米国が韓国に最後通告! 11月14日に米国防長官が最後の説得へ! GSOMIA破棄で韓国崩壊待ったなし!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

いよいよ国防長官のお出ましだ。11月13日からエスパー国防長官がアジア諸国を訪問するそうだが、その際に出席する第51回米韓安保協議会の席でミリ―統合参謀本部議長と共に最後の説得を試みるという。この会議は14日に開催されるから、事実上最終期限は11月14日に決められたと言っていい。文在寅がここでも首を縦に振らなければ韓国経済の崩壊は確定的となるだろう。

米高官が韓国叱責!140分間にわたり… GSOMIA破棄撤回、文政権に“最終警告” 米国防長官も訪韓へ
11/9(土) 16:56配信 夕刊フジ

 ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に「猛烈な圧力」をかけている。米国が仲介した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)が目前に迫っているからだ。政府高官と米軍幹部が計140分間、韓国大統領府(青瓦台)に陣取る「赤化高官」を説得したという。マーク・エスパー国防長官も今月中旬に訪韓し、GSOMIA維持を求める。文政権の失政による「経済危機」も指摘されるなか、このままでは韓国のレッドチーム入りは確定的となり、自由主義陣営に戻れなくなりかねない。

 《米国務次官補、青瓦台国家安保室第2次長に「GSOMIA再考」圧力》

 中央日報(日本語版)は7日、このようなタイトルの記事を掲載した。

 訪韓中のデイビッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)の6日の動きを丹念に追うことで、「トランプ政権が、どう文政権と向き合おうとしているか」を独自に読み解いた記事だ。

 同紙によると、トランプ政権は、文政権によるGSOMIA破棄決定を覆すには、韓国外務省や国防省の高官ではなく、青瓦台に君臨する「文大統領の側近」を直接説得すべきと判断した。そのターゲットが、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長だという。
・・・

 米国防総省は7日、エスパー長官が13日から韓国、タイなどアジア4カ国を歴訪すると発表した。同時期、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長も訪韓し、文政権に「最終警告」を発する方針だ。

 そもそも、文政権は「反日・離米・従北・親中」の立場を崩さず、文氏も金氏も「北朝鮮主導の南北統一(赤化統一)」を志向している。中国に「三不の誓い」((1)高高度ミサイル防衛網=THAAD=の追加配備はしない(2)米国のミサイル防衛=MD=体制に加わらない(3)日米韓を軍事同盟にしない)を提出して、事実上、レッドチーム入りしている。

 表向き、文政権は「日本が輸出管理強化を見直せば、破棄決定を再考できる」というが、日米韓の安全保障の基盤であるGSOMIA破棄は既定路線といえそうなのだ。

 それを認識しているためか、日本政府は「輸出管理強化と、GSOMIAはまったく別次元の異なる問題だ」との原理原則を曲げる様子はない。

 米国側も、文政権に「政策変更」を求めるより、韓国の保守派・良識派に「自国の危機的状況」を伝え、目覚めさせる意図が感じられる。

 最近、「GSOMIAの廃棄、迅速に撤回を」(中央日報)などと、文政権に警鐘を鳴らす韓国メディアも出てきた。トランプ政権の「猛烈な圧力」を受けて、文政権はどう動くのか。

 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「このまま、GSOMIA破棄に突っ込むだろう。米国の圧力を受けて決定を覆すと、文氏は支持層などから『弱腰だ』と批判され、権威は失墜する。間違いなく大統領支持率も低下する。そもそも、GSOMIAに反対してきたグループが政権を握っている以上、破棄撤回はないのではないかと語っている。

 日本としては、東アジアの安全保障環境が激変することへの、覚悟と万全の準備が必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000009-ykf-int

11月23日0時が正確な破棄の日時

もう来週末じゃないですか!あっという間ですね・・・。

今日が11月10日の日曜で、確かに来週末の23日0時をもってGSOMIAは破棄されることになる。一部報道では22日0時と書いているところもあるんだが、それは間違いだと思う。

11月22日は、実はある事が起こる日なんです!でも、この話は温存したいので、後回しにします。

後回しというのは、この次の枠でやるということでいいよな?

それでいいです!今は、アメリカが韓国に圧力をかけるという話にするんですよね?

普段はおとなしいエスパー国防長官だが、ついに韓国を訪問して最後の説得をする機会が訪れたそうだからな。11月13日からアジア諸国を訪問すると書かれてるけど、実際に韓国を説得する日付は14日になると思う。

アメリカ軍政府福組のトップも、同時に訪韓するそうです!

政府福組って何だよwww また訳の分からない誤変換が始まったなwww

すみません、指が滑って「せいふふくぐみ」になってしまったみたいです・・・。「制服組」の間違いです!

エスパー国防長官はいわゆる背広組だから、これで米国防総省のツートップが同時に訪韓して韓国側の当局者を説得することになるね。相手はおそらく国防部長官だろうが、これとは別に大統領府の第2次長も説得するものと思われる。

14日というのは、何かのイベントがあるんですか?

