【速報】韓国WTO敗訴で日本政府による対抗措置発動か! 30日以内に是正勧告に応じなければ発動可能に! WTO判決文の英語原文を見てみよう!

安倍政権, 韓国ニュース

韓国の日本製空気圧伝送用バルブに対する反ダンピング課税は不当だとするWTOの判断から間もなく1カ月が経過する。韓国が30日以内に勧告の意思表示をしない場合、日本は対抗措置を発動させることが可能になるらしい。今日は10月8日だから、その30日の期限が間もなく切れることになる。せっかくだからWTOの判決文も読んでみることにした。

日韓共に「WTO勝訴」主張、日本勝訴と考えるのが自然…韓国政府、発表で是正勧告に触れず
2019年9月13日 19:00 ビジネスジャーナル

 9月11日(ジュネーブ時間では9月10日)、WTO(世界貿易機関)の上級委員会は、韓国による日本製空気圧伝送用バルブに対するアンチダンピング課税措置について報告書を公表した。これを受けて日本政府は、上級委員会は日本の核となる主張を認め、韓国の措置の是正を勧告したことをHPや会見で報告した。「勝訴」という文言は用いていないが、勝訴を宣言したわけである。
・・・

 報道資料で示された13の争点は、あくまでも韓国政府による整理であり、その勝敗についても韓国政府の判断であるが、仮にこれが正しいとしても、争点での勝敗数で全体の勝ち負けが決まるわけではない。重要な点は、措置の是正が勧告されたかであり、報道資料ではこの点は触れられていない。

ボールは韓国政府に

 もっとも重要な点は、WTO協定上、アンチダンピング課税が認められるためには、「ダンピングがあること」「損害との因果関係」「損害」「適正な調査手続き」の4つの要件すべてが満たされる必要がある。しかし上級委員会は4つの要件のうち、2点、すなわち「損害との因果関係」「適正な調査手続き」について日本の主張を認めており、措置の是正が勧告された。争点のうち勝った(とする)数が多ければいいわけではなく、4つの要件にかかる争点のすべてで勝つ必要があるわけだ。

 現在ボールを持っているのは韓国政府である。措置の是正を勧告された以上、上級委員会から受けた勧告の履行意思を、上級委員会で報告書が採択した日から30日以内に開催されるWTOの紛争解決機関で表明しなければならない。ただしこの場において、勧告に対して不服などの申し立てはできない。

 韓国政府が妥当な期間内に勧告を履行しない場合、日本政府は対抗措置を講ずることができる。対抗措置は、原則として紛争分野と同一の分野が優先されるが、これでは十分な効果が得られないときは、その他の分野での措置も可能である。いずれにしても、措置是正の勧告が出た以上、ボールは韓国が持っており、上級委員会の勧告に従うか、あるいは日本からの対抗措置もやむなしと判断するか選択する必要に迫られている。

 双方の当事国が勝利を宣言した韓国による日本製空気圧伝送用バルブに対するアンチダンピング課税措置にかかる紛争について、WTOの紛争解決手続においては日本が勝訴したと考えることが自然である。

https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_201909_post_118677/

韓国敗訴からもうすぐ30日経過

9月13日の記事ですけど、どうして今になって取り上げたんですか?

間もなく韓国敗訴から1カ月が経過するからな。30日以内に韓国が勧告の意思を示さない場合は日本の対抗措置が可能になるという文言は読めないか?

そうみたいですね!30日以内にWTOの紛争解決機関で、勧告の意思を表明しないといけないんですか?

“韓国の意思”じゃなくて“勧告の意思”だからな。そこは間違えないでほしい。

誰も間違えないと思います(笑)

判決の日は、ジュネーブ時間の基準で9月10日みたいですね!

日本時間では9月11日だ。ジュネーブ基準で考えると30日以内は10月9日までだ。つまりジュネーブ時間で明日まで、日本時間では明後日の木曜までに勧告の意思を示さない場合日本の対抗措置発動が可能になるというわけだ。

今週中のイベントが、また1つ増えましたね!米中貿易交渉と同時みたいです。

ワトソン君、せっかくだからWTOの原文を読んでみる気はないか?英語の勉強も兼ねてだ。150ページ規模の膨大な判決文のPDFがWTOのサイトにアップされている。俺はすでに目を通して日本の主張の核が認められたという部分を確認した。

ええっ?もう読んだんですか?早過ぎます!

WTO判決文の英語原文と経産省のプレスリリースを読もう

何しろ昨日も韓国経済新聞がこういう訳の分からない記事を書いているからな。韓国が勝訴したという韓国内でしか通用しない事実を信じてやまないようだ。

韓経:「日本に敗訴していたら韓国政府は『ドミノ提訴』の逆風を迎えていただろう」
10/7(月) 9:46配信 中央日報日本語版

 先月、世界貿易機関(WTO)紛争解決機構は日本企業が韓国に空気圧バルブを輸出しながらダンピングをしたという韓国政府の主張に手をあげた。日本政府が自国企業の空気圧バルブにアンチダンピング関税(11.66~22.77%)を課したことは不当だとして提訴してから約3年ぶりの最終結論だ。韓国市場シェアが70%を占める日本製バルブの攻勢を和らげるために産業通商資源部が先鋒に立ったが、その後ろには法務法人世宗(セジョン)の支援があった。

 世宗のキム・ドゥシク代表弁護士(司法研修院12期)が「日本製バルブ」法律対応チーム(国際通商・制裁専門グループ)を直接指揮した。キム氏は6日、韓国経済新聞とのインタビューで「空気圧バルブ事件はダンピング被害を解消するためでもあるが、何より日本の『ドミノ提訴』を遮断することになったという次元で大きな意味がある」と説明した。韓国が日本製品にアンチダンピング関税を課すたびに今回の事件を根拠に理不尽な言い分を通そうとしてくる可能性があるからだ。

 日本は今回の提訴で、韓国政府がダンピングをしたと主張する日本製空気圧バルブの価格が韓国製品より高かったためにダンピングとして見るべきではないと主張した。ダンピングというためには韓国製品よりも価格を落とすべきだったが、そうではなかったのでアンチダンピング関税を課すべきではないという論理だった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000013-cnippou-kr

そうみたいですね・・・。WTOの原文を見れば、どっちが勝ったかが明確になるんですか?

