日本の半導体産業が韓国を倒して復活できるようになる理由がすごすぎた! 知られざる負の歴史「日米半導体協定」について広めよう!

トランプ政権, 安倍政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

黒井さん、「日米半導体協定」って知ってますか?日本はこの協定のせいで、自国で使う半導体のシェアを20%に引き上げないといけなくなったそうです!ネットユーザーがそう書いてました。

すまん、まったく知らない。ネット百科事典でも見当たらない。何の話?

そうなんですか?この協定のせいで、韓国の半導体産業が飛躍したって言われてるんです!

ネット百科事典にも書かれない負の歴史

マジで?

日本産だけではダメだってアメリカに言われてしまったので、仕方なく韓国に作らせたのがきっかけだったみたいです・・・。ネット百科事典だと、日米貿易摩擦の項目にも全然書かれてないです。

ちょっと探してみるわ。他のサイトの解説によれば1986年に日米間で締結された協定で、日本での外国産シェアを20%に引き上げるようにしたのは1991年からだ。つまり平成になってから。1996年7月には失効してるそうだ。日本の半導体産業がもはや脅威にならなくなったのが理由だという。

失効してたんですね・・・。それは知りませんでした。

その頃に時を同じくして日米欧に台湾と韓国を加えた新世界半導体会議という枠組みが誕生している。ダンピングの防止や市場への参入障壁を除去するための枠組みだ。今回のホワイト国除外に伴う一連の輸出管理強化で韓国はここから脱落することになると言えそうだね。

それが、マイクロンさんの台湾工場に繋がってくるんですね!腑に落ちました。

なるほどな…。実は韓国の役目は日本の製品を米国に迂回輸出するためのルートだったというのはよく言われる話だが、半導体については数値の制限が具体的に設定されていたというわけか。

ネット百科事典によれば、1985年くらいに対米貿易黒字が500億ドルになってしまったので、今中国がされてるみたいな貿易戦争が多発したそうです!

アメリカの日本人社員がスパイ容疑で逮捕されたり、日本企業がアメリカ企業を買収することを拒否されたりしたみたいです!

中国が今されてることはかつて日本がやられたこととまったく一緒というのもよく目にするフレーズだね。日本はその争いで根負けして米国に逆らわないような大人しい国作りを目指すようになったと認識している。それが平成の失われた30年間の真相だともね。

じゃあ、韓国を成長させたのは、実は日本の望みだったんですか?

そういうことになる。半導体産業については米国は韓国がいくらシェアを握ろうが対米黒字を持とうがまるで問題視してこなかったというのはいささか差別的な気もするがね。韓国は他に何もない国だし脅威にならないと感じたんだろう。ところがそれがトランプ政権になって変わった。

米国の新たな対日輸出品目が誕生したから日本の遠慮が不要になった

そうなんです!トランプ大統領になってから、急に日本で半導体工場が建てられるようになったのは、アメリカ政府がいい交渉材料を持ってきてくれたからだ、ってそのネットユーザーは言ってます!

交渉材料?

アメリカが、石油を日本に売るんです。トランプ大統領が日本と歴史的合意に達したことで、日米の新しい貿易協定がなされるんじゃないかって言われてて、それによりアメリカから大規模な石油輸入が実現できるって言われてるんです!

米国主体で見れば、日本への大規模石油輸出が可能になるってことだよな?

そうです!そのおかげで、対米黒字があっという間に消えるんじゃないかって言われてるんです。だから日本で半導体を製造してアメリカに売っても、トランプ大統領が怒らなくて済みます!

なるほど!話の筋が読めた。日本は今までハイテク製品を韓国に作らせて米国に迂回輸出し、対米黒字を何とか圧縮していた状況だった。ところが米国が石油を売り莫大な対日黒字が稼げることになるので、もう韓国に作らせなくてもよくなったと。それが半導体工場が相次いで日本に建てられようとしている真相だと。そう言いたいんだな?

