米国の韓国制裁がついに始まった! 米国政府の韓国系副長官の学歴詐称が暴露される! 韓国民が愛国心崩壊でパニック状態!

トランプ政権, 米国ニュース, 韓国ニュース

米国政府による韓国への報復措置、いや制裁措置の第1号となるかもしれない。米国務省傘下の米国際開発庁の副長官を務めている韓国系30代女性について、学歴や経歴はおろか雑誌の表紙まですべてニセモノだと暴露されてしまったからだ。その実態はでたらめと言っていいレベルで、トランプとしても騙されたという恥ずかしさから許すわけにはいかないだろう。同様の出来事が今後米国で相次ぐものと思われる。

米トランプ政権の韓国系若手ホープ「ミナ・チャン」、学歴詐称で座礁危機
11/13(水) 23:04配信 朝鮮日報日本語版

 「ハーバード経営大学院という学歴も、タイム誌の表紙写真も全て偽物だ」

 米国のトランプ政権で、30代の韓国系女性としては異例となる国務省副次官補(deputy assistant secretary)級の高位職に昇進したミナ・チャン(32)が12日(現地時間)、学歴詐称騒動の渦中に立たされた。

 米国の複数のメディアは、ハーバード大経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)出身という高学歴で、全世界の危険地帯を飛び回る国際支援団体の最高経営責任者(CEO)、なおかつCDを発売した歌手という華麗な経歴を基に高位職に就いたチャン氏について、どこまでが真実でどこからがうそなのか一斉に疑問を投げかけている。

 米NBCは12日「ミナ・チャン米国際開発庁(USAID)副長官が、本人の学歴を誇張し、以前のボランティアの経歴も誇張した」と暴露した。

 ミナ・チャン氏はバージニアで生まれた在米韓国系2世だ。今年1月にトランプ大統領がUSAID副長官に直接指名し、全米で話題になった。USAIDは米国務省傘下の省庁で、毎年国務省と共に400億ドル(約4兆3600億円)もの予算を操る核心省庁だ。・・・

 トランプ大統領は、上院にミナ・チャン氏を副長官として承認するよう自ら要請するなど力添えをした。トランプ大統領はミナ・チャン氏がハイチ、ソマリア、アフガニスタンを含む世界40か国以上の国で援助・開発支援政策の研究などを行う「リンキング・ザ・ワールド」の代表を務めていた経験を高く買ったという。リンキング・ザ・ワールドは、ドローンを利用して危機に直面している国の人命を救助したり、数十か国の奥地に学校を建設したりして認知度を高めてきた非営利の国際支援団体だ。

 しかしNBCによると、ミナ・チャン氏が運営していたリンキング・ザ・ワールドの予算は、せいぜい30万ドル(約3300万円)程度だ。税金申告書を基に計算しても、1万ドル(約110万円)以上を海外で使ったという痕跡がなく、海外に滞在している職員が1人もいないことが分かった。NBCは「リンキング・ザ・ワールドが主導的に実施したという海外での支援活動に関して、事実かどうかを確認する道がない」と伝えた。

 ミナ・チャン氏が自己紹介書(レジュメ)に記入した学歴も、詐称だったことが分かった。チャン氏は自ら提出した公式プロフィールに、ハーバードー・ビジネス・スクール卒で、かつ米国陸軍大学校(Army War College)を卒業したと記載していた。

 しかし、確認した結果、ハーバード大では2016年に7週間の短期教育課程を修了しただけであり、正式な学位は取得していないことが分かった。陸軍大学校の学位についても、わずか4日間の国家安全保障関連のセミナーに出席しただけだったことが明らかになった。実際の学歴は、キリスト教の宣教団体が世界各地の600か所で運営している非認可の教育機関「ユニバーシティー・オブ・ザ・ネイションズ」を卒業しただけだと把握されている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00080248-chosun-kr

“みな”は韓国でも一般的な名前

「ミナ」って、日本人じゃないですか!ホントに韓国系なんですか?

ネット百科事典を調べる限りでは“Mina Chang”というのが本名らしいね。ミドルネームもない。韓国では”ミナ”という名前は一般的だと思うぞ?

えっ?日本だけでなく、韓国でもですか?

日本でもよく使われる韓国系の名前としてゆみ、みな、はな、ゆな、じゅんなどが挙がるそうだ。賢い読者諸君は自分の子供にこれらの名前をつけると韓国系だと誤解される可能性があることを留意してもらいたい。

じゃあ、松潤も韓国系だと誤解されるんですか?

“松”が明らかに日本人だからそれはないと思うwww

問題となりうるケースは海外でファーストネームだけを申告する場合、端的に言うとスターバックスだね。松潤はさすがに有名だし日本人顔だから誤解されることはないと思うけど、一般人で”じゅん”とだけ伝える場合はひょっとすると韓国系と思われるかもしれないってこと。

「ミナ」はいても「ナミ」はいないですよね?

残念ながら同名の韓国系歌手が存在するようだ。だがワトソン君、安心してほしい。ワンピースの“ナミ”は本名かどうかが分からない。何しろファミリーネームはおろか実名そのものが一切公開されていない唯一のキャラクターだからな。

調べたら、ウソップやブルックの本名もまだです!フランキーは、本名は「カティ・フラム」だと最初から出てました。

特に多いのが“はな”で、これは韓国語で“1つ”という意味になることは割とよく知られている。まあ多分花子とかにすれば誤解はされないとは思う。名前についてはこんな程度でいいか?

