韓国現代自動車がインドでも販売低迷!? 海外での業績不振が深刻に?どうするの?

韓国ニュース

Sponsored Links

韓国の現代自動車が市場開拓をしようとしていたインドで、自動車販売が落ち込んでしまったので、現代自動車も販売不振に陥ってしまったそうです!インドに多額の投資をしてきたのが、逆に工場閉鎖に追い込まれたりして、裏目に出そうな雰囲気です・・・。どうなってしまうんでしょうか?

「ネクストチャイナ」と期待したが…現代・起亜自、インドの車市場低迷で「非常」
10/7(月) 22:49配信 朝鮮日報日本語版

 インドの自動車市場が深い低迷の沼に陥り、現代・起亜自動車の悩みが深刻になっている。ここ数年間で中国での販売が急減し、新たにインドに目を向けたが、最近インドの成長までもが腰折れし、海外での販売不振が続く可能性が高まったからだ。

 4日(現地時間)、インド自動車工業会(SIAM)によると、今年に入って8月までのインドの全体の自動車販売台数は194万3230台で、前年同期比15.3%減少した。特に8月の販売台数は前年同期比33.2%減の24万8421台にとどまった。

(中略)

 インドの自動車市場の成長が悪化し始めたのは昨年の第4四半期(10-12月期)からだ。米国と中国の貿易紛争によって世界景気が鈍化し、インドも直撃弾を受けたことに加え、最近いわゆる「影の銀行」と呼ばれる非銀行系金融会社が相次いで破産し、金融危機が重なって消費が冷え込んだのだ。

 サムスン証券のイム・ウンヨン研究員は「最近インド政府が完成車に適用する安全と環境規制を強化したことで、自動車価格の引き上げも避けられなくなった」として「需要の萎縮が来年まで続く可能性が高い」と話した。

 インドの自動車市場が揺らいだことで、現代・起亜自も非常事態となった。現代・起亜自は2017年、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備に対する中国の報復措置以降、中国で苦戦すると、中国の次に人口が多く成長潜在力の大きいインドを「ネクスト・チャイナ」として目を付け、同地域に多額の投資を行ってきた。

 インド・チェンナイ第1、第2工場が稼働中の現代自動車は現在、65万-70万台水準の年間生産量を、今後は75万台水準まで拡大するため増設に700億ルピー(約1050億円)を投じた。起亜自動車も今年、インドのアンドラ・プラデシュ州に年産30万台規模の初の工場を完工し、稼働を開始した。

 現代・起亜自は今年発売した新車のうち一部をインドで最初に発売し、現地市場攻略に力を注いだ。起亜自は今年6月、小型スポーツ用多目的車(SUV)セルトスをインドで世界で初めて公開し、現代自は軽自動車級の小型SUVベニューを国内に先駆けてインドで発売した。

 中国での不振が続く中、インドまで成長が腰折れし、現代・起亜自は低迷している海外販売実績をなかなか回復させられずにいる。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00080241-chosun-kr

米中貿易戦争でインドも打撃?

インド市場も米中貿易戦争で例外なく打撃を受けているという話か。その流れにヒュンダイも巻き込まれてしまったと。

そうみたいです!現代自動車は中国での販売台数が落ち込んでて、代わりにインド市場を開拓しようとしたんですけど、それもダメになりそうだって嘆いてます。

インドにもシャドーバンク問題があったというのは意外だね。中国と同じくらい危うい経済構造なのかもしれない。環境規制の強化も韓国にとっては悪材料だろう。

現代自動車は、中国の次はインドだと決めて、多額の投資をしてきたそうです!工場も建てて、生産台数をドンドン増やそうとしてたんです。

それなのに、販売台数が落ち込んでしまって、8月は前年同期比で33.2%も暴落してしまいました!

中国以上の落ち込み方だな。通年では15.3%にとどまってることを考えると、時間が経過するにつれて状態が悪化してきていることになるね。インドは人口は多いけどそのポテンシャルを活かしきれてない印象がある。

インドは空気も悪いし、格差も激しいと思うので、住むのも大変そうですよね・・・。でも、土地は広いし、開発が進めば成長すると思います!

今はまだ投資を増やすべきではなかったのかもね。工場を新しく建てたのに販売台数が落ちるようでは工場を結局停止させなければならないと思う。在庫を増やしても何もいいことはないからな。会計上の利益はともかく実体経済は悪化すると思う。

現代自動車は、海外の販売台数が、国内販売台数の5倍あるんですね!初めて知りました。海外販売台数が落ち込むのは、良くないサインだと思います。

ほほう。つまり輸出依存度が高いってわけか。

海外での販売台数がドンドン減ってる?中国もインドもダメ?

