トランプ、米軍撤収で同盟を見捨てる考えを表明! 「同盟国は我々に付け込んできた。新たな同盟を組むのは簡単」 韓国終わったな…

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

トルコに攻め込まれたシリア北部のクルド勢力の様子が将来の韓国のように思えてならない。米軍を撤収させたことで同盟関係に近いクルド勢力を事実上見捨てたという主張に対して、彼らはこれまで我々を守ってこなかったと開き直るようなことを口にし始めたのだ。それどころか一部の同盟国は米国につけ込むかのような動きも見せているということも言い出した。韓国を名指ししたわけではないが、韓国自身も他人事ではないとして戦々恐々としているようだ。

「同盟は簡単」「第二次世界大戦で我々を助けなかった」トランプ大統領、クルド勢力を見捨てたとの批判に反論
10/10(木) 20:00配信 BUSINESS INSIDER JAPAN

 アメリカのトランプ大統領は10月9日(現地時間)、クルド人部隊を見捨て、シリア北東部に駐留する米兵を撤退させた自身の決断を改めて擁護した。クルド人は第二次世界大戦でアメリカを助けなかったからだという。

 アメリカが主導してきたISISとの戦いで、極めて重要な役割を果たしてきたクルド人部隊について、トランプ大統領は「彼らは第二次世界大戦で我々を助けなかった。ノルマンディーで我々を助けなかった」と発言した。

 報道陣にシリアからの撤退やクルド人部隊の扱いは、他の潜在的なアメリカの同盟国に対し、負のメッセージを与えたのではないかと尋ねられたトランプ大統領は、「同盟はものすごく簡単だ」と答えた。

 トルコはこの数時間前、シリアのクルド人部隊に対する軍事オペレーションを開始した。

 トランプ大統領は10月9日、クルド人部隊を見捨て、シリア北東部に駐留する米兵を撤退させた自身の決断を改めて擁護した。クルド人は第二次世界大戦でアメリカを助けなかったからだという。

 この少し前には、空爆に続き、トルコの地上部隊が国境を越えてシリアへ侵攻したと報じられていた。

 クルド人部隊について、トランプ大統領は「彼らは第二次世界大戦で我々を助けなかった。ノルマンディーで我々を助けなかった」と述べ、「それでも、我々はクルド人が好きだ」と付け加えた。

 この発言の前、トランプ大統領はホワイトハウスがリリースした声明文の中で、トルコの軍事オペレーションを支持しない、「悪いアイデア」だと述べていた。だが、クルド人部隊には一切触れず、トルコの行動を阻止するための迅速な対応も示さなかった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000004-binsider-int

何をやっても許されると思い込んだ韓国

??

先に言っておくがこの記事は韓国ネタになる。トランプの発言内容が将来的に韓国に向けられるように思えてならないからだ。

そうなんですね!それなら、いいと思います。韓国は、もうアメリカの同盟国とは言えなくなってしまいますよね・・・。

韓国は米国の同盟国だからといって何をやっても許されると思い込んできた。今この瞬間でさえそうだ。トランプにとってはそれがつけ込まれているという風にしか思えなかったようだね。

何をしても、韓国は同盟を破棄されないって思ってるからですか?

韓国は米国の方針に公然と逆らいまくっているが、一方で関係強化は重要だとして米韓同盟の破棄には1ミリも言及しない姿勢を見せている。その態度こそが同盟国を食い物にしているも同然だということ。

クルドの人達は、そこまではしてないと思いますけど・・・。

クルド勢力に何も非はないと俺も思う。それは米国にとっても同じだ。米軍ありきで同盟が確かなものだと思い込んでいたクルド勢力の認識が甘かったというだけだ。同盟はいつか終わるかもしれないということを頭に入れなくてはならないのは世界中一緒だと思うぞ。

何も非がないクルドの人達でも、そういう風に扱われてしまうなら、ジーソミア破棄の宣言で明らかに非がある韓国は、もっとひどい目に遭う気がします!

