【速報】ついに仏ルノーが韓国サムスンとの契約を解消! 外資の一斉撤収が始まるか!

欧州ニュース, 韓国ニュース

Sponsored Links

何やら自動車業界でも始まりそうな気配だ。ルノーサムスンという名前が来年で関係解消により消滅することになるという。韓国経済新聞によればサムスン側がルノーとのブランド使用契約でメリットを得られていないのが契約解消の理由としているが、ルノーとしても韓国でこれ以上生産するメリットを感じていないから契約解消に応じたと考えるのが自然だろう。つまり韓国撤収のフラグが立ったと言っていい。

韓経:ルノーサムスン車、「サムスン」外す…20年で関係清算
11/14(木) 8:09配信 中央日報日本語版

 サムスングループがルノーサムスン自動車と結んだブランド利用契約を延長しないことにした。ルノーサムスンは社名からサムスンを外し、サムスンのロゴも使用できなくなる。2000年に仏ルノーグループが旧サムスン自動車を買収して始まったサムスンとルノーの関係が20年で清算される見通しだ。

 業界によると、サムスングループは来年8月4日までとなっているルノーサムスンのサムスンブランド利用契約を延長しないことにした。ルノーサムスンの2番目の株主のサムスンカードもルノーサムスンの株式(19.9%)売却を検討中という。

 サムスンは2000年、ルノーグループにサムスン車を売却し、10年周期でルノーがサムスンブランドを使用する契約を結んだ。サムスンブランド利用権を保有するサムスン電子やサムスン物産がルノーサムスンの国内売上高の0.8%を受けてきた。

 ルノーサムスンはブランド使用契約の終了に備えて今年上半期に釜山(プサン)工場でSM5の生産を打ち切ったのに続き、9月にはSM3とSM7の生産も中断した。その代わりルノーグループの海外工場で生産されたクリオとマスターの販売を増やしている。7月には職員のメールアドレスもルノーサムスンドットコムからルノードットコムに変更された。

 サムスングループがルノーサムスン自動車とブランド契約を延長しないのは、提携による実益が大きくないと判断したからだ。サムスンブランドの使用でルノーサムスンから受けるロイヤリティーよりも多くの有形無形の損失が生じていると判断した。サムスンが2000年に旧サムスン自動車を仏ルノーグループに売却した後にも絶えず提起されてきた自動車事業再進出説を払拭できるという点も、ルノーと決別しようとする要因の一つだ。ルノーサムスンに強い労働組合ができて「労働組合リスク」が浮上した点もサムスンに負担になったという分析が出ている。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000004-cnippou-kr

釜山工場の生産も止まる恐れ

フランスのルノーも、韓国から撤退するんですか?いいと思います!

一瞬撤収が決まったかのように思ったが、これは単にサムスンとの契約を解消してルノーサムスンのブランドを消滅させるというだけの話みたいだね。それでも韓国にとっては不安でしかないだろうがな。

釜山の工場が、閉鎖されるかどうかが気になりますね・・・。契約解除という事は、生産もされなくなるのでは?

よく分からないのが釜山工場で上半期にはSM5の生産を打ち切り、9月にはSM3とSM7の生産をも中断させた代わりに、別の海外工場で生産されたクリオとマスターという車種の“販売”を増やしているという記述だ。

やっぱり、生産は止まってるんだと思います!

“代わり”じゃないんだよな。代わりにクリオとマスターの生産を委託されたという話に誤解させようとするためにこういう書き方をしたかのような印象だ。工場の生産に支障がないことにしないと愛国心が崩壊するのかもしれない。

ルノー本社としても、サムスンとのブランド契約を解消して、コストを削減したいんですよね?サムスンとしても、それがいいみたいです!

サムスンに生じている“損失”というのがはっきりしないんだよな。ルノーサムスンと名付けられた自動車が全然売れていないことでブランドが傷つくと考えているならばあまりにも驕り高ぶっていると思う。

労働組合を「リスク」としか考えないのは、サムスンらしい意地悪な一面だと思います!

サムスンは長い間労組を抱えないことで有名だったからな。ルノーサムスンがお荷物になってしまったということにしないと愛国心を保てないんだろう。実際にはサムスンが自動車業界では無力だったことを証明したにすぎないというのにだ。

ルノーはサムスンを救ってあげたのに仇で返すような言い方

そうです!サムスンなんて、スマートフォンも欠陥だらけだし、労働侵害でも訴えられてるんです。

そもそも最初は“サムスン車”だったんだよな。それが1998年の通貨危機を食らって経営危機に陥ったところをルノーに救ってもらい何とか会社を存続させることができた。

◆電装事業の強化に障害

 サムスンは1995年、サムスン自動車を設立した。当時、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長は「サムスンが蓄積してきた電子分野の技術力と輸出ルート、関連分野で確保した内部人材を十分に活用すれば自動車事業をやっていけるという自信が生じた」と自動車事業進出の背景を説明した。

