中国の8月輸出は予想外の1.0%減  対中追加関税発動によりさらに低迷するとの見方も

中国ニュース

Sponsored Links

中国政府が発表した貿易統計によれば、8月の輸出は予想外となる1.0%の減少となりました。市場の予想では2.0%増とされていましたが、9月の対中関税発動を前に輸出業者が出荷を前倒しすると予想されたことが背景にあります。予想に反し中国は輸出を増やさなかったことになります。中国経済は今後もさらに低迷していくとの見方が多いようです。

中国、8月輸出は予想外の減少 輸入も4カ月連続減
9/8(日) 22:42配信 ロイター

 [北京 8日 ロイター] – 中国税関総署が発表した8月の貿易統計によると、同月の輸出は予想外の減少となった。輸入も4カ月連続の減少。米中貿易戦争が激化する中、中国経済の低迷が改めて浮き彫りとなった。

 市場では追加の景気支援策が打ち出されるとの見方が多い。

 8月の輸出は前年同月比1.0%減と、6月(1.3%減)以降で最大の落ち込み。ロイターがまとめた市場予想は2.0%増、7月は3.3%増だった。

 市場では、対中追加関税の発動を控えて、輸出業者が出荷を前倒ししたのではないかとの見方が多かった。

 米国は10月1日と12月15日にも対中追加関税を発動する予定で、アナリストの間では今後輸出がさらに低迷するとの見方が多い。

 8月の輸入は前年同月比5.6%減。市場予想は6.0%減、7月は5.6%減だった。

 8月の貿易収支は348億4000万ドルの黒字。市場予想は430億ドルの黒字、7月は450億6000万ドルの黒字だった。

 8月の対米貿易黒字は269億5000万ドル。前月の279億7000万ドルから縮小した。

 1─8月の対米貿易黒字は1954億5000万ドルと、米国のトランプ政権が問題視する貿易不均衡が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000015-reut-bus_all

中国は輸出を前倒しせず

貿易黒字が348億ドルとか言われると、やはり韓国との格の違いを感じてしまうよね。だがそれでも市場予想よりだいぶ低いようだ。

ホントですね・・・。ケタが違います!

中国経済はワトソン君担当じゃないのかよwww

ボクが見るのは中国企業や株、負債、人民元とかの方で、輸出とか関税が関わる部分は有能さんにお願いしてます!

ああそういうことか。ワトソン君が有能さんにお願いするというのも妙な話だが。

中国の統計は対米黒字の話にもつながりますので、随時私が重要と判断して取り上げることにします。8月の輸出は予想外の落ち込みとなりました。9月の対中追加関税発動に備えて輸出業者が出荷を前倒しするとみられていたからです。市場予想の2.0%増に対し1.0%減という弱気な数字となっています。

9月1日までに出港すれば、関税がかからないって思ったからでは?

それなら逆に8月中の輸出が増えるはずだろ?駆け込み輸出すれば関税を免れられたのが前回だったからな。市場は今回もそうすると予想したが、意外にも中国がそれをやらなかったということになる。

あれ?確かに・・・。じゃあ、中国は諦めてしまったんでしょうか?

関税賦課の時期が前回と異なるという話ですが、市場の予想ほどには中国の政策決定には影響を与えなかったものと思われます。輸出の時期を前倒しにすることも難しいほど景気が減速している可能性もあります。

逆に、アメリカの関税発動時期を知ってたとか?

米国への対抗心で前倒しをしなかったという憶測も

中国がそれを読んでいた可能性もあるけど、俺は米国に負けたくないと思ってわざと繰り上げなかったんじゃないかとも思ってる。米国の関税攻勢に一喜一憂する自分達が許せないみたいな。

えっ?それって韓国と同じじゃないですか!

そうだよ。韓国にとっての日本が中国にとっての米国だ。お互い同盟国じゃないから存分にやり合える。中国としても意地を張らないわけにはいかないという話だ。

8月の対米黒字は前月からやや縮小したものの、269億ドルと同水準を維持しています。今年に入ってからの対米黒字はこれで1,954億ドルとなりました。多いか少ないかに関わらず、トランプ氏が問題する黒字が続いていることになります。

中国は愚かな真似をせず真摯に望むべきじゃ。トランプ氏との合意を受け入れぬ選択肢は考えられんぞ。

合意を受け入れたら負けと思ってそうな気配ですからね…。輸出の繰り上げもやめて、関税は効いてないというアピールもし始めたみたいですし。

ボクは、単純に発動時期を知ってたので、恥をかかされないようにしたかったんだと思います!中国の諜報部隊が、アメリカ政府の方針を事前に知ってたんだと思います!

