中国「習近平が韓国訪問?あるわけないだろ」 終わったな…

中国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

今回は珍しく中国と韓国の関係について触れてみようと思う。中国の外交筋が韓国の中央日報に対して”北朝鮮が韓国政府を疑っている”という奇妙な言い方で圧力をかけているからだ。明らかに中国自身が韓国に不満を持っているというのに、それを北朝鮮に代弁させるかのようなやり方は中国独特のものと言っていいだろう。中国が一番言いたかったことは習近平の訪韓が難しいという部分だと俺は踏んでいる。THAAD問題がくすぶっていることもあり、年内はおろか当面は韓国訪問の機会はないと思われる。

中国外交筋「北朝鮮、韓国政府を疑う可能性も」
11/6(水) 18:04配信 中央日報日本語版

 北朝鮮の金剛山(クムガンサン)の韓国側施設の一方的撤去措置について中国・北京の外交筋は先月29日、「北朝鮮が韓国政府を疑っている可能性がある」と述べた。訪中韓国記者団との懇談会の席でのことだ。南北問題に精通したこの外交筋は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と4回会って、開城(ケソン)工団及び金剛山(観光)再開の要請もしただろうし、期待もしただろうということは誰も否定できない」とし「なのに南北関係が何も進展がないため、韓国政府に対して不満がある可能性がある」と述べた。

 この外交筋は、特に昨年12月の南北鉄道の開通式の後を決定的タイミングとして言及し、「開通式だけして、何の進展もなかった」とし「もちろん中国政府が(北朝鮮のこのような行動を)勧奨するわけではないが、韓国も積極的に対話と和解の努力を継続してほしい」と述べた。また、「中国も中国なりに北朝鮮に対しても疎通してきたし、(今後も)継続する」と述べた。

 北朝鮮が非核化のための実質的な措置ができるように、中国がより積極的に努力すべきだという記者団の指摘に対し、この外交筋は「中国は見えるところでも見えないところでも北朝鮮を説得してきた」とし「(北朝鮮の非核化が必要だという)中国の立場は何一つ変わっていない」と語った。対北制裁履行については「北朝鮮に対する制裁の実質的90%は中国がしていることになる」とし「北朝鮮の対外貿易の90%が中国であるという点から、絶対多数の制裁は中国が行っていることになる」と主張した。また、「中国が最も地道な努力をしてきた」とし、「ただ、方法論における制裁ではなく、平和的対話を手段とすべきだという点において立場の違いはある」と述べた。

 習近平中国国家主席の年内訪韓の可能性についてこの消息筋は「難しいのではないか」と語った。韓国政府は今年の習主席の訪韓を複数のパスに推進してきた。習主席の最後の訪韓は朴槿恵(パク・クネ)前大統領時代の2014年7月だった。文在寅大統領は2017年12月に訪中して習近平主席を招待したが、答礼訪問は2年近く行われていない。ことし6月に大阪で開かれた主要20カ国(G20)首脳会議の直前に習近平主席が訪韓するかもしれないという可能性も提起されたが失敗に終わった。この外交筋は最近議論されている金正恩(キム・ジョンウン)委員長の年内訪中については立場を明らかにしなかった。

 習近平主席の訪韓に高高度ミサイル防衛(THAAD)システムに関する韓国の追加譲歩が条件かという記者団の質問に、この外交筋は「そうではない」と否定した。しかし、THAADに対する中国政府のわだかまりは相変わらずだった。外交筋は「THAAD配備過程が中韓間の不信を非常に大きくした」とし「韓国が独自開発したTHAADなら問題ないが、米国の武器体系を導入し第3国(中国)に影響を与えるものだから、中国は(自国)安保の被害とみなす」と主張した。文在寅政府が中国に▼米国のミサイル防衛システムに参加▼THAAD追加配備▼韓米日軍事同盟の3つを行わないという、いわゆる「三不約束」についてこの消息筋は「一時的合意」とだけ述べた。また、「(THAADの問題が)完全に解決されたとは韓国政府も言わない」とし「相互信疑も含む問題」と述べた。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000051-cnippou-kr

チャイ子がお前のことを疑っている

黒井さん、もしかしてまたドラえもんの例え話をしようとしてますか?