 そのサムスン車が1998年、日産と提携して発売したSM5は人気を呼んだが、同年の通貨危機の衝撃を避けられなかった。貸出金利が上昇して資金繰り難となったサムスン車は1999年に法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請した。この時期にルノーがサムスン車を買収し、サムスンとルノーの関係が始まった。

 当時、サムスンはルノーと2つの条件に合意した。ルノーサムスンという社名を使用できるようにし、サムスンカードがルノーサムスンの2番目の株主として残るということだった。「韓国で自動車事業をするにはサムスンの技術力とサムスンというブランドが必要」というルノーの要求によるものだった。

 初期はサムスンも少なからず利益を得た。サムスン電機をはじめとするサムスン系列会社がルノーサムスンに安定的に納品できた。ルノーグループから毎年、サムスンブランド利用料と数百億ウォンの配当金も受けた。

 しかし最近は提携関係がむしろサムスンの足かせになっているという指摘が出ている。ルノーサムスンが20年目を迎え、サムスンが依然として自動車事業に関心があるのではという見方が絶えなかった。サムスンがバッテリーや自動車半導体など電装事業を強化したことで「サムスン自動車事業再進出説」はさらに強まった。サムスン電子は2016年、9兆2000億ウォンを投じて米電装会社ハーマンを買収したのに続き、昨年は電装用半導体を未来の成長事業に選定した。このため現代自動車をはじめとする一部の自動車企業はサムスンの部品をあまり使用しないというのがサムスンの判断だ。サムスンはルノーとの関係を清算すればこうした疑心を払拭できると判断している。
・・・

サムスンは、感謝の気持ちが足りないと思います!ブランド使用料を、払ってくれたことに感謝しないといけないです!

まったくだな。日本向けのスマホではロゴを隠したことさえあるというのに、ゼロどころかマイナスともみなされる危険性のあるサムスンブランドを売り付けていたというだけでも信じられない。まあこれでサムスンの自動車産業への進出はなくなったと思っていいだろう。

サムスンは、車も作ろうとしてたんですか?何でもやろうとし過ぎです!

何しろスマホも半導体も先が見えないからな。サムスン独自で自動運転車を開発しようと考えていても不思議はない。ところがホワイト国除外により核心部品が日本から入手しにくくなったうえ、日産自身からも冷遇されてしまったから泣く泣く手放したというのが真相だろう。

じゃあ、「足かせ」というのは、間違いなのでは?

愛国心を発揮してるよね。自動車産業への意欲を持ってたくせに、ひとたび都合が悪くなれば平気で邪魔者扱いして捨てるんだよ。これが韓国のやり方だ。

それは、サムスンが意地悪だからです。韓国ではなく、サムスンのやり方がひどいんです!

どっちでもいいわwww

ぶっちゃけこれルノーから突き放されたんだと思うよ。サムスンとの契約を更新しないと通達されたのを、サムスンがあたかも自ら選択した結末かのように言って愛国心を発揮しているんだろう。韓国が毎回日本にやってるのと同じパターンってわけ。

結論:韓国車そのものが市場での立ち位置を失い崩壊する見込み

ジーソミア破棄も、韓国自身の選択で決めたし、韓国もそれを望むと思います!サムスンがルノーとの契約を解消したのは、それと同じではないんですか?

GSOMIAは明らかに韓国が勝手に破棄を言い出したが、ルノーサムスンについてはそれとは違いルノーの方が発端だった可能性はあるよね。サムスンにとってルノーとの契約を解消するメリットがほとんどないからだ。ブランド使用料という寝ててももらえる資金を手放すというのはそれだけ重大な意味を含むと思う。

ネットユーザーは、ホントにそう疑ってます!サムスンがルノーブランドを使えなくなった話なのに、主語と述語を入れ替えてはいけないって。ルノーが韓国撤退を始めた、賢明な判断だと言い切っている人もいます!

まさにそれwww サムスンの方がルノーブランドに依存していたというのに、それを失った今どうやって自動車を売っていく気だ?今後ルノーサムスンに限らず自動車企業はろくに自動車を生産できなくなると思うよ。

もしかして、日本の戦略物資が入ってこなくなったんですか?

次世代の電気自動車とか自動運転車の分野で置いていかれるのは確実だね。今現在売りに出ている自動車で韓国車産業はおしまいだと思ってる。日米欧の自動車企業勢がそれらの分野を総取りして、韓国車のようなコモディティ的な役目は代わりに中国勢が奪っていくだろう。市場での立ち位置を失い崩壊するのは既定路線に思えるね。これが結論だ。

ホントに、そうなりそうな気がしますね・・・。韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けてください!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!