韓国車への関税発動危機でパニック状態! トランプの予測不可能な動きに怯える自動車業界! 期限がいよいよ明日に迫る!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

トランプが決めた自動車関税発動の期限がいよいよ明日に迫る中で、韓国自動車業界が発動しないかどうかを警戒しながらパニック状態に陥っている。生産台数が400万台を割り込みそうな状況下で関税まで重なれば産業そのものが破壊されかねないからだ。米韓FTAの改定を受けて除外される可能性が高いとしつつも、トランプの予測不可能な動きが怖いと怯える様子も露わにしている。

韓経:米国、13日に「関税爆弾」めぐる決定…韓国自動車業界が緊張
11/11(月) 10:46配信 中央日報日本語版

 米国が通商拡大法232条に基づき自動車関税を賦課するかどうかの決定を控え、韓国自動車業界が緊張している。今年の構造調整と販売不振で年間400万台生産体制が崩れるという予想が出ている中、米国の「関税爆弾」まで浴びる危機を迎えているからだ。

 韓国自動車産業協会によると、韓国自動車企業の今年1-10月の生産台数は326万6698台と、前年同期(328万1211台)比で0.4%減少した。この傾向ならグローバル金融危機直後の2009年(351万台)以来10年ぶりに400万台体制が崩壊するという見方が出ている。これは韓国自動車産業の生態系が維持されるためのマジノ線と見なされてきた数値だ。

 こうした中、業界の耳目がホワイトハウスに集中している。トランプ米大統領が予告した、外国産自動車に通商拡大法232条の措置を適用するかどうかの決定時限が13日に迫っているからだ。通商拡大法232条は輸入製品が米国の国家安全保障を脅かすと判断されれば緊急輸入制限をしたり高率の関税を課税できるようにする条項。これに先立ち米国は通商拡大法232条に基づき、日本や欧州連合(EU)など外国産自動車と自動車部品に25%の高率関税を賦課するという計画を進めてきた。

 韓国は232条の適用対象から除外されるという見方が多い。産業研究院のイ・ハング研究委員は「米国と緊張関係を形成している地域はEU」とし「韓国は韓米自由貿易協定(FTA)改定などの影響で除外される可能性がある」と述べた。しかし予測しがたいトランプ大統領の言動を考えると安心はできないという分析もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000018-cnippou-kr

欧州の楽観発言がフラグになる恐れ

最近、あまり予定表を見かけないんですけど、どうなってるんですか?

そうだな。11月の前半は動きに乏しかったからいまいち項目数が増えなかった。特にこの1週間は目立ったトピックが少なかったね。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・11月1日:竹島付近で韓国のヘリが墜落する
・11月4日:RCEP首脳会合がタイで行なわれる
・11月4日:韓国の失礼議長が東京のG20国会議長会議に来る
・11月4日:タイのバンコクで安倍首相と文在寅が10分対話を実施する
・11月6日:ソフトバンクが14年ぶりの赤字転落を発表する
★11月12日
・11月13日:韓国車に対する米国の関税発動期限180日が切れる
・11月17日:チリAPECでトランプと習近平が首脳会談を実施できなくなる
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月19日:米国の連邦通信委員会でファーウェイの安保上脅威指定を採決する
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月22日:フローズン2が日米で同時に公開される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
★2019年11月12日現在

自動車関税は、延期だと思ってたんですけど、やっぱり発動するんですか?

トランプの予測不可能な動きを韓国側が警戒しているという記事だよ。米韓FTAの改定があるから232条の適用対象から除外されるだろうとしつつも、米中の関税撤廃合意をトランプがあっさり否定した前例もあるし土壇場でひっくり返る可能性は否定できないからな。

韓国は、防衛費交渉でアメリカとこじれてるから、代わりに関税も発動になる気がします!

それはどうかな?文在寅が武器購入費として計上した数百億円分はすでに反映されて50億ドルが47億ドルに減額になった。300億円以上まけてやれば十分だろうという米国側の意思が感じられる。

関税が発動する場合は、日本車は対象になるんですか?

その辺りの様子を探るために調べてるんだが、どうも欧州が楽観的発言を飛ばしまくってるのが気になってね。米国当局者でもないのに発動を見送るだろうと安易に発言するのがフラグになりはしないかと心配ではある。

EUへの自動車追加関税、トランプ政権の発動見送り予想-欧州委員長
11/8(金) 8:28配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のユンケル委員長は、トランプ米政権が安全保障上の懸念を理由にEUからの輸入自動車に課すかどうか来週判断するとしている追加関税について、米政府が発動を見送るとの見通しを明らかにした。

 ユンケル委員長は7日の南ドイツ新聞(オンライン版)とのインタビューで、「トランプ大統領は少しいら立つだろうが、自動車関税の発動はないだろう。彼はそうしないだろう。私は十分に情報を得ている」と述べた。

 トランプ大統領は、EUからの輸入自動車・同部品に追加関税を適用するかどうか11月半ばまでに判断するとしており、実際に発動されれば、390億ドル(約4兆2600億円)相当の米国製品に報復関税を課すとEUは警告している。

原題:Trump Will Not Hit EU With Threatened Car Tariffs, Juncker Says(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-69283881-bloom_st-bus_all

えっ?ヨーロッパ委員会の委員長なのに、トランプ大統領の行動を決め付けてしまっていいんですか?

