韓国軍元中将「GSOMIA破棄で損をするのは韓国。文在寅の判断は異常」 どうすんのこれ…

韓国ニュース

韓国の元陸軍中将が週刊文春のインタビューに応じたそうだ。GSOMIA破棄を宣言した文在寅に反発する10月3日のデモ隊を鼓舞する役割を担ったという。机上でしか軍事を理解しない韓国の政治家とは異なり現場にいたためGSOMIAの必要性を理解していたようだ。GSOMIA破棄の宣言により韓国が損害を被ったと言い切ってしまったからだ。チョグク辞任は容認した文在寅でもGSOMIA破棄だけは譲れない可能性が高いだけに対立は深まる一方だろう。それに韓国政府がGSOMIA破棄を決めた背景はもっと複雑だ。

【韓国チョ・グク辞任発表】文在寅政権崩壊が始まった! 元・韓国陸軍中将緊急インタビュー
10/14(月) 11:00配信 文春オンライン

 韓国の曺国(チョ・グク)法務部長官が10月14日、辞任を電撃発表し、今まさに文在寅政権の崩壊が始まろうとしている。
・・・

 韓国の保守系の集会としては史上最大となった10月3日の「反・文在寅」デモ。会場となった光化門広場に設置された壇上で、数十万人のデモ参加者を強い口調で鼓舞したのが、韓国軍の元陸軍中将の申源湜(シン・ウォンシク=61)氏だ。

 韓国軍で、大統領の信頼が厚い人物が任命される首都防衛司令官や、実質的な軍No.2ともいわれる合同参謀本部次長などの要職を歴任した実力者で、2016年の退役後は、国政選挙にも出馬した経験も持つ。現在は高麗大学研究教授や最大野党・自由韓国党の南北軍事合意検証特別委員会委員を務める。いま「反・文在寅」の急先鋒として存在感の増している人物だ。「週刊文春デジタル」取材班は、ソウル市内で申氏に話を聞いた。
・・・

韓国がGSOMIA破棄で受けたダメージ

 韓国軍にいた一人として、GSOMIA破棄で韓国は軍事的に大きな損害を受けたといえます。

 GSOMIA破棄で影響を受けるのは、なにより韓国です。それは韓国が、日本よりもずっと多くの恩恵をGSOMIAによって受けてきたからです。

 少し詳しく解説しましょう。軍事情報は、大きく3つに分類できます。まず、1つ目が映像や動画、写真の情報。2つ目が、信号や通信の情報。3番目が、人間を通じた情報、いわゆるヒューミントです。

 この中で唯一、韓国が優れていると言われていたのがヒューミントでしたが、親北路線だった金大中大統領時代に、この人的情報網が破壊されてしまい、いまでは即時に北朝鮮の情報を集めることが難しくなっている。ですから、韓国から日本に提供できる情報はほとんどありません。

 一方、映像などの情報については日本が優れており、信号や通信分野は韓日が同水準だと言われていました。韓日が直面するミサイルの射程や着弾についての情報は、初期の段階では衛星からの画像で伝えられます。韓国には軍事的に使える衛星がないので、日本かアメリカから提供してもらうしかない。また、日本はレーダーの情報も8隻ある日本のイージス艦や、地上のレーダーなど多様な情報収集網を持っています。

 2016年11月にGSOMIAを結ぶ前は、韓国はアメリカを仲介して日本の情報を提供してもらっていました。しかしアメリカから「韓日で直接情報を共有してほしい」という要請があり、GSOMIA締結に至った経緯があります。それゆえに、韓国がGSOMIAを破棄することは、自国で得られない情報を、自ら捨ててしまう行為だったのです。いまや韓国は情報がない暗闇の中で戦っているような状況です。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00014708-bunshun-int

GSOMIAは韓国にとって必要不可欠

今日はジーソミアの話が多いですね!祖国法相が辞任したからですか?

