米国「韓国は途上国の地位を今日中に放棄しろ」 韓国「いやだ」  自称先進国の設定はどうなったんだよ…

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

トランプがWTO改革の一環で明言した中国や韓国など数カ国への途上国放棄要求ついて、今日10月23日で90日の期限を迎えるそうだ。韓国政府はこの期に及んでまだ決まっていないと言い、我々のタイミングでそれを決めると開き直る姿勢を見せている。米国としてはこの期限が過ぎればいつでも韓国の途上国指定を解除できることになるらしい。トランプが指定した数カ国のうち従わない姿勢を見せているのは他には中国だけのようだ。韓国も中国側に行きたがっているというわけだ。

トランプ大統領が定めた「途上国放棄」期限過ぎたが…決まっていないという韓国政府
10/23(水) 14:32配信 中央日報日本語版

 7月26日(現地時間)、トランプ米大統領は韓国・中国・メキシコなどに対し「世界貿易機関(WTO)で発展途上国の地位を放棄すべきだ」と圧力を加えた。韓国などが決定する期間を90日と定めた。その期限が今月23日だ。

 期限前日の22日(現地時間)、兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は米ワシントンでロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長に会い、この問題を議論した。

 兪本部長は面談を終えた後、韓国特派員に会い、「米国が提起している途上国問題に関連し、わが国の農業の敏感性が十分に考慮される必要があるという立場を伝えた」と明らかにした。韓国は農業と水産業の分野で途上国の地位を主張しながら、低い関税と補助金許容などの特恵を受けている。途上国の地位の放棄はこの分野に打撃を与えると予想される。

 これに対し米国側はWTO改革レベルで途上国問題が重要と考えていることを改めて強調し、7月にトランプ大統領が主張した内容をまた提起したと、兪本部長は伝えた。

 米国はトランプ政権に入ってWTO改革問題を重要課題に設定した。加盟国のうち経済発展段階がかなり高い国が途上国の恩恵を受けるのは正当でなく、これを管理できないWTOを改革すべきだという問題を提起してきた。

 兪本部長は途上国地位放棄に対する政府の立場は決まっていないと明らかにした。「国益を最優先に、韓国の国際的・経済的位置、対内外の動向、国内経済に及ぼす影響を考慮しながら、国内の利害関係者と十分に意思疎通するという原則に基づき慎重に検討中というのが政府の立場」と述べた。検討後に対外経済長官会議を経て政府の立場を決める予定だと説明した。

 結果的にトランプ政権が定めた期限が過ぎたことについて、兪本部長は韓国政府の判断と時期が優先という立場を明らかにした。「期限延長を要請したのか」という質問に対し、兪本部長は「米国側の状況ではなく私たちの経済地位、経済に及ぼす影響、国内外動向を考慮して検討するものであるため、期限の延長や期間とは関係なく私たちが自主的に必要な時期と必要な状況を検討する」と述べた。

 トランプ政権はこの期限が過ぎた場合、USTRの判断で途上国の地位を一方的に剥奪することができるという立場だ。兪本部長は「期限後にトランプ政権がいかなる措置を取るかについては不確実性がかなり大きい」とし「米国側がいかなる措置を取るか、いつ何をするのか予断しない」と話した。

 トランプ大統領は7月26日、ツイッターを通じて「裕福な国が途上国だと主張して特恵を受ける現在のWTO体制は故障している。これ以上は許されない」とし「米国の犠牲の上で不正行為をする国が特恵を受けないようにすべきだという指示をUSTRに出した」と明らかにした。

 トランプ大統領はこの日署名した「WTO内発展途上国地位改革に関する覚書」で、USTRが今後90日以内にWTO発展途上国の地位問題を正すことができる方法を探すべきだと指示した。

 覚書は経済協力開発機構(OECD)加盟国であり主要20カ国・地域(G20)加盟国、世界銀行が分類した高所得国家であり世界商品貿易で0.5%以上の比率を占める国はWTOの発展途上国に含まれてはならないと主張している。韓国はこれら基準にすべて該当する。

 トランプ大統領が指定した国のうちシンガポールとブラジルは途上国地位の放棄を宣言した。中国は途上国地位を放棄できないという立場を明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000033-cnippou-kr