トランプは同盟国が米国を助けないというだけでこうして根に持ちつけ込まれているという認識を持つんだ。中東での有志連合に参加を表明していない日本にとっても耳の痛い話だが、韓国はその比じゃないよね。米国が求めることほぼすべてを守らずに中国との間で好き勝手に行動している。

有志連合は、オーストラリアとかも参加してないと思います!でも、韓国はそれ以外の事も全部ダメダメですよね・・・。アメリカに怒られても、見捨てられても、仕方ないです!

中央日報も他人事ではないとして戦々恐々とし始める

2ページ目からがまた興味深い。トランプの言い分には多くの米議員や元特使も賛同せずに批判的に論じてはいる。だがそのいずれもが”べき論”の域を出ないままトルコの軍事侵攻を許してしまっているものばかりだ。

「同盟は簡単」

 9日の”第二次世界大戦”発言の直後、報道陣にシリアからの撤退やクルド人部隊の扱いは、他の潜在的なアメリカの同盟国に対し、負のメッセージを与えたのではないかと尋ねられたトランプ大統領は、「同盟はものすごく簡単だ」と答えた。アメリカにとって、新たなパートナーシップを組むのは「難しいことではない」という。

 そして、「我々の同盟国」は「我々に大いに付け込んできた」とも述べた。

 だが、多くの政治家や政府の元高官は、トランプ政権のシリア撤退という決断が同盟国や未来のパートナーに送ったメッセージに懸念を示している。

 マクガーク氏は7日、「ドナルド・トランプは米軍最高司令官ではない。彼は慎重に検討することも知識もなく、衝動的な決断をしている。何の支援もなく、兵士を危険な状況へ追いやっている。同盟相手に威張り散らしておきながら、敵対国に自身のはったりを見抜かれたり、相手からの強硬な電話に直面すると、同盟相手を見放すとツイートした。

 同様に、トランプ大統領に近く、上院外交委員会のメンバーでもある共和党のリンゼー・グラム(Lindsey Graham)上院議員も7日、「クルド人を見捨てることで、我々はこれ以上ないほど危険なシグナルを送った ── アメリカは頼りにならない同盟相手で、中国やロシア、イラン、北朝鮮が危険な方法でそれを行動に示すのは時間の問題だとツイートした。

 グラム上院議員は9日、クルド人に対するオペレーションを考慮し、トルコに対し「厳しい制裁」を課すことで、民主党のクリス・バン・ホーレン(Chris Van Hollen)上院議員と党を超えた合意に達したと発表した。「政権はトルコに対して行動することを拒否したが、わたしは超党派の強い支持が得られると見ている」と、グラム上院議員はツイートした。
・・・

確かに、まるで他人事ですね・・・。アメリカ軍がいなくなったから、今の状態が引き起こされてるなら、トランプ大統領だけの責任じゃないと思います!

そういうこと。米国ではこうしてトランプが身勝手な決断をしたせいで世界が混乱しているという論調がまかり通っているけど、その実他の誰も事態を解決しようという動きは見せていない。米議会によるトルコ制裁はどうなる?今のような一部の議員の動きだけで実現されないようなら事実上トランプの行動は正当化されてしまうよ。

韓国にも、同じようにする可能性があるって事ですか?

最悪のケースではね。同盟国の韓国は米国を助けたことがほぼないし、むしろ産業面では競合して米国の邪魔をしてきた一面もあった。米国が韓国との同盟を解消しにくいのをいいことに好き勝手やりたい放題、同じ米国の同盟国の日本にも平気で愛国心を発揮する始末だからな。それこそクルド勢力未満の扱いを受けてもおかしくない。

実際に、米韓首脳会談では冷たくされてしまいましたよね・・・。終わった後も悪口を言われてたし、ジーソミア破棄の方針を誰も支持してません!