まあ必然的にそういう話にはなるよね。文春が韓国軍の元中将にインタビューを試みたそうだが、その中でGSOMIAは韓国にとって必要不可欠だという認識を露わにしたらしい。文在寅政権の認識とは正反対だね。

インタビューは、日本語ですか?

さあ?文春なら韓国語が話せる記者もいるんじゃない?知らないけど。

ムン大統領は、ジーソミア破棄で脱日本を目指しているのに、現場はその意思を理解してくれないという話ですか?

現実問題として脱日本は無理だと韓国軍が言っているという話だよ。勝手に韓国軍を悪者にするなww

黒井さんは、ムン大統領はジーソミア破棄を諦めるってさっき言ってましたけど、やっぱりその予測は覆したんですか?

俺は8割強だったGSOMIA破棄の確率がチョグク辞任で6割にまで下がったと言っただけだぞ。つまり依然としてGSOMIA破棄の可能性が高いわけ。それに文在寅としてもGSOMIA破棄はチョグク任命と異なり対日関係で愛国事案だから譲るわけにはいかないだろう。

そうなんですね・・・。ボクも、韓国が必要としないなら、日本にとっても不要だし、ジーソミアは破棄でいいと思います!

韓国はあたかも日本にとって必要だと言わんばかりの主張をしているが、現場の軍人にとってみれば何を言ってるんだという話になるわけ。韓国は軍事衛星を持ってないから日本の情報に頼るしかないと最初から分かっているのに大統領府が愛国心を発揮して話をこじらせているからな。

GSOMIA破棄が撤回されるまでクーデターのリスクは消えない

本題とは直接関係ないが鈴置さんの記事も見ておこう。韓国版テルミドールのクーデターが発生する可能性がチョグク辞任により小さくなったという話だ。

曺国法務長官が突然の辞任 それでも残るクーデター、戒厳令の可能性
10/14(月) 19:00配信 デイリー新潮

 韓国の曺国(チョ・グッ)法務部長官が10月14日、辞意を表明した。就任35日目、家族の不正に検察の捜査の手が入る中での辞任だった。背景を韓国観察者の鈴置高史氏が読み解く。
・・・

――文在寅政権にはデモなど無視する手もあった。

鈴置: 確かにそうです。実際、10月3日の大デモの後にも、曺国法務部長官を切る動きは表面化しませんでした。それが今になって辞任させたのは、クーデターの恐怖が高まったこともあったと思います。

――クーデターですか? 

鈴置: 保守派の大型集会・デモに対抗し、左派も集会・デモを繰り出しました。国会ではなく、街頭を舞台に力比べが始まったのです。それを見た韓国メディアは「代議制民主主義が崩壊する」と悲鳴をあげました。

 韓国では国論が分裂して議会では収拾がつかなくなり、左右が街頭での勝負に賭けた時、クーデターが起きているからです。
・・・

朴槿恵政権当時も戒厳令に期待

――結局、曺国辞任でクーデターは回避できましたね。

鈴置: とりあえずは。しかし、左右どちらかしか生き残れない戦いが終わったわけではありません。法務部長官の首をとって勢いに乗る保守は、政権への攻勢を強めるのは間違いありません。

 対立案件は曺国問題だけではありません。別のテーマを探して再び街頭に繰り出すでしょう。デモが大成功したという実績を得たのですから。

――文在寅政権はどうやってしのぐのでしょうか? 

鈴置: もちろん、クーデターの動きには神経を尖らせ続けるでしょう。政権を握るや否や、軍の諜報部門で政治的な行動に出る可能性のある「機務司令部」を解体したのもそのためです。

 今後、再びクーデターが噂されるほどに社会が混乱したら、戒厳令を敷いてデモを抑える手もありますし。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00587578-shincho-kr

クーデターは、ホントに回避できたんですか?ジーソミア破棄が撤回されるまで、戦いは終わらないと思うんですけど・・・。

文在寅も香港デモを見て中国当局のやり方を真似ている可能性はあるね。香港行政長官に辞意を表明させたり、逃亡犯条例改正案の撤回をいきなり言い出したりというような行動を真似るようにチョグクの辞任を唐突に受け入れた。これで保守派はしばらく黙り込むと思っていることだろう。

ネット掲示板では、ムン大統領は1919派を率いている事になってたんです。でも、それは違いますよね?