改めて10月の予定表を振り返る

今日がその期限だったんですね!予定表に書いてなかったので、全然知りませんでした・・・。

俺も記録するのをうっかり忘れていた。7月中に決まったことだからな。ここで改めて復習してみよう。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・8月2日:日本が韓国ホワイト国除外を閣議決定する
・8月22日:韓国が日本とのGSOMIAを破棄すると宣言する
・8月24日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・8月28日:日本が韓国ホワイト国除外を施行する
・8月29日:韓国最高裁がサムスン副会長の二審判決を破棄し差し戻す
・8月31日:韓国で油類税引き下げ措置の期限が切れる
・9月1日:米国が対中国関税1,120億ドル分を発動する(15%)
・9月1日:香港国際空港への交通網をパンクさせるデモが行なわれる
・9月6日:日本製鉄に対する韓国資産売却命令の猶予期限が切れる
・9月8日:米国でヒュンダイ自動車の運搬船が転覆する
・9月9日:北朝鮮が建国記念日を迎える
・9月9日:韓国GMが史上初の全体ストライキを実施する
・9月9日:韓国文在寅がチョグクの法相指名を強行する
・9月10日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・9月10日:韓国GMの研究開発法人も全体ストライキを実施する
・9月11日:WTOで韓国が反ダンピング関税は不当とされ日本に事実上敗訴する
・9月11日:香港で一帯一路サミットが開催される
・9月14日:サウジアラビアの石油施設が攻撃される
・9月18日:韓国が日本のホワイト国除外を施行する
・9月18日:米国のFOMCで0.25%の利下げが発表される
・9月20日:中国の代表団が米国の農場視察を中止し帰国する
・9月20日:韓国の景気後退が24カ月続いていると国家統計委員会が発表する
・9月23日:米国トランプと韓国文在寅が米国で首脳会談を実施する
・9月23日:トランプが文在寅に非公式会談で防衛費大幅増額を要求する
・9月25日:日米首脳会談でトランプが文在寅の愚痴を安倍首相にこぼす
・9月26日:韓国のハンファケミカルがサムライ債発行を断念する(日本に断られる)
・9月27日:竹島に戦闘機を飛ばせると記述した令和初の防衛白書を閣議決定する
・9月28日:韓国の活動家3名が羽田空港で入国拒否される
・10月1日:中国が建国記念日を迎える
・10月1日:韓国が国軍の日で対日敵対姿勢を露わにする
・10月2日:北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する
・10月3日:韓国でパククネ弾劾時と同規模の反文在寅デモが行なわれる
・10月5日:香港で覆面禁止法が導入される
・10月5日:米朝実務者協議がストックホルムで決裂する
・10月7日:日米首脳が貿易協定に署名する
・10月7日:トランプが安倍首相に”今日39歳になった”と冗談を言う
・10月7日:米商務省がハイクビジョンなど中国企業8社を禁輸リストに追加する
・10月8日:米国務省が中国の当局者のビザ発給を制限する
・10月8日:韓国文在寅の支持率が32.4%を記録する
・10月9日:韓国で再び反文在寅の大規模デモが行なわれる
・10月9日:トルコがシリア北部への軍事行動を開始する
・10月9日:日本人教授の吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞する
・10月10日:韓国WTO敗訴から30日が経過し日本の対抗措置発動が可能になる
・10月10日:米中閣僚級の通商協議がワシントンで開催される
・10月11日:米中通商協議で最終合意の第一歩になる部分的合意がなされる
・10月14日:韓国チョグクが法相を自ら辞める
・10月14日:海上自衛隊主催の観艦式が台風19号の影響で中止になる
・10月14日:米国政府がトルコへの制裁を発表する
・10月15日:韓国が北朝鮮で無観客無中継のW杯予選試合をやらされる
・10月15日:米下院が香港人権法案を可決する
・10月18日:韓国文在寅の支持率が大手世論調査機関でも40%を割る
・10月22日:即位式に韓国文在寅が来ない
★10月23日:韓国がWTOでの途上国の地位を放棄する期限を迎える
・10月24日:日本で安倍首相と韓国首相が会談する
・10月31日:英国首相が合意なきEU離脱を実行する
・11月XX日:日本製鉄の資産強制売却が実行される
・11月17日:チリAPECでトランプと習近平が首脳会談を実施する
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
・12月15日:米国が対中国関税1,600億ドル分を発動する(15%)
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
★2019年10月23日現在

10月の後半は、イベントが少ないみたいですね!

それもあって記録するのをつい忘れてしまいそうになるね。今このリストを眺めていてサムスンの件駐韓米国大使公邸の件を入れていないことに気付いた。後で追加しておく。

ない事もなかったですね・・・。北朝鮮の金剛山の話も、入れた方がいいのでは?

こういう時に記事ダイジェストをテキスト画像にしておくと思い出すのに役立つね。画像で振り返る1年とかやってみようかな?

