GSOMIA終了で日本と韓国の間にやばすぎる事態が発生か! 2021年にも韓国との有事が始まる恐れあり!

安倍政権, 韓国ニュース

Sponsored Links

GSOMIA破棄がいよいよ今週末に迫っているが、それを前にしてGSOMIA破棄の経緯と今後韓国に何が起こるかについてざっと見直しておこうと思う。元駐韓大使の武藤氏の記事だ。GSOMIA締結までの経緯とGSOMIAが米国にとって必要とされている理由などについて書かれている。そこから発展させて、GSOMIAが破棄された場合日本と韓国の間にどんな影響が出るのかを検証していきたいと思う。

韓国GSOMIA破棄へ、文政権の暴走で日米が被る損害を元駐韓大使が警告
11/14(木) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン

 韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の期限が23日午前0時に迫っている。米国は、韓国に対しGSOMIA破棄を撤回させようと韓国政府に働きかけているが、韓国大統領官邸の青瓦台は一歩も引くそぶりを見せていない。韓国はこのままGSOMIA破棄に向かうのか。その場合の影響はどうなるのか検証する。

● 韓国ではもともとGSOMIAに対し抵抗があった

 日本と韓国は2016年11月23日、軍事秘密情報を提供し合う際に第三国への漏えいを防止するため、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結した。同協定は2011年より実務者間で交渉が進められ、2012年6月29日に締結される予定であったが、署名の1時間前に突如、韓国の国会より「待った」をかけられ、延期となった。

 GSOMIAは国会の同意が必要な協定ではなく、行政機関同士の合意で締結できるものである。しかし韓国側は、日本は他の国と異なる扱いをする。日本は韓国を併合した経緯があり、国民感情として軍事協定を安易に容認できるものではないので、国会で論議してからでないと署名ができないというのが、延期申し入れの理由だった。

 ところが当時は、北朝鮮の核ミサイル開発が急速に進み、当時の朴槿恵政権は「金正恩朝鮮労働党委員長はルビコン川を渡った」と非難するような状況だった。それを受けて16年に交渉が再開され、締結されたものだった。ただ締結された時点で朴政権が国民からの支持を失い、レームダックとなっていたため、そこには国民の意思が反映されていないとの思いが韓国国内には常にあった。
・・・

● なぜ米国が韓国のGSOMIA破棄に怒りを表すのか

 韓国政府は、「GSOMIAが終了しても、2014年に締結された「韓米日防衛機密情報共有のための覚書(TISA)」があるため軍事情報共有に問題ないと言っているが、米国のミサイル防衛局のヒル局長は、TISAは日韓の軍事情報を交換する最善の方法ではない」と否定している。

 仮に日本と韓国が同盟関係になく、日韓でGSOMIAが締結されていない状況になれば、日米、米韓での軍事行動の際に、軍事情報の保護する協定に参加していない国の保有する機密情報を使うことができない。これは、米国の極東戦略にとって重要な問題である。日韓GSOMIAの締結は日韓ばかりでなく、日米韓3ヵ国にとって重要なものなのだ。

 このように、GSOMIAの破棄は、米韓及び日韓の共同作戦に支障をきたすことになる。そもそもこの協定を橋渡ししたのは米国である。米国にとって日韓のGSOMIAは単なる2国間の軍事協定ではなく、東アジアで、米国を中心に日米韓が共同で中朝に対処する大きな枠組みである。

 有事の際には、米軍と韓国軍、米軍と自衛隊は速やかに共同で軍事作戦を実行する。そして、共同作戦を行うに当たっては、米軍は独自に入手した情報に、日本や韓国から得た情報を全て加えて作戦を立案する。その際の情報は「日本から得たものだから、日米共同作戦にしか使用しない」といった区別はしない。GSOMIAは米軍が日韓間で得た情報と、韓米間で得た情報を、垣根なしに共同作戦に使えるようにするものである。

 日韓に軍事協定がないと、公式に日米韓の共同作戦ができないことになる。韓国のGSOMIA破棄を最も警戒しているのは米国であるともいえる。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00220481-diamond-int

GSOMIAについてのおさらい

ジーソミアの復習ですか?今話しておくのは、大事な気がします!

そうだ。これまで俺が話してきたようなことは全部常識レベルのもので、2012年にGSOMIA締結直前になって韓国側が延期を申し出た話とかがこの記事には一通り書かれている。

パククネ元大統領が、北朝鮮に対して「ルビコン川」を渡ったと言っていたのは、正しい使い方ですよね?

