脱韓国に成功した企業「もう韓国で事業をする考えは皆無」 どうすんのこれ…

韓国ニュース

Sponsored Links

中央日報の脱韓国嘆き記事シリーズだ。上下構成かと思いきや上中下構成で長編化させることにしたらしい。今回はカンボジアや中国、ベトナムに拠点を移転させた企業の話が出ていた。海外に進出した企業が国内に戻りまくっている米国とは対照的に韓国は出ていく一方だとして嘆いている。何がどうあっても韓国になんて戻らないと考えている企業が多いということだろう。その背景について少し詳しく探ってみた。

<人・お金・企業が韓国から出ていく(中)>米国企業886社がUターンする間、韓国は10社…インセンティブに差
10/16(水) 9:53配信 中央日報日本語版

#.「もう韓国で事業する考えは全くない」。電話で話したオ・ジェフンさん(40代)はこう語った。オさんはカンボジアで輸出入通関と宅配業を主にする中小企業を経営している。7年前にカンボジアに定着したオさんは「韓国では町内のチキン店でも周辺の店と激しく競争しなければいけないが、ここではそれほどでもなくストレスも少ない。したがってビジネスチャンスも多い」と話した。カンボジアでの事業環境が改善されている点も韓国にUターンしない理由の一つだ。オさんは「カンボジア政府が物流インフラを改善し、通関作業も簡素化していて、事業にやりがいを感じる」と語った。

#.2003年に中国山東省に工場を設立して海外に工場を移した電子部品中小企業A社は、2017年3月にベトナムに生産工場を移した。A社の関係者は「韓国に工場を戻すことを検討したが、最低賃金2けた引き上げの話があり、採算がとれないという結論を出したとし「海外事業場は人材管理が難しいため、税金など十分なインセンティブがあれば今後は国内工場に移すことも考えるが、現在の支援制度内ではその可能性はない」と話した。

 10対886。韓国と米国が昨年収めたUターン企業成績表だ。Uターンとは、海外に進出した企業が国内に戻る場合をいう。11倍の差がある両国の国内総生産(GDP)を考慮しても韓国のUターン企業成績表はみすぼらしい。一方、昨年、中小企業の直接投資による海外新設法人数は1860件だった。

 範囲を広げてみると、Uターン企業数の差はよりいっそう明確になる。韓国政府は2013年、「海外進出企業の国内復帰支援に関する法律」(Uターン法)を施行した。Uターン法導入以降、国内に復帰したUターン企業は年平均10.4社にすぎない。一方、韓国より5年先にUターン企業支援を始めた米国の場合、Uターン企業が毎年速いペースで増加している。Uターン企業を支援する米国のリショアリング・イニシアチブ(Reshoring Initiative)によると、2010年に95社だった米国内のUターン企業数は昨年886社と9倍近く増えた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000011-cnippou-kr

中央日報も俄然やる気になる海外移住ネタ

まだこの話やるんですか?中央日報さん、嘆きの回数が増えてます!

2日間で68万ものアクセスを得たことでやる気になったんだろう。上下構成なのかと思いきや今回は”中”と銘打たれている。上、上ときて中だ。

じゃあ、中、下、下と続くんですか?6記事なんて、贅沢な企画です!

中央日報記者も調査がてら海外移住先を物色してたりしてなwww 東南アジアのめぼしい国を回り現地の同胞に話を聞いてあれこれ検討してるんだろう。まあ記者上がりではそうたやすくビザは下りないだろうが。

日本でも、東南アジア移住ブームは少しずつ始まってますけど、そこまで切迫感はないと思います!やっぱり日本の方がいい、と言って帰っていく人も多いみたいです。

そりゃ日本と韓国を比べたらそうなるわな。統計で見る限り韓国は一度出たらもう二度と戻りたくない国かのようだよね。1年間に戻った企業がたったの10社だぞ?海外法人の新設が1,860件もあるのにだ。

186倍じゃないですか!韓国の人達は、ホントに脱韓国しようとしてますね・・・。

しかもこれは中小企業が自ら投資した分であって、おそらく現地子会社という形態になる。そこに無数の個人が設立した法人なんてのも含まれてくると差はさらに広がる。逆に韓国への直接投資は減る一方だ。

相続税が原因なら、韓国に投資しても無意味ですよね・・・。ロジャー船長は、どうして韓国株を買ったんでしょうか?