実はこのクルド勢力に起きたことは韓国自身も他人事ではないとして戦々恐々としているんだ。中央日報がイスラエルを引き合いに出しながら目ざとく報道していた。

シリア米軍撤収、韓国は他人事ではない
10/10(木) 10:52配信 中央日報日本語版

 ドナルド・トランプ大統領のシリア米軍撤収宣言(別名「クルド軍撤収」)による影響が続いている。これまで米国に頼っていた国々では「クルドの次は誰か」という不安が広がっている。韓国専門家の間にも「他人事ではない」という懸念が広がっている。トランプ大統領はこれに先立ち今月7日(現地時間)、ツイッターを通じて「これまでお金を多く使いすぎた」とし、シリア米軍撤収を発表した。

 ニューヨーク・タイムズ(NYT)は8日、トランプ大統領のクルド軍撤収決定にイスラエルが緊張していると報じた。トランプ大統領が国家的利益のために簡単にクルドを裏切ったように、いつでもイスラエルに対する支持を撤回しかねないという不安が襲っているということだ。
・・・

 トランプ大統領の今回の決定は「アメリカファースト」と呼ばれる外交的孤立主義に基づいている。トランプ大統領が貿易不均衡、防衛費分担金問題などを掲げて「アメリカファースト」のものさしを突きつけたのが韓国だ。

 京畿(キョンギ)大学政治専門大学院のキム・ギホ教授は「クルド軍撤収は対岸の火を見るように対応するべき問題ではない」とし「それでなくてもトランプが地域安保から手を引いているのに、北朝鮮問題をめぐり韓米の速度と歩幅が乱れている状況で韓国からも軍を撤収させる可能性を排除することはできないと話した。峨山(アサン)政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「今回の撤収決定は北朝鮮に非常に危険なメッセージを与えた」とし「米国が過去のように地域問題に介入しないでいるため、北朝鮮がここを耐えれば在韓米軍撤収は可能だという誤った判断をする根拠を与えた」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000019-cnippou-kr

えっ?イスラエルも?

これも場合によってはという話だな。地政学的に米国の支援がなければ自力で国家を維持するのが難しい国々はみな同じようなケースになる可能性がある。最も危険な2カ国がイスラエルと韓国だと思う。まあこの記事は少しネガティブに考えすぎだとは思うがね。

でも、同盟関係の相手に裏切られるって、それだけショックな事なんだと思いました。だから、アメリカは韓国との関係をスムーズになくせないんですね・・・。

そういうこと。万が一米国が韓国に対して輸出管理厳格化なんてやったら世界中から非難が殺到するよ。韓国と同盟国でない日本がやったから日韓間の問題だと認識される程度で収まった。そういう意味でも韓国を叱り飛ばせるのはかつての義理の親だった日本しかいないというわけだ。

結論:クルド勢力に今起きてることは韓国の将来の姿

最初の記事では、ネットユーザーはトランプ大統領は軍事や同盟について分かってない、と批判的な雰囲気が強いです!それなのに、中央日報さんの韓国の記事の方では、韓国が望んだ事だし仕方ないっていう声が圧倒的です・・・。どうしてここまで違う雰囲気なんでしょうか?

まさに望んだかどうかの違いじゃない?クルド勢力は米軍の撤収を望んではいなかったと思うけど、それとは異なり韓国は米軍の撤収を望んでいるように見えるじゃないか。トランプがそういう姿勢を見せていることにむしろ感謝しなければならない立場だよ。

黒井さんは、さっきは韓国はアメリカと同盟をなくす気はないって言ってたのに、矛盾してませんか?

韓国政府の考えとネットユーザーの意見に著しい乖離があるってことだよ。あれだけ米国に逆らう姿勢を見せておきながら同盟が維持されると考える方が少数派ってわけ。だから俺はネットユーザーの意見については“ように見える”という書き方をした。韓国ではそう考えない方が多数派なのかもしれないがな。

結論としては、クルド勢力に今起きていることは素直に韓国の将来だと考えた方がいいという話だね。在韓米軍撤収後に北朝鮮がもし攻めてきても米国は批判するだけで止めようとしないし世界もやはり何もしない。それがシビアな現実ってわけだ。韓国は同盟が形骸化されることの意味をもっと深刻に捉えた方がいい。今さら後悔しても手遅れだがな。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!