そういうことになるね。カエサルがルビコン川を渡りローマへの反逆の意思を示したのが、そのまま金正恩が38度線を越えて韓国への反逆の意思を示すのと同じ構図だからだ。ミサイル開発も38度線越えと大差はない。

中央日報さん!日韓関係は、ルビコン川を渡りません!訂正しましょう!

歴史の考証が甘いと適切な場所で適切な例え話を使えないわけだ。下手に使うと愛国日報のように恥をかいてしまう。パククネはその点はしっかりとしていた。核武装計画もおそらくパククネの頃までは真剣に検討されていたはずだが、文在寅政権の脱原発政策により雲散霧消となってしまったのは昨日やった通りだ。

パククネ元大統領は、日本に攻め込む気はなかったんでしょうか?

1948派だからな。日米の支援を得つつ北朝鮮に軍事力で対抗しよう、あわよくば北朝鮮に攻め込んで統一しようという考えを持っている最後の大統領だった。北朝鮮に攻め込まれる心配がなければ日本侵攻を考える理由もない。韓国の建国年が正式に1948年と決まったのも確かパククネの頃だったはずだ。

えっ?それまでは、正式に決まってなかったんですか?

文在寅にとってはパククネ政権が勝手に決めたという立場だろうから、今でも決着はついていないという言い方になるね。中央日報によれば1919派=進歩派、1948派=保守派と明確に線引きできる傾向もあるようだが、実は初代大統領の李承晩はどっちの説も吹聴していたりとあやふやな一面があるらしい。

北朝鮮侵攻を考えるのが1948派、日本侵攻を考えるのが1919派

確かに!李承晩元大統領って、初代大統領なんですよね?でも、それだと1919派の望み通りではない気がします。

1948派は李承晩を初代大統領と規定する一方、1919派は臨時政府の金九を事実上の初代の指導者とするかのような姿勢を取っているようだ。中央日報の2年前の記事だ。

1919年? 1948年? 大韓民国の建国めぐり論争
2017.09.13 14:29

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今年の8・15演説で「2年後の2019年は大韓民国建国と臨時政府樹立100周年を迎える。来年の8・15は政府樹立70年」と規定した。建国は1919年であり、1948年は政府樹立ということだ。

 3年前の2014年8・15には、当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領がこのように述べた。「今日、第69周年光復節(解放記念日)と大韓民国政府樹立66周年を迎え、国民とともにこの意味深い日を慶祝する。祖国の光復(解放)と建国のために献身した先祖の夢、産業化と民主化のために力を注いだ先の世代の夢だった」。 1948年が建国という趣旨だった。さらに時計を6年前に戻すと、李明博(イ・ミョンバク)大統領は「1948年建国」に釘を刺した。李明博大統領は「今年で大韓民国建国60周年を迎える。我々は失った地を取り戻して国を建てた」と述べた。

 大統領が保守か進歩かによって大韓民国の建国の時点は変わる。文大統領は1919年を、朴前大統領、李元大統領は1948年を支持した。これは陣営を分けて相手を排除する基準となった。最近、パク・ソンジン中小ベンチャー企業部長官候補が「1948年の建国を擁護する歴史観を持ち、ろうそく精神に合わない」という理由で与党の共に民主党から辞退を求められた。

 実際、保守・進歩陣営がそれぞれ尊敬する李承晩(イ・スンマン)臨時政府初代大統領・大韓民国初代大統領、金九(キム・グ)臨時政府主席の建国観はそれほど明瞭ではなかった。イ・ワンボム韓国学中央研究院教授は1948年の建国を主張する人たちは産業化勢力を評価し、李承晩元大統領を建国大統領とする一方、1919年の建国を主張する人たちは抗日運動を強調し、金九先生を象徴的人物と見なし、お互い対立している」とし「この人たちは前者が保守なら後者が進歩側のように浮き彫りにし、陣営論理に閉じ込められている姿」と診断した。

 実際、中央日報取材チームが独立運動史料と歴代大統領の演説文、国会速記録を調べた結果、李承晩元大統領は1919年の建国を主張したりもしたが、48年に建国されたという話もしている。金九主席は臨時政府を「建国の時期に入る過渡的階段」と考えた。李明博元大統領以前の大統領は建国と政府樹立を混用している。
・・・

https://japanese.joins.com/JArticle/233389

えっ?じゃあ、1919派も政府樹立は1948年だと思ってるんですか?

1948派は1945年8月15日に光復節、つまり大日本帝国からの解放記念日があったこの日を建国記念日に定めようと決めたに違いない。そしてその3年後の1948年を建国年とした。ところが1919派はこの建国記念日を認めず、3月1日の方を建国記念日にしようと動いていたという話だ。

中央日報さん、「釘を刺す」の使い方が違うと思います!「1948年建国」に釘を刺すのは、ムン大統領の立場ですよね?

