トランプ政権

中国は重要な問題で米国に譲歩する意向はない  トランプ氏が中国との暫定合意を取り消す恐れも

今月中にも中国との第1合意がなされる予定でしたが、中国が持続的な合意には懐疑的な姿勢を持っていることが報道されています。重要な争点では中国は譲歩するつもりがなく、またトランプ氏の衝動的な性格を理由とした暫定合意の取り消しにも警戒しているとの内容です。トランプ氏は中国との合意を目指していますが、中国にその気がないようであれば合意の成立は困難なものとなります。

中国、トランプ氏との長期的な通商合意に懐疑的=ブルームバーグ
10/31(木) 18:59配信 ロイター

 [北京 31日 ロイター] – ブルームバーグが31日、匿名筋の情報として伝えたところによると、中国はトランプ米大統領と長期的で包括的な通商合意を結べるのか疑問視している。

 複数の中国当局者は、北京を訪問した人との会話やその他の私的な会話で、争点の最も多い問題で中国が譲歩することはないと主張。

 また中国当局者は、トランプ氏の衝動的な性格を不安視しており、両国が数週間以内の調印を目指している暫定合意をトランプ氏が取り消す恐れがあると懸念しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000098-reut-cn

トランプ氏が求める合意も遠ざかる

また同じことの繰り返しが始まったな…。それでトランプが切れて追加関税を発動させたのが今年の5月だったと思うけど。

それから全然何も進んでないですよね・・・。中国は、ホントに時間稼ぎをしたいだけみたいです!

こちらの報道はBloombergが発端となっており、さらには匿名筋の情報として伝えられたものですので信頼性は低いですが、事実であれば中国は重要な部分では一切譲歩しないことになりますので、トランプ氏が求める合意の実現も遠ざかることになります。

トランプ合意は中国をすべての面で降伏させるような内容になるんだろうか?そうなら中国が応じられるわけがないわな。第1合意が結ばれたとしてもその先に進むのは難しいと思う。

中国は農産物を買えば、それで終わりだと思ってる気がします!でも、安全保障の問題でも、中国は許せませんよね?

通商協議と安全保障の問題とは無関係ですので、ここで話題にすることではありません。ただし中国側が両者を結び付ける可能性を否定することもできません。中国がどの争点での譲歩を困難だとしているかは明確ではないものの、Bloombergによれば大部分の対中関税を米国が撤廃することとされています。

中国、トランプ大統領との長期的貿易合意の実現可能性に疑念-関係者
10/31(木) 19:25配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米国との包括的かつ長期的な貿易合意に達することが可能かどうか、中国の当局者らは疑念を抱いている。米中両国は「第1段階」の貿易協定調印に近づいているが、中国は最重要問題で譲歩する意向はないと、事情に詳しい関係者が述べている。

 関係者によると、最近数週間に北京を訪れた人などとの個人的な対話で、中国当局者は最大の争点である問題については譲歩しないと警告した。当局者らはトランプ米大統領の衝動的な性格および部分的な協定ですら同大統領が合意内容を撤回するリスクを依然として懸念しているという。両国は数週間内に部分的な協定に署名したい考えを示してはいる。

 中国は10月31日まで、北京で共産党第19期中央委員会第4回総会(4中総会)を開いている。この会合に先立ち一部当局者は、米国がさらに関税を撤廃する意向でない限り、今後の米中交渉が意味のある結果を生むことはあまり期待できないとの考えを伝えていた。米国からの訪問者に対しそのメッセージを米政権へと持ち帰るように促したケースもあったという。

 中国の習近平国家主席とトランプ大統領が会談の機会と見込んでいた11月16、17両日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の中止が10月30日に発表され、合意への新たな障害が生じた。

 ホワイトハウスのギドリー報道官はこれを受け、「同じ時間枠内で中国との歴史的な貿易合意第1段階をまとめ上げる」ことを政権は引き続き決意していると表明した。

 米政権はこの第1段階が、当初の提案よりも多くの重要な経済改革を含む包括的な合意につながるとしている。一方で中国当局者は、そのためには米国が約3600億ドル(約39兆円)相当の中国からの輸入に対する関税を撤回する必要があると論じる。トランプ大統領がこれに応じる可能性は低いとみられている。

 中国の立場を知る関係者によれば、直ちに全ての関税を取り下る必要はないが、これが次の段階に含まれることが必要。中国はまた、トランプ大統領が12月15日に発動を計画している関税についても撤回を望んでいるという。

 中国側は第1段階の後に交渉を継続する意思があるものの、米国側が求める根の深い構造問題についての合意は非常に難しいと双方ともが認識していると、交渉内容を知る中国当局者が述べた。

原題:China Said to Doubt Long-Term Trade Deal Possible With Trump(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-17529243-bloom_st-bus_all

原文はこちらになります。

China Doubts Long-Term Trade Deal Possible With Trump
2019年10月31日 18:04 JST

Stage 1 in the works but Chinese downplay prospect for others
APEC cancellation adds another hurdle for a star-crossed deal

Chinese officials are casting doubts about reaching a comprehensive long-term trade deal with the U.S. even as the two sides get close to signing a “phase one” agreement.

