つことにしたわけだ。よって現段階では特に話すことがないという状況だ。

ボクは、世耕経産相を信じてます!戦略物資のフッ化水素を中国に横流ししたのは事実だし、カンタンに許可を出したらいけないと思ってます!

経産省の公式発表があるかどうかで白黒を判断しようというのが現段階での結論だ。だがそれでは何も面白い話ができないので、しばらくフッ化水素から離れて米韓関係の方がどうなるかについて注力しようという流れになった。

アメリカは、ドンドン韓国を突き放しにかかってますよね・・・。韓国がジーソミア破棄を撤回しないと、米韓関係の方が悪化しそうです!

そこなんだよ。今や日韓関係以上に米韓関係が破綻しつつあることに我々は気付き始めたんだ。文在寅政権があまりに強情で一歩も譲ろうとしないからな。

米国は明らかに韓国に怒っているが内部でやや温度差がある

ハリス大使との1件が、ホントに頭にきてるみたいですよね・・・。

あれは米国でなくても怒ると思うよ。別の報道でも出てるが、ハリス大使に対して自制を求めた韓国政府をあざ笑うかのように翌日に再び韓国に不満を示したからな。明らかにあの一件があってから米国側の空気が変化している。

米政府、韓国のGSOMIA破棄に「失望」=再び強調
8/29(木) 14:13配信 WoW!Korea

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定と関連し、韓国政府が米国側に「批判発言の自制」を要請。しかし、米政府の高官らは28日(現地時間)、なおも相次いで批判のメッセージを発信した。

 29日、米国の声(VOA)によると、米国務省の関係者はVOAに対しハリス大使と趙世暎(チョ・セヨン)外交部(外務省に相当)第1次官との対話内容は「公開できない」としながらも、「米国は文政府がGSOMIAを破棄したことに強い懸念と失望を表明する」と強調したという。去る22日に明かした公式対立場を変えることなく、さらに「撤回しない」ことを明確にしたかたちだ。

 これを前に、趙第1次官は28日(日本時間)、ハリー・ハリス在韓米国大使を外交部庁舎に呼び、米国の否定的な反応について遺憾の意を表明し、自制するよう求めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000034-wow-int

引用ばかりになるが朝鮮日報でも別の米国政府高官が次々と韓国に向かって”失望”という単語をぶつけていることが報道されている。全員別の人物だ。

米国防長官は「GSOMIA破棄に失望」、米国務次官補は面と向かって「延長すべき」
8/30(金) 11:20配信 朝鮮日報日本語版

 韓国外交部(省に相当、以下同じ)はハリー・ハリス駐韓米国大使を呼び、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に関する公の批判を自制するよう要請したが、米国は国防長官や統合参謀本部(統参)議長、国務省などが繰り返し「失望感」を表明した。韓国の自制要請を事実上無視したのだ。

 トランプ政権の高官もこの日、本紙に対し「韓国政府が(ハリス大使との)対話の内容をリークしたのはアマチュアな行動で、失望させられる」と語った。しかし、日本についても「失望した」という声が初めて登場し、韓日両国への特使派遣にも言及があるなど、ワシントンによる仲裁の可能性も浮上している。

 マーク・エスパー国防長官は28日(現地時間)、ジョセフ・ダンフォード統参議長と共に開いた記者会見で、GSOMIA破棄を巡り韓日双方に向けて「極めて失望したし、依然として失望している」と表明した。エスパー長官は「私はソウルと東京の私のカウンターパートにもこのことを表現し、解決を求めた」と語った。ダンフォード統参議長は、エスパー長官の発言に同意しつつ「韓日関係が後退したとみている」と語った。

 ランドール・シュライバー国防次官補(インド・太平洋安全保障担当)も同日、「韓米日三角安全保障協力の重要性」をテーマに戦略国際問題研究所(CSIS)がワシントンで開催した講演会で、GSOMIA破棄について「強い懸念と失望を表明する」と発言した。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00080068-chosun-kr

シュライバー国防次官補って、ジーソミア破棄を撤回しろって言った人ですよね?