うむ。かつて米中の情報機関は仲良しだったそうだからな。ニクソン以降冷戦期であっても裏で共に行動をしていたという記事をこの前どこかの雑誌系メディアで読んだよ。その頃のコネを使って米国政府側の事情を聞き出したりしてるのかもね。知らないけど。

私からは述べられることはありませんが、トランプ氏の方針が変わらないことだけは確かです。トランプ氏は中国に最終的な合意を求めますが、その合意が任期中になされない場合2期目からはより厳しい対応になると警告もしました。

日本のバブル崩壊も、ひょっとしたら米中の共同作戦だったのでは?平成30年間は、中国が成長した30年間でした!

こらこらww 不要な詮索はしないでおこうぜ。そういう歴史の復習はもっとずっと先でいいと思う。

中国が意図的な通貨安政策を実施している可能性高まる

中国の外貨準備高についても取り上げます。8月は市場予想の40億ドル減に対し予想外の35億ドル増となりました。該当期間については経済が安定していたことや債券価格が上昇したことなどが理由とされています。

中国外貨準備、8月は3.1072兆ドル 予想外の増加
9/8(日) 22:40配信 ロイター

 [北京 7日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)が発表した8月末時点の外貨準備は前月比35億ドル増の3兆1072億ドルだった。

 元安が進行したにもかかわらず、予想外の増加となった。

 ロイターがまとめた市場予想は40億ドル減の3兆1000億ドルだった。

 国家外為管理局は8月の外貨準備増加について、対外収支の安定や、経済成長が総じて安定していたことが理由だと説明。主要国の債券価格が上昇したことも挙げた。

 中国は米中貿易戦争や国内の景気減速にもかかわらず、過去1年間、資本流出を抑制できている。資本規制や中国株・債券への海外投資が背景。

 人民元は8月に対ドルで約3.8%下落。人民元レートが一本化された1994年以降で、月間として最大の下げを記録した。元は現在11年半ぶりの安値で取引されている。

 8月末時点の金準備は954億5000万ドル。7月末の878億7600万ドルから増加した。中国は今年、金準備を増やしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000014-reut-bus_all

またこの結果により、一部報道で述べられているような人民元安の理由は資金流出だとする主張も否定されることになりました。中国当局が意図的な通貨安政策を実施している可能性が高いということです。

そうなるなww 皮肉にも外貨が増えてしまったことでキャピタルフライト説が使えなくなってしまった。外貨が増えない方がいいこともあるってわけだ。

人民元のレートはちょっと落ち着いてるんですけど、未だに1ドル=7.1元より安いですね・・・。関税発動の影響を、通貨安で軽減してるんだと思います!

そう疑われても仕方ない状況になりつつあるね。となると10月や12月の関税発動は避けられないだろう。段階的に税金を発動させるというのは何やら消費増税を彷彿とさせるんだが。

日本政府は、前回も消費税増税を10月1日にしましたよね?どうして国慶節の中国建国の日を選んだんですか?

関係ないからwww …いや関係あるのか?まさか…中国におもねるためにやってないだろうな?

ですよね?どうして10月1日なんだろうって、前から気になってたんです。日本経済が落ち込めば、中国にとっては有利だと思うんです!

日中韓全部がオウンゴールを頻発させるような状況にならなければいいがな。中国は中国でWTO提訴とか意味不明なことを言い出しているし米国のスパイかのような動きも見せている。結局勝者は米国だけなんて落ちも想像しなくてはならないね。

日本の内政については私からは述べることは基本的にはありませんが、消費税に関しては一時凍結させる選択肢も考えられたかと思います。柔軟な議論がなされるべきでしょうね。

消費増税後にリーマンショック級が来るという最悪の展開も想定しなければならないからな。そうなれば日本はおろか世界中がおかしなことになると思うけど、日本も立ち直れないくらい深刻な打撃を受けるかもしれない。あまり悪い想像をするのはやめておこう。

そうです!日本政府だって、消費税増税の代わりにポイント還元を増やしてるし、打撃は限定的っていう見方もあるんです。それに、増え幅も2%だけだし、10%になれば計算もしやすくなります!

何事も前向きに考えなくてはならない。米国が10月1日も関税発動の日に選んでくれたことを感謝しつつ中国や韓国との戦いに臨もうじゃないか。これは日本も当事国となった経済戦争なんだ。何としても戦勝国にならなければ。