「ミナ」という名前は、エジプトや中東でも使われるみたいです!勉強になりました・・・。

“じゅん”から派生して“JUNE(ジューン)”という名前の韓国歌手も存在するらしい。よって“ジューンブライド”に固執しすぎるとやはり誤解の元になる可能性はある。まあジューンブライドの起源がギリシャ神話のジュノ(Juno)という女神で、韓国系の発音とたまたま似ているというだけの話なんだが。

詐称のスケールが桁違いの韓国系ミナチャン

さて記事を見よう。まあ書かれていること以上のことは語るまでもないと思うが、端的に言えばハーバード大卒や陸軍大学校卒といった学歴はすべてうそだったという話だ。数日間あるいは数週間の教育課程なりセミナーへ出席しただけで学位を取得したことにしていたらしい。

学歴詐称って、そんなに問題なんですか?韓国では、当たり前みたいですけど・・・。

チョグク騒動でもかなり話題になってたよな。そりゃそうだ。普通は難関大の学位を取ることは並大抵の努力では不可能だからだ。ハーバード大と言えばかの有名なビルゲイツも通っていたし今でも世界屈指の人気大学で、各種の成績が満点なのは当たり前という超優秀な人材が世界中から集まってくる。

オックスフォード大学と、どっちが上ですか?

どっちも世界屈指の難関校だね。ハーバードもオックスフォードも人気トップ10常連だったはずだ。スタンフォード、ケンブリッジ、MIT、イェール辺りが常連校だね。

じゃあ、詐称のレベルがケタ違いなんですね・・・。それなら、この人の方が悪いです!祖国法相は、そこまで悪い事はしてないんです。

詐称は詐称だからwww 韓国では関係者が軒並み逮捕されているが、米国では今後どういう扱いになるかが注目される点だね。

さらに疑惑の検証は続く。雑誌TIMEの表紙までニセモノだったというから驚きだ。単なる顔写意にTIMEのロゴを重ね合わせただけということらしい。

 経歴と学歴の詐称は、別のうそも生み出した。チャン氏は2017年、リンキング・ザ・ワールドの広報動画で、世界的な時事週刊誌『タイム』の表紙に自分の顔が掲載されたと自慢し、その後メディアとのインタビューでこの表紙をたびたび見せた。

 しかし、実際にタイム誌側は、真相に関する問い合わせが相次ぐと「(ミナ・チャン氏が写っている)この表紙は偽物」と公式に表明した。現在、リンキング・ザ・ワールドは、タイムの表紙が登場する動画を全て削除した状態だ。

 ジョージメイソン大のジェームズ・フィフナー教授は「ミナ・チャン氏のケースは、トランプ政権が政権の要職に就かせる人物の検証をいかにずさんに行っているかを示す代表的な事例」だとして「以前の政府は決められた原則の通りに身元の照会を実施していたのに対し、トランプ政権は口頭での約束を、徹底的な審査の代わりとしていると非難した。

トランプ大統領、審査が甘かったんですね・・・。それで、ヘンな人が閣僚に増えたんですか?

ティラーソン元国務長官とか、マティス元国防長官とか、エスパー国防長官とかね。他にも”変な閣僚”が大勢いたことだろう。まあこのミナチャンに関しては韓国系というだけで特に何かをやらかした形跡はないようだが、それだけに今回の暴露が韓国への制裁という色を濃くしているのは自ずと分かるよな。

結論:韓国は本気で米国を怒らせたことを後悔すべき

やっぱり、韓国がジーソミアを破棄するからですか?

おそらく韓国側の考えに変わりがないことを国防総省も悟ったんだろうね。それでこういう話にゴーサインが出たんだと思う。米国マスコミ側としては報道したくてたまらなかったはずだ。ひょっとするとトランプ政権を追い落としたい民主党側の思惑も絡んでるかもしれない。

ネットユーザーは、ウソを恥だと思わないのかと言ってます!トランプ大統領はどうするのか、アメリカでも詐称が通用するなんて、名前も日本人みたい、韓国でも批判されてるのかどうかが気になる、という雰囲気でした!

韓国ポータルサイトの記事は速攻で見つかった。グッジョブ10票に対しアングリー1200票超という圧倒的な差がついていた。それから朝鮮日報日本語版ではとある部分をカットしていたことも明らかになった。

美トランプ政権若い韓人神話「ミナ枚」、学歴偽造で座礁の危機
2019.11.13 午後12:34

ttps://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=023&aid=0003486489

記事中盤に、指名が”撤回”されたと書かれているんだ。これが事実なら現在ミナチャンは副長官でも何でもないただの一般人ということになる。連邦上院外交委員会が追加資料を要求したのが理由とされている。

えっ?じゃあ、朝鮮日報もウソをついてるんですか?

結果的に誤認させることになるよね。愛国心の観点からその部分だけは日本人には知られたくなかったんだろう。だがこうして学歴詐称そのものが広まってしまった以上どっちでも大差はないがな。

そうだったんですね・・・。やっぱり朝鮮日報は、意地悪です!

愛国日報ならアクセス稼ぎ狙いでわざと掲載する気もするね。朝鮮日報は愛国心の発揮方法があざといから俺もあまり好きではない。まあどうでもいいや。韓国は米国を怒らせたことを心の底から後悔するんだな!

韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

“韓国のミナさん”ってかww 日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!