そうそう。一方エスパー国防長官はGSOMIA破棄について韓国だけを批判せず日本にも解決を求めているが具体的な提案は何もしていない。トランプ政権の高官についてはハリス大使との会話内容を公開したことを理解できないとして失望している。

エスパー国防長官、やっぱり韓国寄りでしたね!黒井さんの言ってた懸念が的中した気がします。在韓米軍の撤退にも、きっと反対なんだと思います・・・。

実はシュライバー国防次官補も日本には割と厳しい。なぜなら朝鮮日報によれば日本のホワイト国除外について口出ししたからだ。上の記事の続きになる。

 シュライバー次官補は「(韓日)双方が不和を醸すとき、唯一の勝者は(中国・北朝鮮など)われわれの競争相手」だとして「韓国がGSOMIAを延長することを要求する」と語った。ただしシュライバー次官補は、日本が韓国をホワイトリスト(輸出優待国)から排除したことについても「明らかに緊張をあおる原因になった。われわれが懸念するのは、この問題が安全保障上の課題へと拡大すること」「われわれは、彼ら(韓日)が(ホワイトリスト除外措置の撤回を通して)通常の貿易関係に戻ることを望む」と発言した。
・・・

日本が安全保障上の問題だとしてホワイト国から韓国を外したというのに、米国防次官補はこの問題を安全保障上の問題に拡張させてはならないと言ったんだ。

えっ?矛盾してませんか?

ワトソン君、俺は今米国内にも亀裂が生じる可能性を想定している。特に国防総省内部とトランプ政権についてだ。明らかに韓国をどうするかで意見が割れてるよね。エスパー国防長官だけでは分からなかったが、シュライバー国防次官補の発言でそれがよりくっきりと露わになった。

日本政府の方針は、トランプ大統領の方針ですよね?それは、アメリカ軍の方針とは違うって事ですか?

エスパー国防長官は元陸軍長官だ。つまり韓国側に肩入れする理由が十分にあるんだよ。ところがトランプはそうではない。やはり俺の危惧したとおり米国内で韓国をどうするかで揉めに揉めている可能性を考えなくてはならないかもしれない。

GSOMIA破棄とトランプ政権の宇宙軍創設は連動している説

まさにそういう俺の懸念を裏付けるような記事が見つかった。基本的には取り上げないことにしていたニュースソクラの記事だが、この記事に関しては例外的に読んでみてほしい。引用ばかりになってしまうから冒頭部分だけ提示する。

GSOMIA破棄、日韓でなく米国の危機
8/30(金) 12:32配信 ニュースソクラ

米国のメンツ丸つぶれ、でも呼びつけることもできまい

 8月22日に韓国の文在寅政権が、GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)を破棄すると発表した問題。日韓関係の危機ととらえられがちだが、実は、GSOMIA破棄の問題の根源にあるのは、アメリカの威信低下であり、そのことこそが最大の問題であると、私は考える。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010000-socra-int

・・・。

どうだ?読んでみたか?

黒井さんって、記事を省略する時は「・・・」なのに、どうして点々を使う時は「…」なんですか?

そこかよwww “…”だと小さすぎて見えにくいだろうから“・・・”とわざと表記しているのもあるが、基本的に用法が違うからというのが主な理由だ。俺は“・・・”を自分の発言の区切りを表現する点々の意味では使わない。

そうなんですね!ずっとモヤモヤしてたので、今聞けて良かったです。アメリカ政府は、大丈夫なんでしょうか・・・?

俺はどちらかというと米国の面子ではなく”米軍”の面子だと思っている。米軍の行動に日本は応じるような素振りを見せているものの、韓国軍は一切気にもかけずに無視してしまったし何より有志連合への呼び掛けに大半の国が応じていないからな。米軍が今後どうなっていくのかは経過を見る必要があるが、現段階では日韓の争いを止める力を失っていると判断される向きもあるということだ。

エスパー国防長官が影響力なさそうに見えるのは、そのせいですか?

だろうね。実際この人は日本に何もしてくれなさそうだろ?別の記事でトランプが宇宙軍を創設するという話が出ていたが、この宇宙軍の主力となるのは明らかに空軍勢力だ。つまり陸軍勢力の権限が今より失われる可能性が出てきてるんだ。

ホントだ!宇宙軍の司令官には、レイモンド空軍大将が就任するそうです。まるで宇宙軍の司令官が、国防長官みたいです!

