トランプ政権

米国元高官「韓国は1965年の条約を危険にさらした。日本はもう支援しないだろう」 完全に終わったな…

民間人に戻った元政府高官のボルトン氏が韓国に対して手厳しい一言を放ったようだ。戦略国際問題研究所と中央日報の共同フォーラムの中でだ。同じトランプによって駐韓米国大使への就任を拒否された韓国系のビクターチャ氏が聞き手となり日韓関係についての質問がなされたが、ボルトン氏はそこで韓国が1965年の日韓基本条約に対して不公正だという認識から”挑戦”をしたことに韓国自身が気付いていないとして警告を発した。原因が原因だけに日本はもう”小切手帳”を開かないだろうとダイレクトに韓国に最後通牒を突きつけた。

<中央日報・CSISフォーラム>ボルトン氏「北朝鮮指導部、私が民間人の身分になったことを喜んでいるだろう」
10/2(水) 14:11配信 中央日報日本語版

 ドナルド・トランプ大統領と北朝鮮政策などをめぐり衝突し、9月に更迭されたジョン・ボルトン前ホワイトハウス大統領補佐官(国家安全保障担当)がさらに過激になって戻ってきた。ボルトン氏は先月30日(現地時間)、米国ワシントン戦略国際問題研究所(CSIS)で開かれた「中央日報-CSISフォーラム2019」で北朝鮮が極度に敬遠する「3種セット」を公開的に取り上げた。その3種セットとは▼リビア式「先に核廃棄-後に見返り」モデル▼政権交替▼軍事オプションの必要性--だ。ボルトン氏は「北朝鮮指導部は私が民間人の身分でこの位置に立ったことを喜んでいるだろうと確信している」と冗談も飛ばしたが、立場は強硬だった。次はビクター・チャCSIS韓国碩座との質疑応答。

--韓日葛藤に関連して米国はどのような提案をしなければならないか。

 「我々は韓日同盟を効率的に再びひとつにまとめられるよう努力しなければならない。米軍が駐留する両国の分裂は現(米国)政府のインド太平洋政策を深刻な危険にさらした。紛争の一部問題は韓国側の国内政治的スペクトラムから非対称的に提起された。分裂の起源は1965年韓日基本協定が不公正だという認識から始まり、これが両国の未来関係に深刻な不確実性を引き起こしている。北核合意に至っても日本は小切手帳を開こうとしないだろう。日本の経済報復に韓国は驚いたが、逆に1965年協定に対する挑戦が引き起こした危険を認識できていないようだ

--現在の北朝鮮制裁は過去よりもはるかに強いが、交渉で一部制裁を放棄する可能性は。

 「その可能性があるとは思わない。制裁は過去の安保理決議案1695号と1718号の時のように短期集中的に行われるべきだ。長期間で徐々に制裁を増やせば相手は回避する方法を見つけ出す。北朝鮮とイランがその分野の専門家だ」

--あなたが満足するには北朝鮮はどのようにすべきか。

 「私は北朝鮮がいつの日にか自発的に充分に核をあきらめると思わない。彼らは全体核体系を放棄しなければならない。私は偽の査察は望まない。彼らは強力で徹底した査察に合意しなければならない。今まですべての合意に違反してきた北朝鮮政権の信頼度を考慮する時、我々はいかなる合意であっても真の検証を行わなければならない。北朝鮮体制内部の根本的変化がない状況で北朝鮮のいかなる約束も信頼する根拠がない」

--金正恩は会ってみてどんな人だったか。

 「私は彼が北朝鮮を徹底的に掌握していると信じている。父親〔金正日(キム・ジョンイル)〕死亡後、彼が軍部の操り人形で、他の派閥が北朝鮮を掌握したという疑問も提起されたが、もう彼が決定を下しているということが明らかになった」

--韓国の防衛費分担金を50億ドル(約5400億円)に増額する要求は適切だったか。

 防衛費の公正な額を負担せよといことだが、不適切なものではない。北大西洋条約機構(NATO)同盟国はこのような圧迫に計1000億ドル以上増やした。私は韓国・日本も再調整しなければならないと言いたい。最初の要求金額はいくらであっても最初の要求にすぎない。(結果は)交渉の進み具合を見守らなければならない。ただし以前のようにはならないだろう」

 ボルトン氏が動いたこの日、キム・ソン国連駐在北朝鮮大使は国連総会の一般討論で「今まで朝鮮半島情勢が緊張激化の悪循環から抜け出せていないのは、全面的に米国が時代錯誤的な敵対視政策によりかかり、政治・軍事的挑発行為を日常的に行っていることに起因する」とし「朝米交渉が機会の入り口になるか、あるいは危機を呼ぶきっかけになるかは米国が決めることになるだろう」と主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000032-cnippou-kr

民間人のボルトン氏も北朝鮮に強硬

ボルトン補佐官、もう補佐官じゃなくて民間人ですよね・・・。ボルトンさんになってしまいました。

皮肉交じりに民間人ですと自己紹介した形になるが、話の中身は真剣そのものだ。戦略国際問題研究所と中央日報が共同で開催したフォーラムには米国政界から多数の人が訪れ今の米韓関係について積極的な議論が交わされたという。

ボルトンさんが来るって事は、結構大きなイベントだったんですね!一番の注目イベントじゃないですか?

