中国の新規融資が1年10カ月ぶりの低水準に!? 景気悪化で対策を迫られる?大丈夫なの?

中国ニュース

中国の10月の人民元建て融資が、1年10カ月ぶりの低水準に落ち込んでしまったそうです・・・。新規融資の総額は6613億元で、日本円で大体10兆2800億円になってしまったとか。景気が悪化しているので、中国政府も対策を迫られる事になるそうです!香港情勢も荒れているし、中国は一体どうなってしまうんでしょうか?

中国新規人民元建て融資、10月は予想下回る 景気策強化の公算
11/11(月) 19:00配信 ロイター

 [北京 11日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)が発表した10月の新規人民元建て融資は6613億元(945億5000万ドル)で、1年10カ月ぶりの水準に落ち込んだ。大幅な減少は季節要因とみられ、政策当局は今後数カ月にわたり鈍化する景気の下支えを引き続き強化するとみられる。

 前月の1兆6900億元から急減し、ロイターがまとめたアナリスト予想(8000億元)も下回った。前年同期は6970億元だった。

 住宅ローンが大半占める家計向け融資は4210億元で、9月の7550億元から減少。企業向け融資は1262億元で、前月の1兆0100億元から縮小した。

 中国政府は昨年から融資促進など一連の景気対策を導入しているが、内需は依然として低迷。輸出も米中貿易戦争で打撃を受けている。

 キャピタル・エコノミクスのシニア中国エコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「融資の伸びを反転させ、経済活動が急激に鈍化するのを防ぐため、人民銀は向こう数カ月でより積極的に政策を緩和する必要があるだろう」と顧客ノートで指摘した。

 華宝信託のエコノミスト、ニエ・ウェン氏は「貿易戦争で景況感が影響を受けていることから、企業の信用需要の弱さがデータで示されている」と述べた。

 10月のマネーサプライM2は前年比8.4%増加。アナリスト予想と一致した。前月も8.4%増だった。

 10月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.4%増加。アナリスト予想は12.5%増だった。前月も12.5%増だった。

 また、10月末時点の社会融資総量残高の伸びは前年比10.7%増。前月は10.8%増だった。社会融資総量には、新規株式公開、信託会社の融資、債券発行など、通常の銀行融資以外の簿外の与信も含まれている。

 10月の社会融資総量は6189億元で、16年7月以来の低水準。前月は2兆2700億元だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000077-reut-bus_all

中国の景気がドンドン悪化してる?

香港の件が世間を賑わせているけど、あの話題はちょっとうちでは扱うのは難しいよな。

だと思います・・・。それで、ボクが代わりに中国経済の話題を見つけてきました!10月の人民元建て新規融資が、1年10か月ぶりの低水準に落ち込んでしまったそうです。

1年10カ月ぶりというと、2017年12月以来かな?その頃融資が落ち込んでたというのがよく理解できないが。

9月が1兆6900億元もあったので、その反動のような気もしますけど、景気が悪化してるって事ですよね?

タンマ。有能さんは今日は来る?来ない?

何も聞いてないです・・・。今いないなら、もう来ないのでは?

今日って祝日だったっけ?違うよな。中国では昨日は独身の日とかで盛り上がったらしいが日米には何も関係ない話だ。

分かりました!11月11日は、アメリカでは退役軍人の日だそうです。それだと思います!

なるほど。11月11日が祝日なのか…。それで昨日は米国発の情報が少ないと思ったわけだ。自動車関税発動間近だというのに全然発言が見つからなくてね。

普通に休みだったんですね・・・。祝日明けに関税発動するんでしょうか?

どうだろう?自動車関税は日欧韓が主な対象だから中国にとってはむしろメリットがある。中国車が躍進する機会を与えてしまっては元も子もないと思うがね。

トランプ大統領は自動車関税を延期する?

さっきもう一度探してみたら、トランプ政権が自動車関税を延期する可能性があると別の情報筋が明らかにしたそうだよ。まだ最終決定ではないらしいが。

トランプ政権はEU自動車関税に関する判断を先送りの見通し-関係者
11/12(火) 9:04配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): トランプ政権は欧州連合(EU)製自動車に関税を発動するかどうかの決定を先送りする可能性がある。ホワイトハウス の協議に詳しい関係者が明らかにした。  トランプ米大統領は5月、決定の期限を11月中旬に設定。EU側は関税が発動されれば、米国製品390億ドル(約4兆2600億円)相当への報復関税を課すと警告していた。  計画に詳しい関係者によると、トランプ大統領は今週の期限を再び延期する見通し。ただ、同大統領は最終的な決定を下していないという。    ホワイトハウスは11日にコメントを控えた。

原題:Trump Expected to Delay Tariffs on Imported European Vehicles(抜粋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-17062089-bloom_st-bus_all

じゃあ、中国には甘い顔はしないみたいですね!それなら、良かったです。

読者の諸君は気付いていると思うけど、我々の記述内容と実際の報道内容には少しタイムラグがある。国際情勢に関する政治経済を扱うことにはしているが速報性は正直あまりない。速報だけなら大手サイトで十分だからね。

ボクは、ニュースは全部速報だと思うんですけど、違うんですか?