文在寅は1919派により据えられた“韓国版ロベスピエール”の役目だ。それ以外には何もないと思う。だが金正恩ら北朝鮮の1948派も黙っちゃいない。今は文在寅があたかも1919派を率いているかのように見せかけるための裏工作を仕掛けてる可能性もある。国軍の日の演説なんかはまさにそう。それが日本から見れば金正恩の使い走りかのように見えてしまうという話だ。

「突拍子もない話」に指定していいですか?

可能性の話としてとどめておくならな。後で全部の発言をまとめてリストにするようなことは控えてほしい。

ボクのノートにメモしておきます!

スキマスイッチかよww

鈴置さんは、ジーソミアについては全然触れてないみたいですね!どうしてですか?

先週の10月7日の記事では触れていたよ。トランプが米韓首脳会談でGSOMIAに一切触れなかったのは見捨てられるフラグだと韓国が認識したという話でだ。米韓同盟には自動参戦条項がないことから、在韓米軍撤収で米韓同盟が形骸化することにも触れている。ここでは紹介しないでおくが興味があるなら検索で探してみてほしい。“鈴置”という名字で検索するだけですぐ出てくる。

結論:GSOMIA破棄は文在寅の暴走ではなく実は必然

ネットユーザーの反応を見る前に、文春のこの部分を読んでもらいたい。韓国陸軍元中将の最後の嘆願のようなものだ。

 最後に日本国民にお話ししたいのは、いま皆さんの前には2つの韓国があるということです。ひとつは、日本との友好関係を築き、同じ自由民主主義という価値観を信じて市場経済で発展してきた「これまでの韓国」。もうひとつは、韓国国旗を掲げながら、実態は北朝鮮化する「文在寅の韓国」です。

 文在寅政権が倒れれば、また日本やアメリカと同じ価値観にたつ、これまでの韓国が戻ってきます。大多数の国民は元の韓国に戻すべく頑張っています。もう少しの間、愛情を持って待っていてください。

すみません、日本はもう韓国はいなくてもいいと思ってて、愛情もなくなってしまいました・・・。日本が今まで韓国を何回助けてあげたか、知ってるんですか?

陸軍元中将の認識は甘いね。日米に見捨てられる理由が文在寅だけだと思っているようならおめでたい限りだ。その観点からネットユーザーの反応を見てほしい。

ネットユーザーも、同情はするけど日韓関係は戻らないって突き放してます!次の政権だってどうせ同じだし、竹島を返還する位じゃないと話にならない、という雰囲気です。もう手遅れ、自分達で選んだ大統領のはず、と反論している人もいました!

中将は韓国軍ナンバー2も務めたそうだが、それでも日米の政治の論理についてあまり理解していない可能性があるね。文在寅さえ辞めさせれば韓国はまた日米の枠組みに復帰できる…そうじゃない。韓国はもはや日米にとって不要になってしまったんだ。なぜなら北朝鮮のSLBMで韓国の防衛システムが無用の長物と化したからだ。

それが結論ですか?

残酷なまでのね。文在寅がやったことは実はそこまで歴代政権と差はない。GSOMIAの破棄はおそらく文在寅の背後にいる1919派の意向もあると思う。北朝鮮が攻めてくることがもはや避けられないとなった場合に取りうるオプションを考えたうえでの決断だろう。”中将”には分からない世界があるということだよ。そこは踏まえてほしい。

じゃあ、ジーソミアが撤回されたら、黒井さんの予測は外れますね!今の言葉は、記録しておきます!

“ジーソミアが撤回”って何だよwww それだと破棄と一緒だろうがwww

あっ(笑)