この席でも”リビア式”の単語を出すくらいボルトン氏は北朝鮮に今でも強硬だ。北朝鮮がリビアのカダフィ大佐のような末路をたどることを極度に嫌がったためにトランプに更迭を決断させたとされる“リビア方式”という単語をだ。

ビクターチャさんって、名前を聞いた事がある気がします!何の人かは忘れてしまったんですけど・・・。

北朝鮮絡みの話題で度々目にする名前ではあるが、最も印象深いのはトランプに駐韓米国大使就任を拒否されたことかな。北朝鮮がまだ強硬な姿勢を維持していたにも関わらず当時北朝鮮への攻撃に賛同しなかったことが理由とされている。

トランプ大統領、今では攻撃なんて全然考えてないと思います・・・。拒否された理由は、別にあるのでは?

その時その時でトランプの方針に沿って動けない人が排除されている印象だね。何かよからぬことを考えてるんじゃないかと疑われれば一巻の終わりだ。今回の質疑応答はそういうトランプに排除された者同士による敗者の弁のやり取りというわけだ。

敗者復活戦ですか?

意味不明だけど微妙に面白い突っ込みはやめろwww

ピッチ上では韓国批判を控えてきたボルトン氏

この記事で最も注目すべき点はボルトン氏に韓国側が日本と韓国の関係についてダイレクトに聞いたことだ。今までボルトン氏がその話題について口にしたことはほぼなかったからな。

確かに!現役時代には、日韓関係にはあまり触れたくなかったみたいでしたよね・・・。遠慮してたんだと思います!

いや今も現役は現役だからwww トランプに解任されただけで政界引退ではないぞ。何か別の適切な単語を考えてくれ。

じゃあ、「ピッチ上にいる間」でどうですか?

悪くないね。トランプ監督に怒られてベンチに下げられたという解釈なら問題はなかろう。関係ないが“ボルトン”と聞くとどうしてもサッカーチームの方が出てくる。

ボルトンさんは、韓国に厳しいですね!1965年の協定の話題を出して、韓国を批判してると思います!

日本との葛藤の原因は1965年の日韓基本条約を韓国が不公正だとみなしたことから始まったと述べ、さらには韓国の賠償判決はその基本条約に対する”挑戦”だとまで言い放ったんだ。韓国がその危険性を認識できてないという言葉も添えてだ。

ここでの「挑戦」というのは、あまりいい意味ではないですよね?

英単語の”challenge”がそもそもいい意味を持たないからな。日本語だと”挑発”とかの方が近い。困難な取引する時とか、相手を批判して意義を申し立てたりするような場合にのみ使う。日本での“チャレンジ”とは使われ方がまったく異なると言っていいだろう。

「チャレンジ」と検索したら、子供用の教材が出てきました!

ああそうだな。個人情報流出事件時に1人辺り500円の金券をお詫びとして用意してさらに炎上させたベネッセコーポレーションのチャレンジが有名だね。

いやまあ教材の中身自体は悪くないんじゃないか?日本では最も有名な子供用の教材だしね。ただ教材の名前にだけは少しだけ問題があるかもな。少しだけな。

ボルトンさん、韓国の賠償判決はダメだって思ってたんですね・・・。現役時代にそのことを言ってたら、解任されなかったかもしれないです!

だから今でも現役だってのwww

ボルトン氏解任の理由はリビア方式ではなく防衛費か?

ボルトンさん、防衛費の50億ドル要求も適切だったって言ってます!韓国にとって、最悪のフォーラムになってしまいましたね・・・。

リビア方式の単語さえ出さなければトランプが解任する理由はさほどないんだよね。もし解任の原因がリビア方式ではなくこの防衛費の方だったとしたら話ががらっと変わるんだよ。

黒井さんがいつも批判している、エスパー国防長官のせいですか?

防衛費の交渉って今どういう話で進んでるんだろう?ここ数日の報道で見かけないけど。

調べても、同じCISIフォーラムの話題しか出てこないですね・・・。こっそりと進められてて、要求金額が減らされてるのでは?

CISIって文字列として違和感を感じない?わざとやってるのでなければワトソン君はナンセンスだと思う。

どっちでも大差ないし、いいと思います!黒井さんにナンセンスって言われても、平気です!

他の記事だと、ビクターさんは4回目の米朝首脳会談が見れそうって言ってますね・・・。ボルトンさんとは、気が合わない気がします!

なぜビクターチャ氏だけファーストネーム呼び?まあいいや。結果的に米韓の亀裂みたいなのが浮き彫りになってしまったよね。俺はボルトン氏解任の背景にはトランプよりエスパー国防長官の意向が働いていると思い始めている。だが民間人となった後も引き続きこうして防衛費の問題で韓国に譲らない姿勢を見せているのは脅威でしかないよね。この動きは国防総省も計算外だと思う。

民間人の動きを止めるのは、難しいと思います・・・。ピッチ上からベンチに戻ってきた後に、勝手に観客席に混ざるようなものですよね?

いきなり真横にいたらコカコーラ噴くだろwww ギャグ漫画かよwww

ボルトンさんって、ひげがフサフサしてて、サンタさんの衣装が似合いそうですよね?プレゼントをくれそうな気がします!

まだハロウィンも来てないのにクリスマスの話かよwww

関連記事