黒井さん、もう少し文字を圧縮してほしいです・・・。読むのが疲れます。

うまいこと言いやがってww 日本は半導体を米国に売り、米国は石油を日本に売る。こういう戦略的関係図が成立するようになると言いたいんだな?

そうそう!それです!アメリカで半導体を製造するのはフッ化水素の輸送の手間から難しいし、日本で石油を発掘するのも難しいので、お互いにとってウィンウィンなんです!

今調べた限りでは先日のG7で原則合意として話がまとまってるね。今月中の署名を目指すようだ。その中に石油が含まれるようになるという話かな?

だから日本が韓国をホワイト国から除外しても、アメリカは特に文句を言わなかったんだと思います!シュライバー国防次官補は、別でしたけど・・・。

韓国の半導体産業が成長できたのは日本が見逃してやってたから

とうもろこしを米国から買うことについてやたら左寄りの人達が文句を言ってたけど、それも対米黒字圧縮のためなら必要なことだよな?

トウモロコシは、元々購入する分を前倒しにしただけだそうです!年間の購入量は全然変わらないみたいです。

なるほど。トランプへの手土産のようなものだったわけか。正常な輸入にいちゃもんをつけて何とか突破口を探ろうとするから左寄りの人達は信用をなくすわけだ。

フッ化水素についても、今後は徐々に審査日数を延ばして、最終的には許可しない運用も考えてるんじゃないか、って言ってる人もいます!禁輸にするチャンスはいくらでもあるって。だから、落ち込まないでもいいと思います!

その話を聞いて少し安心した。実は今日米半導体協定についてまさに書かれている記事を発見したんだ。一部過激な表現があるので抜粋するから読んでみてほしい。

韓国半導体産業「もろさ」露呈 日本の技術を奪い…半導体関係メーカー幹部「恩を仇で返された。韓国勢に協力する人はいない」
9/2(月) 16:56配信 夕刊フジ

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことで、日米両国の怒りが爆発寸前になっている。こうしたなか、韓国が世界一を誇る半導体産業が今後、危機に直面しそうだ。・・・

 電子機器を制御する重要部品である半導体。日本はこの分野で1990年代まで世界を牽引していた。1986年の日米半導体協定で、外国産半導体の調達を自主的に行うことになり、韓国企業に技術を供与して半導体を作ってもらった。

 それをきっかけに、韓国の半導体産業は飛躍した。DRAM(記憶素子)や、東芝が発明したフラッシュメモリー(情報の一括消去可能な記憶素子)など、汎用(はんよう)技術に基づく半導体を大量に生産して安値販売し、赤字覚悟でシェアを奪う戦略で成長した。

 2000年前後は、日本企業が汎用半導体部門を縮小した時期で、人についた技術が流出したとされる。日本の半導体産業は10年ごろまで、そうした流出技術を活用したと思われる韓国製品との競争に苦しんだ。

 ライバルの韓国勢に技術を与える日本企業の甘さと設備投資の判断ミス、収益率の低さからの撤退など日本側の問題も多いが、韓国勢の「反則技」の影響も深刻だったといえる。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000008-ykf-int

じゃあ、日本の半導体産業が衰退したのは、わざとだったんですね・・・。

わざととまでは言えないが必然だったとは言えるかもね。韓国はあたかも日本から技術をまんまと奪い親を出し抜いてやったかのように思ってるんだろうが。義理の親の日本は義理の息子が財布から札を抜こうがカードを勝手に使おうが見逃してやってきたわけ。気付いてないふりをしてな。

韓国は、悲しい国ですね・・・。日本のおかげで生きてこれた事を、全然実感できないまま歴史を終えるなんて。でも、仕方ないと思います!

北朝鮮に攻め込まれて国体が消滅する間際になって、初めて義理の親のありがたみが分かる人も多いかもしれないね。義理の親とはいえ当然親孝行はしなくてはならない。それは自分のためになるからだ。日本はもう勘当して縁を切るつもりでいるから何も困らないしどうでもいいがね。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!