ばれたかwww チャイアンがのび文に圧力をかけている様子を珍しく取り上げようと思ってな。“チャイ子がお前のことを疑っている”という言い方でだ。

疑ってるのは、中国もだと思うんですけど、北朝鮮の方が強く疑ってるって事ですか?

というよりも中国が言いたいことをあたかも北朝鮮の主張かのようにすり替えて代弁させていると考えるのが自然だろう。中国らしい圧力のかけ方だと思うよ。

キム委員長は、中国の事は信頼してても、韓国の事は敵だと思ってると思います・・・。

まさにチャイアンとチャイ子とのび文の関係図がそのまま当てはまる。チャイアンとチャイ子は同じチャイアンファミリーだから、チャイ子はチャイアンの存在なくしては生きていくことができない。北朝鮮の貿易の90%が対中国で占められるという話そのままだ。だがチャイアンもチャイ子には優しく接するしかないよな。

確かに!ジャイアンって、のび太にばかりグーをぶつけてるイメージです。スネ夫にもたまにやるけど、他の人にはそこまで厳しくないですよね?

今回の話はのび文がチャイ子の歓心を買おうと手作りの編み物やケーキを贈ったのに全部送り返され、さらには絶交の手紙も出されたところにチャイアンがやってきて、おいのび文!チャイ子がお前のことを疑ってるぞ!と親切にも伝えてきたという話だ。

のび太は、しずかちゃん一筋だと思ったんですけど、違うんですか?

文在寅政権になってから日本と北朝鮮の双方にラブコールを送るようになったと認識している。南北融和政策を進めれば日本もついてくるだろうというのが文在寅政権の考え方だ。南北関係が失敗気味になったから日本との関係も結果的に悪化することになった。

つまりのび文はチャイ子としずちゃんの間で二股をかけるようになったわけ。そのことでチャイ子がすねて絶交の手紙を出してしまったという話だ。

ひどい!韓国は、そんなにひどい事をしてたんですね・・・。しずかちゃんとしても、絶交したい気持ちだと思います!

日出杉君との宿題ノート交換協定を破棄するのび文

それで、しずちゃんに絶交されるくらいなら、ぼくが日出杉と先に絶交してやる!とむきになって日出杉君との宿題ノート交換協定を破棄することにした。日出杉君にとってのび文の宿題ノートは1ミリも役に立たないが、のび文のためになるならと献身的な思いで交換に応じていた。締結を要請したのはオバえもんだ。

「宿題ノート交換協定」ですか・・・。分かりやすいような、分かりにくいような感じです。

オバえもんとしては当時ののびクネにもっと成長してほしい、日出杉君との交流を深めて実力を高めてほしい、そしてチャイアンファミリーの一部にならないでほしいという思いで両者に協定を要請したわけ。日出杉君としては特に断る理由がないから快諾したが、のび李は愛国心もあるし締結には最後まで後ろ向きだった。だが次の代ののびクネは少し冷静になって日出杉君との協力関係を持つことにした。

思ったんですけど、どうして日本はいつまでも名前が一緒なんですか?

そこは察してくれ。この期間日本は大半が安倍政権だったが、それ以前に日本は“日出ずる国”だからだ。安倍首相もまた日出ずる国の一部を構成する閣僚という解釈だね。

分かりました!

ここからが要点だ。中国の外交筋は習近平の訪韓は難しいのではないかとばっさり言い捨てた。年内かどうかは明らかにせずにだ。特に理由も説明せず、THAADの譲歩が条件かという韓国側の質問もあっさりと一蹴してしまった。

習さんって、結局韓国には行かなかったんですね!もう2回位行っていたような気がしてました。

習近平が来る!きっと来る!と叫び続けて結局4年間以上来ていないという話だが、その”来てない”の部分を愛国日報がほとんど報道しないからあたかも習近平が来ていたかのような雰囲気が醸成されているわけ。ワトソン君はそれに見事にだまされてると。

そうだと思います・・・。ボクは人一倍騙されやすいという自覚があるので、気を付けてたんですけど、やっぱり騙されました!