米韓安保協議会に両者とも出席するらしい。その場でということだろう。万が一GSOMIAが破棄されれば安保協議会そのものがなくなるかもしれないしね。

輸出管理強化と結び付けた不安保次長が諸悪の根源だとワトソン君

そのことが書かれた記事がここにある。韓国での世論調査の結果も一緒に掲載されているから見てみよう。

GSOMIA「破棄」「撤回」を上回る! 韓国の最新世論調査結果
11/8(金) 11:34

 米国も巻き込む形となった日韓懸案である日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)は韓国政府が翻意しなければ、今月22日深夜をもって終了することになる。韓国が日本に通告した破棄の発効期限まで残り2週間となった。
・・・

 来週(14日)にはエスパー国防長官がソウルで開催される第51回米韓安保協議会に出席するため訪韓し、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と共に最後の説得を試みるものと思われるが、文在寅大統領が説得に応じるのか、それとも、撥ねつけるのか、国際的な関心を集めそうだ。

 破棄に踏み切れば、最大の同盟国である米国との関係悪化は必至だ。防衛負担問題や貿易問題、さらには米韓が協調して対応している北朝鮮問題にも悪影響を及ぼしかねない。

 韓国の世論調査会社「リアルメーター」は昨日、GSOMIA破棄の賛否を問う世論調査の結果を発表した。

 今回の調査はタイでの日韓首脳対話から2日後の6日に全国有権者8,595人を対象に行われたものだが、結果は「このまま破棄すべき」が48.3%、「撤回すべき」が37.6%と、「破棄すべき」が10.7%上回る結果となった。(「わからない」が14.1%)

 しかし、その差は3か月前の8月に韓国のTV「YTN」が行った調査よりも縮まっていた。韓国政府が破棄を決定(8月23日)した直後に行われた調査では「支持」が54.9%、「反対」が38.4%と、16.5%も開いていた。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20191108-00150013/

韓国がジーソミアを破棄したら、アメリカが防衛費負担で圧力をかけるんでしょうか?

それだけでなく“貿易問題”とあるね。以前ベトナム経由で輸出された韓国産の鉄鋼に関税をかけるという話があったが、似たような経済制裁が科される可能性があるとにらんでるわけだ。

エスパー国防長官は、貿易問題とは関係ないですよね?何の圧力をかけるんですか?

さあ?在韓米軍撤収をこの場でちらつかせるとも思えないし、似たような70分間の説得をするんじゃないか?そのターゲットは第2次長だろうが、この次長は米国の圧力なんて意に介さないだろう。

意地悪クラブの不安保次長のことなら、説得はムリだと思います!ムン大統領の事を貶めるためなら、何でもやろうとするからです!

この第2次長も意地悪クラブなんだっけ?というか大統領府に似た肩書きが多すぎてよく分からない。米国の専門家にうそつきだと名指しされたのも大統領府の誰かだったよな?

それは、不安保室長です!

不安保室長と不安保次長かwww それなら覚えやすいし呼びやすい。文在寅政権に“安保室”なるものが存在すること自体がジョークのようなものだからな。

ムン大統領だけでいいのに、わざわざ不安保室を作って、ムン大統領の動きの邪魔をしようとしてるんです!側近かのように装ってるんです!

文在寅もGSOMIA破棄で固まってるんだろ?むしろ動きは一致してると思うがな。

この人が日本の輸出管理強化と結び付けて、問題をこじらせたって夕刊フジさんの記事に書いてあります!ホワイト国除外に猛反発して、アメリカを巻き込もうとしたけど失敗したって。

ムン大統領はジーソミアを破棄したいだけなのに、不安保次長が勝手に日本の輸出管理強化が原因だと言い出して、GSOMIA破棄の理由にしてしまったんです!

別にどっちでもいいわwww 破棄するならさっさと破棄してもらいたい。

結論:米国もGSOMIA破棄は既定路線だと考えている可能性がある

ネットユーザーは、140分のムダ遣いだと言ってます!同盟国として残りたいかどうかを、一言聞けば良かったのではって。取引の材料にならないし、タダで中国側に行かせるようなことはしないはず、という雰囲気です。もし韓国から手を引く場合、アメリカに残した武器はどうするのかと心配している人もいます!

韓国を見捨てる決断を米国防総省ができるかどうかだよな。だがクルド勢力にした仕打ちを考えればあっさり見捨てそうな気がしなくもない。よってGSOMIA破棄は米国も既定路線と考えている可能性がある。これが結論だね。

日米関係は、大丈夫ですよね?ジーソミア破棄でも日本は心配ない、って言っている人もいました!

そこはおそらく防衛費交渉の方が日本との間でもなされてると思うから、拠出する金額次第じゃないかな?何しろ米国にはもう金がない。国防権限法が成立しなければ予算は出せない。韓国にはその金を出す気がないから在韓米軍撤収となるしかないわけで。

GSOMIA破棄が事実上決定するまであと4日とも言えるね。この日を過ぎたらいよいよ破棄は確定的になるから、破棄によりどういう事態が想定されるかの方に注力して調査活動を進めようと考えている。14日は木曜だから、金曜以降はその流れになるね。今から資料を集めておいてほしい。

黒井さん、分かりました!

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!