いい企画ですね!でも、膨大な画像数になるのでは?

1日大体5~6記事×365だからざっと計算すれば2,000枚弱になる。まあ無理だなww 今のは聞かなかったことにしてくれ。記事に入ろう。

分かりました!トランプ大統領は、7月26日に韓国は途上国の地位を放棄しろって言ってたんですか?

米国時間26日だね。トランプは当時WTOを批判していたと思ったんだが、あれは今にしてみればWTO批判ではなく韓国批判だったんだな。トランプの気持ちを少し読み違えていたようだ。

「WTOは壊れている」と発言してますけど・・・。

WTOはどうしようもない機関なのはそうだが、その壊れた状態をいいことに韓国が途上国のふりをしているという方に批判の矛先が向いていたわけ。それで今日までに途上国の地位を放棄しないなら米国のUSTRが独自に措置を講じるという話になっていた。

当時の記事では「90日以内に進展しなければ」と書いてあったんですけど、それはWTOではなく韓国向けの警告だったんですか?

今にしてみればそうだね。WTOは上級委員が1人しかいないし機能不全だから改善しろと要求するのは元から無理だと思っていた可能性がある。韓国自身がこの話を進展させる必要があったんだよ。

トランプの決めた期限だから守らなくていいと韓国

ところが韓国は今日の期限を持ってしても韓国の立場は”決まっていない”と明らかにしている。何のための期限だったんだと突っ込みたくなるね。

韓国は、ホントに約束を守れない国なんですね・・・。90日間も、一体何をしてたんですか?

米国のトランプが勝手に決めた期限だから守らなくていいと思い込んでいそうなんだよな。韓国政府の判断を優先すると韓国の通商交渉本部長が無責任な態度を取っている。期限切れによりトランプが何らかの措置を講じるかどうかも不確実性が大きいとしか言ってないしね。

韓国は、途上国なんですか?中央日報さんが、いつも韓国は先進国だと言ってた気がしますけど・・・。

自称先進国なのか自称途上国なのかも分からないがなww まあそういう文在寅政権の訳の分からない態度を見てトランプ政権もためらいなく韓国の途上国指定をやめるだろう。それによる影響は農業面だけで済むかどうかは何とも言えない。

農業と、それから水産業もって書いてあります!関税だけじゃなくて、補助金も優遇されてるんですね・・・。もしかして、日本に韓国産の食品が入ってこなくなりますか?

韓国政府が補助金を出すのを米国は止めようがないから、その分まで加味して韓国産の農産物や水産物に何らかの制裁的な関税措置を加える可能性はあるね。対米輸出が壊滅的になる可能性もある。すると日本への韓国産輸出が増える事態も想定される。

ダメじゃないですか!脱日本構想を進めてるはずなのに、それはいけません!

まあそこは米国の方針に日本も沿うようにすればいいんじゃない?すでに日本は韓国産のヒラメを理由をつけて輸入規制強化してるからな。対象となる食品の範囲を広げれば済む話だ。

それなら、良かったです!もうすぐジーソミアも廃棄されるし、韓国産の食品も安全保障上の理由で規制した方がいいです。

GSOMIAを“廃棄”か。食品とごっちゃになってない?

結論:途上国地位放棄の拒否はGSOMIA破棄の前哨戦

伝わればいいんです!破棄も廃棄も大差ないと思います!

こまけぇこたぁいいんだよってなww ネットユーザーの反応に入ろうか。

ネットユーザーは、中国や韓国から途上国の地位を剥奪した方がいいって言ってます!農業に固執するのは違和感があるし、韓国はメリットを手放すつもりがないのか、最初は恩恵がないからすぐ放棄するって言ってたのに、スワップも必要ないって言ってたのに、ウソばかりだという雰囲気です!

韓国が最初何て言ってたかはもう忘れてしまったな。当時の記事ではシンガポールやブラジルだけじゃなく台湾も潔く途上国の地位を放棄するという話を扱っていた。もしかしてこれ拒否してるの中国と韓国だけという話にならないか?

そうだとしたら、韓国はもう中国側ですよね・・・。日米側には、もう来なくていいと思います!

今日で奇しくもGSOMIA破棄まで残り1カ月となるが、その区切りとなるタイミングで米国の要求を突っぱねるというのは象徴的な気もするね。この調子では来月は日米との確執をさらに深めることになるだろう。途上国放棄要求の拒否はGSOMIA破棄の前哨戦、これが今回の結論だね。

韓国の皆さん、もう手遅れです!そのまま突き進んでください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!