中国政府が香港行政長官の逃亡犯条例撤回案を拒否  香港に自治権が存在しないことが誰の目にも明らかに

中国ニュース, 台湾・香港ニュース

香港行政長官のCarrie Lam氏が抗議活動鎮静化のため逃亡犯条例の改正案を撤回する旨を中国の中央政府に提案していましたが、中国側に拒否されていたことが分かりました。これにより香港には自治権が存在しないことが誰の目にも明らかになりました。香港当局は抗議活動を鎮静化させるすべての手段を失ったことになるからです。

香港政府の抗議デモ対策案、中国政府が拒否=関係筋
8/30(金) 16:39配信 ロイター

 [香港 30日 ロイター] – 複数の関係筋によると、香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は今年夏、抗議デモの参加者が掲げる「5大要求」について検討した報告書を中国政府に提出し、「逃亡犯条例」改正案を撤回すれば抗議デモの鎮静化につながる可能性があるとの見解を示した。

 ただ、中国の中央政府は、改正案の撤回に関する同長官の提案を拒否。5大要求の他の項目についても、要求に応じるべきではないとの見解を示した。

 中国政府が抗議デモへの対応で香港政府に指示を出していることは広く予想されていたが、その実態が明らかになった格好だ。

 デモ参加者が掲げる5大要求は、改正案の撤回、抗議デモに関して調査する独立委員会の設置、完全に民主的な選挙の実現、抗議を暴動とした認定の取り消し、抗議者の逮捕取り下げ。

 香港政府高官が匿名を条件に明らかにしたところによると、改正案の撤回と独立委員会の設置は政治的に最も実現可能で、一部の穏健なデモ参加者の不満を和らげるのに寄与するとみられていたが、中国政府はこうした要求に応じないよう同長官に指示したという。

 中国政府高官によると、林鄭長官が報告書を提出したのは、中国政府のハイレベル機関「中央香港マカオ工作協調小組」。同組織のトップは共産党中央政治局常務委員会の韓正委員が務めており、習近平国家主席も報告書の存在を知っているという。

 林鄭長官の事務所は、ロイターの取材に対し、抗議者の懸念に対応するため努力していると表明。報告書を中国政府に提出したかどうかや、中国政府から指示を受けているかには直接コメントしなかった。

 中国外務省は、ロイターの取材に対し、国務院香港マカオ事務弁公室に問い合わせるべきだとコメント。ロイターは香港マカオ事務弁公室にファクスでコメントを求めたが、返答はない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000079-reut-cn

誰の目にも明らかになった自治権の喪失

ひっでぇなこれ…。香港何もできないじゃん。さすがにかわいそうになってきた。

ホントですね・・・。デモ隊は逃亡犯条例の「撤回」を求めてるんです!それ以外ではデモを収める方法がないのに、中国はダメだなんて・・・。

このような事態はかねてより予測されていましたが、誰の目にも明らかになったという点で重大かと思います。香港行政長官のCarrie Lam氏が中国の中央政府に逃亡犯条例の撤回を提案しましたが、中国側は難色を示し拒否される形になりました。

それだけじゃないです!香港デモのリーダー2人が、不当に逮捕されたんです。ボクからもいいですか?

【報ステ】『民主化の女神』逮捕 デモも中止へ
8/30(金) 23:30配信 テレ朝 news

 6月に市民が警察本部を包囲したデモで、無許可の集会を扇動した疑いなどで逮捕・起訴されていたアグネス・チョウさん(22)とジョシュア・ウォンさん(22)が、30日夜に保釈された。裁判所の前に姿を現したアグネスさんは「はっきりとわかったのは、中国政府・香港政府は恐怖を広めて、香港市民を社会運動や民主化運動に参加させないように脅しているということだ」と述べた。アグネスさんは、2014年に行政長官選挙の民主化を求めた雨傘運動で、『民主化の女神』として注目された。一方、警察は、31日に計画されていた大規模なデモについて、認めない方針を打ち出した。2人の逮捕が影響したのか、主催者側もこのデモの中止を発表した。中国国営メディアは「逮捕されるのは自業自得だ」と批判しているが、今回の逮捕劇をきっかけに香港市民の反発が一層強まる可能性もあるとみられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190830-00000076-ann-int

「民主化の女神」

そこは・・・。女神というのは、ちょっと大袈裟ですけど。

中止になったデモは今日の分だけで明日以降はそのままだよな?まさかリーダーが逮捕されたくらいでびびってるのか?

こちらの報道についてはさほど重要ではないかと思います。香港警察により身柄を拘束されることは常に想定されますので、そのような覚悟がないまま抗議活動をしているとは考えにくいからです。

そりゃそうだ。だが中国政府は明らかにこの若い2人を狙ってデモ活動を諦めさせようとしているね。香港行政長官に何を言っても無駄、香港は名実ともに中国の支配下にある、だが1国2制度は続けていく…というような中国にとって都合いい展開になるのを恐れているよ。

抗議活動が実施される場合中国は鎮圧部隊を配備か

中国当局が香港駐留部隊を入れ替えたことについて、米国国防当局が疑問視しています。本日の抗議活動は中止されたようですが、もしも実行された場合には即座に鎮圧できる配備をしていた可能性について言及されています。