いやまあ使い方としては間違っているわけじゃないが、違和感はあるね。この言葉の前後に何か相手がいて、その相手に向けて釘を刺すというような使い方をすることが多い。俺ならここは“念を押した”と書くだろう。まあそれは細かな部分だ。

じゃあ、韓国の建国年は、1945年なんですか?

いや建国そのものが1948年だという見方だ。解放記念日から丸3年韓国は米国の占領下にあったという解釈で、それはつまり1945年になるまで韓国は日本から独立できていなかったということを意味するんだ。1948派は建国=政府樹立だが、1919派は建国だけが1919年になされたと解釈してるわけ。

独立はしたけど、1948年までずっと臨時政府だったんですか?

そういう解釈になるね。1919派にかかれば朝鮮半島で1910年に起きた日韓併合は違法だから大韓帝国は消滅していないという解釈までできてしまう。つまり竹島の領有権を保有する正当な根拠になりうるわけだ。

李承晩ラインのせいで、竹島が奪われたと思ってるんですけど、李承晩元大統領自身は、どっちの派閥かは分からないですよね・・・。

1919派の論理で動いていたが、日本がサンフランシスコ平和条約で主権を回復したから1948派に鞍替えした可能性はあるね。元々1948派自体が1919派から派生した一部勢力にすぎないからな。

もしその時日本が主権を回復してなかったら、韓国には1948派は存在してなかったんですか?

1919年建国を主張しながら自衛隊のいない日本へと侵攻し、植民地支配とやらの違法性を掲げて巨額の賠償請求をしただろうね。つまり日本は戦後すぐに国家消滅の危機が迫っていたんだよ。それを食い止められたのはまさに朝鮮戦争が起きたからだ。日本が主権を回復できたのは朝鮮戦争の後だからな。つまり北朝鮮によって日本は救われていたということをも意味する。

最悪のシナリオでは2021年にも韓国との有事が勃発

GSOMIAの話をしようと思ったがパククネの話が思った以上に長くなってしまった。GSOMIA破棄を主導したと言われている不安保次長についても書かれている記事の続きを読もう。

 金次長は「反日強硬派」として知られる人物であり・・・故盧武鉉政権時代、通商交渉本部長として対日交渉を取り仕切った際も、強硬姿勢を崩さなかった人物である。金次長は文在寅大統領と近く実力者であることから、次期外交部長官候補とささやかれている。

 同次長は日本が韓国を貿易上の優遇国「グループA(ホワイト国から改称)」から除外したことに猛反発し、米国を仲裁役に引きずり出すため訪米し、失敗した人物でもある。帰国後はGSOMIA問題でも発言を強め、破棄を決めた8月22日のNSC(国家安全保障会議)の議論を主導したといわれる。

 NHKによれば、同会議では国防部と外交部がGSOMIA延長を訴えたが、青瓦台の一部が破棄を主張。結局、若干優勢だった延長派を押しのけて、文在寅大統領の決断で破棄することになったといわれている。

 韓国政府は、破棄の理由について「日本によるグループA除外によって、両国間の安保協力関係に重大な変化をもたらしたため」「韓国の国益とならないため」と言っている。しかし、本当の理由は、曺国法務部長官辞任要求から国民の関心をそらすこと、北朝鮮への配慮を示すことであったという見方が大勢だ。
・・・

 さらにトランプ大統領は、「韓国は在韓米軍の駐留経費を毎年600億ドル(現在は120億ドル)支払わなければならない」として韓国側の負担の増加を求めている。スティルウェル次官補が金次長との会談で防衛費問題の未来志向的な解決を述べたが、韓国側がGSOMIAを破棄すればさらに増額要求が高まろう。文在寅政権は国民の負担をさらに増やしているのである。

 これまで米国は韓国の左傾化の動きを苦々しく思いながらも自重してきた。ここで文在寅政権が米韓同盟を損なう動きを見せれば韓国に対する圧力は強まることは間違いない。それが米国の韓国離れ、在韓米軍縮小の動きにつながり、巡り巡って日本の安全保障体制に悪影響が出るような事態にならないことを期待する。

韓国がGSOMIAを破棄するとどういう影響が出るかを検証しようと思う。現状ではまだ破棄が確定してない状態からなのか、あるいは考えたくもない未来だからなのかほとんど書いている人がいない。

数日前の夕刊フジさんの記事では、アメリカが制裁に踏み切るだろうとは言ってました!でも、具体性に乏しくて、何が起こるかまでは分からないですよね・・・。

記事を読む限り不安保次長もまた1919派によって動かされている人物の1人という印象を受けた。個人的な感情により日本への強硬姿勢を露わにするあまり国益を失うかどうかにも配慮ができていない印象だ。こういう人物が文在寅政権の中核にいるというのはそれだけで1948派にとっては脅威でしかないよね。

ムン大統領が1919年の建国を主張したのは、日本を侵攻するためではないですよね?