米が宇宙軍設立 太平洋軍などと同等に位置付け
8/30(金) 10:22配信 AFP=時事

 【AFP=時事】米国は29日、同国で11番目の統合軍として「宇宙軍(Space Command)」を設立した。ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領出席の下、ホワイトハウス(White House)で式典が行われた。

 宇宙軍の設立は、米軍幹部らが中国、ロシアによって宇宙領域における米国の優位が徐々に弱まっているとみる中での動き。現代の戦争に欠かせない衛星や高高度航空機などを主とした重点的な戦闘領域へと宇宙空間を格上げする。

 宇宙軍は統合軍として、中東を所管する中央軍(Central Command)や、アジアを所管するインド太平洋軍(Indo-Pacific Command)などと同等に位置付けられる。

 国防総省は、すでに宇宙での戦争に焦点を当てた部隊を空軍内に設置していたが、新設の宇宙軍はそうした戦いをいっそう重視し、映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」のような武力衝突に特化したシステムの構築と訓練を担う。

 司令官には、ジョン・レイモンド(John Raymond)空軍大将が就く。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000011-jij_afp-int

俺はこの二重権力状態は国防総省にとって大きな変化をもたらすと思っている。宇宙軍創設により空軍に大きく予算が振り分けられることになるだろう。そうなれば陸軍の存在意義はどうなる?それこそメキシコとの国境を防衛する程度の役割になり下がるんじゃないか?という話だ。

国境の壁を守るのに、在韓米軍を配備すればいいと思います!それなら、予算を増やさなくても何とかなると思います。

いい勘をしてるね!宇宙が舞台となるならばますます韓国の存在なんてどうでもよくなるはずだ。北朝鮮からの侵攻を守るためだけに部隊を配置するのは明らかにリソースの無駄遣いだからな。それよりも島国で周りを海に囲まれた天然の要塞となっている日本や台湾に戦闘機やミサイルを配備した方がよほどいい。エスパー国防長官もこの流れには逆らえないと思うよ。

じゃあ、アメリカ軍の内部での変化が、韓国をジーソミア破棄に追い込んだっていう事になるんですか?

韓国が在韓米軍を追い出したいというよりは、むしろ米国が韓国を切り捨てようとしていることにここ最近文在寅政権が気付き始めたんじゃないかとも思っている。北朝鮮があれだけミサイルをバンバン飛ばしてるのにトランプが一向に問題視しないからな。それで文在寅も韓国だけで自国を守る覚悟を決めたという話だ。そのためには日本とのGSOMIAは足枷でしかないと思ったわけ。

北朝鮮に攻め込まれると覚悟してるんですか?

そういうこと!文在寅はすでに朝鮮半島有事のシナリオを想定してると思うよ。それで自分だけでもタイに逃げ場所を確保するために来月初頭からタイを訪問したり、タイメディアに寄稿文を出したりしてるわけだ。

ムン大統領、タイとの関係を露骨に強化し始めてますからね・・・。

北朝鮮の侵攻に韓国は耐えられないと最初から判断してるなら、日本侵攻で国体を維持するより他に方法がないからな。さっきオセロの例え話でやった戦略を本気で実行に移す可能性があるってことだ。

タイに韓国臨時政府を置く事は考えてないんでしょうか?その方が日本からは遠いし、安全です!

タイ政府を何だと思ってるんだよwww

日本政府がフッ化水素の輸出許可を出したという話は裏が取れるまで確定事項にはしないが、もし許可を出したのが事実ならばおそらくそれは日本側の事情によるものだ。このことはオフレコで詳しく説明しようと思う。最後にワトソン君には安倍政権が宇宙軍創設にどれくらいタッチできてるかを調べてもらいたい。

安倍首相が・・・?自衛隊じゃないんですか?安倍首相は、特に何も話してないみたいです。

それが日本の現状ってことだ。トランプ政権の軍事戦略は先の先まで見据えていると思うが、安倍政権の軍事戦略はちょっと先くらいまでしか見てないという話になる。このことが後々重大な問題を引き起こす懸念があるということだ。日本政府は安保専門家を総動員して米国が今後何をやろうとしているかをしっかりフォローして、そのための政策立案に向けた具体的な動きを進めなければならない。自衛隊任せではいけないということだ。安倍首相が中心になってやるんだ!

言い切りましたね・・・。安倍首相、黒井さんがここまで言い切るのは、絶対に何かあるんだと思います!黒井さんは楽観的な予測は全然ダメだけど、悲観的な予測はしょっちゅう当たるんです!だから、お願いします!

なんだその評価www 別に俺は予想屋じゃない。可能性を提示してるだけでそれができれば全部外れてほしいという願いを持っているんだ。最悪のシナリオを常に想定しておけというのは有能さんも当初から強調している話だ。楽観論ではこれからの乱世を生き残ることはできまい。韓国消滅後の先の先まで見据えることが今後の日本人に求められた課題と言えよう。