ジムロジャー”ズ”氏な。売り逃げたかと思いきや相変わらず日本を批判して韓国を持ち上げてるしまだ持ってる気配がある。おそらくシンガポールの金融機関を通じて購入しているから韓国に相続税を含む税金は払う必要はないということだろう。

そうなんですか?

米国の経済政策は完璧、韓国は比較するのもおこがましい

そりゃそうだ。シンガポールという国はそのために…おっとこれ以上はまずい。重点監視対象の人物の話に関わってきてしまう。

何だか、金融って面白いですね!もっとそういう話を聞きたいです。

いやまあロジャーズ氏の言っていることはすべてが間違いだとは思わないよ。例えばこの記事なんかでは正直に“私は市場のタイミングを読むのは下手だ”と吐露している。そうでなければ韓国株なんて買わないわな。その代わり大まかな方向性の予測には自信がある雰囲気だ。

ジム・ロジャーズ「3年以内に最悪の相場が来る」
10/15(火) 5:30配信 東洋経済オンライン

 米中貿易戦争が長期化するなかでも、NYダウ平均株価は再び過去最高値圏に浮上している。一方で世界景気の悪化懸念は消えていない。個人投資家は今後どう行動すべきか。世界を代表する投資家のジム・ロジャーズ氏に、経済キャスターの江連裕子氏が聞いた。

■トランプ大統領は他国に責任転嫁をしている

 ――現在の米中貿易戦争の行方はどうなりますか? 

 残念ながらアメリカのドナルド・トランプ大統領は、貿易戦争はいいものだと思っている。彼は常々そう考えてきた。彼は歴史的な現実を理解しようとしない。自分が歴史よりも賢いと思っている。だから、彼のせいでわれわれはすでに貿易紛争に巻き込まれている。中国だけではない、メキシコ、韓国、日本、全世界がだ。

 今後、問題はさらに悪化するだろう。時折、事態は良くなるというアナウンスがされ、われわれも「良くなっている」と実感することもあるかもしれない。しかし、今後1~2年でアメリカの状況が悪化していくと、彼はさらに酷い貿易戦争を仕掛けるだろう。そうなると、全世界が極めて大変な問題に直面する。なぜなら、トランプ大統領は世界がどのように回っているかを理解していないからだ。なので、皆さんは心配すべきだ。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00308301-toyo-bus_all

えっ?円安になるんですか?

この記事は後でゆっくり読んでほしい。間違っても鵜呑みにするようなことはしないでくれ。

元の話に戻そう。韓国は米国との件数を比較して嘆いているが、どうやらそうなる理由としてUターン企業と認定されるためには厳しい条件が必要になるからだそうだ。

 韓国はUターン企業指定要件も厳しい。海外事業場を2年以上維持した製造業や知識サービス業などと事前要件を提示している。国内に戻れと言いながら、また多くの規制を設けているのだ。工業用ポンプを生産する中小企業の代表は「海外工場の一部を移転した場合にはUターン企業として認定されないのが今の法律の限界」とし「核心施設を国内に移した場合にはUターン企業として支援されることを望む」と話した。実際、輸出入銀行の最近の調査では、海外に進出した国内企業5社のうち4社はUターン法に大きな魅力を感じていないことが分かった。金兌基(キム・テギ)檀国大経済学科教授は「現在のUターン法だけを見ると、企業が戻ってくるほどのインセンティブが不足している」とし「Uターン企業の条件をなくすなど米国並みにUターン法の対象を拡大する必要がある」と述べた。