俺の勝手な思い込みだと、大手マスコミが速報と銘打つ場合は何か重大な出来事である場合が多いような気がする。号外とかはそうだよね。我々も重大事案の場合は他の記事を後回しにして最優先で取り組むことはある。去年のラオスダム事故なんかまさにそうだったよな。

あれから、もう1年以上経過するんですね・・・。SK建設は、まだ賠償してません!

ネット掲示板とかだと、かなりどうでもいいくだらない記事にわざと【速報】とつけて笑いを誘うケースも散見されるね。意外性とか意表を突くという感じは共通してるけど。まあその話は今はいいや。

自動車関税の事を調べてたら、中国の少し前の記事が見つかりました!これって、トランプ大統領との合意内容ですよね?

海外投資誘致を強化、技術移転強要せず=中国国務院
11/7(木) 18:48配信 ロイター

 [北京 7日 ロイター] – 中国国務院(内閣に相当)は7日、海外投資家の誘致強化を狙ったガイドラインを発表した。

 前週、商務省の王受文次官が、外資投資規制を緩和する措置を発表した。

 国務院は声明で、金融、自動車などの分野で対外開放を強化する一方で、外国の投資家や企業に「明示的にも暗示的にも」技術の移転を強要することはないと表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000109-reut-bus_all

外資の規制緩和はいいとして、技術移転の強要が本当にないかどうかを関税を維持しながら見守るという話じゃなかったか?それに知的財産権の侵害についても明示されてない。つまりほぼ何も解決されないってことだと思うが。

あれ?じゃあ、やっぱりダメそうですね・・・。合意って、何を合意するんですか?

正直俺にもよく分からない。有能さんはいつも同じことしか言わないし、米国政府の当局者もやっぱり毎回言うことが同じだ。最後にトランプが全部ひっくり返すんだと思うと大して言葉に重みが感じられないんだよね。

でも、トランプ大統領の意向は常に一定だって、有能さんは言ってます!ボクもそう思います。

中国が時間稼ぎをしようとしているのは間違いないし、関税の撤廃では明らかに合意できないからもう決裂する未来しか見えないんだよな。大衆はおろか市場までもがそのシナリオを恐れながらとりあえず買っておくターンというか。事が起きれば真っ先に逃げられるからね大口は。

年内に合意できなければ危機が表面化?

確かに!情報は速そうですよね・・・。

そこは“早い”が正確だね。情報を入手する段階が早いという意味で使っているという仮定だが。情報の伝達速度の方なら“速い”と表現するのが正しい。

アメリカにいる大口の方が、トランプ大統領の声が届く報道のスピードが速いから、速いで合ってると思います!

ちなみに情報の時速は何kmだと思う?

それは・・・。時速1万キロ位だと思います!

適当だなww 俺はネット回線の速さに依存すると思う。米国国内の通信網と日本への海底ケーブル通信網のどっちが速いかという話だ。そういう訳の分からない話になってしまうから、ここは“早い”を使うのが正確だ。米国時間にトランプが発表したとすれば日本時間は夜だからどうしても情報を知るタイミングは遅れてしまうよね。

それが、ボクが勝てない最大の原因のような気がします・・・。アメリカ時間に何かを発表されても、絶対に対応できない自信があります!

プロの専業トレーダーなんかは1日19時間画面に張り付く人もいると聞くし、例えば金曜の米国時間に何かまずい材料が出たとしても日経平均に響くのは翌週だから売り損ねる人が大勢出かねないよな。そろそろネットユーザーの反応を見てほしい。

ネットユーザーは、中国の信用不安が始まったのではと言ってます!内実はどうにもならないのでは、人民元で融資されても困る、ほとんど不良債権なのかも、まともな人は中国は信用しない、という雰囲気です!

年末にかけて何か重大な出来事が起こるかもね。何しろトランプとの合意ができるかどうかが未だに分からないからな。11月中でだめなら12月にもとは言われてるが、もし年内に合意できないとなったら一気に信用不安が噴出するかもしれない。11月中はひとまず署名はなされないってことでいいよな?

もう11月中旬ですよね・・・。チリのAPECが中止になったのが、大きいと思います!

それな。見えざる手が米中の合意を阻止しているかのような印象を受けたよね。まあ12月になれば年内に合意があるかどうかも分かってくるだろう。中国が関税撤廃案を諦めなければ合意もない、という前提で考えておこうと思う。