国際金融資本の韓国撤収ラッシュが始まる! ソウル支店が一斉に閉店! 愛国日報がパニック状態!

韓国ニュース

GSOMIA破棄が迫る中、米国がいよいよ撤収ラッシュに舵を切ったようだ。この2年間だけでゴールドマン、バークレイズ、マッコーリーなどの国際金融資本が次々とソウル支店を閉鎖してしまったという。加えて海外からの外国人直接投資も減り、韓国企業の海外直接投資は逆に増加し続けているらしい。文在寅の失政で韓国経済がパニック状態に陥ろうとしている。

【コラム】市場の復讐…「韓国経済にはもう食えるものがない」(1)
11/13(水) 10:25配信 中央日報日本語版

 過去30年間にわたりソウルで勤務したグローバル金融CEOの言葉だ。「朴槿恵(パク・クネ)の創造経済や文在寅(ムン・ジェイン)の平和経済が何であるのか全く分からない。一つ確実なことは、国際資本が韓国経済に完全に興味を失っているという点だ」。JPモルガン資産運用コリアは11年目で韓国ファンド事業を終えた。役職員も半分近く減らした。スイス投資銀行のUBSも保有していたハナUBS資産運用の株式を売却した。このCEOは「かつて外国資本は『食い逃げ』という非難を受けた。これからは頼まれても来ない。食えるものがなくなったからだ」と語った。「食い逃げ」という表現もぜいたくなほど韓国経済が枯れているということだ。

 最近、外国資本の「韓国エクソダス(大脱出)」が目立っている。この2年間にゴールドマンサックス、バークレイズ、マッコーリー銀行などが次々とソウル支店を閉鎖して離れていった。かつて海外本社から低い金利に借りたドルを運用して利益を得ていたが、韓国にも低成長と低金利が定着したからだ。もう黄金の卵を産む競争力を持った産業や企業も探すのが難しくなった。それで韓国経済に冷めた視線を向けている。その結果、韓国企業が外国に抜ける海外直接投資は今年上半期150億ドルを超えるなど連日過去最高を更新し、国内に入ってくる外国人直接投資は100億ドル以下にとどまっている。

◆深刻な慢性疾患の韓国経済

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は一昨日、任期2年半に「崩れた国を立て直した」と自慢したが、少なくとも経済分野では正反対だ。堅調だった経済が崩れる兆候が目立つ。成長率が1%台に落ちるなど主要経済指標が通貨危機やグローバル金融危機以来の最悪水準となった。政府は米中貿易摩擦など外部環境のせいにするが、問題は内部にある。今は政策金利1.25%と過去最低であるうえ、今年469兆9000億ウォン(約44兆円、前年比9.5%増)のスーパー予算が投下されている。為替レートも1ドル=1165ウォンとウォン安ドル高だ。以前なら輸出が増えて成長率も上昇する環境だ。にもかかわらず輸出は11カ月連続で前年同期比で減少し、設備投資も6期連続マイナスとなり、成長率まで落ちた。これは韓国経済が深刻な慢性疾患を抱えていることを意味する。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000013-cnippou-kr

魅力がなくなった韓国経済

やっぱり、ムン大統領だけじゃなくて、パククネ元大統領もダメだったんですね!それが分かったので安心しました。

いやまあパククネの方がまだやるべきことはやってたよね。文在寅はぶっちゃけパククネが築いたものをすべて取り壊しただけだ。半導体で調子良かったのは最初だけで、2018年以降は文在寅の失策で目も当てられない状態が続いた。

韓国が海外から興味を持たれないのは、サムスンが失敗したからだと思います。サムスン副会長が、半導体ばかりに投資して、わざと経営を危険な状態に追い込んでるんです!

まあ記事を見よう。今回は国際金融資本がここ2年で一斉に韓国から逃げ出しているという内容だ。出ているだけでもゴールドマン、バークレイズ、マッコーリーなどの大手金融が次々とソウル支店を閉鎖しているという。

マッコーリー銀行って、韓国の銀行ではないんですか?

オーストラリア系だね。“Macquarie”という表記だ。韓国のマッコリとは一切関係ないからwww

そうなんですね!偶然って、面白いです。

撤収の原因がまた深刻だ。これまでは米国や日本で低金利で得た資金を比較的高かった韓国で運用することで鞘取りをしていたが、韓国も相次ぐ利下げで金利が低くなってしまったことで儲けが薄くなったからだという。ワトソン君はアービトラージは知ってる?

よく分かりません・・・。

まあ概念はともかく、金利差で儲けるという言葉の意味は分かるか?例えば日本で金利0.1%で資金を借りて、まだ金利2%台だった頃の韓国に投資すればどうなる?金利差約2%だ。為替差損を考慮しても十分に儲けが出るよね。

じゃあ、日本がゼロ金利だったから、韓国で儲ける人がいたんですか?

端的に言えばそういうことだね。それが平成日本が不況だった最たる原因と言ってもいいかもしれない。ゼロ金利、つまり投資しても金利がゼロというのは海外からすれば投資に旨みがないということになるからな。

金利の低くなった韓国には誰も投資しないというシビアな理由

ところが令和時代になり韓国=高金利の構図があっという間に崩れた。先日の利下げでついに史上最低金利の1.25%にまで落ちてしまった。これでは日本と韓国の金利差では大して儲けられないばかりか、むしろ米国の方が金利が高いという逆転現象が発生してしまう。

アメリカは、もっと高いですよね!それは、覚えてます。

9月の利下げで1.75-2.00%の範囲にすることをFRBが決めた。つまりそれまで十分に利上げを行なっていたから、多少利下げをしても金利が低すぎない状態を維持できるわけ。これが米国に投資が還流している最大の原因と言ってもいいかもね。

韓国でお金を借りて、アメリカで投資したとしても、儲かるって事ですよね?