ちなみに米国の場合は工場移転にかかる費用を税金から控除できるし、Uターンできる企業にも特に制限がない。そりゃ当たり前だ。米国の経済に尽くし米国民の雇用を増やす行動になぜ規制が必要になる?トランプの政策はさすが不動産屋なだけあって経済面ではかなり優秀だと思っている。経済政策のお手本のような政治家だよ。

べた褒めじゃないですか!黒井さんは、トランプ大統領に心酔してるんですね・・・。いつも日本はトランプ大統領を見習うべき、って言ってます!

去年の前半はずっと批判していたからな。その反動だと思ってくれ。すべてティラーソン元国務長官のせいだったという誤解から生じたことに対する反省でもある。今の閣僚はほとんど総入れ替えとなったけど当時よりはましじゃないかと思っている。エスパー国防長官を除いてだ。

関係ないんですけど、今年の国防権限法ってどうなったんでしょうか?

気になるよな。米国が今後つまづくとしたらそこなんだよ。それにより日本など同盟国への防衛費がどうなるかも決まってくる。韓国はもう出さないことが決まったようなものだから撤収前提だろうが。

調べてみても、先月20日の記事から特に新情報が出てきてないですね・・・。宇宙分野での国際協力とか、台湾への武器売却の承認とかが含まれてると思います!

そう。この件で最もやきもきしているのは台湾なんだよ。高雄市長の件もあるし来年1月の総統選で蔡総統が万が一落選すれば中国の脅威が一気に目の前に迫ってくる。そうなる前に武器を得なければ軍事的にもあっという間に飲み込まれてしまうだろう。

結論:脱韓国が増えるのはストレスが溜まるから

ネットユーザーは、長い意見を書いている人が多くて、読むのが疲れました・・・。アメリカと比較しているのはおかしい、韓国の法律や条例が信用されてないのでは、という意見を見かけました。海外に出る事で、自国の状況が見えるようになるんじゃないかと言ってる人もいます!

まあ他の国のことを知ったら韓国になんて戻りたくなくなるわな。ワトソン君、韓国ポータルサイトの不動産絡みの記事って読んでる?

どうしてですか?

韓国のマンション事情を確認するために定期的に目を通してるんだが、まあ無機質で没個性的な建物が多いね。それに川沿いまでびっしりと道路が這うように張り巡らされていてせっかくのグリーンビューが台無しだ。あれではろくに散歩も行く気になれないだろう。確かにワトソン君の言ってるとおりだと思ったよ。

例えばこの記事に出てる写真なんかがそうだ。Google翻訳で読んでくれ。
ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=015&aid=0004224913

やっぱり!そうですよね?じゃあ、経済面だけじゃなく、住環境でも韓国はダメって事ですか?

そうだ。韓国から出る理由は1つだけじゃない。相続税が高いことや労働条件が厳しいというだけではここまで脱韓国記事が注目を集めないはずだ。まさに住環境が大きなウェイトを占めると思っている。事業主も当然住居が必要になるからな。韓国は住環境では東南アジアにすでに負けてるとさえ思ったね。

それは、そう思います!韓国って、どのマンションも全然大した事ないし、デザインも面白くないですよね・・・。公園も遠いのに、川沿いというだけで人気が出る理由が分からないです!

米国でUターン企業が800社を超えるのに韓国ではたった10社。これは税制や労働環境だけでは説明できないと思うよ。あらゆる面で韓国に住みたいと思う韓国民そのものが減ってきてるんだ。その意味ではカンボジアへ移住した人の言葉が多少は参考になるかもね。今回の結論だ。「韓国では町内のチキン店でも周辺の店と激しく競争しなければいけないが、ここではそれほどでもなくストレスも少ない」

韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

日本には関係ない!どうでもいい!韓国さようなら!