中国、香港駐屯部隊を「入れ替え」 米が懸念表明
8/30(金) 12:30配信 CNN.co.jp

 (CNN) 中国国防省の任国強報道官は29日、香港に駐屯する人民解放軍部隊の「入れ替え」を行ったと発表した。入れ替えのタイミングについては「例年と同様」と強調しているが、31日に予定されている大規模デモを前に、米当局者や香港市民は警戒を強めている。

(中略)

 米国防当局は、年に1度の定期的な入れ替えだとする中国の主張に強い疑念を示している。

 米当局者は、「特に懸念されるのは、戦車や人員輸送車を含む中国の部隊の今後数日の動きだ。31日に計画され、既に禁止が言い渡された民主化要求運動を即座に弾圧できる位置へと動くかもしれない」と予想する。

 この当局者は、もし本当に計画通りの入れ替えだったのであれば、中国は31日という微妙な時期以降に予定を延期していたかもしれないとも指摘した。

 国防総省のデービッド・イーストバーン報道官は、「香港市内と周辺部での中国軍の動きを見守っている」との談話を発表し、「主要7カ国(G7)とともに、暴力を避け、中英共同宣言の重要性を再確認するよう求める」と中国を牽制(けんせい)した。

 米当局者らは、中国が香港からの通信のコントロールや制限に乗り出せば、米政権による事態の把握が遅れる恐れもあるとみている。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-35141993-cnn-int

デモが中止になったのって、それが怖かったからですか?

ある意味そうかもね。それでわざとらしくデモ隊のリーダー2人を香港警察が逮捕して、事情を説明してデモをやめさせるように説得したと。リーダーもさすがに装甲車にデモ隊を鎮圧される事態は望んでないだろうからな。

すべては憶測でしかありませんが、中国当局が本日の抗議活動を念頭に置いていたのは事実と考えても問題にはならないでしょうね。米国国防当局がどこまで情報を把握できているかは不明です。

「中国軍の動きを見守っている」という表記があるけど、これは具体的に監視している可能性もあるんだろうか?

それも含めてです。中国による香港内での通信制限も視野に入れており、抗議活動に対する過度な取り締まりが看過される事態も想定されます。現時点では中国当局を牽制するにとどめていますが、一線を越えた場合については特に言及されていません。

香港にもし何かあったら、介入した方がいいのでは?香港には軍もないし、カンタンに制圧されてしまいます!

“香港駐留部隊”の時点で制圧は完了してるだろ。あとは中国政府が建前を放棄するかどうかにかかってるわけで。米国が懸念しているのはまさにそこだと思う。

中国が一線を越えることは中国自身が望まないはず

ネットユーザーは、もう天安門事件のことしか考えられない雰囲気ですね・・・。一帯一路サミットも中止にした方がいい、って言ってる人がいます!昨日の拘束で中国は香港を脅している、それでもデモをやめない場合は・・・という意見もありました。

一帯一路サミットまであと10日くらいしかないけど収束するんだろうか?来月初めからデモ連発だろ?

それから、イギリスがちゃんと独立させてあげた方が良かったのでは、と言ってる人もいました・・・。中国を信用したのが、間違いだったんですね。

それは確かにそう思うが、独立するとなれば軍が必要になるだろう。いずれにせよ中国共産党の脅威から逃れられるとは思えないね。つまり中国共産党をどうにかしなければならない。

正しい認識かと思います。トランプ氏も中国と香港が解決すべき問題だという認識を一旦は示しましたが、中国が一線を越えるようであれば優遇措置を外すことで中国経済に打撃を与えることになります。それは中国自身が望まないという意味です。

どうだろうか?米国には他にカードはないのかな?もっと強烈な何かを。

私から現時点で共有できる情報はここまでです。

すみません、時事通信の記事で申し訳ないんですけど、EUの外相も香港に懸念を示したそうです!

EU外相、香港情勢「非常に憂慮」=表現の自由尊重求める
8/30(金) 23:10配信 時事通信

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)は30日の記者会見で、反政府抗議活動が続く香港で民主活動家らが相次いで逮捕された事態を念頭に「特に過去数時間での香港の出来事は非常に憂慮させるものだ」と述べた。

 その上で「香港当局に人々が平和的にデモを行う権利とともに、集会や表現の自由を尊重するよう求める」と訴えた。

 EUは同日、フィンランドの首都ヘルシンキで開いた外相会議の中で香港情勢を議論し、今後の状況を注視することを確認した。モゲリーニ氏は「われわれは状況がこれ以上間違った方向に行かないように取り組み続ける」と語った。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000169-jij-eurp

時事通信が中国に反発するなんて珍しいな。何かあったのか?

時事通信は、EU寄りなんだと思います!EUまで香港の問題はおかしいって言ってて、中国の味方がドンドンいなくなってる気がします・・・。

中国当局には良識のある行動が求められている状況です。自治権が香港には存在していないことが誰の目にも明らかになりましたが、それでも中国が一線を越えないことを世界が確信していると考えられます。

そこに線はあるんだろうかというレベルの話だと思うがな。もうとっくに線の中だと思うけど、世界がそれに気付いてないというか。まあいいや。

香港の皆さん、最後まで諦めないでください!日本の有名なマンガに、「諦めたらそこで試合終了だ」というフレーズがあるんです!ボク達日本人からは、この有名なフレーズを送ります!香港の皆さん、諦めてはいけません!

中国との試合が成り立つわけがないだろ…。まあ諦めたら終わりという点はそうだが。