関税が発動されないだろうと言っている人しか現状では見当たらない。こういう楽観視する雰囲気が支配的な時ほど危険な気がするね。何しろ米国側として発動しない理由がさほど多くないからな。

トランプ大統領の気持ちを、単純に考えてないだけでは?

その向きもあるよな。最終的にはトランプを周りの閣僚や議会がなだめるだろうと世界中の誰もが思い込んでいるという話になってしまう。

日本ではあの大村知事が撤廃を求めるというやや不穏な雰囲気

われらが日本についてはどうかというと、同じくやや不安なフラグが立っていてだな。時事通信の記事になってしまうがあえて取り上げたい。

米国の車関税、撤廃交渉を=大村愛知県知事、経産相に要望
11/7(木) 17:10配信 時事通信

 愛知県の大村秀章知事は7日、梶山弘志経済産業相と省内で会談し、日米貿易協定で見送られた自動車・同部品の関税撤廃を実現するため、今後の交渉への取り組みを要望した。

 梶山氏は「これから交渉していくと思う。自動車産業を支えるため全力で応援したい」と語った。

 両国政府が先月署名した貿易協定は、米国の自動車・同部品関税の撤廃について付属文書に「さらなる交渉」に委ねる方針を記した。愛知県はトヨタ自動車など関連企業が拠点を置いており、政府への要望書で「早期撤廃を目指すなど公正な貿易慣行の整備に向けた取り組みを進めてほしい」と訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000089-jij-pol

大村知事って、あの事件で評判が一気に落ちましたよね?大丈夫なんでしょうか?

トヨタを抱える愛知県の知事としてふさわしいのかどうかはともかく、トランプに自動車関税の撤廃を正面から要求するのはあまりいい手とは言えないかもしれない。まあそこはタフネゴシエーターの茂木外相も同じ主張らしいし期待はしたいが。

何でもかんでも要求してたら、トランプ大統領だって不満を持つと思います!日本として、アメリカにどう貢献できるかを、考えた方がいい気もします!

トヨタはすでに米国内に多数の工場を持っていて、対米投資額も他の追随を許さないし雇用も多数生み出しているが一方で部品は米国外から調達している事情もある。トランプが部品も含めて全部米国内で生産しろと言い始める可能性は消えていない。今が大統領選まで1年を切ったタイミングというのもあまりよくないね。

アメリカ政府は、まだ何も言ってないんですか?

商務省のロス長官が日欧韓の自動車メーカーといい会話ができたと言っているのが唯一かな?11月4日の話だ。トランプ政権としても関税発動の回避を望んでいるとは言っているが、ロス長官の言うことだからあまり当てにはできない。

ロス長官って、楽観発言が多過ぎていまいち信用できないです!関税の合意もウソだったし、当たらない印象が強いです。

それな。中国のファーウェイ制裁猶予期間もまた延期されるだろう、中国と合意できるだろうとトランプの考えを果たして反映できているのかどうか疑問符がつくようなコメントが多いよね。その点ナバロ補佐官やライトハイザー代表の方がまだ頼りになる。

アメリカ政府で発言力が強い順に、整理してほしいです!

そりゃ大統領に近い方が当てになるに決まってるだろ。ワトソン君はよくトランプと文在寅は似ている部分があると言ってるが、文在寅も大統領府の方が外務省や国防部よりも発言権を持ってる。それと一緒じゃないか?

結果は明後日の14日にも判明するだろう

ネットユーザーは、韓国車は関税がなくても大して変わらないと言ってます!代わりに米韓FTAの破棄を発表した方がいい、ジーソミア破棄なら制裁発動、自動車関税も22日まで保留になったら面白いかも、という雰囲気でした!

米国が韓国のGSOMIA破棄を見て自動車関税を発動させるかどうかか。それは誰も注目していない観点だね。確かに予定表で見ると日付が結構近いし、22日まで限定的に延期するという発表はありえなくもないと思うが。

その場合、関税発動は韓国車だけですよね?

だと理想だがな。韓国が米国の安全保障の枠組みから外れるという意味ではそれが最もふさわしいと思う。俺はそれとは別にベトナムにも何らかの措置が下されるんじゃないかとにらんでいる。

ベトナムですか?鉄鋼以外にも、何かが制限されるんでしょうか?

中国や韓国がベトナムを迂回して米国に輸出しているのは明白だからな。サムスンが代表例だし中国も関税を避けるためにベトナムを利用しているのは明白だ。GSOMIA破棄がなされれば周辺国にも影響が出るかもね。まあそうなったとしても日本は何も関係ないしどうでもいい話だがな。

ボクは、アメリカ政府の発言が何かないか、もう少し調べます!何か分かったら、すぐに知らせます!

おっ頼もしいね。よろしく頼むよ。俺は引き続き韓国側の様子を探っていく。明日の米国時間だから期限は事実上日本時間の14日までだ。油断しないようにしよう。

黒井さん、分かりました!