俺が何度もサッカーの例えで出しているとおり、枠内シュート数では韓国が勝ったがスコアボード上では日本の勝利となったという雰囲気に近いと思う。記事を見つけるのはさほど難しくなかった。

Appellate Body issues report regarding Korean duties on Japanese pneumatic valves
10 September 2019

On 10 September the Appellate Body issued its report in the case brought by Japan in “ Korea – Anti-Dumping Duties on Pneumatic Valves from Japan” (DS504)

https://www.wto.org/english/news_e/news19_e/504abr_e.htm

問題なのは、膨大なPDFを読まないと結論が読めないことだ。おそらく大半の人はここでドロップアウトすると思う。

ボクには無理です!黒井さん、解説してください!

一言で説明するのは俺にも不可能だ。可能なら各自で検証してもらいたいと思っていて、そのためには経産省のプレスリリースが役に立つだろう。実際にこの資料を引用しながら韓国が2つのWTO協定違反を犯していることを指摘している人もいる。

韓国による日本製空気圧伝送用バルブに対するアンチダンピング課税措置がWTO協定違反と判断され、是正が勧告されました
2019年9月11日

 WTO上級委員会は、11日(ジュネーブ時間10日)、我が国の申立てに基づき、WTOで審理されてきた韓国による日本製空気圧伝送用バルブに対するアンチダンピング課税措置について、報告書を公表しました。

 同報告書は我が国の主張を認め、韓国のアンチダンピング課税措置は、損害・因果関係の認定や手続の透明性に問題があり、WTOアンチダンピング協定に整合しないと判断し、韓国に対し措置の是正を勧告しました。
・・・

2.上級委員会報告書の判断概要

 (1)上級委員会は、下記の日本の主張を受け入れ、韓国によるアンチダンピング課税は以下の点でアンチダンピング協定に違反すると認定し、韓国に対して同国のとる措置をアンチダンピング協定に適合させるよう勧告しました。

 ①ダンピングによる損害を認定する前提として、日本製品の輸入が韓国産バルブの価格低下圧力をもたらしたのか、適切な説明がなく、アンチダンピング協定第3.1条及び第3.2条(ダンピング輸入による価格効果の立証)に違反する。

(ア)日本製バルブは韓国産より高価・高機能であり、そもそも両者の価格が比較可能かどうか、適切な説明がない。
(イ)韓国産より高価な日本製品の輸入が、元々安い韓国製品の価格にさらに低下圧力をもたらすことの説明が不十分。

 ②本件措置は、秘密情報の取扱いに不備があり、アンチダンピング協定第6.5条及び第6.5.1条に整合しない。

 (2)また、上級委員会は、下記を含むその他の論点に関して、協定整合性の判断を回避したパネルの判断についても、日本の主張を認めて取り消しました。

 ①韓国が業界全体を調査せず、アンチダンピング調査を申請した二社のみのデータを「国内産業」と認定した点が、アンチダンピング協定第3.1条及び第4.1条に整合しないこと 等
・・・

https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190911001/20190911001.html

上の経産省のプレスリリースと”claim”の単語を使いながら結論を導き出してほしい。日本の主張内容が”claim 1″とか”claim 10″という書き方になっていて、それがそのまま韓国が言うところの争点の数に合致する。ここまで書けばかなりの人が結論にたどり着けるだろう。

日本が勝ったのは、具体的には何番目ですか?

そこだけ聞きたがるなwww まあいい。今回はおまけで教えてやる。クレーム10とクレーム11がWTOによって韓国の協定違反だと認められていたところに、クレーム1がさらに追加されたんだ。上級委員会で1審の判断が覆ったというのはこのクレーム1のことだ。

結論:日本政府による対抗措置が今週中にも出てくる可能性あり

ネットユーザーは、具体的な判決文が日本語でも韓国語でも出てこないのは、おかしいと言ってます!韓国に価格を是正する義務があるし、裁判で言えば被告の言い分が半分以上認められたけど、結局有罪判決になったのと同じだ、という雰囲気です。

分かりやすい例えだね。まあ結論としては韓国の言っていることは相変わらずおかしいし、間もなく日本が対抗措置を発動させることになるという話だね。今週中にも具体的な話が出てくるかもしれない。日本にとっては当然の措置だし、それで韓国政府が反発しようが別にどうでもいいけどな。

あれ?もう締めてしまうんですか?

ワトソン君にもお願いしているように、今我々は記事を大きく3つに区切ってそれぞれにサブタイトルをつけている。今後はそのうち最後のサブタイトルを明確な結論部分にしようと考えている。そうしないとだらだらと談義が続いてしまうことにもなりかねないからな。

ネットユーザーの反応を見て、すぐに結論を出すんですか?

その流れが一番スムーズかなと思ったまでだ。場合によりけりだが。ワトソン君にもそこは協力してほしい。

分かりました!

韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!