米国「日本の自衛官をファイブアイズの枠組みに迎え入れよう。韓国は来なくていい」 これが現実だな…

トランプ政権, 安倍政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

日本が一人前の国として復帰するためにはサイバー戦争の時代を引っ張る指揮官が必要になる。米国防大学が自衛隊の大佐級将校の受け入れを承認したそうだ。通常であれば米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのファイブアイズしか加われないサイバー戦争指揮官の養成課程だという。ここに日本が5カ国以外で初めて加わることになるわけだ。韓国は指をくわえて眺めているしかないだろう。“40歳”になれないまま国家の終焉を迎えることになりそうだ。

韓国は派遣できない「米国防大サイバー指揮官課程」…日本が自衛官派遣へ
10/7(月) 10:59配信 中央日報日本語版

 日本政府が来年度の米国防大学サイバー戦争指揮官養成課程に自衛隊将校1人を派遣する計画だと、読売新聞が7日報じた。米国は同盟国とも最先端サイバー戦争実行能力は制限的に共有するほど極秘を維持している。この課程に米国中心の情報同盟体「ファイブアイズ」(5 eyes=米国、英国、カナダ、豪州、ニュージーランド)以外の国が参加するのは日本が初めて。

 同紙によると、大佐級将校が派遣される予定だ。教育修了後には自衛隊新設組織「サイバー防衛隊」の指揮官として起用する方針という。自衛隊は2023年までにサイバー攻撃への対応体制を拡充する計画だ。

 日本政府は北朝鮮、中国、ロシアなどからのサイバー攻撃が増えている現実に対応するため、サイバー戦争実行能力を急速に高めている。このため特に米国と宇宙・サイバー安全保障協力を強化している。

 同紙は「日本防衛省はその間、世界的なセキュリティー分野研究機関の米カーネギーメロン大に少佐級自衛官を派遣してきた」とし「民間大学であるため習得できる技術や能力に限界があり(米当局の許可を受けて)国防大に派遣することになった」と伝えた。

 一方、防衛省は沖縄県宮古島への陸上自衛隊警備・ミサイル部隊の配置に先立ち、弾薬庫など関連施設の建設に7日にも着手すると、産経新聞が同日報じた。中国の侵攻などに対応する戦力として今年3月に部隊の新設が決定した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000024-cnippou-kr

日本が英米から一人前と認められるまで

黒井さんがさっき言ってた話って、これだったんですか?

どういう切り口で取り上げようか思案していたところに安倍首相39歳の話が出てきたからな。日本が英米からようやく一人前の国だと認められる日が来たことをうれしく思う。

「ファイブアイズ」という単語があるんですけど、少し前にも見かけました!ここに日本が加入できるって、すごい事なのでは?

何しろ日本の情報収集能力は世界でもトップクラスだからな。西側諸国への貢献は一度や二度ではない。その能力と信頼を買われて悲願のファイブアイズ参加はおろか”スリーアイズ”として日英米の枠組みを発足すべきという声まで出ているらしい。

GSOMIA破棄が示した韓国・文政権の野望
10/1(火) 12:11配信 Wedge

・・・

 まず念頭に置きたいのは、GSOMIAは秘密情報を保全することを国と国が保証し合う協定であり、国家が所有する情報を無制限で共有することを決めたものではないということである。情報当局者間で必要と判断された情報に限って、情報を共有するものである。・・・

 ところが、この世界の情報コミュニティーの中にあって、韓国の存在感はほとんどない。それは各国が韓国に求める情報が北朝鮮関連に限定されていることや、それ以外の一般的な国際情報を取得したり、分析する韓国の能力はそれほど高くないからである。

 それに対して、日本の情報収集能力は通信を傍受して解析する分野ではアジアではトップクラスである。具体的には、1979年2月、中国がベトナムに侵攻した際、中国人民解放軍の越境を真っ先に察知したのは日本の通信諜報であったと言われているし、83年9月、カムチャツカ半島付近の上空で韓国の大韓航空機が消息を絶った事件では、大韓航空機が旧ソビエトの空軍機によって撃墜されたことを最初に確認したのは米国でも韓国でもなく、日本の通信諜報であった。

 そして現代、日本は情報衛星という事実上の偵察衛星7基を保有、運用しており、単に通信情報だけでなく、衛星写真など画像情報の収集能力も大きく向上させており、東アジア全域で米国を情報面からも支援している。つまり、日本の情報組織は、朝鮮半島だけを相手にしている韓国とは違って、国際的なインテリジェンス網の一翼を担っている。

 そのため、最近では、Five Eyesの枠組みに日本も参加すべきだという意見や、米国と英国と連携し、新たなThree Eyes(スリー・アイズ)を創設すべきだという意見が情報当局者同士の間でしばしば議論されている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191001-00010000-wedge-kr

韓国とは、全然違いますね!黒井さんは少し前にアメリカは「リーダー」で日本は「参謀」だって言ってたんですけど、こういう事なんですね・・・。

米国にとっても英国にとっても、日本の諜報能力は東側諸国と対峙するうえで欠かせないというわけだ。これが日本が英国との関係を強化すべきと俺が主張している最大の理由と言ってもいいかもしれないね。

「英米」表記にしているのはどうしてですか?