ドラえもんの例え話で置き換えると、チャイアンがのび文の家にもう4年くらい遊びに行っていないという話だ。のび文はチャイアンの歓心も買おうとして自宅に何度も遊びに来て!チャイアンの好きなおもちゃとかお菓子も用意したから!と伝えたが、チャイアンは一向に応じようとしない。その代わりに“チャイ子が怒ってる”ことだけを伝えてきたと。

ジャイアンが、のび太の家に遊びに行く光景が、想像できないんですけど・・・。

仮に遊びに来たとしてただでは帰らないような感じになりそうだよね。おいのび文!トラえもんの道具をよこせ!と言われるのは確実だ。のび文としても基本的にそれは受け入れられないが、だが歓心は買いたいからトラえもんに内緒で何かの道具を渡してもいいかもとは思っている。

やっぱり!サードの譲歩だって、韓国から勝手に言い出した事ですよね?のび太がジャイアンの事を怖がってて、どうすればいいのかって聞いてるシーンだと思います!

のび文はチャイ子と結婚させられ晴れてチャイアンファミリーの一員に

韓国が中国の言うことをまるで聞かないのはもう分かっているから、中国としても習近平が訪韓する理由が特にないし年内も含めて難しいだろうと言うしかなかった。代わりに北朝鮮が韓国に攻め込むことにはなるだろうがな。中国としては我関せずという形になるだろう。

チャイアンは思い通りにならないのび文の家になんて行きたくない。のび文の部屋にはトラえもんの基地となる押し入れがあるし、トラえもんがその中で勝手にチャイアン防衛システムを建設しようとしていたことも把握しているからだ。そこでチャイアンは自らが行くのではなくチャイ子を行かせることを思いついた。

北朝鮮が韓国に攻め込むという事ですよね?それで、中国の一部になるんだと思います!

のび文がアメえもんの再三の説得にも関わらず日出杉君との宿題ノート交換協定を破棄してしまったから、アメえもんとの信頼関係もそこで破綻して怒って未来に帰ってしまった。のび文は泣いて説得しようとしたけど、最後はロドミちゃんに反省しなきゃだめと言われて諦めることにした。

トラえもんが帰ってしまって間もないある日の夜、のび文のパパとママが悲しそうな顔をして、このお家を手放すことになりそうだという会話をしている様子を偶然目撃した。どうやら家計が逼迫しているようだ。

それからまたしばらくしたある日、突然チャイ子が荷物を持ってやってきた。今日からここはあたしの家よ!と言いながらのび文の部屋にズカズカと入り込み、トラえもんがいた押し入れにドカッと荷物を置いた。そしてのび文の机に勝手に座って趣味の漫画を描き始めた。一通り漫画を描き終わると唐突に書類を出して、ここに署名して!とのび文に圧力をかける。のび文は言われるがままにサインをした。こうしてのび文一家はチャイアンファミリーの一員になったのであった…。

リアル過ぎます!黒井さん、その話はホントに自作なんですか?

実は”ヤドカリ一家”という同じ藤子F不二雄氏が描いた別の漫画のストーリーをベースにしている。こうして例えていくと止まらなくなるから面白いだろ?当時から国際情勢を加味してキャラクターを作っていたとしか思えないくらいに当てはめることが可能だからな。

「ロドミちゃん」とは?

いや何となくドラミちゃんは英国なんじゃないかと。最近英国が韓国にやたらと厳しいだろ?米国が韓国に言えないことを代わりに言ってやるという役目が、ドラえもんがのび太に言えないことを代わりに諭してやるドラミちゃんの役目に近いというだけの話だ。“ロドミちゃん”の呼称はロンドンから来ている。

面白いんですけど、まとまりがなくなってしまいましたね・・・。どうやって締めますか?

韓国は北朝鮮に吸収されて中国の一部になる。のび文はチャイ子と結婚させられてチャイアンファミリーの一員になる。これ以上に明快な結末があるか?今回の愛国日報の記事はそれを露骨なほどに示唆していたからな。愛国日報自身が気付いているかどうかも分からないが。

それなら、分かりやすいと思います。韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!出木杉君は関係ありません!しずかちゃんとは結婚できません!さようなら!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!