理論上はそうなる。加えて韓国は政治は最悪、安全保障も間もなく日本とのGSOMIAが破棄されて崩壊する寸前だ。韓国に資金を置いておく意味は外資にも、国内企業にも1ミリもないわけ。これが韓国エクソダスやらが起きている最大の原因だね。

じゃあ、やっぱりムン大統領は関係ないです。韓国銀行の金利政策が、間違ってたんだと思います!

韓国銀行の利下げを打ち消す妙な政策をやらかしたからだろwww 財政出動すれば景気回復する!大丈夫!とかやってたら今度は韓国国債の金利が上昇し始めて乖離が発生した。韓国政府の財政政策そのものに疑念が生じ始めたからだ。

でも、韓国銀行は、金利を引き上げるべき時に、上げなかったって黒井さんは言ってました!ボクも、そう思います。

まあ韓国銀行の失策は原因の4割くらいかな。残り6割は文在寅。韓国国債の10年物のチャートは見たか?11月に入ってから1.8%台が常態化しつつある。この調子では年末までに2.0%台もうかがうかもね。

乖離が、ドンドン深刻になってるんですね・・・。韓国銀行が、9割悪いんだと思います。残り1割が意地悪クラブです。

文在寅の政策のせいで利下げが打ち消されたと言ってるだろwww

結論:不動産も含めて今年中にも韓国経済はパニック突入か

(2)が一層辛辣だ。文在寅は自分寄りの議員の選挙区だけ不動産分譲価格上限制を適用外にするといった後進国同様の自分勝手な政策を押し進めているらしい。このせいで利下げで溢れたマネーはすべて不動産に向かうという救いようがない事態になりつつある。

【コラム】市場の復讐…「韓国経済にはもう食えるものがない」(2)
11/13(水) 10:25配信 中央日報日本語版

◆財政中毒に向かうのか

 もちろん経済が厳しければ財政支出を増やすのが教科書的な解決方法だ。しかし財政投入で時間を稼ぎながら、低成長と二極化問題は構造調整を通じて解決していくのが定石だ。李昌ヨン(イ・チャンヨン)IMFアジア太平洋局長も「重要なのは財政支出の用途だ。公共部門の短期雇用創出は根本的な解決策にならない。潜在成長率を高めて持続可能な成長をするには構造調整がなければならず、その過程で財政は雇用ではなく勤労者を保護できる社会安全網の拡大に使わなければいけない」と強調する。しかし今の財政支出の内容を見ると悪性だ。生産的な投資支出なら経済成長に結びつくだろうが、基礎年金・児童手当・高齢者公共勤労など現金をばらまく移転支出が大きく増えている。

 ソウル江南(カンナム)の不動産価格もアマチュア政策に対する市場の逆襲だ。その間、金秀顕(キム・スヒョン)前政策室長と金賢美(キム・ヒョンミ)国土部長官が17回も不動産対策を出したが、すべて失敗した。ソウルのマンション価格は30%も上昇した。今回の分譲価格上限制も同じだ。親文核心議員の選挙区の木洞(モクドン)と北アヒョン洞は抜けた。金賢美長官の選挙区(高陽)と親文釜山派の拠点の釜山(プサン)は調整対象地域から解除された。こうした政治的なゲリマンダリングのために釜山・大田(テジョン)には観光バスに利用した遠征ショッピングで未分譲マンションがなくなり、先日の江南マンションの抽選は461倍の競争率となった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000014-cnippou-kr

えっ?これって、首都を釜山にするための計画では?

ふむ。まあ冷静に見てみればそう考えられなくもない。ソウルの大半の地域で不動産分譲上限を設定しつつ釜山をその対象外とすることで、暗にソウルの投資マネーを全部釜山に持ってこさせようとしてるかのように見えなくもないね。

ムン大統領は、正しい事をしてると思います。ソウルは、日本の影響が強すぎるので、もう住みたくないんだと思います!

となるとやはり釜山を首都にして臨時政府を打ち立てて、日本侵攻をすぐにできる体制を整えようとしてる可能性はあるな。1919派にとっては韓国経済でさえもはやどうでもいいのかもしれない。

ずっと思ってたんですけど、ボクは1919派は正しいと思います!1948派がずっと日本の事ばかり見てて、日本に近寄ってきて、ウソをついて日本の投資を引き出したから、問題になってたんです。

正しいか正しくないかは俺の知ったことではないが、日本にとってどっちがいいかと言えば確かに1919派の方がより敵対心が強いという意味でいいかもね。日本国民が常に危機感を持つことができる。1948派が政権をもし握っていたら、日本は今頃韓国とスワップを再締結していた可能性もなくはないからな。

ムン大統領の脱日構想は、正しいと思います。日本企業が、韓国からみんないなくなれば、それで解決するんです。

そのためにも、サムスン副会長を日本に来させるのをやめて、意地悪クラブを一掃しないといけないです!

1919派の話は今回の主題ではないが、今後の韓国がどうなっていくかを占う意味では非常に重要な動きをするものと思われる。

今回の結論としては、金利の面1つとって考えても今年中にも韓国の経済はおかしくなっていくだろうという話だ。情報が世界で最も早い国際金融資本が韓国に今後起こりうることを知らないはずがないわな。まあGSOMIA破棄で米国が韓国を見捨てるであろうことは誰でも想像はできるが。

韓国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!