ファイブアイズというのは通称だ。正式な名前はUKUSA協定という。第二次世界大戦中の1940年にドイツの暗号機エニグマを英国と米国が共同で解読したことが発端だ。英連邦王国に米国を加えた形の枠組みだから、日本語でも英米と表記するのが正確だと思う。

“エシュロン”という名前は知ってるかな?このUKUSA協定に基づいたコンピューターネットワークのことだ。陰謀論でも何でもないってこと。

そうだったんですね・・・。そんな歴史的背景があったなんて、知りませんでした!

日米貿易協定が10月7日になされたことの方が重要

中央日報によれば米国防大学への自衛官派遣には民間大学と異なり米国政府の許可が必要になるとされている。つまり日本の自衛隊は米国から単なる同盟国としての扱い以上に信頼されているというわけ。この点が明確に韓国とは異なる。

韓国は、派遣したくてもできないっていう意味ですよね?

愛国日報の書き方だとそうだね。記事タイトルにわざとらしく”韓国は派遣できない”と書いて日本への嫉妬心と愛国心を隠そうともしない。文在寅政権を批判してはいないものの、今の韓国が米国からの信頼を失っているという現実だけはごまかしようがないね。

日本はファイブアイズに加われれば、40歳の責任ある大人になれるんですか?

ここらでさっきの話を引用するか。

俺はトランプの言葉は日本が来年まともな国に戻れるという意味に聞こえたけどね。トランプが最も尊敬する人物の1人であるリンカーンの有名な言葉に”40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て”というものがある。つまり日本はまだ自国に責任を持てない国ってこと。

憲法9条があるからですか?

そう。だから来年その状態が解消されるとトランプは言ってるんだろう。日本が韓国との関係をなくしてまともな国に復帰できると言いたかったんだよ。何しろ太平洋戦争後は日本は12歳の少年のような国だったと言われていたからな。そこから39歳になってようやく欧米社会から大人だと認められる年齢まで来たわけだ。

元記事はこれだな。日米貿易協定の署名という話の方がメインになるべきだが、トランプの発言にすべて持っていかれてしまった。その点も含めて日本がまだ一人前の国になりきれていないことを示唆するものだね。

安倍首相は「39歳になった」 ご機嫌トランプ氏が冗談
10/8(火) 9:31配信 共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領(73)は7日、ホワイトハウスで開かれた日米貿易協定の署名式で「まず始めに安倍晋三首相の誕生日を祝いたい。彼は今日39歳になった」と冗談を飛ばし、会場が笑いに包まれた。

 安倍氏の実際の誕生日は9月21日で今年65歳になった。北朝鮮やイラン、米中貿易交渉など主要な外交・通商問題がいずれも難航する中、来年の大統領選に向けてトランプ氏がアピールできる日米貿易協定の署名に“ご機嫌”だったとみられる。

 ホワイトハウスは署名式に合わせて「トランプ大統領は米国の農家にとって、とてつもない勝利を手に入れた」と題する声明を発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000037-kyodonews-int

黒井さんがよく「日本は韓国の義理の親だ」と言ってるんですけど、日本は親なのに一人前ではないんですか?

日本は”親”になるには若すぎたと言えるかもね。世の中には40歳に満たない親であふれているが、国家として成熟していなければ別の国家の”親”をやるのは危険だという話だ。トランプの言葉を聞いて俺はむしろ安心したんだよ。トランプの発言を読み解くにはセンスが必要だ。

ネットユーザーは、安倍首相が侮辱されたって言ったり、いい意味には捉えてないみたいですね・・・。プーチン大統領の誕生日が10月7日なので、間違えられたのではとも言われてます!

安倍首相の実年齢をトランプが本気で間違えたと思ってるならセンスがないね。こういうジョークはむしろ日本人の方がなじみ深いと思う。俺はトランプは実は日本人なんじゃないかと度々感じることがある。それから、プーチンの誕生日に日米貿易協定がなされたことの方に注目すべきじゃないか?

プーチン大統領の誕生日なのに、ロシアにとってめでたくない話だからですか?

そういうこと。正式署名だからな。これにより日米関係はますます強固になる。ロシアにとっては歯がゆい状況だろう。プーチンにとっては屈辱的な誕生日を迎えることになったわけ。そういう部分から読み解かなければならないよね。

結論:韓国は40歳になれないまま国家の終焉を迎える

最初の中央日報さんの記事に対する反応では、韓国が信頼されていないと言ってる人が多いです!アメリカの国防大に韓国軍が留学する意味はないし、日本が羨ましいだけ、アングロサクソンの枠組みに日本が入れるのはすごいこと、ここまで信頼されている事に驚いた、という雰囲気です!あと・・・。

ほう。

「エシュロン」という単語が出てくると、途端に否定的な反応が増えますね・・・。ファイブアイズ=エシュロンという話が、あまり広まってない気もします。

今まで日本はファイブアイズから監視される立場だったと穿った見方をすることもできるね。そこから長い期間を経て日本は39歳になり、ようやく英米ネットワークに加わることができるようになったんだ。長い長い期間をかけて信頼関係を醸成してきた成果だ。

それが結論ですか?

だね。日本は来年40歳になる。英米から責任ある一人前の国として認められる。韓国は何歳だと思われているのかは知らないが、今は40歳に到底達しえない位置にいることだけは確かだ。韓国は”義理の息子”のまま国家の終焉を迎えるかもしれないが、それも韓国民の選択の結果だろうしやむを得ないということだろう。日本は関知しないし好きにすればいい。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!