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-31/china-said-to-doubt-long-term-trade-deal-possible-with-trump

トランプと習近平の新しい会談場所を決めるらしいけど、どうするんだろう?中南米のどこかにするのかな?

確定されたものはありませんが、トランプ氏は合意の署名に前向きと報道されています。近いうちに新たな開催地が発表されることが明らかにされました。場所も中南米とは限りません。

当の中国が後ろ向きとは情けない限りじゃのう。合意に向けた気概が感じられんぞ。

トランプだけが前のめりな気もしますけどね…。中国の習近平主席は来たがらないと思います。

中国がすべての面で合意できなければ協議も進まず

新たな場所についてはこちらの報道でも言及されています。トランプ氏によれば第1段階の合意は取引全体の6割に達するとのことですが、中国が残り4割を譲歩できないとすればそれ以上は先に進めないことになるかと思います。

米中、合意書に署名する新たな場所模索-近く発表とトランプ大統領
10/31(木) 23:18配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): トランプ米大統領は31日、米中通商協議の「第1段階」合意に署名するための新たな場所を探す作業に両国が取り組んでいると明らかにした。米中は11月にチリで開催予定だったアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて合意をまとめ上げることを目指していたが、チリが開催を断念した。

 トランプ氏は「新たな場所は近く発表される」とツイッターに投稿した。

 トランプ氏によると、合意文書は「取引全体の60%」をカバーすることになる。関係者によれば、中国当局者は米国との間で包括的かつ長期的な貿易合意に達することが可能かどうか疑念を抱いている。

原題:Trump Says U.S.-China Seek New Site to Sign Trade Agreement(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-31531776-bloom_st-bus_all

60%どころか1ミリも譲歩する気がなかったりしてね。中国がこの合意に対してどう考えているかは正直何とも言えない。米国が国防権限法の件で自壊するのを待っているかのような印象も受ける。

有能さん、アメリカの国防権限法は、どうなるんですか?

昨日も似たような質問をしただろww 1日や2日でそう状況が変わるわけでもあるまいし。

そうですね。縮小化された国防権限法について協議が進められていますが、現時点では明確な決定事項は生じていません。それによりどのような影響を及ぼすことになるかについても答えられることはありません。

まあそこは我々としても仮説を組み立てつつ慎重に推測していかないといけないわな。当然中国もこの米国内の動きを逐次チェックしてるだろうし、それに応じてトランプ政権がどういう動きを見せるかを予測しながら手を打つということになる。

東アジアサミットや、東南アジアサミットにトランプ大統領が欠席するのは、中国に間違ったメッセージを与えてしまうのでは?

トランプ氏が両会議を欠席する理由が定かではありませんが、Huaweiなど一部の中国企業に安全保障上の問題が生じていることも事実です。また、それらは通商協議とは関係のない別の事案として進められることになります。

のれんに腕押し状態だな。まあトランプは元々米国ファーストを掲げてたし予想される動きではある。むしろそれで中国を油断させておびき寄せる意図もあるんじゃないかと考えている。

米中貿易戦争と株価の変動について

ネットユーザーは、何をどう合意するのかが分からないと言ってます!関税は永遠に続きそうだし、トランプ大統領が交代してもアメリカの方針は変わらないって。株価が下がらない限り、攻撃も止まらないって言われてます!

そりゃそうだ。関税を上げれば上げるほど株価も上がるならやめる理由がない。S&Pがまた最高値を更新したとかいう報道も出てきてるからな。俺がもし何らかの銘柄を持ってたらここで一旦売りたい。

ボクが年末まで持ってたアップル株は、今見たら250ドル近くまで上昇してますね・・・。これから不景気になるって言われて、騙されて売ってしまった事を後悔してます!

年末の最安値150ドルで売ったんだっけ?それが今や250ドルかwww 持ってれば1.6倍くらいになったものをみすみすチャンスを逃した。まあ次の機会を待ちなさい。数年間は訪れないかもしれないけど。

いいんです!ボクは今、ある銘柄をずっと持ち続けてるんです。何があっても、売らないと心に誓いました!

株価は景気に左右される場合もありますが、市場の思惑やFedの政策なども関係してくるため安易な予測は控えることを推奨します。購入そのものは自由ですが、談義に影響を及ぼすようであれば控えてください。

ということだワトソン君。基本的には株の話は自粛してくれ。数カ月に1度くらい話題に出すなら構わないがな。

いつか10倍になるまで、絶対に手放さないと決めたので、話題にもしません!

今からテンバガーを狙うのは無理だろww 欲張って利益確定のタイミングを逃すなよ?

チリのAPECは中止されましたが、トランプ氏は引き続き中国との合意に前向きな姿勢を見せています。米中首脳会談の会場が決まる場合は追って共有します。関連報道も確認してください。

関連記事