記事の続き部分なんですけど、具体的な販売台数について書かれてます!全体的な販売台数自体が3.9%減ってて、海外分の減少を国内分の増加でカバーできなかったそうです・・・。

 現代自の場合、今年に入り9月までの国内の販売台数は54万7435台で、前年同期比で4.1%増加したが、海外での販売台数は268万3697台で5.4%減少した。このため国内・海外合わせた世界販売台数も323万1132台で3.9%減少した。

 現代自はインドで、ライバル社に比べて前年からの販売台数の減少幅は小さいが、全体的な自動車市場低迷の影響を避けることはできなかった。今年に入って8月までの現代自のインド市場での販売台数は、ベニューなど新車を発売したにもかかわらず33万6922台で、前年同期比7.5%減少した。

 現代自は下半期に入ってインドでの販売台数が大幅に落ち込むと、8月に在庫削減のためにチェンナイ工場の稼働を一時中断した。インド市場の低迷が長期化するという懸念が増大し、現代・起亜自をはじめインドに進出している完成車メーカー各社はさらなる構造調整を考えなければならない状況に追い込まれた。

まあこの辺りはヒュンダイに限らず世界中の自動車産業が抱える共通の問題という話にはなりそうだがね。ただしインドへの投資を増やしつつあったヒュンダイにとってはやや打撃が大きいという話にはなると思う。

販売台数の減少幅が小さくても、生産台数を増やした後だったから、工場の稼働を中断させなければならなかったみたいです。投資分を、回収できなくなりそうです!

インドでシャドーバンクの破綻が相次いで金融危機に近いようなことが起きてるのが事実だとすれば、自動車販売どころの話じゃなくなるわな。明日生きていくので精一杯という人が増えてるんだろう。

金融危機になると、自動車ローンも組めなくなりますよね?

審査が厳しくなって買いたくても買えない人が増えたりはすると思う。それ以前にローンを組んでる場合じゃないと考える人の方が多そうだが。それからインドの通貨ルピーが国際的に弱い立場にあるというのも要因の一つだと思う。

ルピーって、今調べたら1.5円位でした!過去5年間で見たら、そこまで大きな変動はないみたいです。

インドは突然高額紙幣の廃止を宣言したりとドラスティックな改革も平気でやるからな。何をしでかすか分からない一面がある。東南アジア諸国と異なり共和制の国で大統領がいることも大きいと思う。

インドって、首相が目立ってるから、王様がいるんだと思ってました・・・。違うんですね。

ドイツ方式だと思う。大統領は名目上のリーダーであって政治的な実権は首相が握るというか。日本にとっては近いようでやや遠い国ということになるね。新幹線を受注したこともあるしインド経済には発展してもらいたいところではあるが。

結論:現代自動車や起亜の業績は好転しないし、さらに悪材料が重なる?

結論としては、中国に続きインドでも不振となるヒュンダイや起きる亜流こと起亜自動車に好転の兆しはまったく見えないということになるね。ネットユーザーの反応の代わりに、さらなる悪材料について最後に取り上げておこう。

韓経:自動車用鋼板を値上げへ…鉄鋼会社の業績改善に期待感=韓国
10/7(月) 15:59配信 中央日報日本語版

 韓国最大の鉄鋼企業ポスコが韓国自動車5社のうち1社と自動車用鋼板の値上げに合意した。ポスコ、現代製鉄、東国製鋼の鉄鋼3社は造船用厚板の値上げも進めている。自動車・造船など主要産業の沈滞で業績不振が続いていた鉄鋼業界が、製品価格引き上げを通じた「ターンアラウンド(業績改善)」に動き出したということだ。

◆自動車用鋼板の値上げは広まるのか

 業界によると、ポスコは国内のある自動車会社に供給する自動車用鋼板価格を1トンあたり2万-3万ウォン(約1790-2680円)引き上げることにした。ポスコが自動車用鋼板を値上げするのは2017年下半期以来2年ぶり。

 今回の値上げは鉄鉱石など原材料価格の上昇を反映した措置だ。今年1月に1トンあたり70ドル水準だった鉄鉱石の価格は世界最大鉄鉱石供給企業ヴァーレのブラジルダム崩壊による鉄鉱石の需給への支障で上昇し始めた。7月には年初より70%以上も急騰した120ドルまで上がった。原材料の価格上昇分を鉄鋼製品に反映できなかったポスコと現代製鉄は今年4-6月期の営業利益がそれぞれ前年同期比14.7%減、38.1%減となった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000039-cnippou-kr

えっ?業績が不振なのに、原材料も値上げされたら、利益を圧迫しませんか?

まさにポスコや現代製鉄ら鉄鋼企業の利益を確保するためのしわ寄せがヒュンダイに行く形になるね。上半期はそれなりに調子がよかったようだが、いくつかの悪材料が重なり下半期から来年にかけて業績が落ちぶれる可能性もあると思う。

韓国にとっていい話が全然ないですね・・・。韓国経済がもし崩壊するとしても、それはムン大統領のせいではありません!それが、ボクの結論です!

本題と全然関係ない文在寅を突然結論に持ってこられても困るww まあ韓国経済がどうなろうが日本にとってはどうでもいいという部分だけは不変だがな。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!