文在寅自身は従軍経験があるというだけで軍を率いる力はない。おそらく日本から米軍がいなくなるであろう2021年以降を見据えて大急ぎで原子力潜水艦やら核武装やらを進めるような計画を韓国軍は立てていたはずだ。レーダー照射の時に撃墜を示唆した韓国海軍参謀なんかが軍事政権のトップに躍り出る可能性は考えられなくもないね。

ところが日本からの肝心の核融合に使うフッ化水素が止まり、さらには現代重工と大宇造船の合併も阻止されようとしている。これらの動きはどれも“安全保障上の問題”に繋がりかねないからな。

あれ?いつの間にか2021年に撤収になってませんか?

ワトソン君が2年間と言ってたから日米地位協定の期限は2021年末だと勘違いしたが、よく読んだら”2021年3月”と書いてあったからな。おそらく年末と年度末を読み違えたんだろうと思って、さっきサブタイトルの部分も訂正しておいた。

すみません、そうみたいですね・・・。2年間は、ボクの勘違いでした!正しくは、1年3カ月でした!読者の皆さん、気を付けてください!

俺も後で調べようと思ってしっかりと確認はしなかった。すまないことをした。重要だからここで念を押しておきたい。

じゃあ、ひょっとして、日本はもう有事の準備をしてるんですか?

その前に経済を崩壊させて軍事力そのものを維持できないようにするのが狙いだね。幸い日米地位協定による在日米軍の駐留は2021年3月までは確定しているから、韓国はそこまで我慢してから日本侵攻を始めなくてはならなくなった。韓国自身の米軍駐留は今年末でおそらく終わるから、その1年3カ月のタイムラグをどうするかで韓国軍上層部が頭を悩ませているに違いない。当然その1年3カ月で北朝鮮に攻め込まれて国家が消滅すればゲームオーバーだ。

日本が負けるとしたら、1年3カ月間韓国が耐えた場合ですか?

いや、東京五輪効果が終了して経済が崩壊すれば1年以内かもしれない。特に危険なのが2021年初頭だね。年内は何とか乗り切るかもしれないが年明けからは先が読めない。大阪万博まで少し間があるし、その頃に日本が財政破綻をするだろうと予測している人も過去にはいた。韓国にとって重要な“21”の年でもあるし、間違いなくここを狙ってくると思うよ。

それなら、来年中に韓国経済が崩壊すれば、日本の勝ちですね!意地悪クラブもこれで一掃できると思うと、ワクワクしてきました!

俺の考えでは韓国経済は来年一杯は持たない。なぜならフッ化水素の枯渇によるトラブルがいよいよ表面化するからだ。LGディスプレーが9月以降ろくに有機ELパネルを生産できていないのもそうだが、同じことがサムスンに発生するのも時間の問題ってわけだ。米国のマイクロンが半導体の量産体制に入る2020年末までが勝負だね。GSOMIA破棄から丸1年で韓国経済をどこまで攻撃できるかに日本の未来が懸かっていると言えよう。

何だか、すごい結論になりましたね・・・。ジーソミア破棄で、ホントに歴史が変わるんですね!実感が湧いてきました。

GSOMIA破棄に応じて“例の話”を発動させようと思っている。楽しみにしていてくれ。今大急ぎで準備をしている段階だ。

えっ?12月からでなく、11月末からにするんですか?分かりました!準備しておきます!

2020年は東京五輪イヤーだ。世界的な波乱も予想されるが、令和時代ということもあり流れは間違いなく日本に有利だと確信している。平成時代が終わる前に安倍政権を終わらせられなかった韓国はすでに負けているのかもしれないね。ただし俺が懸念するのは平成で受けた日本のダメージが大正⇒昭和の流れの繰り返しになりやしないかというものだ。そこまで傷が深くなければ日本は令和時代で再び経済発展をすることが可能になるだろう。そうなる未来を俺は確信している。

何事も、前向きに考えた方がいいです!ボクは、ムン大統領の理想を叶えてあげたいだけなんです。意地悪クラブを一掃する事は、ボクにとっても理想です!

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助けることもありません!さようなら!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!